« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

オビ練②

ジューンとオビディエンス(服従訓練。略してオビ)を始めました。
その内容についてこれからちょこちょこ書いていこうと思います。
私達の練習内容は、最終的にアジリティを楽しむために必要な訓練に軸足が置かれています。
“家庭犬しつけ教室”というのとちょっとだけ違う部分もありますので、読んで下さる方はその辺りはご了解下さいませ。

さて。
3週間程前に、基本練習方法を奥さん先生から教わったのがオビ練の第1回目。先日、ダンナ様のK先生により2回目の指導を受けました。

メイのアジ練終了後にジューンの個人レッスンです。
車でギャン吠えしていたジューンは、フィールドに入るなり、私をグイグイ引っ張り、人にワンコに尻尾ブンブンで突進しまくり^^;。
初めてジューンの様子を見たK先生は・・・
「これは服従にかなり時間がかかりますよ」

と呆れ顔。まんま映画「マーリー」のワンシーンでした。
オビを卒業しないと、アジ練を始められません。
さて、半年かかるか?1年かかるか?

①まず私のチョークチェーンの使い方練習
上手に「シャラン!」と捌けないと、ワンコは首を絞められて苦しいだけで、何の合図にもなりません。
ハードルのウィングにチェーンをかけて引っ張り方の練習。

②遊び方練習
ロープのおもちゃでジューンと引っ張りっこ遊び。(好きなものであればなんでも)
(先生)
わざとジューンに引っ張り勝ちさせてあげる。
でもそれを持って離れた場所に行こうとしたら、リードを使ってすぐに呼び戻す。必ず自分の足元付近1m以内で遊ばせるようにする。
放させるのはいつでも教えられるので(ホントか?!)、おもちゃはジューンから取り上げない。
飼い主と離れずに遊ぶのが当然で、楽しい事であると覚えさせるのが目標。
(結果)
ここでジューンは遊び意欲があると初めて褒められる。「これを大事にしていきましょう」と。
※この辺が“しつけ教室”とは違う部分かもです。

③停座(私の横に座って次の指示を待つ)練習。(コマンド=ツイテ)
おやつをちらつかせると張り切って出来ます。

④脚足(私の左横に付いて歩く)の練習。(これもコマンド=ツイテ)
(先生)
地面の匂いをとったり他に気をとられたら、すかさず声とチョークで厳しく注意。
数歩でも私に集中して歩けたら、おやつをあげて大げさに褒める。
注意にしろ褒めるにしろ、一瞬のタイミングを逃さない事。
ジューンの引っ張る力に負けないために、チョークを入れる時はリードをこぶしを縦に重ねた形で持つ。
(結果)
ヒャッホージューンには大変な事なんです。
あっちゃこっちゃに気をとられ、私にも飛びついてきます。

でも何度か繰り返しているうちに、私のリード捌きも少しましになってきて、ジューンも集中する時間が長くなってきました。
ジューンは、私の左腿にぴったり付き、そうすると私の右の手から出てくるおやつが欲しくて、非常に被って歩きます。
メイにもジュラにも無かった希求性のある歩き方に、ちょっと(いや、かなり)嬉しい。
091126

⑤誘惑物に負けずに脚足を続ける練習
◆地面に置いたおもちゃ
◆先生ちのワンコ奈々ちゃん(7か月のボーダーコリー)
(先生)
絶対そっちに行ってはダメだという強く気合いを入れて声に出すと、必ずそれが声や態度に出てジューンに伝わります。
(結果)
1回目はおもちゃや奈々ちゃんの方に駆け寄ろうとしましたが、負けずにチョークをいれたら、そっちに引かれなくなりました。
練習の効果が割とすぐ出て驚き。

⑥停座(コマンド=ステイ)
座らせて待たせて、10mほど私が離れて、また戻って、ジューンの周りをぐるぐる。
ジューンは動いてはいけません。
なぜかこれはだけは得意。

オビ練の締めのお言葉
「人にも犬にも非常に懐いていて社会化は十分出来てますから(苦笑い)、これからは、人や犬に行かせない練習を徹底させて下さい」

ジューンの性格的にはかなり厳しい要求でーす。

⑦いよいよアジ練の第一歩
どんな時でもドッグウォークの下りのタッチゾーンを必ず踏むワンコになるための練習です。
ハードルを跳びだすのは、オビを卒業してからだから、ずっと先。

その前に先生に「フセ」を1回やらされました。
先生が笑いながら「早い!」と声をあげ、その時はそれがどういう意味を持つのかわかりませんでしたが、後に判明しました。

まずは先生からどういった形を目標にして、どんなタッチ練習を行うつもりか、そのやり方に私が納得するかの説明と話し合いです。

後ろ足2本はDWの上、前足は地面の「ツーオン・ツーオフ」の形がとれるように、リードとおやつで誘導して停止位置を覚えさせます。
091126b

その時の体の形は「フセ」にするか?
先生が大いに迷って、立ったままの姿勢でいく事に決定。

低い姿勢でターゲットににじり寄るのが特徴のボーダーコリーだったら迷わず「フセ」だけど、他の大型犬は立ったままの姿勢の方が体に合っている。しかしジューンは「フセ(ダウン)」するスピードがかなり早いので、「フセ」でもいけるかもしれない。でもやっぱり・・
これが最初の「フセ」スピードを見て出た迷いだそうです。

この練習ではとにかく褒めて褒めて褒めまくる。

失敗しても絶対怒らないし(失敗させないように誘導するのが私の練習)、落胆した態度をとってもダメ。
タッチゾーンのこの場所でこの姿勢をとるのが大好きなワンコに育てるのが目標だから。
でも今の時点のジューンはなにがなにやらわからず「おやつおやつ~♪」と私の手をカプカプしてくるばかりです。

先は長いぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/11/25

破壊された~

「チッコシートビリビリ以外は物を壊さないジューン」と以前ここに書いた気がしますが、あえなく撤回です。

連続でやってくれました。

①ケータイやられた!
全体に細かくガジガジ模様を掘り込みまくり、最後には二つ折りになってたのを開けて、真ん中の決定ボタンとメールボタンの2箇所の表面メタルを剥がしやがった。
Keitai2 Keitai11

とりあえず電源は入るし、データも無事だったけど、ボタン操作、カメラは不可能な状態。
docomoの保障サービスに入っていたので、4700円で、同一モデルと交換します。

②カバナクレートのファスナーを破壊。
ジュラが長年使ってきて、無傷のままジューンに引き継いだ、折り畳み式のメッシュクレートです。

ファスナーの小さなギザギザの山のひとつを噛み噛みして壊してしまったためにファスナーがそこから動かなくなっちゃって、もう使い物になりません。
せこい破壊の割に被害は大きいです。カバナはもう発売中止になってるみたいだし・・・。

③リード
待たせたりで暇を持て余すとすぐに、ガジガジガジガジ・・・。
すでに4本やられてます。
お高い皮リードなんて怖くてとても使えません。

フリンジの出来たリードを写真に撮っていたら、本犬がすました顔で邪魔しに来た。
Read

証拠写真がないのでいまいち説得力がないのが残念ですが、メイ幼少期の派手な破壊被害から比べれば、こんなジュンジュンのいたずらは全然甘いんですけどね。
ジューンはまだ羽毛も舞わせてないし、壁に穴もあけてないし、靴もかばんも壊してないし、財布を破壊してお札を齧ったりもしてないし。

メイでさえ破壊活動が終わる日がきたんだから、いつかジューンも・・・多分ね。
それまでにどれだけ瓦礫の山が築かれるかは予測つきませんが。

そのメイさんは、もう昔の狼藉はすっかり忘れたらしい。
091123a
もう、あんまり余計な体力は使わないの。
091123b_2
今はこうしてるだけでシアワセなの。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/11/23

ワンワン旅行2009

年末恒例、ワンワンアジ仲間との旅行です。
いよいよ長い付き合いになってきてます。しみじみです。

今年の幹事はアップル家。
富士見高原のペンション「ジョナサン」を取ってくれました。

参加メンバー
O家 ローズ(ゴールデン・レトリーバー)
   ベティーナ(ビズラ)
   ※ロッソ(スタンプー)はお留守番
K家 ジャム(マリノア)
   パン(マリノア)
   カフェ(マリノア)
   ※アップル(ラブラドールレトリーバー)はお留守番
N家 ステラ(イングリッシュ・コッカー)
   ルナ(イングリッシュ・コッカー)
   ポワン(ボーダー・コリー)
N家 ルル(ジャックラッセル・テリア)
   アンナ((ジャックラッセル・テリア)
   エボニー(オーストラリアン・ケルピー)
T家 シバちゃん(MIX)
   アイリーン(オーストラリアン・ケルピー)
   シリウス(オーストラリアン・ケルピー)
   ※アクセルがお星様に。。。
うち メイ(コーギー)
   ジューン(フラットコーテッドレトリーバー)

普段宿泊するのはダックスとかチワワが多いという宿のご主人、名前も初めて聞く犬種がいるわ、みんな多頭飼いだわ、今までにないグループにびっくり。

P1040634
うち以外のみんなは、松本で開かれたJKCの大会帰りです。
食事の後の談話室に酒の持ち込みの了解をいただいて、カンパーイ♪
ワンコはさすがに入りきれません。メイジューン以外はお部屋や車の中に待機。

P1040641
高原の夜は冷え込みました。夜は星がすごくきれいだった。
5時頃に目が覚めたワンコに叩き起こされて、夜明け前の星空を眺める羽目になったのは私以外にも何人か・・・。

P1040642
宿の前で、記念撮影なり。

P1040646
宿で教えてもらった大草原でワンコ放牧です。
ペンション街からほんの1kmほどしか離れてないのに、穴場の場所です。

P1040645
ジュンジュン、ポワン兄ちゃんにソッコーで駆け寄る。

P1040649
ジューンはとうとう、ポワンの大きさを抜きました。
でも、まだポワンの方が少し強い。ジューンはひっくり返されるけど、それがまた嬉しくてたまらんようです。

P1040643
あら、ちょっと危ない感じに見えるショットだわ。全然そんなじゃないけど。

今回、みんなの前にデビューしたのは、K家3頭目のマリノア、その名は「Cafe(カフェ)君!!!。

P1040652
可愛いなんてもんじゃない。

P1040654
頭の中身はまだ一緒のジューンが傍から離れませんよ。

P1040655
姉ちゃん達にも上手に挨拶して、ホントにホントに可愛いったらありゃしない。

P1040661
兄さんのJAMみたいに、優しくてかっこいい男子に育って欲しいな。
決してジューンを見て育たないように。

P1040663
ワンコもバテバテになった所で、昼ごはんの場所に移動!
清里の中村農場にオープン前に到着して、無事1順目に入店。
みんな売店でたくさん買い物もして、私のスタンプカードに押してもらってくれたもんだから、あっという間に満杯、3冊目突入しちゃったよ。ありがとうございました。
(次回の宴会に買ってくるように言い渡されました)

P1040666
初めて食べましたが、このプリンもかなり絶品です。

P1040668
紅葉がきれいだった八ヶ岳。双葉PAでもこんな感じに鮮やかでした。
この時期はかなりいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/18

ジューンの関節チェックとメイのがん検診

ジューンと一緒にアジを楽しみたいというのが迎えた時からの願いだけど、それには股関節疾患等がない事が大前提だと、検査のタイミングを見計らってました。

全身麻酔が必要だし、どうせならその時去勢手術もやってしまいたいし、でも、ジューンはどうも成長速度が遅いし、生後10カ月くらいになってからがいいよ、とのアドバイスも友人から受けていたので、1月位に検査かな?と考えてました。

わかっちゃいるけど、「激しい運動は出来ない足だよ、アジなんてとんでもない」って言われたら実際辛いだろうな、と思いつつ。

そんな折、ジューンのブリーダーさんから、「ジューンの前足はやけに外側に開いているし、足首もなんとなくグラグラしている。もしかして肩が悪いのかもしれないので非常に心配なの」との連絡があり、1月なんて言わず、一日も早く診断を受けよう!と勧められました。

それで昨日、ブリーダーさんが車をビューンと飛ばしてやってきてくれて、紹介してもらった世田谷のK病院に一緒に行ってきました。
ここはペンヒップの認定獣医師がいるし、無麻酔でレントゲンを撮ってくれるという大きな魅力があります。院長は、フラットのブリーディングをやってらした方です。(これで、フラット飼いの人にはどこかわかるはず)

実はこの病院は、メイ幼少の時の主治医だったんです。
ご縁があります。

091117a_2
ちょっと外側向いているでしょ、前足。
↓の記事のふじさんメッセの集合写真とかの方がよくわかります。

A先生がまずは全身の関節を触診しました。
特に痛がるところ、動きが変な所はなさそうだとの事。

はぁ~とりあえず少し安心。

続いてより詳しく診てもらうためにレントゲンを撮りました。

091117b_3
①股関節
骨盤のくぼみに大腿骨の頭がきれいに全部収まっています。

091117e
②肩でいいのか?この写真は?
でも、全く問題無し。

091117c_3 ③肘関節も形成不全など無し。

091117d_2
④前足、指、手首に異常なし。

とりあえず疾患の先天的素因は無い事が確認できました!
足首がグラグラして見えるのは「まだ子犬で柔らかいから」であるようです。

肩が弱いとか、股関節のはまり方が浅いとか、なにがしかの注意事項が少しはあるだろうという気持ちで臨んでいたのに、検査結果が良すぎるぐらい良くて信じられないほど。

それにしても無麻酔で、こんな鮮明な画像が撮れるって凄くないですか?
決して大人しいとは言えないジューンをじっとさせて撮影した病院スタッフの力はほんとに凄い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

股関節疾患と関係する話ですが、こんな記事を発見しました。
「パピーにはお腹いっぱい食べさせなきゃダメだと聞いていたのに、逆にあげすぎちゃダメという人もいるの。どっちかしら?」と迷っている方(私がだけど)、読んでみて下さい。

■股関節形成不全と食事との関係
以前は、特に大型犬の場合、体が急に大きくなるのだから、栄養価の高い高カロリ食をどんどん食べさせ、なおかつカルシウム不足にならないように、薬品の形でカルシウムを添加するということが行なわれていたこともあるようです。
      
大型犬だからといって、カルシウムを与えすぎると、かえって骨の成長によくありません。現在のフードには、十分にカルシウムが含まれていると思ってください。
      
カロリーを与えすぎるのもいけません。動物が肥満していると、股関節形成不全が発症しやすくなったり、悪化が早まります。栄養をたくさんつけることが予防になると思うかもしれませんが、かえって逆効果なのです。また、何らかの薬や食物によって、股関節形成不全を予防できるという報告は現在のところありません。
      
ある研究によると、原因の30%くらいは栄養と運動に関係しているとの報告もあります。また、別の研究によると、同じ親から生まれても、生後8週間目より食事制限をした仔犬は、自由に食べさせた仔犬より、その発生がずっと低く抑えられたとの報告もあります。現代の栄養の問題は、不足よりも過剰の方がずっと多くの問題を引き起こしているようです。(日本ベェツグループHPより)

また、「子犬の頃に太らせないで」なんてページもあります。

子犬の頃はたっぷり栄養を与える必要はあるけど、結局、何事も過ぎるのは良くないって事ですね。体を触って、肋骨にうっすらと肉が感じる程度がよくて、「フードの給与量指示に沿って、運動量に応じてその2割増しくらいまでが適当」ってのが妥当な感じのようです。

ジューンは先日、獣医さんに「もうちょっと太らせてもいいよ」と言われて以来ご飯の量を増やしていたら、肋骨周りに肉がかなりついてきて^^;、増量はもうオシマイかな?って思ってます。

メイは先々週、年1回恒例にしているがん検診を受け、結果が出ました。
人間の腫瘍マーカーを利用した血液検査で悪性腫瘍の有無を調べるというものです。
結果は陰性、癌はなし。今年も無事クリア出来ました。

でも、血液検査に気になる箇所があると先生から言われました。
腎臓の値(BUN、尿素窒素)が標準値(9.2~29.2)の中に入っているけど、春(15.6)より上がっている(24.2)のが嫌だと言うんです。
何か生活に変化があったかと。

先生は原因として、手作り食が鶏肉に偏ってないか? って言うんですが、それはありません。

私がネットで調べたら、加齢も素因のひとつにあるし、ストレスも原因としてあると書いてありました。
春以降に変わった事と言えば、
そりゃあ、なによりジューンが来た事だわ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/15

天気良かったね

091115aすごくいい天気の日曜日。

なのに今、うちのマンションは大規模修繕中で足場&シートに覆われて家の中は真っ暗。
12月までこのまんま。先週までは窓自体もビニールシートに覆われていて、よりひどい穴倉生活でした。

洗濯物も干せません。ベランダの物を家の中に入れておかなければならないので家の中も悲惨。


こんな時だからこそで、珍しく自分ケアにお出かけしました。

091115b_2すぐ二枚爪になるんでネイルには疎遠だった私が、この夏前からはまっているジェルネイル。
1ヶ月びくともしないで、伸びすぎて気持ち悪くてカット&塗り直しにいってます。

私は爪がデカイ。この爪でも裏から見ると肉ギリギリに切ってます。
職場柄、派手には出来ないので、いつも大人しい色のグラデです。今日は、白のグラデフレンチに薬指だけ、スノーマークを乗せました。

週末に遊びに出かけられなかった理由があります。
腰にできた“粉瘤腫”というニキビの親玉にようなのもを、切開手術しました。本当に簡単で、手術室に入ってから麻酔して切開、縫合まで全15分、何が痛いかって、弱い部分麻酔をチクチク刺しながら、麻酔が効いているか確認する課程が一番痛かった~。

普通のモノより化膿して大きくなってしまっていたんで、切開して縫ったのは8針。
術後はそうは言ってもどんなに痛いかと覚悟してたのに、傷口も全く痛くなく拍子抜けだよん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/14

オン・ザ・シート

シートはビリビリにするもんじゃないの?

091114a
なんでベッドにしてるの?

・・・
091114b
メイさんまで。

ワイドシート1枚はジュンジュン仕様の金網。
もう1枚はメイさん仕様の金網なし。
シートが好きなのか?
枠に沿って寝るのが好きなのか?

半日経って、また、こんな。
091114c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/11

ふじさんメッセ②

アジ競技会2日目ではあるけど、日曜日のメインはアジではなく、メイの応援に来てくれるというジューンの兄弟達との再会でした。

みんな遠い中駆けつけてくれて、ジューンの男兄弟4匹が全員集合しました。
P1040461
(エルフが切れてた、ごめんなさい

兄弟達を産んでくれたカーラママが、みんなに声をかけてくれて叶った再会です。P1040438
P1040477

エンゾとは、互いの姿を確認するなり駆け寄って、そのまま取っ組み合いに突入。
P1040446
すんごいお顔で嬉しいガウガウバトル。

兄弟のみんなです!
P1040470a P1040474a P1040480a
パパ似のグースが一番大きくて25kg。エルフとエンゾは20㎏、やっぱりジューンが一番細っこかった。

パピパピ時代以来、久しぶりに会ったのがエルフです。
妖精というその名前がぴったりで、その命名に大きく頷いていた小柄で童顔のエルフが、大きくなって大人顔になっていました。
当たり前なのにそのギャップにすごく驚き^m^。華奢なエルフママが、腕の筋肉を盛りあげてエルフのリードを握り締めてる姿に何故か感動しました。

グーちゃんは、ママと得意技を披露。
P1040486
P1040488
美男美女なのに、しゃべるとお笑い系のグース家から聞いたこの技の完成秘話は笑った!

エンゾパパが、集合写真で整列させながら「みんな!気づいてないと思うけど、今、奇跡が起きてるんだぞ!」って叫んだのも笑えた!

楽しい時間を一緒に過ごせて、みなさんに本当に感謝です。

えと、エルフママ、「ジューンは最近はウンPを食べなくなった」と言いましたが、それは間違いでした。
昨日、私が玄関に置き忘れたお散歩バッグから引っ張り出して・・・食いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふじさんメッセ①

11月7、8の二日間、富士市の「ふじさんメッセ」で「富士山ペットフェスタ2009」がありました。
屋内会場ではたくさんのワンコ関連SHOPの出展やステージイベントがあり、屋外ではアジリティ大会。アジをたくさんの人に見てもらおうという企画です。

そこにメイと出てきました。
土曜日は3度クラスに、日曜日はシニアクラスに出場です。

P1040417

JKCの大会が目白押しのこの時期なので、思った以上に参加頭数が少なく、非常にゆる~い雰囲気。

P1040422

091107a
2日間とも11月とは思えない夏日。
イベント建物の前は食べ物屋さんブースが並び、その前の芝生広場でアジ大会、コンパクトにまとまっていて便利この上なかったです。
食べ物ブースでは、「富士宮やきそば」や「つけスパ」のB級グルメや、朝霧高原のアイスクリームなどなど、ご当地名物ラインナップが充実~。
土曜日はそうでもなかったけど、日曜日はすごい人出でした。
関係者の心のこもったイベントだったので、成功に終わってくれてたら嬉しいです。

久々の競技会に、メイはもう大張りきりで超ハイテンション。
基本的に、競技会場の雰囲気がすごく好きなんだと思います。

前のめりな走りで、内容は2日間6走、全てスラロームのエントリーをはずすという失態でした。
1日目が終わった時点でタンから「もっと丁寧に誘導しろ!」と私は怒鳴られ、2日目はこれでもかと丁寧に誘導しても、スラに入れなかった・・・タンもさすがにアングリだったけど。

1度時代は本当にこれが多かった。
スラはテキトーにこなして前へ前へ行きたいメイは、何度やり直させても正しくエントリー出来ない事が。

いくら年を重ねてベテランになっても、ユルくなるとすぐに地がでます。
でも、今回は楽しい余生アジが目標の出陳なんで、全部が笑い話です。

良かったよ~。私自身のコース取りのミス連発でたくさん拒絶は取られちゃったけど、ダブルバーも飛べたし、タッチもかなり駆け抜けたのに、全く飛ばなかった。
2日間走っても、足腰ピンピンしてたし。
もうちょっと競技会に出てみてもいいかも?なんて欲が出てきました。

ここで御礼&オメデトーー!
タープ下にご一緒頂いた165さん、土曜日のシニアクラスでマメちゃんと総合一席です。
マメちゃんは、この日13歳の誕生日でした。メイも後を付いていきますよ~。
P1040425_2
日曜日夕方、疲れてしまったタンにせかされて成績発表の前に会場を後にしてしまいました。まさか入賞してるって思わなかったから。
そしたらそのまさかで3位だったそうで、ご近所に住むルナ家が、賞品を預かって来てくれました。
ルナちゃんも1度総合3席だったって!!オメデトー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日の泊まりは車で10分程のビジネスホテル「比佐志」にin。
メイジューンは車中泊。

到着後まず散歩
 ↓
ワンの夕食を食べて軽く散歩
 ↓
私たちがご飯を終わってから、ちょっと長めの散歩
 ↓
私たちが寝る前に、最後のチッコ散歩

車のカバナの中で、ジューンがおもらししないか不安で、こんな風に何度も連れ出したら、さすがに疲れた二匹共、グズる事もなく朝まで静かに爆睡してくれました。

食事は、良さげな所がわからなかったのと宿に併設されてる食事処が自慢のようだったので、ホテル内に併設されてる割烹っぽいお店でコースを頼んでみました。
地のものイロイロ、結構美味しいのに、宿代も食事代も安くて、お得感いっぱいだったよ。
091107b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/03

ポワン兄ちゃんと遊ぶ

11月1日(日)
一ヶ月半ぶりになる沼津でのアジ練で、ジューンはポワン兄ちゃんに再会しました。

ポワンは1歳になったばかり、体重はほぼ2頭一緒で17kg、体高はジューンがちょっと高くなりました。

ポワンの後を付いて回っていただけの前回から、今回は2頭で追いかけっこして、プロレス遊びをする対等な関係にジューンが成長してました。

091101b
二頭を放した瞬間から、一日中、見てる方が呆れるほど飽きずにくっついて遊び続けました。
とにかくお互いが大好きらしい。

091101c
まだ筋力が無いジューンがたいてい倒され、そんな時ジューンは下からカプカプ攻撃を繰り出すんだけど、ポワンが上手にかわして、決して喧嘩になりません。
波長がバッチリだし、ポワンはたくさんの事をジューンに教えてくれてるんだろなぁ。

時々、ジューンが一息入れようと「ちょっとタンマ!」って感じでバスタブプールにクールダウンに行くと、ポワンも一緒に付いて行って、ジューンの数十秒の充電が終わるまでピッタリ側で待ってくれます。
その光景もまた微笑ましかった。

091101a
いつかはポワンとロッソとジューンの男子3匹で、アジのチーム戦に出ようね!ってママ達は言ってるよ。

ポワンがいて、ビブリではジーク兄ちゃんがいて、ご近所&n.ではユウタ兄ちゃん(これもボーダー)がいて、ジューンは本当にいいワンコに囲まれて成長させて貰っています。
来週は兄弟達とママに会える予定なので、また楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »