« 手作ってみた! | トップページ | 2006夏/館山 »

2006/08/21

2006夏/ビブリでキャンプ

今年はダンナが5日間連続で休みを取れたので、前後の土日を合わせて9連休の長期夏休暇。「新婚旅行(すんごい昔)以来だなーー」と本人しみじみしつつ、前半は海コース、後半は山コースで9日間フルに遊んできました。
過ぎてしまえばあっという間の9日間でした~。

前後しますが、後半の山コースの出来事を先に書きますね。

計画では12日~14日で海に行った後、15日から19日までビブリッジでキャンプする予定でした。
そこに14日になってビブリの管理人さんから「17日(木)と18日(金)は低気圧と二つの台風でによるクローズする可能性が出てきた。15日1泊で撤収になるかもしれないがそれでもいいか?」という内容のメールが来ました。

天気の事はジタバタしても仕方ありません。
でもこの頃、天気予報は刻々変化しており、1日先の天気さえ予測がつかない事もあり、もしかしたら天候は悪化しないかもしれないし、いざ1泊で撤退となったら他の予約不要のキャンプ場へでも移動すればいいか、と考えて4泊の装備を整えて出発する事にしました。

結果ですが、水曜日の夜から木曜日の夕方までビブリはクローズされました。
でも、「テント貼りっ放しでいいから、1泊だけ他に泊まってきて戻ってくれば?」と管理人さんが原村のワンコOKペンションを探してくれ、中日の1日を下界(ビブリに比べればね!)で過ごし、またビブリに戻りました。

雨の上がったビブリは戻った木曜の夜からは、見事な晴天。毎晩、念願の満天の星空も拝めました。
夜もさほど気温が下がらず(下がっても15度くらい)快適の一言、4回目のビブリで今までで1番の好天でした。

こうなると1日でも長く過ごしたくて、土曜日に帰る予定を1泊延ばして日曜日まで居座ってきました。予定延長に問題になるのは使い捨てコンタクトの予備のみ。ちゃんと用意しておいて良かった~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1000704初日15日は朝4時半に家を出て、ビブリ入りしたのが7時半。
そろそろ~と場内を車で進み、「出会いの辻」の先でテントを貼っているGeminiママを発見。「日が差してきて暑くて寝てられなかった」とすでに起きてGemiちゃんと朝の長閑な一時を過ごしている最中でした。
この日に撤収するというGeminiママのサイトは、白樺の木が目印の素敵な場所。ちゃっかりと隣にテントを貼らせていただきました。

管理棟からは遠いけど、木陰が豊富で可愛らしいサイトです。
P1000730_1

Geminiママが帰る夕方までは、タープの下でおしゃべり。
うちは年代モノのcolmanテントを、そろそろ新しいテントに買い換えたい、なんていう相談とか。
ギアは使い倒さない限り中々買い換えない我が家なのに、虫の知らせっていうんですかね。このテント、撤収時にシームを保護するゴムがベローンと剥がれてしまってました。本当に今回が使い収めになるとは・・・。「君は話を聞いていたのか・・・」と思わず擬人化してしまう程の潔い引退。今までどうもありがとう。

で、新しいテントは何にしようか?悩みます~。
colmanのwether master tarpと色的にマッチして、260×190cmのエアーマットが収まることが条件。オススメがあれば教えて下さいませ。wether masterのテントは、出入り口のファスナーが噛みまくると聞き、今の所候補外です。

日が高くなって、暑さが増してからは、川に出動。
サイトの西側の方に流れる小川をGeminiママに教えてもらいました。この川にはその後、滞在中何度も遊びに行きました。
30度を超える気温なのに、川の水は数分で足が痺れてくる冷たさです。

ちっちゃく滝になってちょっぴり深くなっている場所があります。
メイはここにロックオン。でも入りたいのに、腰が引けて入れない。冷たい水がメイ最大の弱点です。

P1000698_3 お約束の「悔しいーーー!なんでジュラだけ入ってるのよーーー!」
「Gemiちゃんは、なんで一人だけそんなに高いとこ登ってるのよーーー!」
とギャン吠えを繰り返しつつ、ここから離れようとしないので、強引に水中に突き落としてやると、絶句して無言になっていましたわ。
今度、秋に来る時は、メイはもう川には連れて行かない事に決定。

Geminiママが帰る前、やはりこの日に帰ってしまうフラットのララジル姉弟と黒ラブのリプル君に会えました。
左からメイ、Gemiちゃん、リプル君、ジュライ。
メイがGemiちゃんのキレイなお顔を遮っている~ゴメンナイ。
P1000713_1

P1000738火曜日に殆どの人が帰ってしまい、水曜日の夕方には最後に残された私達も一旦退去。
1泊避難した原村のペンションは、大学の柔道部の合宿所と化して、テラスには柔道着が所狭しと干されているところ。
お盆の真っ只中の当日予約ですから、贅沢はいいましぇん~。

P1000739 食堂でガタイのデカイ学生達に囲まれてると、圧迫感で息が詰まるでしょうから、と私達の夕食はテラスに用意してくれました。
ハンバーグにサーモンのムニエルに、という典型的なペンションお料理ですが、野菜たっぷりで結構美味しく、気のいいママさんのおかげで気持ち良く過ごせました。家でビデオ予約してきた日本代表戦をリアルタイムでテレビ観戦できたのは予定外でラッキー。

P1000741木曜日は夕方まで時間を潰さなければならないので小淵沢、清里をウロウロ。
せっかく小淵沢にいるんだから、「ネパール食堂TARA」でランチする事だけは決めました。


このお店の基本はスパイシーなネパールカレーです。
でも、特に絶品なのは「海老ソースライス」。スパイシーで辛くて、でもすごくコクがあって、やっぱり今回も美味しかった~。
P1000745 P1000749   

P1000751_1 その後はどうせなら友達に会おうと清里の萌木の村へ。
お盆ですから、とにかく凄い人出でした。
高校の時の友達がやっているお店「ル・シャデ・ボア」もごった返して、てんてこ舞いしてました。接客に追われる彼女と話している暇なんてないので早々に退散。
猫グッズ専門のお店です。ワンコ物はありませーーん^^;。

ビブリに戻ってからの3日間は、とにかくグータラと過ごしました。

P1000798_1木陰で昼寝が日課です。日なたは30度を超えるジリジリした暑さですが、木陰はとても涼しい。

たっぷり寝てもまだ日が高いので、車で下りていって管理棟近くの川プールにも出動。
(今回、私はビブリ内を走るのと、車で10分程のスーパーナナーズまで車で行けるようになったのだ!なんという進歩。出来はともかくとして。)
P1000791_1
P1000784_1 P1000781

P1000776牧場が近くにあるせいで、昼間はハエが多いのがビブリ。
この古式ゆかしいハエ撮り紙を地元のスーパーで仕入れました。
取れます、驚く程。家から持っていた卓上式の最新ハエ取りには、全く入ってくれなかったハエ達がどんどんくっついてくれます。ヒットでした。


P1000674夜になると今度はランタンの灯りに蛾が大量に集まってきてしまいます。
特に調理のために手元近くにランタンを吊ると、顔にまでバシバシ蛾が当たってきます。ゾワワ~。

そこでキッチンセットもタープの中に入れて、スクリーンを降ろしたら、蛾は完全にシャットアウトできました。(左の写真は昼間の前室跳ね上げパターン)
メッシュの外側にへばりつく蛾を中から「やーいっ!」って眺めながら、というのも趣味悪いけど、虫がつきもののキャンプ場でどう虫と付き合うか、ちょっぴり考えさせられました。

開放感に欠け、昼間は暑いけどスクリーンタープにするか、それとも開放感と美しさに勝るヘキサ型のタープにするかどうか今回は迷いました。
普段、うちはスクリーンタープを立てる事が殆どです。ですが、景色抜群のビブリでは、余りに勿体無いのではと。
結局、今回は雨予報への対策でスクリーン型を持っていき、虫避けの効果を実感したけれど。

P1000705_1 お話し変わって、キャンプ中の食べ物の事。
昼ごはんは、連日簡単な麺類。パスタとかヤキソバとか。
今回、頂き物の超高級シャンパン「ペリエ・ジュレ」を持って行きました。
ゆったり味わうのにはきっと気持ちいいキャンプ場で飲むのがが1番だと思ったから。

夕飯はメイン1品を作り、あとはサラダ類
1日目はチキンのパプリカ煮。2日目は焼き鳥丼。3日目はペンションで、4日目はサーモンのパスタ。5日目はチキンシチュー。ありゃ、鶏ばっかり。
チキンシチューはルーを使うし、シンプルでガッツリ美味しく、洗い物を少なくをモットーにするキャンプ料理です。
メイジュラはドライフード続きでちょっと可哀相だったかも。時々トッピングをあげたり、後半は「白米+納豆+メカブ+小松菜」のお腹に優しいゴハンを作ってあげたりはしましたが。

ほとんど人のいない静かな水曜日・金曜日を過ぎると、土曜日からは週末をビブリで過ごす人が続々来場。
フラットのララ大河姉弟にも再会し、サイトに遊びに来てくれました。
大河君とは誘い合って爆走追っかけっこして遊ぶジュラですが、あまりの馬鹿っ走りに途中で大河君も呆れて、立ち止まって眺められてました。

なごり惜しく日曜日朝に撤収。
撤収時に雨じゃないて、一体いつ以来だろうって位、撤収時の雨に祟られていたので、天気を謳歌しながらゆったり作業しました。
ジュラは大抵ボーッとしていて放っとけて楽なのですが、
P1000801_1

この方は必ず畳んでいるタープの上に乗ってきて邪魔をします。毎回です。
P1000802_1

予測の付かない日程でしたが、どうとでもなるでしょ、とゆったり構えていられたのは、アジ遠征やキャンプで培った経験則。
でも何より、メイジュラがどんな環境でも柔軟に適応してくれるのが支えなんですけどね。

|

« 手作ってみた! | トップページ | 2006夏/館山 »

コメント

ようやく「満点の☆」を見る事が出来たんですね!!
おめでとうございます~。
天の川は見えましたか???
「萌え~」にも行かれたんですねん、私、ROCKSのベーコンカレーが好きです。
気分で帰宅日や時間を決める事が出来るってのもビブリの良い点ですよね、ギリギリまで満喫出来ますからね。

テント君、長らくお疲れ様でした。精一杯役割を果たして引退する姿は清き老兵のようですね!!(たかがテントに言い過ぎか?)
やっぱりOGAWAキャンパル辺り、狙い目じゃないっすか~???テントとして割り切るならエスティーロ?前室は期待出来ないけど…。
エスティーロよりちょい高だけどリサービアにすると2.7m×2.7mの正方形で、フライのサイドにメッシュが有るので夏でも快適そうですね。

でも!私ならばティエラIIにするかも。ビブリの夏キャンではティエラにSPのヘキサ合体(色合いもマッチするし♪)で日中はタープ下、夜はティエラの前室リビングで蛾もブロック。ネムネムジュライはインナーテントに潜り込む…と。
夏以外の季節はタープ無しのティエラ一個で楽チン設営にします。んで、ColemanのWeather Masterは清く競技会などのDayユースに割り切るかな~。

ティエラIIは長らく人気の定番商品だけに良く出来てますよ、ビブリの厳しい気象条件下でも愛用者が多いのが頷けます。
いかがでしょ~???ギアを大切に長く使うメイジュラ家なので、ハイスペックものを選ぶのが良いと思います~。

投稿: Geminiママ | 2006/08/22 13:17

★Geminiママ~
天の川見ました!うっすらだったけど。
満天だったけど「降るよう」なまでには、いかなかったかなーー。

ビブリを下りて、「萌え~(笑)」に足を踏み入れたらドッと疲れました。すたれたとはいえ、まだまだ清里。
あの辺りのカレーと言えば、大泉の「アフガン」ってのも有名なんですが行った事ありますか?

テント君は見事、長寿を全うしてくれました。
ここまでギアを使い倒すケチな我が家って・・・。

そして新テント情報いろいろありがとう!
悩む、悩むよぉ。
私的にはティエラⅡが欲しい。
Geminiママお勧めのストーリーパターンが、もう頭にこびりついてしまったよ~~。

しかしダンナはタープの広さ重視で、Weather Master LOVEのヒトなので独立したテントを買いたい。
両方買っちゃえば?って私が言ったら罵倒されました。シュン。

投稿: メイジュラママ | 2006/08/22 18:39

ジュラ君のお鼻越しの青空のお写真、いいです!
いやー、後半も気持ちいいお天気だったんですね!吸い込まれそうな星空を見てると不思議な気分になりますよね♪
去年はまんまる満月の月明かりを体験できたんですが、それはもう信じられないくらい明るくて、メインストリートを歩いて管理棟に行く道もライトがいらないほどでした!
今年は満月の下で一緒にお酒が飲みたいな。
そして旦那様の「芸」を拝見したい・・・。むふ♪

私もOGAWAのテントが好きです。と言っても持ってませんが、余所様のを見る限りとても使いやすそう。カタログも穴が開くほど眺めました。ティエラⅡがいいなぁ。(ボソッ)。

ブログをリンクさせてもらって良いですか?

投稿: hane | 2006/08/23 19:34

★haneちゃん、ども~
満月の下での酒盛り、是非よろしく!10月の3連休の時が満月になるようですよ~。
で、雨が降ったら、雨宿り飲み会に変更って事で!(^^)!。

ティエラⅡ、実物をまだ見た事ないんですが、やっぱイチオシ?
OGAWAにするのはほぼ決定してます。

リンクこちらこそヨロシクお願いします。

投稿: メイジュラママ | 2006/08/24 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/11541495

この記事へのトラックバック一覧です: 2006夏/ビブリでキャンプ:

« 手作ってみた! | トップページ | 2006夏/館山 »