« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/27

JKC埼玉ブロック

2005.2.26.1朝から天気は良いものの冷たい強風。埼玉、庄和町大凧あげ祭会場。
AGジャッジ 木村新子先生。JPジャッジ江頭先生。

メイ、昨年7月仙台以来のJKC復活参戦です。こんな練習・実力不足のペアが3度になんて出て、お恥ずかしい、ごめんなさい~。の結果。
AG3■超ハイテンションでスタート。DW下りのタッチを飛んだ~。さらにその後、180度→間抜けのABCで構成された組障害で、トホホのミスで失格。Bのハードルで拒絶をとられた後、その場合はAに戻ってやり直さねばならないルールをすっかり忘れ、競技を続けたため。だって、ほんと久しぶりだったんだもの・・・。頭に浮かびもしませんでした。

JP3■メイ、まさかの所でハードルを1本落とし、13位。私達のスタイルの基本、全障害を送り出しでいきました。オーバーランでのタイムロス覚悟で、気持ち良く走りたかったから。満足だったけど、結果は無念。

ジュライ
JP2■また、待てない・・・。でも調子よくコースを廻ったのですが、ロングジャンプで失敗して23位。
AG2■今度も「マテ」はかなり不出来。タンが足を滑らせ、人間が走ってトンネルまで押しこまなければいけない直線部分で、ジュラに追いつかず、ジュラがトンネルを逆から入って失格。全体的には待てきれない事で、想定していたハンドリングが出来なかった事が敗因との事。

以下、タンからのコメントです。

ジュラ君、数えられるだけで5タテくらいました。
1.べったんに、ますます引き離されました。べったん3度リーチ。
2.「AGでCRが出来ない(泣)仲間」、アイリーン遂にCR達成!しかも栄光の理事長賞獲得!
3.同期の「待てない仲間」ケンタ。見事な「マテ」を披露しました。さらにCR.で入賞。
4.JAM&APPLE姉弟。素晴らしいJAMの快走に後押しされるようなAPPLEの美走!姉弟揃ってCR.。APPLEちんにもますます差をあけられた~。
5.「タッチ止まれない仲間」だったはずの、あの!トニたん!mio先生の気合のハンドリングで見事なCR。やられました・・・

2005.2.26.2あぁ・・・ル○○○の落ちこぼれ・・・(練習KING、本番超ヨワ、フラットの特性か?ハンドラーの特性か?)。でも、まだ宮崎がある!ドゥーがある!東京ブロックがある!せめて1回だけでもCRを!(弱気じゃないよ、本気だよ)

本日の参加賞。ステンレス水筒。へぇ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/20

くれくれジュラ君

2005.2.20夕方からアジ練へ。

最近とみに酷いのが、ジュライの「くれくれ」癖。
アジをやってる方は皆、右のポケットにスペシャルなおやつを入れていらっしゃる。
それを覚えたジュライは、側にいる方の右ポケットを必ずツンツンして、「おやつ下さい」をやる。
誰かが右手をポケットに入れる仕草を見つけるや否や、ジーッと見つめ続け、時には「ワン」と吠えて要求。
いやしい!いやしすぎる!許さんぞ!

さて、来週から怒濤のアジ6連戦。
埼玉ブロック→宮崎クラブ/九州ブロック→草アジ→ドゥー→東京ブロック。

風邪ひかないように。人間もワンコも怪我しないように。
私がコースをちゃんと覚えられて、完走できますように。メイが私の後ろをすり抜けませんように。
ジュライが1回でもAGでクリーンランできますように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/02/18

固まるジュラ

2005.2.17お布団のカバーを替えていると、ジュラがゴロゴロと邪魔しにくるので、掛け布団を上からかけて、違う部屋に行っていました。
少しして戻ってみると、ジュラ君、お布団ごと数歩移動し、立ち上がったままジーッと固まっていました。

ジュラはよく固まります。新しいお洋服を着せた時とかも。1番強固に固まったのはdoglassというワンコ用サングラスを装着した時でした。声をかけても、体を押しても、頭からシッポまでカチカチに固まって微動だにしません。

以前テレビで「頭のいい犬、悪い犬」の試験として、ワンコにタオルをかけて、何秒で脱出できるか、というのをタレントさんの飼い犬で試す企画がありました。ジュラにやったところ・・・いつまでたっても固まったまま、振り落とそうとすらしませんでした。

「どうせ固まるんなら、Aフレームの下ったところで固まってくれ~」(泣。byタン)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/14

小淵沢へ

b20 2月11日~13日で小淵沢に行ってきました。ジュライの兄弟のマール家が取ってくれた、貸別荘に宿泊しました。
今回は、特に何をしようという企画もなく、ただのんびり。ダラダラお笑い番組を見たりしながら、ぐうたら過ごしました。
夕食は1日目はスプマンテで乾杯した後、「蒸し鍋」+日本酒(久保田)、2日目「すき焼き」+赤ワインです。
お出掛けは、ランチにネパール料理屋さんに行ったのと清里のSUN MEADOWSスキー場のドッグランだけ。
13日は夕方のアジ練に間に合うように帰ってきました。道も空いていて、なによりなにより。
写真はマイフォトに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/10

