« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/29

葉山でBBQだ!!!

東京ブロックの翌日、日曜日。
O家とT家のお誘いで、葉山でBBQして遊んできました。

なんとメイジュラ初めての湘南です。
この時期は思った以上に道が空いていて、家から1時間もかからずに到着しました。
第3京浜とか、走る道も気持ちいいし、こんなにリゾート気分を味わえるんだもの、シーズンを外した時期にはこれから頻繁に行きたい!と意外なラクチンさにまずは感動。

到着したらまずはとにかく、ひとバシャバシャ!昨日、何かありましたっけ~~(byジュラ)
Imgp3419_3

メイ、陸上でも海中でも変わらず、1000本ノックを激しく要求。
Imgp3418_3

さてさて、この日のBBQの何が楽しみって、Oパパ、Tパパの二大名料理人がご一緒な事です。
タンも「うちは何も持ってく必要無し!全てお二人にお任せするように」と強く語って、そりゃあ楽しみにしていました。
それと美しいママ達とのガハハなおしゃべりもご馳走~。

では、メニュー紹介。
葉山のこの場所へは、昨年は約30回、今年も既に4回目というTパパが、焼き方リーダー。これはO家持参の豪華!牛ステーキです。
Imgp3440_3

春ならではの味、タケノコです。
この美味さは一体なんだ!瑞々しい栗のような味と食感。
おいしくておいしくて私、絶叫してました。
Imgp3432

こちらはTパパの下ごしらえが光るラムチョップ香草焼。
そして1尾のサイズがマジでラムチョップと同等の、Oパパお見立てによる超巨大エビ。
Imgp34292 Imgp34362

イシモチの塩釜焼です。なんて優しく上品な一品でございましょう。
〆はたっぷりの豆苗が効いてる塩ヤキソバです。大人風味でございます。
Imgp34282 Imgp34412

ヒトがウマウマと幸せに浸ってるだけじゃ不公平だよね。
ワンコ達もまた、弾けてこーーーい。
水の中では強気なジュライ。誰にも負けたくないようです。相手が例え女王ローズでも譲りません。しかし、この後のボール投げではセラス、シオン相手に超へなちょこでしたけどね。
Imgp3446_2

おや、ここに残ってる子は誰かな?べったん、パパが呼んでるよ!
タンの脚の間に逃げこんじゃいました。どうしても海はイヤですか。
Imgp3421_1

最大近づいてこの距離。
Imgp3460_1

もう一人のマッタリさんは、T家の長女アンジンちゃん。お花と私を撮って~と、しっとりアピールしていました。
Imgp3435_1

O家のセラスちゃんとT家のシオンちゃんの姉妹は同胎姉妹。
とにかく仲良しです。そして2人で、いろんな遊びを次から次へと生み出します。そのバリエーションに、おばちゃん感動しちゃったよ。"20m位離れてポイントしあって、先に我慢できずに動いたら負け!"とかそんな感じのもあったね。
Imgp3444_2

そんな妹達のはしゃぎすぎに時々説教を入れに行く、ローズ学級委員長。
チンピラメイも以前、刃向かおうとしてガッチリやられ、それ以降は頭が上がらなくなってます。
Imgp3454_1

結構マイペースなのがワイマラナーのサラムちゃん。
クールビューティーな彼女が、おもちゃをコッソリ出そうとしてチェックされた時の1枚です。
Imgp3438


楽しくて楽しくて、幾ら遊んでも足りなくて、ジュラ君はまた座り込んでしまいた。
また行こうね。勿論シェフ達の料理もまた一緒がいいよね。
Imgp3463_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/27

JKC東京ブロック

今年の世界大会のコースを設定し、ジャッジをするフィンランドのミア・ラーマネンさんが来日。
今回の東京ブロックは1度から3度までJPもAGも全てのコースを彼女が作りました。
1度をベースに、障害位置を調整しながら2度3度と段々レベルアップしていくのです。IMGP3393

北海道、東北、中部、関西、九州から名立たるメンバーが遠征してきて、さながら本部大会のような雰囲気の競技会でした。
場所は江戸川、篠崎緑地。風が強くなる前の午前中はポカポカ陽気でした。
IMGP3399

1度クラスでは見学されてたミアさん、2度からはご自身でAGをジャッジングしました。このジーンズ姿から、赤と黒の服に着替えてのジャッジ。可愛いのにさすが威厳あった。
タッチ(特にシーソーの下り)とバッティングにとにかく厳しい!これが世界基準なのね。よく走って、よく見てます。怖いよーーー。

3度のコースのスタートはAGもJPも同じくT字に障害を置くスタートでした。AGとJPでは対照的に逆方向に飛ばせます。
後は「ちょっと引いて送り出す」ってのが何度も出てきました。
K先生も「彼女はバックスイッチじゃないと、どうしても処理できない部分を必ず作ってくる」って分析していたその通りの組み方。
「ミアさん対策練習」が実ってよかった~。先生ありがとう。(この部分だけはね)

でも、コースの肝はなんとなくわかっても、私の頭の中は「困った、困った、どうしよう、どうしよう」が渦まいてました。
メイにしろジュラにしろ、こんな実力の無いペアが3度に出てごめんなさいね~。と中腰でペコペコしながらの出場ですから。
別に3度に出なくてもいいのですが、数でりゃ少しは慣れるかな、なんて淡い期待もあって、出して頂いています。
神経が図太いとはこの事でしょう。

■AG3
今日のような完走と、失格とどっちがいい?って聞かれたらビミョーかも・・・。
スタート地点。「フセ」ってメイに言ったのに、メイ伏せてくれない。
大きい声で怒鳴るように言えばやるだろうけど、外人ジャッジは、叱ったりするのを虐待行為だとして大変ナーバスだと何かにつけて耳にするので、諦めてそのままメイから離れていきました。

「マテ」って言ってるのに立ち上がってソロソロと1本目のハードルに近づき続けるメイ。マズイ前兆でした。
スタートのT字に置かれた障害を回してトンネルの奥に連れて行く、というが難しい箇所はなんとかクリアしたのに、スラの後のフロントを入れなかったせいで、その先の組み障害の2コ目をメイに2回連続で拒絶させてしまいました。組障害は1コ目に戻ってやり直さなきゃいけないから、タイムはどんどん加算されるし大忙し。(このルールをよく思い出したなぁ、アタシ)
で、メイをコントロール出来てないのが露になったシーソー。マテをかける地点の遥か手前からメイ、大恥ずかしの大発射!!!

さらに、ソフトを出たあと、メイと入れ替わった時に手が上がるのが見えて、3回目の拒絶で失格かと立ち止まってしまいました。
ミアさんのジェスチャーによれば、犬と人間の体のどこかが触れてしまうバッティングという失敗でした。本人、全然気付かなかったよ。初めての体験です。

その後ハードルも落として、結果2拒絶、3失敗の大ボロボロ。

■JP3
私の少ないノーミソを使う順番は
1.コースを覚える
2.明らかに難しい箇所をどう動くか、検分中、周りをコソ見しながら決めて覚える
この2つで私のノーミソの空きスペースは大概無くなってしまいます。
そのため、ここ何大会も懲りずに繰り返している失敗をまた懲りずにやってしまいました。
だからぁ、トンネルの後、必ずミスするんだから、ちっとは考えろ!
この日もそれをやっちゃて2拒絶。

ミシェルママが、そんなドンヨリ気分を吹き飛ばしてくれる素晴らしい写真を撮って下さって!!嬉しいのなんのって。あんなハンドリングでもメイちは楽しく走ってくれてるんだね・・・。
060325jkc_1202

060325jkc_1212 

タン&ジュラペアの走りは、出走が重なってしまい、私は見られませんでした。
ジュラまたまた待てず、タンはその後コントロールを立て直せず、JP・AG共、スタートからほどなくのダブル撃沈だったらしい。

ビデオが撮れていなかったので、推測でしかありませんが、笑える雰囲気じゃなかったらしい。
タンがピリピリしてジュラがアワアワする、何より難しいのがテンションコントロールだって、改めて感じる本日でした。

JPとAGのダブル失格というのは、何度もやってる私だからよーーーくわかりますが・・・堪えます。
次に完走するまで、その気持ちを引きずってしまいます。

おうちに帰って、力なくジュラをフォローするタン。
IMGP3407

思うに、最近タンはジュラとちっとも遊んでなかった気がします。そういった日々の積み重ねが本番に出る気が大いにします。
楽しくゴールできるその日まで、仲良く頑張れタンジュラ!

次回の競技会は少し先、4月中旬になります。

精神的に疲れに疲れた土曜日でした。
日曜日に楽しいイベントがなかったら、タンと二人、言葉少なく過ごす週末になる所でした。(後述)

最後にこれもまた、ミシェルママが送ってくれた、可愛いパンちゃん@マリノアphotoで和んで下さい。
パピーの可愛いさには何の言葉もいりませんよね。
060325jkc_0931

060325jkc_0971

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/23

寝ている写真

タンがワンコを連れて先に寝に行きました。

ワンコがぐっすり寝ている姿を見るのは、本当に幸せな事で、
大股開いて寝ているメイが可愛くて、思わず電気を点けて写真撮ったら・・・

ジュラは起きた。

可愛いと思ったメイの顔は怖かった。
2006

↑これは一昨日くらいの写真です。

今はドッグベッドでグダグダ中。
2006
メイ、それはジュのベッド。
ジュラ、それはメイのベッド。

マッサージチェアが倒れすぎて、ジュラは入れなかったか?
すまんすまん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/20

JKC Do!アジリティクラブ

開催場所は埼玉県吉見町 吉見運動公園

関越道 東松山ICが最寄のこの会場は、うちから遠い~。
スキーシーズン渋滞を避けて、首都高 与野ICからひたすら国道17号を走って辿り着きます。

本日のジャッジはAG担当 マーカンド・チーク氏fromUSA。
「WBCのアメリカ戦では、ミスジャッジで日本の皆様に申し訳ありませんでしたが、本日の私はそのような事はありません!」とベタなネタでご挨拶。
JP担当はわが師のK先生。

いつもはスモールはAGから、ラージはJPから同時進行で進む事が多いのですが、本日はアトラクションがあるので変則的なスケジュールでした。午前中に全クラスのJPを行い、午後からAGという予定。

スモールクラスに出る私もラージクラスを見られるので嬉しい反面、検分時間に時間がかかり、時間が押せ押せ、終了時間がかなり遅くなりました。
今日は風が強く寒かったよぉ。

まずはこのクラブアジリティーの名物2つです。

①昼食の万世カツサンド&豚汁。
IMGP3344
IMGP3345昨年はうちのスクールのみんな、こんなのがあるの知らなくて羨ましく見ていたのですが、昔からの恒例メニューだそうで、今年はちゃんと事前に申し込んだのよ~。
でも、競技会の時はいつもそうなのですが緊張で食欲が(少し)無くなります。
今日も2切れくらいしか喉を通りませんでした。

②競技者検分中のダンス
今日の主催クラブは、訓練士になるための練習生を多く抱える大クラブです。
その方達を中心をしたスタッフが、競技者の検分中、会場に流れるBGMをバックに観客席に向かって踊ります。これも恒例。
どうも元は世界大会などで行われるお祭り行事らしい。
マーカンド氏もノリノリ。この人、陽気で、表彰式の時もアカペラで「ウィーア~ザ・チャンピオ~ン」と歌ってた。
IMGP3358

で、競技結果~。

まずはJP2。
ストレートトンネルを中心にトラップが置かれる、走りの緩急を求められるコースでした。足が速いハンドラーならなんなくこなせそう。少し年配の超上手なハンドラーの方はクリーンランした後「足がない分、声のデカさで勝負したのよ」なんておっしゃってました。

★メイ
先生の作るコースは、絶対メイが苦手だと予想していたのですが、やっぱり。
ストレートラインで私の足が追いつかず、メイが私に寄ってきます。慌てて行くべき障害物のタイヤに押し込もうとしたけど、メイが飛ばずに1拒絶。ついでに最後の方でバー1本落下して1ミス。「もっとハンドラーが走らないと」なんて終わった後言われましたが、走れませんがな。
走り終わった人みんな息絶え絶えになったこのコースは、スモールクラスの失格が多く、クリーンランは33頭中4頭。1ミス1拒絶のメイでも8席。

★ジュライ
やっちゃった。
ジュラ待てなくて勝手にスタート。開始そうそうのストレートトンネル後の後、苦手の270度旋回で逆飛びして失格。

失格した途端、リンクからスタスタ退場するタンを見送ったまま動けなくなって、リンク内に佇むジュライ君。
周りで見ていた知らない人が「もっと、やりたいんだよね~」なんて話すのが聞こえましたが、違うんだよ、タンが怖いんだよ・・・。

またこっぴどくタンに怒られ反省会「マテ練」。
IMGP3350

IMGP3352

次にAG2コース。
マーカンド氏のコースはトラップが前半&後半で集中してる箇所がありました。ここがキモ。
①、②の後、真っ直ぐなライン上にスラロームがあるけど、3番目は、そこじゃなくて左のハードルに行くんだよ、とかです。
★メイは、私の大絶叫の呼び戻しでボロボロのラインながら、なんとか途中まではノーミスでしたが、バー1本落としちゃった。丁度、私がまたコースを忘れて、一か八かの指示を出した所でした。たまたま合ってたけど、メイちん、スマン。1ミスでこれも8席。
同じ障害を何度も通過するコースは、どうにもこうにも私には覚え切れません(泣)。

ジュライ
★今度は最初からビシッと待って、タッチもばっちり立派なクリーンランでした。
タンの指示やラインも本人会心だったらしいし、ジュライもその指示にキビキビと良く乗ってきました。
早いボーダーさん達が上位を占めたので12席でしたが、74頭中ですもの、よく頑張った!

先生から、「JPからAG、どのようにジュライの精神状態をいい方向にコントロールしたか、その過程をよく研究して下さい」って言われたけど、
「舞い上がちゃってタンのコマンド無視してアワアワ」→「怒られた」→「今度は我に返って、ちゃんという事聞いた」
という毎度お馴染の行事。怒られる過程無しに、最初から落ち着いて待てるようになるにはどうすればいいのでしょうねぇ。

本日「待てない(犬を持つ)おやじトリオ」のべったん、ケンタ、ジュライは3頭揃ってAGをクリーンラン。ケンタパパはクリーランがわかった後、歓喜で倒れ込みました!みんなニコニコでしたね。べったんが入賞!

お笑いフラットチームは、マールが見慣れぬ外人ジャッジさんに入念なご挨拶に行くし、なっちゃんは、真剣に走っていたと思ったら急にコースを逸れてAフレームの下にオヤツを探しに行って、ママに呼び戻されて慌てて戻るし、ジュラの失格後、呆然とリンクに佇む姿ともども、いずれも会場の笑いを誘いました。可愛かったよ~。

涙の出来事もひとつ。
出場予定だったオーストラリアン・キャトルドッグの子が、競技会直前に亡くなってしまったそうです。なにか事故だったのでしょうか。

「皆さんには申し訳ないけど、今日一緒に走るはずだったリンクに最後に一瞬、一緒に立たせて下さい」とその子の遺影を抱いた若い男性の方が号泣しつつリンクに立ちました。その事を語るアナウンスの流れる中、会場中が涙に包まれました。ジャッジのマーカンド氏も泣きながら、彼を抱きしめました。
そのシーンを思い出すと、こうして記していても涙が止まりません・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/16

おやつ&嬉しい写真

メイジュラごはんとして購入した肉類で、冷凍庫がギチギチになってます。
ヒト用ご飯をストックしたりの余地ゼロです。

購入したものの中に、砂肝が1㎏×2パックというのがあります。
2~3回位のごはんではそんなに使いきれないのに、バラ解凍できない。
一気に解凍した後、どうしたもんか・・と。

私はワンコのおやつに対して普段はあまり熱意の無い飼い主なので、すぐには思い浮かばなかったのですが、ジャーキーを作るというのがきっと王道ですよね。

今晩は大雨。散歩はナシに決定。
という事でおやつ作りの余裕が出来たので、ジャーキー作りにチャレンジしました。
「砂肝 ジャーキー 作り方」で検索したら、わんさかhit。

とりあえず、作り方は、「さっとゆでてから薄くスライス、150度のオーブンで30分。」
というのを真似してみました。
出来上がり↓。私らも塩振って食べたら、かなりいけます。
IMGP3342

メイジュラは、何を食べても「ウンマ~~~」なのでウマウマレベルは参考にはなりませんが、かなり上位に位置するのでは。

ちなみにメイジュラが「どうにもこうにも、どんなに怒られようとも待てませーーーん」と、辛抱できずに突撃するNo.1好物は、今のところ朝ゴハンの最後にあげているカスピ海ヨーグルト。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、嬉しいメールも頂戴しました。
この間の北関東ブロックでメイジュラの写真を撮って下さったフラットのお友達、ミシェルママからです。

まずはジュラ。楽しそう~。
しかし尻尾がいつまで経っても貧毛なのに目がいく・・・。
060311jkc_0241

次にメイ。これは連続写真です。
タッタカターっとドッグウォーク通過中。勢いあるため、背中のお肉も躍動してましゅ。
060311jkc_0951

下りのタッチの写真。青い部分を必ず踏んでから地面に降りなければなければならないルールの箇所。
そのために、ここでかなりスピードダウンをさせます。
青い部分までスピードを緩めず駆け下りてきて、そこで一瞬止まり、そのまま駆け抜ける事が出来るようになるのが大きな課題です。メイ、すごく真剣。
060311jkc_0961

その後、多分、旋回させようとしている場面。
メイ、私の動きに、吠えながら応えてくれてます。
このまま私の後ろをすり抜けるのが、メイちゃんスイッチですが、今日はセーフ。
060311jkc_0971

薄着になってきて、おデブが超気になってきた今日この頃。
写真に撮って貰うと自省の念しきりだわ。
今週はトンカツ自粛しようっと・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/12

JKC北関東ブロック

開催場所は栃木県壬生町羽生田地区県有地。

案内図にある目印施設がうちのナビに全く出て無くて、高速降りてから30分以上ウロウロしてしまいました。道を聞こうにも、お店も無ければ、人気も無い。
首都高の渋滞もあって(渋滞が始まる前に家を出ろって!)家から会場まで3時間かかってしまいました。

やっと着いた会場は気持ちいい程、広々。帰りに立て札を見たら、競馬場予定地と書かれてました~。
IMGP3282

ブロック大会にしては出場者が少なくてびっくり。会場が遠いからですよね。
いつも1番多いのは1度のラージクラスですが、今回は2度のラージの方が多かった程です。
ポカポカ陽気の快晴の下、今日はタープは立てず「わかさぎ小屋」。
人もタープも少ないので全体的にやけにのんびりムードで、草大会の趣でしたわ。
IMGP3275

1度、2度と何か凄く早いテンポで競技が進み、お昼休みがあっても3度開始が1時という奇跡的な進行。
2リンクで進行していた競技は、3度からは1リンクで行われる事になりました。
ラージ→ミディアム→スモールの順です。

ジャッジはAG木村先生、JP根本先生(ダンナ)

まずジャンピングから。
スタートから3本のハードルが左に曲がって行き、3本目から真っ直ぐに4番レンガ。その先は、ほぼ正面のトンネルがトラップ。左にあるスラロームに進まなければなりません。ここが序盤最大の難関。
障害の左右どちらを走るか、バックスイッチとフロントスイッチどちらか処理するか三者三様です。レンガの前でフロントする人が多かったですが。
ここで設計者の意図通り、トンネルに突入してジュライは失格。この後中盤のボックス部分でも失格者が多く出ていました。

私は右からスタート。バックスイッチを連続する事で、ここをクリアできました。これしか出来ないからフロントなんて選択肢はそもそもないのですが^^;。
後半は気持ち良いGoGoコースでしたので、メイちゃん大満足でゴール。久々のクリーンランでした。
おまけに結果も2席!赤おリボンだ!
IMGP3286

トイプーとか、パピヨンに囲まれて、コーギーはなんとドスコイに見えるのでしょう~。9キロの体重を片手で抱えているのは一苦労なのだ。

次はAG。難しかった~。超トリッキー。障害の裏から裏から回させるコース設定です。最初から完走できる気ナシ。
半数が失格です。その中にメイジュラも・・・。

ジュラは練習ではまず失敗しない角度のスラロームのエントリーをミス、やり直したら今度は途中抜け。タンはカッカするし、ジュラはアワアワするしで、その後、タンの呼び込みに反応できず、障害を逆飛びして撃沈。本日は、ドヨヨンのW失格~。

恒例アナウンス「残念ながら失格です。すみやかにご退場下さい~」の声を背に、スタスタ出口に向かうタン。その後をトボトボ追うジュラ。
トボトボに見せて、実は能天気なジュラ君、出口近くに置かれたシーソーに、つい乗りたくなっちゃって、さらにタンに怒られてました。

メイの失格した箇所は、単なる送り出しでいいと思ってた私が大間違いな所でした。フロントを入れるか、あるいはもっと奥に入ってラインを作るかしなきゃダメだったらしい。いつまで経ってもコースが読めない奴だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早い時間に終了したので最後にワンコ達は広い会場でボール投げなどして遊びました。
この写真は真由美ちゃんとセラスちゃんです。
IMGP3291

競技の後は、近くの「壬生グリーンホテル」にお泊り。
最後のボール投げで徹底的に遊び疲れたメイジュラは、着くなり爆睡。メイは膝で寝るのが大好きで、強引に乗ってきます。
IMGP3308

宿情報です。
部屋は、ツインはそこそこ広いのですが、シングルは狭いらしい。
周りには食事処も、コンビニも全くないので注意です。
宿の食事(要予約)は、ボリューム、質、値段とも、結構満足出来ます。
うちは2000円のを頼んだのですが、この価格とは思えない品数と内容でした。もっと安いやつでも十分かもしれません。

家に帰る途中、「佐野プレミアムアウトレット」に寄ってみました。10時過ぎたばかりなので、すごい人出でした。
前から迷っていた、ちょっと大物を買っちゃった。
IMGP3328

来週も、再来週もアジ競技会です。
特に再来週の東京ブロックは既にある意味大盛り上がり。
今年の世界大会のジャッジに決まっている方が来日。かなり難しいコースを作るらしく、今からその方の作るコース研究が盛んに行われているようです。
うちはもうこの先、練習機会がないので、ぶっつけ本番だぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/05

ラブリ~なちびっ子達

先週続いた雨が上がって、今日午前中はポカポカ晴天です。

アジ練のフィールドにもちびっ子達がデビューしてきました。

初めまして~のルナちゃん。
Eコッカーのステラ家に満を持してやってきたベリィキュートな女の子。
会いたかったよ!今日会えるのを楽しみにしていました!

blogIMGP3270今日が、お出掛けデビューでしゅ。
お外は広いね~、お姉ちゃん以外にいろんなワンコもヒトもいてビックリだね~。
寒いのもあってかしら、ちょっと震えてました。抱っこするこっちは、壊れ物のようで恐くって、でもパピーの匂いと温もりが溜りませんでした。

ルナちゃんって名前とても可愛いよね。
コーギーのルナちゃんと、フラットのルナ★ちゃんと、私のお友達のルナちゃんは3ニン目です。あら、なんかキレイ系かしら。

こちらはパンちゃん。
2月に大阪から来たマリノアのパンちゃん、丁度1月振りの再会です。
マズルがちびっと伸びてきました。お耳がまだペラペラしているのがまたカワユイ。
すごいよーーー、もうマテちゃうし、オスワリもできちゃう。
愛情溢れる子育てがとっても上手なパパ、ママの元、ジャム兄ちゃんみたいに、とっても性格の穏やかなマリノアちゃんになっていってるね!
blogIMGP3238 

いいな~ちびっこ。
心の底からホンワカします。
これはジュラの2ヶ月半くらいの時の写真です。「困った顔」はいまも変わらず。
「ボク~ジュライです~」のおまぬけジュラ言葉はこの頃生まれました。
写真が苦手だった私のせいで、ジュラのパピー時代の写真はとっても少ない。あぁ、勿体無い・・・。
大事な1枚です。
jula-baby2   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/04

抜け毛Battle

「抜け毛」
それはコーギー飼いにとって永遠の課題。

そもそも、コーギーは毛量自体が多い。特に首廻りと、お尻廻りのぶ厚さといったら!
フロントラインつける時だって、いつも地肌まで掻き分けられません。

且つうちのメイは、ブラシ嫌いときている。
ちょっと強めにブラッシングすると、大袈裟に体をよじってわめき散らすので、なかなか作業が進みません。
IMGP3222

基本中の基本だと思って最初に購入したスリッカーブラシは、未だどんなに「ソォーッ」と触れてもそれだけで文句を垂れます。
もしかしたら、お肌が過敏???
なんて心配もしてみましたが、な訳無くて、単なるワガママのようです。

抜け毛対策に結局は王道はなくて、毎日こまめにブラッシングするのが一番でしょう。
なまけものの私じゃない人だったら。

で、週1回とか2回、時間をかけずに短時間で、「抜け毛が面白いように取れる」商品を日々追い求めて集まったのが、こんな商品です。

まず初代HITアイテムはこのノコギリブラシ
IMGP3214

忘れもしない、メイちびっこの頃、銀座の「犬の生活」で見つけ、購入した初代抜け毛対策ブラシ。
初めて使った時は感激しました。
アンダーコートが非常によく取れます。でも背中をバリバリやるのは良いけど、細かい部分、柔らかい部分に不向き。毛がブチブチ切れる感触がちょっと怖い。そして毛が舞い散るのが大きな弱点。

次世代。ピロコーム
IMGP3215
画期的商品と謳われ、3年ほど前にネットで購入。
アンダーコートを取るアイテムとしてはかなり優秀で、これを使った後、ラバーブラシでオーバーコートを取る、というのがここ数年の定番でした。
毛が飛び取らないのが大きな特長です。
http://www.f8.dion.ne.jp/~diatolib/


そして昨年からの話題商品ファーミネーター。
なんか、凄そう、でもこの価格は、失敗だったら痛いので、飛びつけずにいました。
先日ペットショップにサンプルが置いてあったのでメイに試すと、意外と痛がらない。
結構取れそう。
という事でその場で衝動的に購入。
IMGP3218

それにしても商品紹介のページの実例写真、恐ろしい・・・。
黒いワンちゃんはフラットに見えてましたが、よくよく見るとラブ??
http://www.retriever.org/shop/trim/furmunator.html

家で改めて試した結果、メイは、期待してた程、取れませんでした。
その代わりジュラ毛が、びっくりする程、取れました。ホワホワしてた柔毛がこれでもかと。
IMGP3212


ちなみにジュラはブラッシング大好き。
「ブラッシする~?」の一声ですっ飛んできて、
「ハイ、終わり~」っていっても、背中を向けてお尻からズリズリ体を押し付けて「もっと~~お願いしますです~」と離れません。

ちなみに、君は貧毛・・・。勿体無くて、たくさん抜けません。

掃除機に吸われるのが大好き!
メイこそ、そんなワンコになって欲しかったよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/01

またビリビリと・・・

帰宅したら、ビリビリ作品が床に散らばってました。
20050301

出掛けにカバンから出してテーブルの上に置いていった、もういらない書類です。

だから全然ショックはないし、ヒマにさせてる負い目もありますが、
でも、一応「あ~っ、何コレ~」と低い声でつぶやいて、驚いてみせました。

と、慌てて駆け寄ってきて、私の脚にすがって謝るメイちゃん。
20060301

簡単に白状するのね。
正直でよろしいけどねぇ・・・。

床に置きっ放しになっている新聞などは見向きもしないくせに、テーブルの上の紙類や文庫本を狙ってイタズラするんだから、完全な確信犯です。

怒られることがわかっていても止められない、甘美な遊びなの?
シニア犬の域に達した今でも、枯れる事がないメイの破壊魂・・・ううう・・・

メイ本犬、私が拾っている間中、部屋の隅で神妙にフセして、真剣な表情で反省している風なのですが、どこまでが本当に困っていて、どこまでが演技なんだか微妙~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »