« おっ、一緒に寝てるよ | トップページ | ジュラの健康診断 覚書 »

2007/02/26

JKC埼玉ブロック

今年初の公式戦。全国から遠征してきたチームも数多く、白熱した競技会でした。
3度の出陳頭頭数も随分増え、スモール43頭、ミディアム40頭、ラージ60頭。
1度のラージはなんと100頭超だったようです。

会場は埼玉の大凧。
ジャッジはAG 大庭先生、JP 柳生先生

メイはAGから、ジュライはJPから競技開始でした。
◆AG3
P1010011メイは2失敗1拒絶で27席
メイにスタートを仕切られてアタフタな序盤。
トンネルから出て来たメイが突拍子もない方に走って行って驚く。3m以上先のシーソー、誰もがノーケアだと思う障害を狙いに行きました・・・。私がメイにちゃんと姿を見せてあげるような動きをしなかったのが悪かったのですが。
ビデオで確認すると、トンネル入る前に、すでにメイはシーソーを狙ってました。この時は手前にあった違うトンネルを狙っているとばっかり思っていたのですが、実はメイは、思いも寄らない所を見ていたのです。いつになっても読めません、メイの動きは。
ここで1拒絶。あとはDW後のハードルで、呼び込みのタイミングが早すぎてバー落下。あと1つの失敗はどの地点か不明。Aフレの下りがとられたかも?

P1010016_1ジュライはこのコース、クリーンランで16席。
ただ、この時もスタートでほとんど待てなかったため、タンは素直に喜べないそうです。
ジュラはなにしろ頑張ったし、タン本人もジュラを惑わすハンドリングミスが後半あったのでオアイコでは?

◆JP3
柳生先生が1週間、考えに考え抜いたコースだそうです。
「単に先行スイッチを入れただけでは処理出来ないような、ハンドラーのハンドリング感覚を問うようなシーケンスを意図しました。」とご自身のblogに書いておられました。


07saitama_jp3true_9_1 clickで拡大
②から③は、⑰のWバーに行ってしまう犬が多数。
メイはここで③と⑰の間をすり抜けてしまったので、1拒絶。私が③の先での先行スイッチに入るのが遅れ、メイを正面で受けてあげなかったのが悪い。
④に行く前に、⑩のトンネルがトラップ。ジュラがここで④を逆飛びしてしまい失格。
⑦の組み障害は⑭のトンネルが大トラップ。ここも失格ゾーン。Bをバー越しフロントで処理するのですが、(スモールは奥でフロントする人が多かったけど)引きすぎると、AB間を抜けてきてしまう。
そしてこの難関コースの中での最大の見せ場は⑧から⑩。犬と併走するペアなら問題ありませんが、大抵の場合、犬の方が脚が速くて先行するので、後ろからの指示で⑩に入れなければなりません。⑲のタイヤをとんでしまう失格者が続出し、トンネルを手前から入ってしまう可能性も大。
メイもタイヤに向ってダッシュしていくのを、すんでの所で呼び戻しました。会場のどよめきがよーく聞こえました。よく戻ってきたもんだと、メイに感謝。
⑬から⑭でメイが私から大きく離れてしまい、絶叫&タイムロス。
残りの後半は犬に脇目をふらせないように気を付けながら、全速力で犬と一緒に駆け抜け。ゴールした後は脚がガクガクになったけど、こういう気持ちいい箇所を作ってくれるのは柳生先生ならではです。
そしてコース図を自分のHPに速やかにアップしてくれて、参加者にはそれが何より嬉しいプレゼントです。
メイの結果、1拒絶で13席。

ジュラはこのコースのスタートでまたまたまたまた、全く待てませんでした。
タン「先行されたら、もう手の施しようがない!」と大怒り。
最初がこのJPだったので、2走目のAGはジュラも反省して、少しは^m^待てて、クリーンラン。いつになったらこのパターンを脱却できるのでしょうか。

私は、滅多にない2完走が出来たので、それだけで嬉しい。
次は3月10日のDo!アジリティです。頑張ろうっと♪

|

« おっ、一緒に寝てるよ | トップページ | ジュラの健康診断 覚書 »

コメント

メイジュラママさん、土曜日(日曜日も(笑))はお疲れ様でした~♪
アジのことに関しては教えてくださってどうもありがとうございました。まだまだ知らないこといっぱいかも^^;
今回あらためて思ったけど、3度のコースって真の実力が試されるコースですよね(@@) 1度は「ラッキー♪」でクリーンランもありえるかもしれないけどね。先生が「1度を簡単にあがってしまうとあとで苦労する」っておっしゃっていた意味がわかります。
いつになったら・・・というよりも3度まで行けるのか??わからないけど、身体の続く限り(笑)アジを楽しみそうな気がしてきました(*^0^*) これからもいろいろご指導くださーい♪

投稿: リー | 2007/02/27 10:42

★リーさん~
日曜日はどうもありがとうございました!一緒にいて貰えて良かったです。少しずつ勉強しなきゃだわ。リー先生からも。

アジの件、鍵コメにしてたのにぃ^m^。失礼しました。
私も知らない事だらけなんで、教えっこしましょ~。
私なんて3度検分中はいつも「ここにいてゴメンナサイ」モード。出来ない事だらけでハンドリングが制限されるし、3度に上がる前にちゃんと実力つけてないとダメです。先生、正しい!

最近の1度のコースは昔より難しくなっているけど、それはちゃんと実力を身に付けたペアが昇格していくようにって意図があるんだって。
チェリちゃんはリーさんに本当に良く集中しているし、今の調子で絶対3度まで上がれるよ!
次回は自信を持って、気合でクリーンランを勝ち取って下さい。集中と気合が大事よ~(私はいつも、気合が足りないと指摘されてます・・・)

投稿: メイジュラママ | 2007/02/27 17:00

え~~鍵コメ?あちゃ(><)
お気遣いいただいたのに、すみませんでしたぁぁ。
ほとんどログインしてから見ているので気づきませんでした(大汗))

アジ歴の長い方はみんな最近の1度のコースは難しいっておっしゃいますよね。
オープンクラスがあることも少ないし。

集中と気合ですねっ(フンガッ!)
チェリはスロースターターなので若さによるスピードはもう期待できないから、その分年齢による判断力を強みにできればいいんだけど・・・なぁんてね。
まだまだだけどね~~^^;;;;

投稿: リー | 2007/02/28 00:38

★リーさん!
いえいえ、こちらこそすみませんでした~。

しかし、リーさんに(フンガッ!)はどうも似つかわしくないなぁ…。
見た目には、涼やかな顔してフフ~ンとスマートで軽やかなハンドリング!これを見せて下さいませ。(心の中でいくらアタフタしていても^m^)

チェリちゃん自身は気合系かな?集中力あるもんね~。
メイのように、齢とっても変わらずに走るタイプになりそうな気が。
気合負けしないように頑張ろうね~。

それにしてもチェリちゃん、しっかり待てて羨ましい・・・。
アワアワジュラに爪の垢飲ませて下さい。

投稿: メイジュラママ | 2007/02/28 22:16

ご無沙汰していました。 フラットのシャドーとジャーマン・ポインターのフラウのパパです。
シャドーは相変わらず、大型愛玩犬に徹していて、(たまにはガンドッグの練習もしておりますが)のほほーん と暮しています。
シャドーはアバラ骨が見た目でもわかる程度には痩せているのですが、少しずつ体が大きくなっていて、とうとう40kg近くになってしまいました。

フラウは昨年の秋からフリスビーの競技会にも出場しており、今ではガンドッグよりフリスビーが本職になってしまいました。

今年からは9歳の長男もフラウとのペアでフリスビー競技会に参加しています。 フリスビーも圧倒的にボーダーコリーが多いのですが、私も息子も何度か表彰台にのぼり、少しはジャーマン・ポインターと言う犬種のアピールになったかも・・・と思っています。

また遊びにきますね~。 これからも、よろしく。。。

投稿: シャドーとフラウのパパ | 2007/03/02 12:51

★シャドーとフラウのパパさん~
お久しぶりでごさいます。
シャドー君の大きさにはびっくり、堂々としたカッコイイ体形なんだろうな~。
ジュライは26.5㎏でO脚で、男の子としてはかなりナヨナヨに見える奴です。でも、これで太ると単にポヨポヨ体形になるだけだから、骨格自体がきっと違うんでしょうね。
シャドー君と並んで見たら、きっと情け無いほどの貧弱クンだわ~^^;。貧毛だし・・・。あっ、のほほーんだけは一緒です。

フラウちゃんは、さすがGポインターというか、狩猟犬の領域のみならず、運動能力抜群なんだと改めて納得です。
兄弟のセラスちゃんとシオンちゃんはパパさん達と本格的にアジを始めてるんですよね。みんな凄い。なんでもこなせちゃうんですね。

息子さんとのディスクは本当に楽しめそうで、周りの暖かい応援も支えになって、これからどんどん活躍しそうですね。子供の方が運動不足の親達より絶対、運動神経も理解度も高いし、表彰台をガンガン狙っていって下さい!

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: メイジュラママ | 2007/03/03 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/14053474

この記事へのトラックバック一覧です: JKC埼玉ブロック:

« おっ、一緒に寝てるよ | トップページ | ジュラの健康診断 覚書 »