最終予選始まる

2005いよいよ昨日より、2006FIFAワールドカップアジア地区最終予選が始まりました。

日本×北朝鮮戦 中継したテレビ朝日の平均視聴率は47.2%、瞬間最高視聴率は57.7%。

ちなみにジョホールバルの歓喜、1997年のアジア地区第三代表決定戦「日本xイラン」視聴率は47.9%。その4年前、ドーハの悲劇が起こったイラク戦は48.1%でした。

サッカー日本代表のテレビ中継といえば、いまや民放の局アナが、視聴者からの非難も何のその、やみくもに絶叫しまくっているのが常ですが、全くの対極に立つ1人のアナウンサーがNHKにいます。長い間全国のサッカーファンの気持ちを鷲掴みにし続けた男、山本浩アナです。

彼を語る時、真っ先に上げられるのが、実況中継のオープニングシーンにおける、心に残る名セリフの数々です。

伝説のスタートは1985年。メキシコW杯予選の日韓戦でしょう。
「東京千駄ヶ谷の、国立競技場の曇り空の向こうに、メキシコの青い空が近づいているような気がします。」
オールドサッカーファンなら、この名フレーズは一語たりとも違わず言えるはず。

私はこの時、実際に国立競技場にいました。ひぇ~20年前ですね。当時、私は親に連れられた小学生でした。(大ウソ。)

そして、大舞台であるワールドカップ予選の度に、さらなる、名セリフが生まれていきます。

日本がW杯初出場を果たした1998年のフランス大会。そのアジア地区最終予選のオープニングはこうでした。
「あれから、4年の歳月が流れました。胸に宿るものが、今また、この瞬間に燃え上がろうとしています... 国立競技場に吹いているのは、西からの湿り気を含んだ風。遥かにフランスを想いながら、長い戦いのはじまりです。」 1997年9月7日, 国立競技場 ※注「あれから」というのは、言わずと知れたドーハの悲劇。
初戦のウズベキスタン戦でした。この試合も、私はスタジアムで見ていました。カズと城がセンターサークルでひざまずき、ボールに祈りを込めた、あのとんでもなくキザなシーンを覚えておいででしょうか。

そして、 激闘の末にたどり着いた、アジア地区第3代表決定戦のオープニング。1997年11月16日, ラルキンスタジアム(マレーシア) 。イラン戦。
「スコールに洗われたジョホールバルのピッチの上に、フランスへの扉を開ける一本の鍵が隠されています。ラルキンスタジアムのこの芝の上で、日本代表はその鍵を、必ず見つけてくれるはずです。」
延長に突入し、選手、スタッフ全員で円陣を組むシーン、皆がテレビの前で祈っていた時、山本アナは言いました。「彼らは、彼らではありません。彼らは私たちそのものです。 」
・・・ジョホールバルには行ってませんでした。ですから、これは山本さんの声を生で聞いています。(韓国でのアウェイには行きましたけど)

そして、私の大好きな、唱えるだけで涙が浮かぶ名セリフは。フランス大会初戦。
「声は届いています 。はるか東の方から 何百万、何千万もの思いが 大きな塊になって聞こえてくるようです。遠かった道のりでした 。本当に遠かった道のりでした 。日本の、世界の舞台に始めて登場するその相手は アルゼンチン 。世界が注目するカードです 。このゲームの解説は松木安太郎さんです。 松木さん、ついに来ましたね 。」

その時、私は、トゥールーズにいました。でもスタジアムではなく、近くの公園で、アルゼンチンサポーターとごちゃまぜになりながら、大スクリーンに映し出される映像を見ました。そう、当時話題の、あのチケット問題の被害者だったのよー。

帰国後、山本さんは、どんな名セリフを残したのか、VTRが楽しみでした。聞いた時は、思わず唸りました。

山本さんが、後進に道を譲ってからしばらく経ちますが、最後の最後、決戦となる試合には、やはり山本アナを登用して貰えないもんでしょうか。(ハイビジョンで、やってるだろ、は無しですよ。) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/07

アジ練再開

2005.2.6靱帯は治るのに時間かかるよ~と言われて、3週間。歩く分には殆ど痛みも取れたところで、メイ&私ペアの練習再開です。テープタイプのサポーターをきっちり膝に巻きつけ、絶対無理しない!を肝に銘じて、慎重にやりました。今日は、送り出しでいけるコースだったのが、何より有難かった~。大きな痛みを感じる事無く、無事最後まで走れました。
課題は、厳しい角度から入れるスラローム。人間がスラの入口に誘導せず、ダイレクトに狙わせます。これがメイジュラともかなり不確実。ガードをつけてもらって練習しましたが、はずした途端失敗してしまいます。難しい~。

帰りに、今朝壊れたドライヤーを買い替えに電器屋さんに。ついでにダンナがプレステ2も購入しちまいました。
プレステ2自体は家にあるのです。でも、昨年買ったドラクエⅧが読み込めなかったのです。他のソフトは全て動くのに。ネットで調べたところ、古い機種だとよくあるケースだそうで・・・修理には1万円程度かかるので、買い替える人が殆どだそう。本体使い捨てを推奨するなんて、ひどい話。
ダンナ、買い替えはしない素振りを見せていたくせに、今頃になって、誘惑に負けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »