« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

初めての場所

このところ、3週連続で休日出勤。会社に行くんじゃなくて、外での撮影立会い仕事です。だいたい午前中で終わってるのですが、丸1日休みが無い日々っていうのは、ちょっとストレス溜ります。

昨日仕事で行ったのは、初めて行く街、葛飾柴又。京成金町線は本数も少なく、家からは一旅行。せっかくだから帝釈天見学してきました。

2005               

参道は大賑わいです。どのお店も元気で活気があってびっくり。渋いウナギ屋とか、棒に刺した冷やしキュウリとか、下町っぽくて楽し~。

寅さんシリーズは1度も観た事ありません。知識薄いけど、ここが舞台だった団子屋らしい。

2005               

★★★★★                                                     

仕事終わってからは、夕方アジ練行って、こってり絞られ~。一直線女メイは私の動き、呼びに対しての反応が悪いと常日頃言われています。トンネルを出た途端90度にキュっと曲がる事や、ハードルを飛び越した途端にすぐ左右に旋回する事などが出来ません。

先生から「メイは他の子と違います。他の子が出来るからと同じ様にやってもメイには出来ません。もっと工夫するように」と言われる。

クラッピングや声を何段階にも分けて使って呼び込むように、障害と障害を結ぶラインを奥まで入って、しっかり作ってあげるように、を意識して練習。要は私がもっと忙しくマメに動き続けないとダメみたい~。(何をいまさらだけどさぁ)

★★★★★  

気を取り直して、夕飯に美味いものを食べようとトルバドールへ行ったら偶然A家と遭遇!

トロワちゃん、どんどん大きくなっています。フラットのちびっ子の頃とは随分動きが違うのね。なんか優しいのです。手をポンっと出す仕草ひとつとっても、パウパウッ!パウッ!」って腕振り回してた、うちの坊主とはずいぶん違うわ。

2005                

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/24

カヌー犬への道

裏磐梯でカヌ犬ーデビューならなかったジュライ。(メイは実はちょびっと経験あり)

アジ友のBayママが、先日河口湖でカヌーデビューした際、担当の方に「水大好き犬はどうしたらいいですか?」って聞いてみてくれた~!!

そうしたらね、「もしかしてフラットですか?」と聞かれたそうな・・・。

どひゃひゃ~(笑) もう既に、さんざん名を馳せてきてたのね、フラットの諸君。

ちなみに解決策は、「散々泳がせて疲れさせてから乗せる」事とのこと。

う~ん。それをカヌー犬と呼べるのだろうか。

103-0311_IMG 海デビューの時のジュラ。齢3ヶ月。

盛大に飛沫を上げて、タテ泳ぎしていた頃。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/20

初めましてトロワちゃん

シンディがいなくなって、ぽっかり悲しかったA家に、優しい笑顔の新しい家族がやってきました。A家3番目の女の子トロワちゃんです。

メイジュラも、もうOKとのことで、一緒にいそいそと会いに。

2005最初は、警戒していたという甘えっ子ノアも、すっかりいいお姉ちゃんになったそうです。

いつもいつもトロワの事を気にかけていて、何かあれば守ろうとする姿に感動ー。

プニプニしたお口周りと、キュっと上がった口角が罪なほどカワイイ。

赤ちゃんなのに、ちゃんとオスワリもマテも、もう出来ちゃう。シンもそうだった。ゴールデンって、賢いのねー。・・・メイなんて、メイなんて・・・

大きさの近いメイを、まずは追い掛け回すトロワ。のしかかられたり、ペシペシやられたり、会ってしばらくは困りながらも、されるがままのメイでしたが、そのうちに我慢できずに一喝。キャインとなったトロワちゃんでした。でも、めげてなかったなー。

2005ボーっとしているジュライは、つまんない奴なんだね。相手にもして貰えない~。

これから、たくさん楽しい事して遊ぼうね。ずっとよろしくトロワ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/12

みちのく満腹アジ旅行~裏磐梯

7月3日、仙台での競技会を終了した我等は、一路、裏磐梯サンディーズへ。夕食に遅れないようにっと。3日から5日まで、サンディーズ2泊です。

ゆっくりできる今回はカヌーにチャレンジしたいと思っていたのですが、梅雨真っ最中、奇跡的な天気!なんてのには恵まれず、今回はオーナーの説得もあって断念です。10月末の紅葉時期にデビューするようにとアドバイスされました。

(その1:食事編)

2005 

ワンコ連れて、お酒を飲みながら美味しい物が食べられるーーー。このために休みを取ったとも言えるサンディーズの夕食は、今回も期待を裏切らない内容でした。

お酒は飛露喜、泉川、十四代、田酒がお供。

この宿のお酒価格は、悲しい事に“ちょっと高い”。あの料理に合わせるためには、この位のグレードが無いと!って事でしょうが。懐に響きます。でも、オーナーが「たくさん飲んで下さるので!」って飛露喜の大吟醸を1杯サービスしてくれました。嬉しい・・・。

・タラバ焼蟹
今回はのっけから豪華です。焼きすぎないよう、中がトロトロの状態でいただきます。
それに定番メニューの馬刺し。あっ、ワンコに分けてあげても良かったかも。頭によぎりもしなかったけど。

・アナゴの天ぷら。
軽くほんわりと揚がったアナゴに、その食感を壊さないようにとの配慮でしょう、繊細に切られた野菜が添えられています。酸っぱ過ぎない梅肉の味加減といい、恐ろしく美味かった一品!!

・夏野菜の炊き合わせ

この味のセンスに感動して、この宿に惚れた思い出の一品です。全メニューを通じて、野菜の火の通し方が、絶妙なのです。ここは。

・コースの最後はご飯のお共として、米沢牛の卵とじ。
オーナーが「高級牛丼です」と繰り返してました。とろけるお肉と薄味に仕立てられたおダシ。贅沢な〆だなー。
2005 
デザートにはなめらか豆乳プリン黒蜜がけ。



2日目夜のメニューから。
2005
・絶品の自家製アスパラ豆腐は、味といい、クリーミーな舌ざわりといい、コクといい流石です。

・蟹の乗った冷たい茶碗蒸しは、あっという間に緒お腹に消えました。自家製つくねがメインの炊き合わせは、姫竹の子の歯ざわりもサイコー。

今日は、白ワイン(ミュスカデのシュールリー)にしていたので、ワインに合う料理でまた嬉しい。


・本日の米沢牛は、シンプルに鉄板で焼いていただきました。王道です。

写真にはありませんが、ヤマメの焼き物も素晴らしかった。 ヤマメを1回揚げてから、お腹に味噌を入れて焼き上げたそうです。(アレ?逆だったかも)中骨までホロホロで全部食べられます。

右下は朝ごはん。たっぷりサラダ。

(その2:メイジュラはどうしていたか編)

2005
割といい子で過ごせました。年中パワフルなメイもまったり。競技会疲れがあるからでしょう、我々がシアタールームで映画を見ている間は爆睡。

他にワンコはダックスちゃんしかいませんでした。吠えるのを気にして非常に礼儀正しく、かえって恐縮でした。

人間がお風呂に入っている間、ワンコはリードフックがある脱衣所で待つ事が出来ます。ガラス張りなので中の大きな石造りの浴槽が見えます。ジュラの頭の中に「バシャバシャがあるのですね!」とインプットされてしまいました。

滞在中、絶えず目線はお風呂場方向。隙あらば入り込もうと試みて呼び戻されるジュラぽん。

(その3:猪苗代湖編)
グッドロケーションの場所は上戸浜。
ここで雨降る中のワンコ孝行です。人間は上下合羽着用で、ひたすらメイジュラにご奉仕。
2005
★メイに投げてあげるのは、足に負担をかけたくないため陸では禁止にしている、大好きなフリスビーです。

遠くに投げ込むとメイの目線では見えなくなってしまうので、割と近くに投げます。投げる→泳ぐ→ディスクの先でUターンしてから、ディスクを咥える→そのまま泳いで浜まで戻る→再び私の手元に押し付けて「すぐ投げろ」と急かす。

延々とこれの繰り返し。飽きるという事を知らないメイの遊び方です。

★黙々とレトリーブに励むはジュライ。帰るよと言われ、納得できずに浜から離れません。

2005
猪苗代湖2日目は、ますます悪天候で波が高い。

★メイにとってはかなりの“Big Wednesday”だろうに、全く臆する事無く果敢に立ち向かって行きます。

陸に押し返す波に乗って、お尻は完全に浮き上がり、そのままひっくり返りそう。

★今日も駄々ッ子ジュライ。何故そんなに水が好きなのだ!!

★浜で「マテ」をかけられて、じりじりと解除を待つ真剣な2匹。



(その4:喜多方編)
今回初めて喜多方まで足を伸ばしました。裏磐梯から1時間くらいでした。

ワンコを連れて観光地に行く事なんて、考えたら滅多にない事です。
平日で人通りが少ないので、ゆっくり歩けました。蔵が売りもののようですが、それより昭和レトロな路地裏探索が楽しかった。

2005

喜多方といえば、ラーメンでしょ!!

165んに事前に教わって行った有名店「はせ川」のラーメンです。平日の昼間、駅からは遠く離れ、観光客は足を運ばない住宅地にぽつんとあるのに満員。

想像以上に美味しかったー!最後まで飽きさせない味です。

喜多方ラーメンの特徴は平打ちの太めの麺に豚骨、鶏ガラ、煮干し等を使ったあっさり醤油味。実は煮干ベースのスープは、私が苦手なタイプなのですが、ここのは大丈夫でした。なによりチャーシューがウマかった。

アジの結果はさておき、充実した濃~いみちのく旅行でした。また来年初夏のお楽しみ。

2005気付くとメイの写真がジュラより少ない。で、サンディーズで撮って貰ったメイの立派な写真を最後にハリハリ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/07

みちのく満腹アジ旅行~哀しみのアジ大会

7月2日、3日は仙台名取川河川グランドでJKCのクラブアジリティ競技会でした。

ジャッジは両日とも進藤先生と亀田先生。


2005会場はこんな感じです。サチヨさんトレ!ちゃんのスタート風景。

不安定な天気の続く時期なのに、土・日共、奇跡的にお天気が持ちました。

お昼休みをとっても16時には表彰式も終了した、丁度いい規模の大会でした。
進行もスムーズ。のんびり気持ちいい。(あぁ、この気の緩みが~(-_-;))

2005 雨天時だったら使用できなかったピクニックシェードが出動。

今回はBay家、ナオミママもこれをゲットしてきており、3棟並んでのセッティングは人目を引いたらしい。

「ワカサギ小屋」と呼ばれて、笑われておりました。

今回で収納技術は飛躍的に進歩。ものの数分で畳めるようになったのは大収穫です。



今回の遠征の大目標「ジュライ3度昇格」
・・・は、果たせませんでした。

1日目はあと2本という所でハードルのバーを落とし、2日目はDWの下りタッチを飛んでしまいました。

タン曰く、「このところのジュライはクリーンランもなく、笑っちゃうような失格もない、つまんない走りなんだよな」

じゃ、メイと走れば?刺激たっぷりよ、イヤという程、楽しめるわよ。
という訳でメイ&私

1日目JP/スラのエントリーを3拒絶で失格した時、2拒絶1ミスと思い込んでいた私は、ジャッジの笛にも失格アナウンスにも気づかず競技続行。いらん根性出して、私的に史上最高回数のフロントスイッチをいれる事に全魂を賭け、最後まで走っちゃいました・・・(>_<)

進藤先生、呆れて見てないで、暴走オバンをなんで力ずくで止めてくれなかったの~?

それにしても、メイが又!スラに入れなくなった。スラに入れない3度犬・・・.まぁ、いないわな。降格制度があったら真っ先に落ちるわね。

2日目JP/メイ、スタート直後ハードル2本目を飛ばずに私の所に駆け寄ってきて、そのまま3本目を飛んで秒殺失格。私が動くの早すぎたし、一瞬目を離してしまいました!ハイハイ。でも、メイさん、少しは私をカバーしてやろうって気持ちは湧かんかね~。責任割合は私とメイで8対2ってところかしら。

AGでもタッチ飛んだり、バーなぎ倒しまくったりで大騒ぎ、大慌て。

2005 

哀しい現実は、脇に置いといて、会場で嬉しかった事は別にありました。

今回楽しみにしていたのはサチヨさんとトレ!ルナ☆に会う事。

トレ!ちゃんのJKC1度デビューはお見事。クリーンランまでもう一歩で惜しかった。

アトラクションに初出出場したルナ☆ちゃんは、そのスピードにびっくりでした。

飼い主のサチヨさん自身が1番驚いていたみたい。
もしかしたら、超高速フラット誕生の日だったのかも・・・・

ルナ☆ちゃん、毎年会う度に、表情が穏やかになっていく。
サチヨさんちとこの子になって、ホントに良かったね。

なっちゃんと3頭一緒に写真撮りました。



2005 美人フラットさんと一緒に撮影。続いてはレイちゃんです。

写真は撮れませんでしたが、仙台のハンサムボーイ、ターシュ君にも会いました。
(ワインのLa Tacheから命名だって。)

参加賞は両日ともバスタオル。初日のタオルは頭を抱える柄でした。一昨年はお米だったのにな。

2005 秘蔵“マテマテTシャツ”は、その力を発揮できませんでした。

ジュラ、恒例の「マテ」反省会。

「もうちょっといい子でお座りしてれば、『よ~しっ!』で終わるです~」

反省会の効果無し。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/06

みちのく満腹アジ旅行~仙台ワンコ宿事情

7月1日(金)~7月5日(火)まで旅行に行ってきました。

ぎりぎりまで行けるかどうかはっきりしない状況でしたが、無事決行と相成り、メインイベントのJKC仙台アジ競技会を挟んで、前後4泊5日のんびり旅を楽しんできました。

7月1日、昼過ぎに白石に到着。

2005まずは、名物「うーめん」の老舗という「なかじま」という店へ。

胃腸の弱い父親のために息子が考え、お殿様に認められたといういわれを持つ、油を使わず小麦粉と塩水のみで練り上げられた消化の良い麺です。素麺よりやや太くて、短い。

つけ汁はゴマ、くるみ、しょうゆの3種。これが水っぽくて・・・。出汁が全く効いてないようです。
お腹すいてるはずなのに途中で飽きました。長距離ドライブ疲れもあったかな。

2005次の日の競技会に備え、アジ練不足のメイジュラと我々、少しでも足しになればと小雨の中「蔵王ドッグランド」へ向かいました。しかし合羽を着て練習を始めたものの、わずか数分で滝の様な雨に変わって泣く泣く撤退。

今思えばこれが競技会の悪夢の兆しだったのね。

20051日目の宿は、白石ICからほど近い鎌先温泉「木村屋旅館」。
古い、風情ある造りの宿が4件だけの小さな温泉町です。湯治客が中心のよう。
隣の一条旅館の造りが余りに渋いので部屋の窓から写真をとりました。

大型犬も室内で自由にしてOKと予約の際に言われてましたが、事実です。

それどころか想像つかない程、ワンコに対してユルユル対応です。ワンコだけを部屋に残す時は、ケージに入れるとかして下さいというのが唯一の注意事項。

2005ワンコは人間と一緒に土足で入口から入って行き、エレベーターに乗って、お部屋へ。さらには、布団に一緒に入って寝るのさえ推奨。マナーへの注意もへったくれもありません。

従業員もお客さんもワンコが一緒な事に対して、誰も全く頓着しないのが最後まで不思議でした。

建物も部屋も老朽化して、みすぼらしい箇所はそこかしこに。でも清潔感はぎりぎりセーフでしょう。
ちなみに1泊2食で12,000円。ワンコ料金は無料。

2005100人に聞いたら、全員が「品数、量が多すぎる」と口を揃える旅館料理。なのにいまだ改善されてる気配なし。やはり半分で充分です。

季節感無視のマツタケのお吸い物とかがあるのに、ご飯と一緒にでてくる汁も同じような味のお吸い物だし。

ただ、今回の旅行を通じて最高に美味かったコメの飯はこの旅館。
普段は軽く1膳食べるか食べないかのタンが、絶賛しつつ3杯おかわりしました。
さっぱりしてるのに、旨味があって、ほんわり軽い。これがササニシキ?

競技会の様子は後に回して、仙台ワンコ宿情報その2。

20052日目は日本三景松島に宿をとりました。「大松荘」です。“うめはは”に紹介してもらいました。

昨日の木村屋が特別かと思っていた我々は、またもや驚く。

この宿も、同じくマナー不問のゆるゆる宿です。
ワンコも部屋の中で自由にやって頂戴!!の受け入れ体勢。

今宵はトイプーのナオミちゃんとママが一緒。(3度昇格おめでとう!!!)

ナオミママはビール。私はスパークリングワイン(ゴチです。ナオミママ)、タンは日本酒(一の蔵)とそれぞれ好きな酒を手酌で楽しみながら、だらだらと楽しく夕餉。

陽性強化や手作り食のポイントを改めて聞いて、勉強になりました。陽性強化勘違いの困ったちゃんの話とか。

2005お膳2台に乗り切らない量の料理もゆっくり食べてたら、固い天ぷら意外は、完食しちゃいました。

それにしても、仙台周辺の旅館のユルユル度、侮りがたし。

TV見てたら、秋保温泉もワンコOKのCFを流してました。

来年は松島の宿に素泊まりして、食事は海沿いの店を回って海産物を堪能する、という企画をさっそく立てました。美味しいお寿司屋さんとかもあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »