« ジュラはオビが出来るのか? | トップページ | 用語解説②アジ大会 »

2005/05/21

用語解説①オビ

たまプラのお兄様へ。

解説します。実は全然詳しくないんだけど。

オビとは、オビディエンス。"服従訓練"のことであります。

待て・行け・来い・止まれ・座れ・立って・伏せ・付けなどがしっかり出来るように練習する事です。

JKC(ジャパンケネルクラブ。血統書の発行団体です。)主催で、この訓練の成果を試す試験や競技会も開かれています。

人の横にぴったりついて歩くこと(脚側行進)とか、おすわり(停座)、フセ(伏臥)など様々な課目が決められていて、CD1~CDXまでレベルがあり、どんどん難易度が高くなっていきます。ちなみにCDとは家庭犬(コンパニオン.ドック)の略。審査は減点法によって点数がつけられます。

メイは昨年アジリティチャンピオンというタイトルを取ったのですが、それにはCD2の試験に合格している事が条件でしたので、その時にちょびっとだけ練習しました。

家庭犬訓練試験(中等科)  (CD2)の大雑把な内容です。
1.紐付脚側行進・・・・・リードを付けて、飼い主の左側にぴったりついて歩く。(往路は普通に歩いて、復路は駆け足で戻ってくる)
2.紐無脚側行進・・・・・1をリード無しでおこなう
3.停座及び招呼・・・・・犬を待たせてから飼い主が離れ、犬を自分の所まで呼び寄せる

4.伏臥    ・・・・・フセ

5.立止(紐無) ・・・・・座った状態から、立たせる
6.常歩行進中の伏臥・・・・・脚側行進から、人間は立ち止まることなく犬に「フセ」をさせる

7.常歩行進中の停座・・・・・脚側行進から、人間は立ち止まることなく犬に「スワレ」をさせる。

これが規定7課目。その他、いろいろある課目の中から3課目を選択して(メイは、離れた位置から指示を出してフセさせるのと、座ったまま30秒待たせるのと、「お手、おかわり」を選択)計10課目。CDXになると、30科目もあるそうな。

メイには向いてなさそうでしょ?その通り。

2005 2005

|

« ジュラはオビが出来るのか? | トップページ | 用語解説②アジ大会 »

コメント

わかりやすい解説、サンキュー照代。
オビディエンス・・・難しいでヤンス。
愛犬よりも、先ず自分でできるか本日から特訓だ。山に籠もるか・・・虫がいそうだからやーめた。
そういえば、蚊が出る季節になりましたなあ。蚊撲滅運動理事長として、今年も蚊取り線香を焚きまくります。煙をおつむとお顔に当てて、「どちらも良くなりますように」と祈願します。
用語解説②を期待しつつ、バハハーイ。

投稿: たまぷら帝王 | 2005/05/21 14:44

帝王には、オビ入ってないもんなぁ。
今年も既にポキポキ線香を折って、いぶしてますか。
ノアジュラの兄弟、ポーちゃんの訓練競技会の時の写真を追加しました。2枚目は競技が終わってパパママに会ってデヘデヘになっているポーちゃん。指導手をやったのは訓練所の先生です。
用語解説、しつこいけどやるよ。付き合って下さい。

投稿: メイジュラママ | 2005/05/21 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/4218409

この記事へのトラックバック一覧です: 用語解説①オビ:

« ジュラはオビが出来るのか? | トップページ | 用語解説②アジ大会 »