« 免疫療法第5回目 | トップページ | 抗がん剤2回目 »

2008/06/27

KENTAの破傷風日記

数日前のブログに紹介したケンタ君の事。
ケンタ君が亡くなったのは「破傷風」だったんです。
犬の事例は殆どないために、手遅れになるまで病名が特定出来ずに命を落としてしまいました。

そんなケンタ君のママからのメッセージです。

黒ラブ、ケンタは、 破傷風で亡くなったのですが、 私を含め、獣医師が 破傷風発症事例を知らない事により、 大切な命を失う事になってしまいました。
ケンタの死を無駄にしない為に、 皆さんにも、そして、医師、獣医師に 破傷風発症事例を知り、今後の役にたってほしいと、 思い、作成させていただきました。

皆さんの行っている病院で、ケンタの破傷風発症事例を話して欲しいのです。
犬の事例はあまりないのです。
病名がわからない間に、亡くなってしまっているケ-スが多いのです。
先生が、破傷風発症事例をご存知なくても、これをきっかけに、 破傷風発症事例を覚えていただければ、良いのです。
それが、今回の目的なのです。
破傷風菌は何処にでもいる菌です。
検査しても、破傷風菌が見つかる事が、少ないのです。
ケンタも、見つかりませんでした。
破傷風発症判断で、破傷風血清を投与すれば、命が助かる確率が高くなります。

「KENTAの破傷風日記」
6月10日からの日記がその経過になります。
ご覧いただいて、そしてケンちゃんの冥福を祈ってやって下さいm(__)m。



|

« 免疫療法第5回目 | トップページ | 抗がん剤2回目 »

コメント

メイママ、破傷風か?
考えてもみなかったよ。怖いね。
ケンタ君は一週間か?
いまどきでもあるんだよね。
う~ん!
ケンタ君、安らかにね。

投稿: ももじ | 2008/06/27 23:42

★ももじママ!
子供の頃に混合ワクチンを打っているおかげで、今の日本には滅多にあらわれない病気なんですよね。
でも菌自体が無くなっている訳ではなく、地中に常在菌として普通にいるんだって事を誰もがすっかり忘れてしまってて・・・。
ケンちゃんとパパママの想いは決して無駄にしないぞーー!

投稿: メイジュラママ | 2008/06/28 08:54

こんばんは。ジュライくんとママの頑張りをCちゃんからお聞きしています。重い病と闘っているメイジュラママ(病はジュライですが、戦いの最中にいるのは実は飼い主だと)のお気持ちが少しでも理解できますので、いつも影ながら応援しています。
破傷風の怖さを改めて思い知りました。実はわたしも数年前に破傷風の心配があり、こんな大人になってから年3回もの予防接種を受けたことがあります。
ケンくんの死を無駄にしないよう、わたしも先生に報告したいとおもいます。

投稿: boy | 2008/06/29 01:17

★boyさん!
いらしてくれてありがとうございます!
ブログ、早速見て来ました。ちーちゃんの手当てと坊主君の仔育てと大忙しだけど、明るい日常生活がのぞけて嬉しかったです。
ジュラは毎日、陽気に暮らしてくれています。まだまだ体力的に辛い時期に入っていないので、私も非常に前向きでいられてます。実際に弱ってきたら落ち着いていられるかどうか不安ですが、頑張っていかなきゃです。どうぞ色々教えて下さい、よろしくお願いします。

破傷風の心配は、転んだ?噛まれた?のかしら。すごく痛いそうですね、その予防注射^_^;。
私も昨日、ジュラの病院でケンタ君の事を報告してきました。先生も発症例は見た事ないって。でも、破傷風だとわからないままに亡くなった子が確かにいるだろう、話してくれてありがとう、って言われました。ケンちゃんの尊い命を
語っていかなきゃです。ご協力感謝しますm(__)m。

投稿: メイジュラママ | 2008/06/29 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/41633576

この記事へのトラックバック一覧です: KENTAの破傷風日記:

« 免疫療法第5回目 | トップページ | 抗がん剤2回目 »