« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/26

草アジまつり

この土日は御殿場で開かれた「草アジまつり」に参加してきました。
P1010057

新しく開設された草アジ専用の「御殿場フィールド」は森に囲まれた広い敷地の中に見事な芝生のフィールドが広がっていて、心置きなくキャンプも楽しめます。
ワンコ達も自由に駆け回って遊べる、最高の環境。
P1010072

競技はというと、土曜日は2種目参加。AGオープンとタフネスオープン。
AGオープンでメイがクリーンラン2席。
ジュライはAフレームぶっ飛び君。

「タフネスオープン」ってのは、障害数が37個もあるという体力勝負のコースで、直線に次ぐ直線の合間合間に180度旋回やら270度旋回があるという、イケイケGOGO犬とハンドラーが簡単に餌食になる仕組み。
案の定メイは180度旋回で逆飛び失格。私がフロントに入るのが早すぎました。メイが思い切り前のめりに走っているこんな時は丁寧に奥まで入って回してあげるべきだったと、読みの浅さを反省・・・。
一方ジュライはハードル1本落としての完走だったのですが、その落としたハードルの高さが他より高かったのをどなたかが発見してジャッジに申告して下さったので、このハードル落としは不問という事になり、結果棚ボタでクリーンラン1席になりました!!

1ミスのAGオープンも完走が少なかったのかジュラは3席に入賞していて、この日の我が家の戦利品は3つ。
賞品は協賛のNIKE製品いろいろの中から、1位の人から順番に選んで行きます。
合うサイズが無かったからだそうですが、タンが選んできたこのパーカーとTシャツをなんと言ったらよいのやら・・・。私は無難に水色の帽子をゲット。
P10100642 Acd12jpeg2 Acdfjpeg2
 

日曜日はAG2、JP3、サバイバルAGに出場。
AG2はメイはドッグウォーク下りタッチでぶっ飛び&JP3ではスラのエントリーミス。ついでにサバイバルAGという、タッチ障害のミスを誘発させるコースが特徴の競技でも、スラ抜けのミス。もっと慎重に、最後まで気を抜かない、という毎度おなじみの反省は後の祭り・・・。

走りながらワンワン吠え続ける騒々しいメイのアジとは対極に、静かーーーに、一声も発さず走るのがジュライ。
心の中で「オヨッ?こっちですか~~???」なんて言ってそうなのは、表情見てるとわかるんですがね。
暑かった割にはスピードもそこそこ落ちなかったようで、AG2ではタッチミスしてしまいましたが、JP3、サバイバルAGとクリーンランで、両種目とも3席の結果が出ました。
小さな黒いバッグと、前日と色違いのピンクの帽子を賞品でいただき!頑張りました。
しかしこの2日間、タッチが全て怪しかったジュライ。メイ共々練習不足が祟ってそうです。
P1010083

そして、土曜日の夜はスペシャルイベントで「豚の丸焼き」パーティーが行われました。
パートナーのべったんが河原でパットを切ったため出場できなかったOパパがシェフとなり、宴会料理を取り仕切ってくれました。
事前にボイルされている豚を2時間かけて参加者みんなで焼きあげます。
100人前の大きさの豚さんです。どこぞの海外リゾート地でしたお目にかかった事の無いダイナミックな贅沢料理!
分厚く切った肉に喰らいついて、その柔らかさ、ジューシーさ、香ばしい皮に感激でしたよ~。
P1010079

こちらは辛さとコクが絶品のユッケジャンクッパ。
他にもこのフィールドの地主の方や地元の方が差し入れてくれた瑞々しい根ショウガやら、ボタモチやら盛りだくさんの心温まる料理が並べられ賑やかで楽しい宴会となりました。
P1010082
翌日日曜日の昼ご飯には、食べ切れなかった豚肉を香味ダレに漬け込んだ美味しい丼メニューに作り上げてくれたべったんパパ、凄い料理人です。

大人数料理を見事にこなし、2日間に渡り料理だけを作っていたこの人は一体何者かと皆不思議に思ってたらしく、最後に主催者のTさんが「この人はこう見えて実は3度のハンドラーなんですけどね」と紹介したのは笑えました~。

べったんパパの奥様のローズママも、ローズとJP3で2席と活躍する傍らで下ごしらえや配膳やら何やらに大忙しで、ご両人、本当に今回はお疲れ様でした!!お世話になりました。
改めて、1週間前に亡くなったO家ワンコの長女バースのご冥福を心からお祈りします。

暑いほどの青空の下、アジやって、美味しいもの食べて、焚き火の傍らでおしゃべりして、また起きたら朝からアジをして、とアジとキャンプ、今の我が家の趣味2つをいっぺん堪能できる、一挙両得の楽しいイベントでした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/22

高速道路チャレンジ

20069211在庫切れで取り寄せになっていたmont-bellのシュラフが入荷したという連絡を受け、南町田のグランベリーモールまで、今までで一番の遠出にチャレンジしてきました。

グランベリーモールまでは、うちからほど近いR246をまっすぐ行けば着くのですが、そこはそれ、脱ペーパードライバーの次なるステップとして、東名高速を使って行く事にしました。

事前に何が一番心配だったかというと、料金所の前後の車が交差しあうシーンを果たして自分は乗り切れるかという事。そして高速を下りてからはトラックの多い16号で、車線変更が出来るかという事。

車の通行量が少ないであろう昼時を狙ってスタート。

膝の上に置いたタオルで手のひらの汗を拭いながら、高速は一番左の車線を90km位で緊張しながら走行しました。
途中1度だけ、真ん中の車線に入ってみたけど、下りるICが近くなってから左車線に戻れなくなったらエライこっちゃと、早々に左に戻りました。弱気~。
高速下りてからは「他の車、アタシに寄ってくるなよ~」とひたすら念じながら料金所をエイヤっと通過。
16号ではウインカー出して、車を右に寄せての「入れてくれ」アピールをなんとかこなして、目的地に到着。

平日昼時のグランベリーモールは予想以上に賑わってました。駐車場も混雑で、ここで初めて、車と車の間に駐車する経験も。片側が軽自動車で良かった・・・。

お腹がすくはずの時間なのに胸いっぱい。ワンコも連れていないから気兼ねなくショップも見て廻れるはずなのに気持ちが弾まず、シュラフだけ受け取ると、さっさと帰路に着きました。

帰りは高速代も勿体無いし、R246の左車線をひたすら真っ直ぐで帰宅。
「無事帰って来たからねーー」とお出迎えのメイジュラをハグしてやっと一息でした。30分ほどしたら、お腹もグゥグゥ鳴ってきた。

20069212月曜日の休日にグランベリーモールに行った時は「ベトナムアリス」でランチしました。
ランチセットの春巻き盛り合わせが豪華で美味しかった。この籠で一人前です。


20069213構ってくれる人のいないカフェではジタバタしても仕方ないと簡単に諦めモードに入るメイは、この時もこれでもかの脱力ポーズ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/19

結局1泊2日の3連休キャンプ

P10100193連休なのでまたビブリに行ってきました。
本当はなんとか2泊したかったのですが、台風接近&秋雨前線のため、1泊でキャンプ場から撤退勧告が出てしまいました。
覚悟してのビブリ入りとはいえ、やっぱり残念。
ただ、滞在中は全く雨に降られなかったので、短い間とはいえ楽しく過ごしてきました。

P1010016秋の始まりのビブリには、果実の表面に鉤毛などを持ち、動物の毛や人間の衣服にひっついて散布される種子、通称「ひっつき草」がたくさん生えています。

私が子供の頃は「バカ」と呼んでました。
バカが大量にくっつくのはジュライ。
メイには全然付かないんだよね^m^。

P1010046_1金曜日の夕食後に珍しく酷いゲリPしたメイ。
特に変わった物を口にした覚えもなかったので、Pの原因がわからないのですが、出す物すっかり出し切った後は弱った様子もなく、元気元気。
土曜日の朝食だけ抜いて、夜は納豆ゴハンにしたら、いつも通りのシッカリ○○チに戻りました。
「強靭な精神は強靭な肉体に宿る」がモットーのメイさんらしい、速攻回復ぶりでした。

サイト設営後はGeniniママ&ちあきさんのサイトに遊びに行ったらフラット大集合。楽しくボール投げして遊んで貰いました。みんな笑顔~~。
P1010022

P1010027今回リーさんはシャノンちゃんとあいるちゃんを連れて母娘キャンプを楽しんでいました。
おっとりと女らしいシャノンちゃんと元気で明るいあいるちゃん、仲良くくっついてくつろいでいる美人姉妹はすごく可愛かったです。

P1010031Geminiちゃんとキャロルちゃん。
タンはキャロちゃんに抱きついてもらってチューしてもらって「そーか、そーか、お前は可愛い奴だなぁ」とメロメロになってました。オヤジ、完璧に若い娘に転がされてました。

P1010033ボール投げに疲れると、マイボール(Gemiちゃんのオモチャだけど)をそれぞれに抱えてマイワールドに浸っていた3ヒキ。Gemini、ジュライ、ウィル君。穴開けちゃってゴメンね・・・Gemiちゃん。

今回は珍しい生き物に出会いました。
朝、テントから出るやいなや、サイト入口の草むらにいる何かに気付いて急に吠えたてたメイジュラ。ダッシュしようとするのを引き止めて、そちらの方面に目をやると、小さな2つの茶色い生き物が2頭並んで佇んでいます。
コンタクト入れる前だったので、しっかり見えなかったけど、動き出した2頭のシルエットを見てビックリ。イノシシの子供、うり坊でした。

後でリーさんに話したら、早朝、何者かがドドドーーーッとサイトを走り回り、草むらに駆け込む音が聞こえたそうで、この子達だったのかもしれません。
しかし、子供がいるという事は勿論親も近くにいるという事で、親イノシシとなると、ちょっと、こ、怖いよね。

前回来た時は、農道脇の斜面からシカが道に駆け下りて来たのに遭遇したし、自然に恵まれたビブリならではのサプライズがあります。

日曜日の朝は台風前の静けさか、いいお天気でした。
午後は木陰で昼寝をしていたら、段々肌寒くなってきて、気付くと時刻は16時過ぎ。空模様も怪しくなってきたので、17時前にはキャンプ場を後にしました。皆さん先に引き上げていて、テント組ではうちが最後の撤収だったようです。
P1010044
車を走らせていくと野辺山の手前では道路が雨に濡れており、清里ではすっかり雨。
中村農場の親子丼をどうしても食べて帰りたいというタンの希望で18時の開店と同時に入店して、鶏天ぷらなんかも美味しく食べて、19時に高速入口に到着。

中央高速は、渋滞30キロの表示。渋滞ピークのこの時間帯では仕方ない、ノンビリ構えて帰ろうと諦めモードで、それでもとりあえず大月で20号に下りて、上野原で高速に乗り直したのですが、ノロノロですがそこそこ流れており、藤野から先は小仏トンネルも含めスイスイでした。
一般道を走っている間に、渋滞は30キロから16キロにいきなり減ってたし、結局殆ど渋滞にはまらずに楽勝帰宅できました。

読めない、全く読めない中央高速。今回は、悪天候で渋滞ピーク時間が前倒しになったのかもしれません。
次回の3連休も何時に高速突入するか、また悩まされそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/14

取説はしっかり読みましょう

Photo_4愛用の卓上炭焼きコンロ「ユニセラTG」。

卓上でヤキトリや魚介を焼いて食べる風情が良くて、購入以来、たいへん重宝に使っています。
使用後こびりついたタレの跡や焦げを落とすためにタンが毎回ゴシゴシと水洗い~~~しちゃ、いけなかったんだよ!!!

今回、たまには私が掃除しようとガシガシ洗って、もっと綺麗にしたくてネットでお手入れ法を調べてみると「水洗いする時は分解してから」との一文を見つけて、ガビ~ン。
慌てて分解したら、断熱材が水を含んでグシャグシャになっており、剥がすとボロボロに。こうなると乾かして再使用するのは困難なようです。
ステンレスの内側に断熱材とセラミックがセットされて、熱効率抜群というのがこの商品の正しいセールスポイントだったという事をこの時初めて思い出しました。
20069140 20069141_1

20069142断熱材は単品で600円で購入できるそうなので、ユニフレームに電話したら、送料無料、(但し代引き315円)で、すぐに発送手配してくれました。

応対してくれた若い女の子が、ついでにお手入れ法もじっくり語ってくれました。
彼女は購入して4~5年経つけど、水洗いしたのは1回だけと言ってました。使用後は残り炭でよく焼き切る事がポイントだそうです。あとは拭く、と。

ナイーブな商品だった・・・。

取説に書いてあるらしいですが、全く見ないうちに紛失してしてたし、BBQセットはタワシとクレンザーでガシガシ丸洗いするもんだという体に染みついた習慣だけで扱ってました。

20069143このユニセラも持って、週末キャンプの予定なのですが、どうにもお天気予報が芳しくありません。
キャンプ準備を始めたんですが、手が止まる。
本格的な雨ともなればワンコ用タオルやヒトの着替えがドーンと増えます。
最終詰め込みは明日の予報を待たねばなりません。台風はどう動くのだろうか?

それにしても、キャンプ場クローズになる可能性もありそうだ。
みなさん、どう判断するご予定ですか???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/12

My Beer作り

P1000946

先週の水曜日、友達に誘われて、生麦にあるKIRINのビール工場で開催された「ビール作り教室」に行ってきました。
面白かったですよ!

新入写真の研修のために行っていた実習がベースになっているそうです。
知る人ぞ知る人気のイベントらしく、応募者多数で毎回抽選になっているらしいです。
友達は1回で当たったそうで、ラッキーでした。

実習に先立ち、まず最初に40分くらい講義を受けて、その場で自分達のグループ(4人)はどんなタイプのビールを作るか決めます。

選択肢は4種。芳香で穏やかな口当たりの「ピルスナー」、コクがあって喉ごしの良い「ボック」、すっきりとして切れ味の良い「黒」、そして私達が選んだ軽快で口当たりの良い「赤」。
参加者の7割が「ボック」を選ぶと後で聞きました。

実習中は1グループに一人、インストラクターと呼ばれるキリンのOBの方が付いて指導してくれます。

ビール職人だったオジサマ達。話を伺っていても、ビールへの愛情と誇りがビンビン伝わってきます。その真摯さに押されて、こちらも真面目に講義を受ける学生の気分でした。

うちの担当のオジサマは、なかなか厳しいタイプで、「求める糖度にするために、ここにお湯をどの位いれればいいか、どう計算しますか?」とか、学校の先生のようにビジバシ聞いてくるんだよね~~。
「この過程では15分間、1分1度づつ温度を上げ、60度まで持っていきます」とかの指導の元、ひたすら鍋の麦汁をかき混ぜ、バーナーの火力をこまめに調節し続け、細かい手順をこなして午前は終了。
お昼を食べた後、また作業に戻るという朝9時半から夕方16時までの1日の本格的な実習でした。

P1000989

P1000933 P1000947
P1000937 P1000951 
P1000949 P1000970
P1000954 P1000976
P1000977 P1000984

途中、『ホップ添加式』という過程がありました。ホップ投入は、数あるビールづくりの工程の中でも特別な意味を持った工程なのだそうです。
ホップのペレットを齧って味見しましたが、その苦い事、辛い事。

P1000988_1ビールは生き物であると実感した1日。手塩にかけたMy Beerちゃんが出来上がっって届くのは10月22日になります。一人大瓶5本割り当て。
2週間以内に飲むのが一番美味しいそうなので、届き次第ビールパーティーでっせ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

草アジin寒川~暑すぎ

暑くて、暑くて死にそうでした。昨日開かれた寒川での草アジ大会。
何もここまで晴れてなくても、の苦行状態でした・・・。草も深くて走りにくかったし、気温は一体何度あったことやら。
20069101

競技メニューはJP1、2、3とAG1、2の5種目。
この中でJP2とAG1はハンドラーを交代してメイ&タン、ジュラ&私で走り、JP3とAG2は正規のペアで走りました。AGでのハンドラー交代は初めてのチャレンジです。それぞれのペアが試行錯誤で仕上げてきたタッチ障害を崩してしまうのが怖かったから。
でも、メイジュラとも全てきっちり止まれました。良かった。
出走しないJP1ではお手伝い(私MC、タンはタイム係り)だったので、暑さと戦いながら、休む暇なしで辛かったです。


20069102◆AG2
メイ&私は、2拒絶。私が先走って指示が雑になり、ハードルを1本抜かせてしまったのと、Aフレーム前でのライン作りが甘かったせいで、鋭角に飛び乗ったメイがAフレからずり落ちてしまったのと。コースはすごく簡単だったのに、と悔やまれます。
ジュラ&タンはバー落とし2本と、スラのエントリーミス。バーを落とした直後の距離のない位置におかれたスラでしたので、完全にタイミングがずれてました。

◆AG1
ジュラ&私。クリーラン4席。
暑くて暑くて、ジュラのスピードがかなり落ちていたのでハンドリングは楽でした。しっかりタッチで止まってくれて嬉しかった~。
メイ&タン。3拒絶で失格。
「なんで、アンタが指示だすのさ!」と文句タラタラのメイさんが、また笑わせてくれました。
トンネルの入口に顔を突っ込んでいながら、わざわざ戻ってきて、逆の入口に入りに行こうとするわ、シーソーで止まらされたのが悔しいのか、下りた後、振り返って文句いうので、次の障害の拒絶とられるわ・・・。もうひとつの拒絶、簡単なラインにもかかわらずスラのエントリーをミスしたのは、私の指導不足だと、タンに責められてしまった。

2069103◆JP2
ジュラ&私。失格。
スタートで飛び出されて、ジュラを追いかけて押す形になってしまい、3本目で失格。
草アジは失格後も最後まで走らせてくれるので、気を取り直してその後はきっちりノーミスでこなせました。
ジュラは素直だからねーーー。メイと違って、私がやっても楽です、ホントに。
メイ&タン。おぉー!1席
心底アジ好きなメイさん。文句ばかり言ってアジを楽しめないのは損だと判断したのか、タンに集中して頑張りました。1箇所膨らんで危ない場面がありましたが、中抜きもバッチリ成功。

◆JP3
ビックリコース。
スラが6本つづ、前後に1mほど、左右にも少しずらしてA、Bの2つに分けて置かれ、組障害になっています。
そしてハードル1本飛んだ後、戻って今度はAの逆から6本に入るコース。
イギリスで取り入れられているこの障害セット法、主催者のTさんは今後は日本でも取りいれられていくはず、と言い切っていましがたが、どうでしょう。
AとBの間では、フロントを入れても、何してもいいよ、とTさんは言ってましたが、メイジュラ始め殆どの子が、Aを出たそのままの勢いでBに正しく入れました。

メイ&私。1拒絶。
戻りのAのスラのエントリーミス。丁寧に誘導しないからだ、とタンにも、途中から見学に顔を出したべったんパパにも強く指摘されました・・・。
ジュラ&タン。2か3失敗かな?
さすがにバテてきたジュライのジャンプに高さが出ず、ダブルバーを始めバーを数本を落としました。

土曜日は18時からアジ練行ったし、ちょっとサボっていたアジ生活にこれから復活です。
来週はキャンプ、再来週はアジ(キャンプ付き)。
北海道に行く皆さん~頑張ってきて下さい!
代表組は特にハードだと思いますが、体調崩さないように気をつけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

1泊2日でビブリ

週末1泊で、またまたビブリに行ってきました。
P1000876_2 

届いたばかりのnewテント「ティエラⅡ」も初設営してきました~。

テープを地面にペグダウンしてから、そこにフレームをセットしていく作りなので、設営後の移動はほぼ不可能。建てる場所と出入口の方向選びが重要ポイントのようです。
説明書を読みながらの初設営なので、多少時間はかかりましたが、覚えてしまえば次回からはかなり簡単に設営できそうな手応え。

リビングダイニング&寝室がひとつの屋根の中に収まった1LDKの新・我が家が完成。
2人と2匹には十分な広さだし、メッシュ部分も多くて快適。手前がリビング、奥が寝室です。
P1000830_1
P1000833_2

前室のフラップをはね上げると、日陰部分もたっぷり出来ます。1個立てるだけでいいってのが何よりラクチンですわ~。
P1000846_1

今回のビブリでは思いがけず知り合いの方に沢山お会いできました。
木曜日からビブリ入りしていたのがノアトロのsanaeさんと、ジルママさん、spiceのトミーさん&リーさん一家。うちと同じ土曜日にはちあきさんとゴーちゃん。

ジルママさんには初めてお会いしたのですが、お噂通りの素敵な方♪メイは隙さえあれば膝に乗って甘えさせていただいてました。
P1000903_1

お尻をブリンブリン振って「大好きだよ~」ってベロベロして抱きついてくれるジルちゃん、チョー可愛い。
朝にうちに遊びに来てくれた時は、寝室^^;でゴロゴロリラックスしてくれたし。
P1000902_1   
P1000927_2
 

ジュライはとジルちゃんは、「水好き」で意気投合したようで、ジルちゃんが遊びにくると誘いあってサイト下の川に下りて行きます。
ジルちゃんがすぐに来てくれないと、来てくるまで、入口で待っているんですよ^m^。
P1000898_1

P1000925_1   

ジュラのお姉さんノアちゃんは、ビブリ3日目で少々まったり気味。妹分のトロワちゃんは、なんやかんや面白い事をやらかしてくれる名人です。
P1000891

P1000906_1

リー家、美人3姉妹のひとり、シャノンちゃんでーす。
P1000882_1

タープ下での長閑な午後の一時、sanaeさんとジルママが村内の洋品店で買ったという帽子が披露されました。農業地帯の必需品だけあって、お値段は380円だって~。さらに最高価格は2000円のものもあって、それはまさしくリバティ柄のようだそうです。
sanaeさんによる着用例。キャディーバージョンとセレブ巻きバージョン。
P1000874 P1000875

この手の被り物が超・似合うワンコと言えば、ゴーちゃん。
12歳になるのゴーちゃんは、全く年齢を感じさせない元気さで、とてもキュートな男の子です。
P1000887_1

夕食に誘って頂き、トミーさんが焼き方大将となって色々焼いてくれた肉やら魚(シシャモ、サンマ)をご馳走になりました♪
P1000916_1

リーさんが作ってくれた、〆にぴったりのシメジと揚げの炊きこみご飯でーす。上にカブの葉も乗ってます。お鍋で簡単にゴハンが炊けるなんてと感激した一品。私もライスクッカー欲しい・・・。
P1000922_1

5度目のビブリともなると、ジュラ君はバシャバシャポイントがどこにあって、どうつながっているか、自分でマスターしてしまいました。ワンコの方向感覚と水音への聴覚ってすごいもんです。
気配を消して(って言ってもバレてますが)、ソローっとサイトを脱け出して、途中から急ダッシュで川に突撃。何してるかというと、川に浸かって枝を掘り出したりの一人遊びを延々とやってます。マイペース君にも磨きがかかりました。
P1000847_1

短い間でしたが楽しく遊んで、日曜日の15時にビブリを後にしました。
撤収作業が終わった草原で、どこ見つめてるのか?寄り添って物思いにふけるメイジュラです。帰らなきゃならないって事がわかっているんですかね?
P1000931

帰りの中央高速は2件の事故で小仏トンネル先頭に19kmの渋滞、八王子まで2時間以上という表示。こんな時、うちは時々R20に下りて一般道を走ります。大月の病院辺りだけは少し混みますが、上野原ICまではスムーズに走れます。
そしていつもなら上野原で高速に乗り直すのですが、今回は欲を出してもう少し先の相模湖ICから乗ろう、としたのが大誤算。上野原の街中と相模湖ICまでの数キロは、ほとんど動かないひどい大渋滞ゾーンでした。稼いだ時間が一気にパーになる破目に。
やはり、乗り直すなら「上野原」。もう次回は迷わずそうしよう。
道路情報チェックし続けたんですが、22時でもまだ17kmの渋滞が続いてました。
午前中に帰るしが回避する手がないのね、中央道は。悔しいなぁ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »