« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/28

JKC 東京ブロック

競技会があったのは24日の土曜日。
そして今日は水曜日。
結果がさえないと、競技会記録の気力も鈍るってもんです。

開催場所   江戸川河川敷
ジャッジ    AG  亀田克彦先生
         JP  亀田直美先生
         (1度は稲川先生)

出陳数は 1度/200頭、2度/135頭、3度/124頭(S37 M30 L57)

3リンクで進行。1度だけで1リンク。
あと2つはAGリンクとJPリンクで分かれ、2度→3度の順番で、スモールがAGから、ラージがJPからスタート。

この所の3度クラスは、失格が多いのでアッという間に終わってしまいます。特にスタート直後に大きな失格ゾーンが設けられている事が多いから尚更です。この日もそうでした~。

2度、3度全てが終了しても、1度リンクではまだAGのスモールクラスをやっていました。この後、ミディアムがあって、ラージがあって、と一体何時に終了したんでしょう?1度に出てた方々は長い待機時間の調整に苦労しただろうな、と。
今の所は、1度&3度で組み合わせて、2度が1リンクというのが1番効率良さそうですね。

◆AG3
亀田先生、狭い所を通らせるコース作りが好き・・・。私は亀田先生のコースを完走できた記憶がありません。
今回もスタート直後とゴール直前にドボンポイントが用意され、全クラス通して半数が失格しちゃってました。
メイジュラも揃って失格。(仲間が多くて嬉しい)

メイは最初の難関を「私が動かない」事でトラップを回避したものの、それで次の動きが完全に遅れ、次の障害でINを回すのかOUTを回すのか、どっちつかずの動きになり、結果ハードル逆飛びで失格。5本で終了。

ジュライは、頑張って走り続けたものの、最後の難関での失格組。
DWのタッチできちんと止められなかったので、そのまま目の前のトラップハードルに一直線。

◆JP3
メイ
ドヨヨンの気持ちを引きずって、かなり弱気モードに入った私。メイだけでも元気に行かせようと殆どを送り出しにしたハンドリング。
トンネルに入れる所で背後のスラを狙われたのと(今日も寸止めの呼び戻し)、送り出し失敗しちゃったレンガ前の2箇所で2拒絶の22席。

ジュライ
ジュラはJPが1走目。
結果が楽しみだった(爆)「マテ」作り直しの成果は間に合わず(笑)、同時スタートで挑みました。
かなりいいスピードで廻り続けたのですが、調子に乗りすぎたか?スラの最後の1本を抜け、スラやり直し、その後バーを1本落として、2失敗の25席。

結果以上に、全力出し切ったという充実感はなく、ほろ苦い東京ブロックでした。

20073241見学に来てくれたちあきさんが、ジュラを撮影してくれてる時の写真。
ジュラはカメラを向けると必ず目を逸らすので、とても撮りにくいヤツです。

20073242 お名前はたびたび耳にしていたBELLママさんも、この日はアンジーちゃんを連れて見学にいらしてました。

(←)そしてフラットのお友達のチェリッシュちゃんが2度目のクリーンランを果たして2度リーチです。おめでとうです~~。あと1個頑張って下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/18

どうなることやらのマテ練

20073182今週末は、土日連続でアジ練に励みました。

競技会本番になると、どーしても、どーしても!!!スタートで待てないジュライ君。
競技会のあの独特の雰囲気の中でしか起きない事なので、普段の練習ではどうにもならず、指導をしている先生にとっても長い間の懸案事項になっておりました。

そしてとうとう、今まで練習してきた事を全て壊して作り直す、なんらかの策(秘策か?)が浮かんだ模様・・・。

次の競技会までの練習回数はこの土日と水曜日の祝日で3回のみ。
本日の練習では、まだその着地点が見えません。水曜日の一走目を終えた時点で、策の成否が明らかになる事になっています。
私らにはまだ見えないよ~~~。一体どうなるのか。

ジュゅぽんは、今日もウヒョヒョ~とかなり楽しそうに元気に走っていたので、本人には全くのプレッシャーがかからないこの策は、次回の競技会で失敗したとしても気長に続けていきたいと思っているのですが。

20073183練習フィールドの脇の小さな土手にはツクシがたくさん顔を出していました。

お浸しにしたいなーと私が口にしたら、たくさんのワンコのチッチが振りかけられているんだから止めなはれ!と皆に引き止められました・・・。

春の山菜は大好物ばかりです。
タラの芽、ウド、こごみ、菜の花、わらび、フキなどなど。
天麩羅食べたいモードが今、最大に盛りあがっているので、上手には出来ませんが次の週末にでも自分で揚げてみようと思っています。
究極は自分で山に行って採って、そのまま天麩羅に!ってのがいいですよね。でも、山歩きの根性がないので実現しません~。
父親が山が趣味(かなり本格派)だったので、子供時分は時々その恩恵に預かっていました。しかし当時、子供の口にはそう美味しいもんじゃなく・・・、今だったら貪るように堪能できるのに。

20073181アジ練の友人からは、ワンコ用の手作り石鹸のプレゼントがありました。

優しい成分と油で出来たその塊に、ジュライ夢中。
ヤギミルクを飲んだ直後で白くなってる口を拭き取りもせず、「美味しそうですぅ!」ペロッと舐めそうになりました。

実際、天然成分石鹸を使っているワンコは、シャンプー中にペロペロ舐めてしまうそうなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/11

JKC Do!アジリティクラブ2007

メイがねーーーーー!
表彰台のてっぺんに連れて行ってくれました。
数々の失格、失敗、拒絶の山を築いてきた私達ペアの奇跡的な出来事でした。
P1010057_1

場所は埼玉県吉見町の総合運動公園。
ジャッジはAGが海戸田先生、JPが江頭先生。
2度の出陳数は、スモール54頭、ミディアム32頭、ラージ93頭。

クラブ主催の競技会は3度の種目がなく、2度と3度のハンドラーが一緒のコースを走ります。コースの難易度は、2.5度くらいになる事が多いようです。
しかし、この日のジャンピングは、4度と呼びたい程の超難度コースでした。噂では、Y先生とK先生の合作らしいという話。
犬のスピードが上がりきった地点での180旋回や逆トンネル、間抜けなど難所が盛りだくさんで、ラインの作り方やスピードコントロール、犬の押し方、引き方など様々な事が要求される、見てる分には緊張感あふれる本当に面白いコース。
スモールクラスではクリーランが4頭、完走が15頭、残りの35頭が失格。
ラージはそれ以上、8割以上が失格というとんでもない結果になりました。
いつも表彰台を独占するボーダーさん達が1頭もクリーンラン出来ず、ラブちゃん達が健闘でした。

P1010051AG2  クリーランそして1席!!!

DWのタッチが危なかったのですが、検分イメージ通りの走りができました。
AGのクリーランなんて余りに久しぶりで、もうそれだけで嬉しい結果。

「メイのクリーランする姿なんて初めて見たかも?」の声もあり。
そりゃ1度、2度時代には一応ありましたけど、3度になってからは殆どなかったからね~。私自身、もう一生無理かも位に思ってました。ホント、まぐれです。

コースは先生のマイブーム、連続180度旋回がやっぱり出て来た^m^。これを送り出しだけで処理するのがブームの真髄なのですが、私はやや弱気にフロントを混ぜて安全策に逃げちゃった。

P1010045JP2  クリーンランで3席

もうブレブレ。あらぬ障害に向っていこうとするメイを寸止めで呼び戻す事、数回。その度にまた会場のどよめきが聞こえて恥ずかしかったけど、励まされました・・・。
検分した内容なんて端から吹っ飛んで、起こった事の対応に追われ、なんとかやっとのクリーランでしたが、このコースを乗り切った喜びは大きい。

P1010053この大会では、最後に各クラスから総合優勝者が選ばれます。

スモールクラスで表彰されたのが、なんとメイ。

トロフィーやフードをもらい、花輪を首にかけてもらって、もう1度表彰台に上がりました。

熟年(もう老年?)ワンコになっても元気一杯に走り続けるメイを見て大きな希望になった、とたくさんの方から声をかけてもらい嬉しかったです。
出来る限り長く一緒に楽しく走り続けたい、というのが全飼い主共通の望みですものね。

今回は、一緒のリンクで検分して色々相談に乗ってくれたステラパパの力がとても大きかった。この場を借りて、改めて心から御礼します。

P1010042一方ジュライは・・・。
JPはタンの位置取りミスで、AGはジュラがAフレのタッチを待てなかった事により悲しみのW失格。

JPはタン&ジュラが得意とするコースだったと思われるので、タンが自らの失敗を悔やんでおりました。とにかく練習してないペアなので仕方ありません。

P1010038会場で出会ったフラットのティナちゃん。3歳。
先日の埼玉ブロックに続き、遠く広島からの遠征です。
フラット特有のウヒョウヒョ飛びがなく、低い姿勢でビュンビュン走る姿に感激しました。これからが本当に楽しみです。
きっと日本一の高速フラットになりますよ\(^o^)/

夜は、タンにお祝いを強要して、お寿司をご馳走してもらいました。美酒でした~。
「2失格の上に、寿司までおごらされてよぉ!」とタン怒ってます。
P1010061 P1010065

次回は24日の東京ブロック。ジュラの雪辱戦となるか?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007/03/03

ジュラの健康診断 覚書

今日、以前から1度訪れておきたいと思っていた、腫瘍に強そうな獣医さんに初めて行き、ジュライの健康診断を受けてきました。
親兄弟が若くしてにっくき癌に侵された事もあり、いつ発症してもおかしくないという不安が何かと頭を離れないジュライです。

検査内容は血液検査とバフィーコート塗沫鏡検、レントゲンと全身チェック。
午前中検査し、夕方には検査結果の連絡がきました。
白血球、血液の濃度、各臓器の生化学検査結果など、全ての数値がオールOK。レントゲンも異常なし。ひと安心です。

驚いたのは一昨年から少々高めで心配だったALP値がいきなり減少していた事。
一昨年に組織球腫ができた時は200を越え、その後も190台だったのが、今回一気に下がって77でした。(基準値47~254。上限は検査機関によって違うみたいですが)
先生曰く、ALP値は食事時間や運動量が原因で上下が激しい値だそうですが・・・。
イヤ、いい方に数値が動いたのですから何はともあれ喜ばしい事です。

もう一つ今回の特徴は、体重がこのところ26.5㎏前後で固定していたのが、今日計ってもらったら25.05㎏だった事。
前に計ったのが1ヶ月半ほど前、それから食事内容も運動量も、殆ど変わらないにもかかわらず痩せたっていうのが不思議です。
男の子としてはやや痩せすぎじゃないかと、ゴハン増量で様子を見ます。
現在、朝のドライフード180g、夜は生肉200g(ラム)~280g(馬)で、これに野菜の他、納豆とか豆腐とかも入るし、決して量は少なすぎないと思うのですが・・・。どうなんだろう?

メイは来月、フィラリア投与時期に検査予定。

病院後は、ポカポカ陽気の中、田奈のドッグラン「RUNDOGRUN」でお遊び。
サッカーがとても上手な少年に遊んでもらってジュラは嬉しくてウヒョヒョ~。
こんなチビワンコちゃん達とボールを争うって、どうよ・・・。結構、負けるけど・・・。
ジュラはチビワンと一緒に遊ぶのが好きだし、チビワンもジュラに対しては同等扱いみたい。
2007331_1

ジュラは多分、自分はメイと同じ大きさだと信じてるっぽい。
メイはどんな事があってもジュラに負けたくなくて、ドッグランと言えども腰が入った動きを見せますです。
2007332

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »