« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/20

JKC FCI東日本とギョーザ

6月16日(土) 
栃木県壬生町 壬生総合運動公園
東北道をはるばると行って参りました。

ジャッジはAG3 中谷さん(コース設計はU人先生?)
      JP3 根本先生
両方ともこれから先、しばらく主流となるだろうスピードコースです。

出陳頭数は      S    M    L
        1度  75  29  74
        2度  48  17  68
        3度  34  36  60

P1010879今まで見たこともない見事な芝生のフィールドでした。
ジュラが『おお牧場は緑!』状態で、バカ走りしたり、走っている途中にひっくり返ってグリグリやったりしないか不安になるほどの美しさ。

梅雨はどこへ行ったのか、日差しは真夏のようにジリジリと暑く、集中なんてとてもとても・・・。メイジュラ&飼い主ともマヌケな結果となりました。

P1010892◆ジュラ
JP3は待てずに飛び出し、秒殺失格。
「またやっちゃったですね・・・あぁー、パパ怒ってるです~(汗)」

そしてAG3
「来いと言われるまで、どんな事があっても走り出しちゃイケナイんです~。ボク立派なオスワリで待つです~」
と急に真面目モードが入ったようです。

それに気付かなかったタン。
ジュラがまた飛び出すだろうと予測し、同時スタートのつもりで走り出したところ・・・
肝心のジュラはスタート地点でポケリンと座ったまま!!!
一人ダッシュで飛び出したタン、大マヌケ。

でも、“待てば海路の日和あり”デス。ダブルバー落として1失敗だけど、無事に完走できました。 29席。

◆メイ
AG3
3拒絶失格。
トンネルを目の前にして私は大ボケにも「シーソー!」って叫んじゃった・・・。
メイったら、トンネルを寸止めで避けてシーソーに向かって行きました。
今まで、そんなに素直だった事が一度でもあった???その後はもうメタメタ。

JP3
2拒絶で22席。
呼び込み過ぎ&スラエントリーミス。両箇所ともフロントを入れていれば確実に処理できただろうと反省。いつもフロントの使いどころの判断を誤ってばかりです。

P1010902_1夜は昨年も泊まった会場近くのビジネスホテルに泊まりました。ワンコも部屋にOKなので、翌日の訓練競技会に出る方などたくさんのワン連れが泊まっていたようです。

みなさん夕食は外に食べにいったようでホテルの食堂には私達とあと一人しかいなかったのですが、ここは実は食事がとても美味しいのをご存知だったでしょーか?値段は1500円なのに品数、味とも文句無しなんです。

この宿、ただ一つネックがあります・・・。これに出会うかどうかは運次第。

P1010906日曜日。
車で一般道を40分ほど走って、宇都宮まで足を伸ばしました。
せっかく栃木まで来たのだから、有名な宇都宮ギョーザを食して帰ろうという魂胆です。

長崎屋の地下にある「来らっせ」というギョーザ屋さん集合店舗で有名ドコロ4種類をいただきました。

P1010911_1 P1010913_1
P1010918 P1010919

P1010921本当は1店舗づつ巡って、お店の雰囲気とかも見ながら味わう方が格別なんでしょうが。

←休日のお昼時。有名店ではこの並びなんです~ 。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/09

ジュラと病院

ジュラの左耳に出来た3mmほどのポチッが気になって、青葉台の病院に行って来ました。

針吸引細胞診(細い針でしこりを直接刺して、針先で削っ て細胞を採取)で調べてもらうと、組織球(マクロファージ)が数個見られました。

組織球腫の可能性もあるけれど、針で刺した時に、血が全部出てポチッがぺったんこになったんで、このポチッ自体がどこかにぶつけるとかしての怪我(後から思いついたけどスラロームとか?)かもしれないし、という事で、経過観察することになりました。

この病院は3月に腫瘍を中心とする健康診断を受けて、2回目です。、
いつも行ってるホームドクターの先生の所では、診察室までグイグイ引っ張り、率先して診察台に飛び乗るくらい病院大好だと思ってたジュラが、診察室に入るのを拒み、なんとか引っ張りこんだ後も逃げ出そうとしました。
前回なんかイヤな思い出があったのかしら。
でも先生に頼んでオヤツをあげて貰った途端、大丈夫になりました。簡単なヤツで良かった・・・。
この先生は、採取した組織の様子とかモニターで見ながら丁寧に説明してくれる学者肌系の方。腫瘍心配オーナーにとって心強い先生な気がするんでジュラにも慣れて欲しいんだけどね、あけっぴろげな感じがないんでワンコ受けがイマイチのようです^^;。

2007691定期健診以外では病院には縁がないメイと違って、ジュラはなんやかんや病院にお世話になっています。

4月には、災難としか言えない怪我で縫うハメになりました。
誰のせいかって?タンだよ~。

私がジュの脚の甲のハミ毛をチョキチョキやってたら。タンが「もっとバッサリやっちぇよーー、貸してみ?」とジョキッとやったら、はさみの先端で皮までチョキッと(>_<)。
ベロンと剥げて、血が流れました。
酷い親でごめんよ、ジュラ。

夜中だったので、傷パウダー振りかけて、包帯でグルグル巻いて止血しての応急処置。

当のジュラは、切られた時も一言も声もあげず(キャンとも言わない鈍さってどーよ)、包帯も一晩中毟る事なく、平常心でおりました。
めくれた皮を切って、3針縫って、これはすぐに治ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はずれのカレンダー

200766_3 先日のJKC本部大会でのメイと私を、ぴあのちゃんママのパパさんが撮って下さいました。ありがたいですーー。

バタバタと何をしている 場面かというと^^;。
Aフレームから降りたメイを呼び込んで送り出してから、バックスイッチして次の画面左方向の障害に誘導しようと慌てているんですな。
メイは「いったい、何がやりたいのよ!」と、なにやら文句言ってる様子。

Honbu2 砂浜アジの異名をとったこの大会。
(←)一歩踏み込むごとに、こんな風に足が沈むんです・・・

2007661_1_1ぴあのちゃんママや、ミシェルママやマロママなんかに素敵に撮っていただいたアジ風景写真を、カレンダーにプリントしました。

昨年6月に私が退職した時点で作り始めたので、今年分もずいぶん季節はずれな制作物となりました。

卓上のカレンダーです。
週末イベントスケジュールの書き込み専門。

今まで通り、元気で楽しくスケジュール終了を迎えられるようにと願いがこもってるんだな、一応。

2007662作っている時、足元で寝転んでいたメイの頭に、空になったプリンターのインクが落ちた。
染まった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

JKC本部競技会

P1010852_1全国津々浦々から愛犬と一緒にアジラー(アジリティを趣味または生業とする人)が御殿場「馬術スポーツセンター」に集結。
6月3日は、年に1度のJKC本部大会でした。

朝は晴れていていましたが、その後は雲が多く、雄大な富士山が拝めたのはほんの少しだけ。

3度の出陳頭数
スモール46頭、ミディアム37頭、ラージ81頭。
チーム戦にS10チーム、  M7チーム  L25チーム。 


【スケジュール】
    第1リンク                第2リンク
チームジャンピング(L⇒M⇒S)     2度ジャンピング(S⇒M⇒L)
       ↓                 ↓
3度ジャンピング(L⇒M⇒S)      チームアジリティ(S⇒M⇒L)           
       ↓                 ↓
2度アジリティ(L⇒M⇒S)       3度アジリティ(S⇒M⇒L) 

P1010864今年は、チーム戦にジュラが出場。
この大会をもってJKCの大会から引退するという“女王”ローズを、若輩者の2頭(“魅惑のスピードスター”べったんと、“ボンクラ”ジュラ)が持ち上げて、なんとか表彰台にお立ちいただこう!と意気込んでの参戦。
結果・・・・有終の美は飾れませんでしたが、いい思い出が出来ました。
パパが1歩も動けなかった、べったんの秒殺とかヽ(^o^)丿(ゴメン)。

ローズは8歳。テンション、スピード、集中力、まだまだ現役バリバリですが、まずは一区切りです。
「これからは草アジで楽しんで、賞品ゲットを狙うわ~(byママ)」だそうです~。

個人戦。
ジャッジ&コース設定は、今年の世界大会のジャッジに決定しているベルギーのヴィルフリード・クレースさん。
コース自体は、最近の日本の3度コースと比べると易しいです。ただしその分、標準タイムの設定がやけに厳しい。今回はそういったスピードコースでした。

■メイ
JP3/クリーンラン 10席入賞! 本番では奇跡に近い、バー2本以上のリードアウトが出来たのが良かった。最後の直線を全力で走りきれずに(メイがブレそうで、つい見つめちゃって・・・)タイムが伸びなかったのが悔やまれます。
初めての10席でした。これで1席~10席まですべての席次のロゼッタが揃いました。これはこれでメデタイ???

AG3/Aフレの上りをミスした1拒絶で26席。トラップを意識して引きすぎた私のハンドリングミス。

P1010871_3■ジュライ
JP3/やった!クリーンランか?と万歳しかけた最後(!)のバーを落として48席。

AG3/この所、なかなか好調だったジュラ君。
チーム戦でも、足場の違和感に戸惑った1走目のJPはバー落下2、レンガのカマボコ落とし1でしたが、走り自体は結構良く、チームAGではクリーンランだったんですが、やっちゃたねーーー。

またまた々々待てずに飛び出し、2本目で失格するという秒殺。

タン曰く「こいつには真剣味がない・・・」のだそうで。ボーダーさんのようなギラギラした意欲がないくせに、変な所でピョンと・・・。
それがジュラだす。ジュラにはジュラなりの世界感があるんだな。どんな時でも「@楽しそうに走っている」とコメントされるフラットなんだもの。

【愚痴】
・朝、5時に家を出て、帰ったのは21時。近場での開催だったのに、やけに長~い1日でした。
・ここは馬術競技の会場。グラウンドは砂。砂浜トレーニングを強いられているような深い砂に、ワンコの脚は沈むし、バーと一緒にウィングが倒れてしまうチームがやけに多くなってしまいました。2度通るバーのウィングを倒すと失格になるので災難。歩いているだけでも脚が疲れました。
P1010874_2 ・出場記念品はcolmanの2ℓペットボトル用クーラー、カップ付(←)。
そういえば、本部大会は毎年何らかの形のクーラーボックスだわ。しかし団体戦も同じ記念品、しかも3人で1個ってどうよ?
団体戦料金1人6000円も取ってるのに~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/02

健康診断

200762先日受けた健康診断の結果が出たら、血糖値が高くて「要治療」でした。
ひぇ~っとドキドキして、医者の診断を受けました。
(今、私は総合病院に勤務しているので、こういう時、躊躇なく受診できて便利です。反面、先生達とも顔なじみになってきているので、ある種受診しにくい面もあります~。婦人科は行けない気分・・・)

健康診断を受けたのは、不用意にも昼食後30分というタイミング。
先生曰く、多分そのせいであって、血糖値以外の数値はオールOKだし、昨年までの数値や今年のヘモグロビンA1cもOK、親族にも糖尿病いないしで、糖尿病の疑いは「シロ」の可能性が高いとの事です。
けど念のために昨日、「経口ブドウ糖負荷試験」というのを受けました。結果は来週末。

そういえば問診表に「やってる運動」を具体的に書く項目があったんですが、どう書いたらいいか、わかんない所でした。
一応、記入欄無視して、「犬の散歩1日1時間(これは誇張。そんなに行ってない)」「犬と一緒に走るスポーツ(アジの事)1週間に2回計1時間」なんて書いてみました。
散歩はともかく、アジはスポーツとして実際どのくらいの運動量なんでしょう。
トップハンドラーの皆さんの運動力は勿論すごいのはわかってますが、私の走りっぷりでは、たいした事なさそうで。
小走りの検分1コース4~5周+2コース各2走(一応全力疾走で)、というのが最近の練習での運動量。時間にしたら多分20分満たないな・・・。

先日ワン友達と食事した時「“ビリーズ・ブートキャンプ”やってるわよ、アタシ」って話を聞いて刺激受けたし、これからは散歩の時に腿上げでもしながら歩こうかしら?と思っとります。せっかくの運動機会を有効に使えれば一石二鳥じゃん。

ちなみにタンは仕事関係で「“ビリーズ・ブートキャンプ”差し上げます!」と言われたのに「いらね~」と即効返事したらしい・・・。滅多に散歩にも行かない高血圧ヤロウが何を言うか、です。

そんな成人病な私達とワン年齢的に同じ位なメイも、先日、血液検査&レントゲンの定期健診を受けました。
結果は「疑わしい数値、部分は無し」です。
何があってもおかしくない年齢になってきていますので、この結果には一安心です。

メイさんの老いは、顔に出てきています。
目の周りがうっすらと白くなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »