« 手作り挫折 | トップページ | 秋晴れ?ビブリ »

2006/10/05

「しこり」に怯える&・・・

20061061ジュラの背骨から右5cm位下に平べったいしこりを発見。

悪性の腫瘍か?最初から臨床経験豊富な大病院で見て貰った方がいいか?など焦りながら色々調べたりしましたが、昨日まずはかかりつけの先生に診て貰いに行きました。

先生、患部を見て触って「多分間違いなく脂肪だと思いますよ」との事で、「他の飼い主さんだったらしばらく様子を見てで大丈夫ですよ、という所なんですが、この所、腫瘍に非常に過敏な私が相手なんで」、と前置きされて「部分麻酔で切開して確認しましょう」という事になりました。
確かにこの先生の前で、年がら年中、しこりやポチっの類に怯えてるんです、私・・・。
この時は、下手にメスを入れて、悪性の細胞が患部以外に散らばる可能性は?・・・。なんてのも考えてました。

5時間お預けして迎えに行きました。
(自分で運転できるようになったのが、なんと役に立っている事かと、これは自己満足。)
脂肪と、それを包んでいた袋の残骸、そんな内容物を見せてくれて、「間違いなく脂肪ですよ」と確認されました。傷を縫ったのは2針。

一安心。

「しかーーし、話し変わって」と先生。
ジュラ、手術中は非常に大人しかったらしいのですが、ケージに入ってから私が指定時間に迎えに行くまでの間、絶え間なく吠えっぱなしだったと言われました。

母親の飼い主さんの家で生まれ、親兄弟と一緒に過ごし、そのままウチに来て、お留守番もなにもいつもメイと一緒で、一人きりになった経験が殆ど無いジュライ。
診察室の奥の未知のお部屋で一人きりになった事でパニックが収まらなかったようです。
子供の頃の去勢手術の時などは平気だったのですから、年齢を重ねる事でかえって頑なになってしまったのかもしれません。
ジュラを預ける前に、ジュラの独り立ちを最近意識して、遅ればせながら一人お留守番とかを練習し始めてるんだという話をした矢先だったので、先生も意識的にジュライに構わないようにして様子を見てくれてたようです。

私の顔を見るやいなや、全身で抱き付き、必死にすがりついてきたジュライ。

先生はというと、困ったちゃんにちょっと考え込んでいました。
可哀相だったねジュライ~の甘々モードも瞬間で覚めて、私もショボン。
ボーッとマイペースで滅多に吠えず、あんまり動じない我慢強い奴って思ってたのは、飼い主の私の思いあがりでした。

このままじゃ、不慮の事態でペットホテルに泊まるとかなんて事になったら、ジュライは悲惨な精神状態になるし、周りにひどく迷惑がかかります。
精神的にも立派な大人の男になり、周りを信じて、落ち着いていられるようなワンコになって欲しいもんです。
これから少しづつ頑張って行きたいと思います。

20061062病院から出た途端ストレスでジェット噴射ゲリPになったジュラ君の夕食は、ササミ、キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、オートミール、舞茸スープのクタクタおかゆ。

作ってる時からソワソワで、そりゃあ美味しそうに食べました。
Pもその後はすっかり治まっています。

|

« 手作り挫折 | トップページ | 秋晴れ?ビブリ »

コメント

しこり***心配だったことでしょう?でも、脂肪で良かったね。そして、ジュラの甘えん坊な所が確認出来、再教育しなおしかな??やはり待てが必要なんだよ(苦笑)我が家でも一番の甘えん坊で神経質なのは、女王roseですよ。見た目は、優雅でどっしり構えているみたいですが、家の中では金魚の糞のように私に付きまとい座れば前か横にいて、絶えずなでて状態です。余り甘えん坊だと何かのとき困るかも???日々訓練ですね*ジュラガンバ!健康で長生きしてもらわないとね、かけがえのないワンコ達だから*****

投稿: O家マダム | 2006/10/06 12:51

★Oマダムありがとね。
最初見つけた時はドキドキでした。今までの虫刺されなんかとは全然形が違ってたから・・・。
本当に長く長く生きて、いつも側にいて欲しいよね、愛しのワンコ達には。

本番でマテナイ犬は、やっぱりいざって時にマテナイ犬なのね。よーーくわかりました。
おぼったま君は、これからメゲナイ程度に少しずつ再教育です。

roseはママ命だもんね。
何かの時って、そう無いとは思うけど、余り依存心が強いと本犬が辛くて可哀想かな、と今回しみじみ思った次第です。

でもママは今、ワンコ達を毎日撫で回していたい気持ちだよね・・・。roseもママの気持ちわかってるんだよね、きっと。

投稿: メイジュラママ | 2006/10/06 22:25

ジュラ君、ノアに引き続き局所摘出だったのね。でも何でもなくてよかったね♪
なんか同じような時期に同じような症状が出やすいですよね、ノアジュラ。姉弟ってやっぱり体質が似てるのかなぁ?
そうそう、このタイミングで血液検査もやったの?

ノアも先日の日帰り入院のとき、メイジュラ家が偶然病院に来たときに察知して、突然吠え出したでしょ?「メイジュラ家と一緒に帰れるって思ったんだと思いますよー」って先生おっしゃってた。あそこで待つのはやっぱりすごーく不安なんでしょうね。
それ以外の時間帯はおとなしくしていたらしいけど、終わったらジェット噴射ゲリPになったのも、全く同じです。弱っちー。

投稿: sanae | 2006/10/07 09:06

ジュラ君~大変だったね。
あの消毒臭い所はびびるよね。
僕も大嫌いだよ。でも脂肪の固まりで
よかった~♪編み物はママに聞いてみな!

投稿: ももじ | 2006/10/09 22:09

こんにちわ。

「ポチ」は心配ですよね><
私も異常なくらいに反応しちゃいます。
年中、さわりまくって、何か発見してはビクビクしてます。
あまり神経質になるのもよくないとは思っているのですが、、、、、
だからママの気持ちスンゴイわかりますよ。
ジュラ君、大した事なくて本当良かった。

が、ジュラ君の益々のオボッタマ傾向はーー;
我家もあんじん姫のおぞうさま度が益々UPして頭が痛いです。まあ、全て私の甘やかしが原因なんですけどねぇ~

それから、メ-ル有難うございました。
私、神経質になるのが、WANの事だけなので(苦笑)
ではまた^^/

投稿: T家のマダム | 2006/10/10 11:41

★sanaeさん、ありがとうございます。
ノアジュラはまさしく同じようなタイミング&両者とも脂肪だったという偶然。夏のこの前はポチポチの皮膚炎でしょ、本当に体質が似てますよね。打たれ弱そうな所も(爆)。

でもノアちんは病院にいる間、私達が行った時だけだったでしょ?吠えたのは。
先生は「トロワが来て、ノアはすっかりお姉ちゃんになった」って褒めてましたよ♪
「それに比べてジュライは・・・」だってさ。
そうだ、私はノアを見捨てて帰っちゃった薄情なオバサンになっちゃってるわね、きっと。
ごめんね、ノア~~。

血液検査は、次回という事になりました。前回の生化学検査から丁度半年になるので今月末か来月頭の予定です。一足先にメイが検査しました。大丈夫だって確信感はあるけど、それなりに心配。

投稿: メイジュラママ | 2006/10/10 14:14

★ももじ~
心配してくれてありがとね。ジュラ大丈夫だったよ。ももじは病院でも一人でも立派に待ってられるでしょ?ジュラに「男たる者、不安な気持ちはあっても、声に出して騒いじゃイカン!」って説教してくれる?

そうだわ、ももじママという編み物マスターが身近にいたんだったわ。けどママは編み物だけじゃなく何でも作れるスーパーウーマンだからさ、メイママの余りの不器用さに呆れるかもよ。

投稿: メイジュラママ | 2006/10/10 14:24

★T家のマダム~
心配してくれて、どうもありがとございます。
細かいポチッに敏感になる余り、大きく腫れてる時には却って気がつかないんじゃないかとも思う今日この頃^^;。

あんじん姫とかジュラの一見弱そうなタイプ(ゴメン一緒にして)はついつい甘やかし気味になっちゃうのよね・・・。いざという時、一匹でも強く生きられる子にしなくちゃだわ、と私も反省しています~。

マダムの体も十分心配して、ケアして下さいね。
母が元気じゃないと、家が回っていかないよ~きっと。

投稿: メイジュラママ | 2006/10/10 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しこり」に怯える&・・・:

« 手作り挫折 | トップページ | 秋晴れ?ビブリ »