« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/28

ジュラを送りました

ジュラが旅立った夜は、近くに住む友人達が次々とジュラに会いに来てくれました。

Kaycoちゃん、まいちゃん、sanaeさん、こーさん、ちーちゃん、バーボギママ、ロビン家、ももじ家、ビリリカ家、はなまる家、アップママ、マスター、なっちゃん、ないちゃん、ボスパパ、ジュラの小さい頃からの主治医だったS先生。
どうもありがとうございました。

昨日のお葬式には、前日のメンバーに加えリーさん、ちあきさん、haneちゃん、yoheyちゃん、たくちゃんとりん君、しゅん君も来てくれました。お花やおもちゃや、ジュラが「好きなんだ」って言ってた可愛いリボンをたくさん抱えて。
本当にありがとうございました。

忙しい平日の午後に本当にどうもありがとうございました。
ジュライを愛してくれて、本当にどうもありがとうございました。

そして何はともあれと励ましのメールや電話をくれた友人達には感謝のしようもありません。

今日になり、ジュラがいなくなった部屋は今、空虚で辛い空間になってしまいました。
特にここ2週間ほどの日々が余りにリアルに胸に刺さります。
私がやった事、やらなかった事、やらなければよかったと悔いている事、様々な思いが頭の中を占拠して、買い物しようにもスーパーの中にはジュラの食べ物を探しまわる私の姿が見えて、奥まで入れません。

当たり前のようにやってきた毎日が永遠に無くなってしまいました。
朝起きるなり、私の腕の中でヘソ天で体をくねらして撫でてくれとせがむ子が、
キッチンで足にまとわりつく子が、
開けっ放しにしたトイレのドアの隙間から私を見つめる子が、
お散歩に行く気配にスリッパを咥えて地団駄を踏んで待ちわびる子が、
外から帰った時に抱きついてくれる子が、
もういません。
タンも家では堰をきったように、なにかにつけての涙にくれています。

2008828
たくさんのお花に囲まれているジュラです。
暖かいメッセージとお花を贈ってくれたローズべったん家、まふママ、おやびん家、リプル家、165さん、まふママ、ウィッシュ母、ミミママ、ありがとうございました。
体が旅立つ時に、頂いたお花を一緒に添えさせて頂いたので、せっかく頂戴したのにここに写っていないものも多く申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

ジュラが旅立ちました

26日、朝10時20分にジュライが虹の橋に旅立ちました。
私に抱かれたまま息を引き取りました。
たくさんの励ましを本当にどうもありがとうございました。
また改めて御礼のご連絡をします。
ジュライと私たちから心より御礼申し上げます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/08/26

2回目の輸血

金曜日の検査で白血球数がまた減ってきたので、月曜日に輸血をしました。この間もらったリアンちゃんにまたお願いしました。なんとなく元気になったように見えたのですが、やはり食欲は戻らずです。そして後ろ足に力が入らなくなってきました・・・。

日曜日には友達2人がそれぞれがウマウマや「タフィー」という高機能マットを持って来てくれました。そのウマウマは一瞬バクバクッて食べてくれて!

2008824実はしばらく前、まだ今より元気な頃、アニマルコミュニケーションをして、ジュラの気持ちを聞いたりしたんです。
ジュラはね~、女の子みたいな話し方をするんですって。
それで、小さい声で「リボンとか好きなの」って言ってるそうで、その話をした友達がジュラにリボンを作ってきてくれました。

さすが自分で言うだけあって、やけに似合うの。

鏡に映った自分をじっと見て、ちょっと驚き気味なジュラでしょ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/23

免疫療法8回目&ホメオパシー

2008820ここ数日、ジュライの状態がかなり悪化しています。

食べません・・・。
「しおしおの★ぱぁ」に経過を書いていますが、歩くのも辛そうです。家からも出たがりません。

ほんの2日で肘に床ずれができてしまいました。右前足がパンパンに腫れあがり、お腹の皮膚全体が赤くなっています。
水はたくさん飲みますが、サプリや栄養ジュースなどを混ぜると飲んでくれません。顆粒状の漢方などもだめ。
救いなのは呼吸が荒くない事です。

食べてくれないのは親として本当に辛い。
でもなるべく苛立ちや絶望を見せまいと、明るくさりげなく食べ物を口に突っ込もうと頑張っています。

そんな中です。
ジュライの姉、ひなが3日前、虹の橋に旅立ってしまいました。
発病がわかってからわずか二ヶ月の早すぎるお別れ・・・。
ジュライが今弱っているのも、ひなの悲しみを感じているからでしょうか?

◆8月22日(金)
免疫療法8回目。
血液検査の結果は前回とさほど変わっておらず、血小板は2.2まで増えているのですが、ジュライ自身の衰弱は数値以上に激しいです。

私に抱かれて病院に入ったのに、大好きなM先生がフリーズドライの鹿肉を出してくれると元気に食べてくれておかわりをせがみました。これには驚き。
活性化リンパ球が元気をくれたかと思ったのですが、帰宅してからの食欲はまた無くなってしまいました。

◆8月23日(土)
免疫療法と非常に相性がいいと言われるホメオパシーを処方してもらいに東京の北の方の病院に行きました。
この組み合わせで癌が消えたというハスキーの飼い主の方の話を聞いた友人の紹介です。

先生は癌に非常に熱心に取り組んでいて、頼りになりそうな方だと希望が持てたのですが、その先生をして「いままで末期がんの子が回復するのを何頭も見てきましたが、フラットの悪性組織球症だけは、いまだに助かった子がいないんです・・・」とおっしゃいました。でも、容態が少しでも改善できるように出来るだけの事をやりましょうと・・・。
今、フラットの子には3歳位からホメオパシーによる癌体質の改善を施しているそうです。

腹部エコーで見ると、数え切れない程の腫瘍が出来てしまっていました。
すごい進行の早さです・・・。
食欲が無くなると同時に勢いがつく癌・・・。

今晩からホメオパシー開始。水に溶かした薬をスポイトで口の脇から流し込みます。
なんとこれを15分おきに10回繰り返さなければなりません。2時間半を要します。これを毎日。気合だーー!私。

2008823雨の今日は気温も低く、ジュラには過ごしやすい日です。
窓際に来たジュラに寄り添うメイ。
いつまでもこんな光景を見ていたいなぁ。。。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/08/22

2008.8のビブリ

8月15日(金)~17日(日)の2泊3日をビブリで過ごしました。

一緒に過ごしたワンコ集合!
P1000274
(後列左から)べったん(ベティーナ) せらにゃん(セラス)
(前列左から)女王ローズ ジュライ メイ

*1日目*
P1000269a 7時出発。八王子~相模湖間は当然の事ながら渋滞してましたが、途中休憩(釈迦堂PA)したり、買い物(セブンイレブン&中村農場)したりで11時にはビブリ入りしました。
今回は、初ビブリ体験の“女王ローズとその家族(O家)”が水曜から先乗りしており、そこに合流です。

P1000251 ヘキサタープだけ立てて、とにかく一服。
“シェフ”べったんパパが1週間かけて仕込み、ビブリでスモークしたという特製ベーコンがつまみです。

P1000259a_2 べったんがこの夏休みに夢中になっていたのは昆虫観察。ただしトンボ限定。
ジーっと見つめたあと、時々捕獲しようとしますが逃げられます。
その姿を飽きずに見ている私達も何なんだけど。

べったんパパは前夜は不器用なクモが巣を張るのをずっと見ていたそうです。
わかるなぁ。。。

P1000258aグータラな我が家を置いてお散歩に出かけたO家が木いちごを摘んできてくれました。
ツヤツヤできれい・・・甘酸っぱいです。

P1000279a ワンコ達がみんな大好きなO家の娘、可愛いYちゃん。

 そろそろ我が家も設営せねば、と預けてあるティエラを取りに管理棟のコンテナに向かった所、管理人さんの「ちょっとマッター!!!」の声が響きました。
 「八丈島あたりに台風が発生したので、土曜日からクローズするかもしれない、ついてはテントは張らないでくれ」のお達しです。代わりに、足が悪いタンのためにトイレ付きの特別室(?)を提供してくれるという申し出を頂きました。
ありがたいけど・・・。ビブリルールで夜8時以降の車の走行は禁止されているから、夜の宴たけなわの時に切り上げなきゃいけないし、運転するのでお酒もオチオチ飲んでられないし、と悩んじゃいました。
結局、トイレの実利をとって特別室で就寝。
部屋が蒸し暑かったせいかジュライの呼吸がやや荒く、不安で寝付けませんでした。撫でながらR・D・ウィングフィールドのフロストシリーズ第4弾「フロスト気質」の上巻を読破。

*2日目*
P1000267a 朝ご飯を食べに(ずうずうしい)、O家のサイトに上がって行き、「驚くほどの美味しいトマト」をご馳走になりました。ニョッキもウマウマ。

台風の心配が無くなったので、「テント立てていいよ~」と管理人さんに言われましたが、いまさら・・・。
ジルママさんが一旦帰京して、また月曜日に来るので、良かったらうちのテントを使って~と声をかけてくれました。

ビブリに行く度にみなさんに気を遣っていただいています。
自立するぞ、といくら気構えてみても周りから見れば危なっかしい事ばかりなんでしょうね。優しさに甘えさせてもらってます。

そのサイトの下にある西の川で遊ぶメイジュラ。
ジュラとジルちんと連れ立って遊んだ川に、今回はクロエちゃんが誘ってくれました。
そんな事を思っているとジワジワと涙が溢れてきます…。
P1000290a P1000294a

この日の午後は小淵沢に所要があって、一旦おでかけ。

*3日目*
P1000282a_2 曇った雲と 朝もやの中、ゆったり起床。
土曜日に撤収した組が多く、テントサイトにはうちともう1組しかいないという、怖いほど静かな夜でした。

ジュライは一晩中、穏やかな寝息をたててぐっすりでした。

P1000296a名残惜しいけど、帰らなくちゃ。

私の撤収作業を見守る監督と2WAN。

昼前にはビブリを後にして、中村農場でお昼ごはんを食べました。ここの名物親子丼は、ヘビーすぎて私はちょっと苦手でした。
卵かけご飯セットに焼き鳥2本つけて・・・これが私の望んでいた形だわ!と大満足。
P1000300a P1000301a_2

9月の3連休にまたジュラとビブリに行けるかな?
なんて事は今は考えられません。
今回楽しく過ごせたことにまずは感謝。
今日一日一日を大事に過ごして、その積み重ねの先にもしかしたらあるかもしれないご褒美です。
P1000288a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/20

メイさんとアイドル君

n.で時々会う男の子がいまして、その子はいろんな番組に出ているアイドルだっていうんです。
テレビを余り見ない私には全然わからなくて^^;。
でも明るくて爽やかでいい子だなーと思っていたんですよ。(オバサン目線)

その子が一昨日またn.で会った時、「ブログに乗せたいんですが、メイちゃんと写真撮っていいですか?」と言ってきて、ブログタイトルを教えてくれました。
掲載された写真がコレです。
そこから彼のプロフィールなんかがわかって、なるほど立派なアイドル君なんだと、感心しました。今度、彼の出るテレビをチェックして応援してあげなきゃです。
誰かわかる人いるかしら?
10085662021

彼のブログには大勢のファンの子達が「メイちゃんかわいい~~」って書き込んでました。テキトーな子達だなぁ、と思いつつ、ちょっとニンマリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/18

わんわん倶楽部へ行ったよ♪

8月11日(月)
ジュラの定期診断でS病院へ。

今日の担当は女性のM先生。いつも本当に丁寧で親身な診察をしてくれる才色兼備なセンセーです。

ヘマトクリットの値は26%、血小板は1.7と相変わらず低いです。
でも、悪くはなっていない!
輸血の効果はもう切れている時期、にもかかわらず減少してないという事は、自分の体内で微力ながらきちんと造られている証と考えられるそうです。
久しぶりにちょびっとだけ明るい気分で病院を出ました。

午前中の早い時間に診察は終わったし、天気もいい(暑い)し、ジュラと二人でちょっと遠出のお遊びに行こうと決心。今日行かないでいつ行く!という感じです。

中央高速でビューンと山中湖のわんわん倶楽部へ!

2008811c病気になって初めてのプールに、張り切りすぎやしないかと、私がちょびっと緊張・・・。

しかしこの日のプールの水深は最深部わずか60cm。大型犬が泳ぐのは無理!
「飼い主が一緒に入れる深さにしました」と施設の人は言ってましたが^^;。

水中ウォーキングにしかならないけど、かえってこの位の方が今のジュラの体には負担がかからなくて良かったかも。

ボール投げして遊びました。

携帯カメラでの撮影~。


2008811a水が少ないのは何かと無理があります(-_-;)。

飛び込めないし、ワンコが上腕の力だけでスロープに這い上がるのも難しい。
(元気なワンコでも無理じゃないのかなぁ・・・)

で、私を呼ぶんだよね、可愛いやっちゃ~。
一緒に中に入って、抱っこして上げ下ろししてあげました。


2008811b_2お坊ちゃま君ときたら、要求が非常にせわしない。

プール2往復ほど水中ボール投げ。
  ↓
とりあえず上がりたくなる。
  ↓
プールサイドや外の芝生でほんの少しだけウロウロ。
  ↓
またプールに入りたい。

私はその度に呼ばれて、仰せの通り動いてあげた訳ですが。


2008811d気がつけばユルユルと1時間半程遊んでいました。

全力疾走はしないけど、ほとんど休まず、かといって疲れて倒れこむような事も無く、自分のペースで上手に遊んだジュラに感心。

案外ワンコは自分の事を良くわかってるんだな、と安心しました。


8月14日(木)
予想外の事態で病院へ行く事に。

前日、ジュラが好んで寝転んでいるクールボードの上に血痕があるのをタンが発見。
青くなって全身をチェックしましたが、出血箇所の確認ができません。

発見以降に新たな出血はありませんでしたが、数回、変な咳をし、血が明るい色だったため「とうとう肺転移して喀血・・・」と、瞬時に頭に浮かびました。
金曜日からビブリへ行けると思っていたのに。

病院でレントゲンとエコーで肺を確認。
覚悟してたのに・・・内臓転移は見られません
血液検査の結果は少しだけど月曜日より良くなっていて、喀血の可能性はほぼないようです。出血の原因はわからずじまいですが。

でも、その代わり胸水が溜まっている事が発覚しました。

胸のリンパが腫瘍化して大きく腫れあがると、胸のなかに水がたまり(胸水)、肺を圧迫して、呼吸困難になるそうです。そうすると「胸水」を抜いて呼吸機能を回復しなければならないのですが、ジュラはまだ呼吸困難も酷く無さそうなので少しだけ様子を見る事になりました。
※腫瘍性のものなので、抗がん剤以外の薬で水が抜ける期待はなく、いざ抜く際は、血小板が少ないジュラなので、輸血の用意をして臨まなければなりません。

呼吸が楽になる空気のいい場所で楽しくのんびり過ごすのが一番、とM先生はビブリから行きやすい獣医さんをネットで検索してくれました。
万が一、急に胸水が増えて呼吸困難に陥った場合に備えてです。
出発前日の出来事ですが、とりあえず我が家のささやかな夏休みに出発できる事になりました。

(追記)
ビブリから無事に帰ってきました。
ビブリに行ってる最中に出血の元らしきものを発見。
右前足の狼爪が折れてます。
出血はもしかしてここから??? 黒い子は血痕が分かりづらいから見逃していました。
ジュラは今まで折った事なかったので、余計思い至らなかった~~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/08/10

BBQ night!

ジュラの実家でサマーパーティーを開いてくれました。

実は悲しい事に、母犬ビビ、その子供たちマール、ジュラに続いて、ひなにも同じ悪性組織球症が発症してしまいました・・・。

今日は、そんな辛い気持を吹き飛ばして、楽しい時間をみんなで送ろうと集まりました。
人もワンコもびっくりのウマウマBBQ night♪

肉は!あの極上料理宿「サンディーズ」のメイン料理に使われる米沢牛。サンディーズ御用達のお店から取り寄せてくれたものです。ワンコにもあるんだよーー。

魚介は、市場直送!ホタテ、エビ、ハマグリ、アジ!
P1000228

P1000222a_2 P1000230a_2
P1000220a P1000235a

ワインも凄いやつを出してもらっちゃいました。
パヴィヨン・ルージュ・デュ・マルゴー 1997
Ch カロン・セギュール 1992
P1000236a P1000241a_2
P1000240

P1000238_2 ジュラは終始ニコニコでウカレポンチキになっていました。
風がよく通って気持いい夜で、庭の芝生が気持いいはずですが、ジュラはリビングにいる方がお気に入りでした。
結構、都会派のワンコなんじゃないの?と冷やかされたりして^m^。

賑やかな中庭を眺めながら、ヒンヤリしたタイルの床の方でウロウロしたり、寝そべったり。
お肉が焼けると猛ダッシュです。
頼もしい食欲だったよ。

いい日だったね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/09

ジュラの漢方と、たまにはタン

200887a夕方は少し涼しい風が吹く日も出てきました。
いつも行く公園の高台は風が通って気持のいい場所。
時々ジュラと2人でひとしきりボケッと過ごしてます。

漢方を処方してくれる獣医さんをコーギーのお友達が紹介してくれました。
とりあえず3日分出してもらって様子をみます。
いい効果が表れるといいな・・・。


200887b一旦家に戻って出直して、今度はメイさんの番。
ジュラのお付き合いばかりで体力持て余してしまっているので、時々こうやってボール投げを存分に楽しんでもらいます。
しかしいつも百本ノック要求のメイをして、こんな気候の中では10本も拾えば、ヘロヘロ。
ホコリも凄くて。走っていてもホコリが目に入って、ちょっと辛そうです。
もう一息すればビブリに行けるので、みんな待ち遠しい~。


最近、日記に登場する事のないタンですが、元気で頑張っています!
1月末に退院して以来、週5回のリハビリとスイミングに通い続け、7月からは週2回のリハビリ出勤で職場に復帰し、8月からはフルで通勤し始めました。
麻痺していた左足は、装具と杖で、長い時間、距離を歩けるようになりました。
左手はまだまだですが、肩から腕にかけては筋力も戻って来て、ずいぶん動くようになりました。長い時間はかかりますが、いつかきっと不自由を感じない程度に動くようになるかもしれない、そんな期待が持てています。

最大の課題だった電車通勤もなんとかなり、復職の1週間をまずは無事に、疲れ果てる事なく乗り切りました。
リハビリ中は、本当に素晴らしいスタッフ(医師、OT、PT、介護職の方、スイミングのコーチ)と仲間に恵まれて、楽しい日々を送る事ができました。
復職に向けて、どれだけ皆さんが独自のプログラムを立ててくれて、時間を割いて通勤訓練に付き合ってくれたことかm(__)m。
2箇所のリハビリ施設のスタッフの方々とタンとの間で交換日記というのがあって、これにタンは大きく支えられました。一生の宝物になりそうです。
タンはなかなか面白い文章を書くし、同病でリハビリに頑張っている人の参考にもなるし、これを基にブログを作れば?とスタッフの方に言われ、私もそう思うのですが、タンにその気は全くナシ。

復職してからも、会社の方々にいっぱい良くしてもらってるようです。
ちゃんと感謝の気持をお伝えしているかどうか不安だよぉ・・・。

タンの癒しの空間、ジュラの活力の空間、今宵もn.です。
P1000212a P1000217a
P1000218a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

免疫療法7回目

8/4(月)

タンクローリー火災に伴う首都高一部閉鎖の余波で、病院までのメインロードである環八が、大々々渋滞。
いつもならそこそこ混んでも40分くらいで付く病院まで2時間・・・。

この渋滞はしばらくは続きそうなので、ルート変更か抜け道を探索しとかなきゃなんですが、結構難題ですよね、これは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日の血小板はまだ2.1。
この状態では抗がん剤は投与できません。

熱は39度。家で計るより高くでます。
貧血はほんの少しだけ良くなっていました。

輸血後に飛躍的に良くなっているかというとそうでもなくて、さらに追い討ちをかけるように、今回は活性化リンパ球が「全く増えず、数が少ないです」、と培養センターの方にすまなそうに言われてしまいました。
免疫療法が続けられなくなるのも、遠い先の話じゃないかもしれません

ただ、ジュラ自体は、ダルそうな姿ではありますが、反応は良く、結構元気で頑張ってくれています。
こうやってジュラの体のなかで進行していくガンを食い止めるには、日常生活の中で、自己免疫力を少しでもあげてあげる事。

この日のM先生は、抗がん効果があると聞いた、豚の胸腺のサプリ「サイマックス」の事や、ワンコと一緒に水遊びできるスポット(道志、丹沢、宮が瀬エリア)などをひたすら語ってくれました。

「打つ手がない」けど、QOLを大事にしていてやって下さい、という先生の無言のメッセージに、有難くも少々ヘコミました。
家に帰って早速サイマックスは注文したけど・・・。

Naturumoutdoor_235519_2 病院の帰りに「アイバロ」でモンベルのドッグキャリーハーネスを試着してきました。

着せ方を習いながら、スタッフの方が言うには、
・一人で装着させるのはかなり困難で、二人で行うのが基本。
 協力的なワンちゃんなら可能だけど。(ジュラはだめ)
・単に抱っこされて移動する方がワンの体への負担がなく、数段、楽。
だそうです。
今後、購入を考えている方は参考にして下さい。

4903588224539大型犬用のカートにも試乗しましたが、タイヤの動きがスムーズじゃなかったり、そのままでも、折り畳んでも、置き場所に困る大きさだったり、難点がたくさん。

結局、何も購入できませんでした。
今はまだ緊急性はないけど、早くウマイ手を見つけたいです。

200885買い物の終わった時間は15時頃になっていて、お昼を食べてなかったので(Cさん、ごめんなさい)、駒沢のバワリーキッチンで一人とイッピキでごはん。

ほんの少し前まで運転に縁のなかった自分が、なんとか運転して、街中に駐車して、ジュラと二人でこんなお店にいる事が未だ不思議な気がします。

もっと早く運転ができていたら、もっといろんな所に連れていってあげれてたのに、という後悔と、それでも今、こんな時間を過ごせている、という焦りを含んだ慰めとが混じり合います。

ジュラはいつもと違う場所、でも来た事のある場所が嬉しくて、お店ではニコニコ、その後は駒沢公園まで引っ張っていかれました。

なんやかんやでブルーな気分の一日でしたが、夜になって、とっても元気がでる体験をしました。
気が付かないうちにささくれだっていた気持ちが、暖かくなって元気がでたよ。
これについては後日・・・。

免疫療法後のジュラは、お腹の調子も良く、食欲大魔王復活です。食べ物を前に顔を背けてた数週間前が嘘のようなガッツキでなんでも大喜びで食べています。
ただ、ポチの数は益々増えてしまってます・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/08/03

輸血後の一週間

リアンの元気意を貰ってからのジュラの一週間の体調です。

[体調]
熱は下がりました!
耳で計る家での計測では36度台です。でも口の中はまだ白っぽく、貧血がまだあるようです。
200883a リンパ部を冷やしてます。結構効くみたいです。

[お腹]
ユルいです、かなり。下痢のような頻度はなく一日一回。
下血があるようで、黒っぽいことがあります。甘ったるい血の臭い。悲しくなる臭いです(;_:)。

[食欲]
これは旺盛です!
お友達が送ってくれたウマウマやパウダーやサプリ類を加えた肉、魚、野菜をモリモリ食べてくれています。
食べられなくなっていたドライフードは昨晩、急にストッカーの所で「コレ、頂戴!」とせがまれ、あげたらペロリンと食べました。
大好きだったバナナなどの果物は、週の初めは顔を背けるようになってましたが、ここ数日はヨーグルトと混ぜるとウマウマ喜んで食べてます。。
200883b心配かけてしまって、お友達からたくさんウマウマを送ってもらっています。これ以前にもこれ以降にも・・・。ごめんなさい、本当に本当ありがとうございます。



[お散歩]
かなり辛い事態がおきてしまいました・・・。
マンションの階段を下りられない事が多くなりました
200883c 足がすくんでダメです・・・。


6月に出来た右前足肘の腫瘍が腫れて大きくなっていて、それがかなりの違和感を生み、衝撃を嫌がるようです。
わが家は2階で入り口側の端っこですが、マンションの端と端で高低差があり、1階上、3階に上って共有廊下を行けば、マンションの裏出口から道路に出られます。このコースをとれば階段を下りずにすみます。今のところはこれで外へ出ています。

かなり以前から、ジュラが動けなくなったらペットカートを購入しようと考えていましたが、いざ検討すると値段の事以上に、どれも非常に大きいのがネックです。
家の狭い玄関やエレベーターでの取り回しが困難。外に出るのにスロープなので引くタイプの橇式も危ない。

それで近々試しに行こうと思っているのが抱っこ紐(ドッグキャリーハーネス)です。
決してか細くはないけど、十分な筋力もない私にジュラが抱きかかえて歩けるか?
でも、何とかしなきゃいけないのです。

まだ上り階段は大丈夫ですし、外へ出られさえすれば散歩を楽しんでいてくれてるから!
200883d裏出口から出ると10秒で公園に行けます。今の季節、一番涼しい場所です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »