« 天気良かったね | トップページ | ワンワン旅行2009 »

2009/11/18

ジューンの関節チェックとメイのがん検診

ジューンと一緒にアジを楽しみたいというのが迎えた時からの願いだけど、それには股関節疾患等がない事が大前提だと、検査のタイミングを見計らってました。

全身麻酔が必要だし、どうせならその時去勢手術もやってしまいたいし、でも、ジューンはどうも成長速度が遅いし、生後10カ月くらいになってからがいいよ、とのアドバイスも友人から受けていたので、1月位に検査かな?と考えてました。

わかっちゃいるけど、「激しい運動は出来ない足だよ、アジなんてとんでもない」って言われたら実際辛いだろうな、と思いつつ。

そんな折、ジューンのブリーダーさんから、「ジューンの前足はやけに外側に開いているし、足首もなんとなくグラグラしている。もしかして肩が悪いのかもしれないので非常に心配なの」との連絡があり、1月なんて言わず、一日も早く診断を受けよう!と勧められました。

それで昨日、ブリーダーさんが車をビューンと飛ばしてやってきてくれて、紹介してもらった世田谷のK病院に一緒に行ってきました。
ここはペンヒップの認定獣医師がいるし、無麻酔でレントゲンを撮ってくれるという大きな魅力があります。院長は、フラットのブリーディングをやってらした方です。(これで、フラット飼いの人にはどこかわかるはず)

実はこの病院は、メイ幼少の時の主治医だったんです。
ご縁があります。

091117a_2
ちょっと外側向いているでしょ、前足。
↓の記事のふじさんメッセの集合写真とかの方がよくわかります。

A先生がまずは全身の関節を触診しました。
特に痛がるところ、動きが変な所はなさそうだとの事。

はぁ~とりあえず少し安心。

続いてより詳しく診てもらうためにレントゲンを撮りました。

091117b_3
①股関節
骨盤のくぼみに大腿骨の頭がきれいに全部収まっています。

091117e
②肩でいいのか?この写真は?
でも、全く問題無し。

091117c_3 ③肘関節も形成不全など無し。

091117d_2
④前足、指、手首に異常なし。

とりあえず疾患の先天的素因は無い事が確認できました!
足首がグラグラして見えるのは「まだ子犬で柔らかいから」であるようです。

肩が弱いとか、股関節のはまり方が浅いとか、なにがしかの注意事項が少しはあるだろうという気持ちで臨んでいたのに、検査結果が良すぎるぐらい良くて信じられないほど。

それにしても無麻酔で、こんな鮮明な画像が撮れるって凄くないですか?
決して大人しいとは言えないジューンをじっとさせて撮影した病院スタッフの力はほんとに凄い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

股関節疾患と関係する話ですが、こんな記事を発見しました。
「パピーにはお腹いっぱい食べさせなきゃダメだと聞いていたのに、逆にあげすぎちゃダメという人もいるの。どっちかしら?」と迷っている方(私がだけど)、読んでみて下さい。

■股関節形成不全と食事との関係
以前は、特に大型犬の場合、体が急に大きくなるのだから、栄養価の高い高カロリ食をどんどん食べさせ、なおかつカルシウム不足にならないように、薬品の形でカルシウムを添加するということが行なわれていたこともあるようです。
      
大型犬だからといって、カルシウムを与えすぎると、かえって骨の成長によくありません。現在のフードには、十分にカルシウムが含まれていると思ってください。
      
カロリーを与えすぎるのもいけません。動物が肥満していると、股関節形成不全が発症しやすくなったり、悪化が早まります。栄養をたくさんつけることが予防になると思うかもしれませんが、かえって逆効果なのです。また、何らかの薬や食物によって、股関節形成不全を予防できるという報告は現在のところありません。
      
ある研究によると、原因の30%くらいは栄養と運動に関係しているとの報告もあります。また、別の研究によると、同じ親から生まれても、生後8週間目より食事制限をした仔犬は、自由に食べさせた仔犬より、その発生がずっと低く抑えられたとの報告もあります。現代の栄養の問題は、不足よりも過剰の方がずっと多くの問題を引き起こしているようです。(日本ベェツグループHPより)

また、「子犬の頃に太らせないで」なんてページもあります。

子犬の頃はたっぷり栄養を与える必要はあるけど、結局、何事も過ぎるのは良くないって事ですね。体を触って、肋骨にうっすらと肉が感じる程度がよくて、「フードの給与量指示に沿って、運動量に応じてその2割増しくらいまでが適当」ってのが妥当な感じのようです。

ジューンは先日、獣医さんに「もうちょっと太らせてもいいよ」と言われて以来ご飯の量を増やしていたら、肋骨周りに肉がかなりついてきて^^;、増量はもうオシマイかな?って思ってます。

メイは先々週、年1回恒例にしているがん検診を受け、結果が出ました。
人間の腫瘍マーカーを利用した血液検査で悪性腫瘍の有無を調べるというものです。
結果は陰性、癌はなし。今年も無事クリア出来ました。

でも、血液検査に気になる箇所があると先生から言われました。
腎臓の値(BUN、尿素窒素)が標準値(9.2~29.2)の中に入っているけど、春(15.6)より上がっている(24.2)のが嫌だと言うんです。
何か生活に変化があったかと。

先生は原因として、手作り食が鶏肉に偏ってないか? って言うんですが、それはありません。

私がネットで調べたら、加齢も素因のひとつにあるし、ストレスも原因としてあると書いてありました。
春以降に変わった事と言えば、
そりゃあ、なによりジューンが来た事だわ!

|

« 天気良かったね | トップページ | ワンワン旅行2009 »

コメント

メイちゃん、ジューンくん健診結果が良くて
良かったね。
なんて綺麗なレントゲン写真・・・
エンゾも足が気になるから、撮ってもらいたいわ

股関節形成不全と食事の関係、勉強になりました!

最近のエンゾは、コタツの中で丸くなっています。
寒いので、バリケン用のふかふかのクッションを
買ったのに、その日に破壊してくれました。

投稿: ワカママ | 2009/11/20 12:59

★ワカママさん♪
一度撮っておくと安心なのは確か~。
麻酔をかけずに撮れるのはすごくいいから、なんかのついでがあったら、ここで撮っても、だよん。
ついでを作って、遊びに来てくださーい。

コタツが♪そりゃあ、ワンコはたまらないでしょう。
ジュンジュンの破壊は、今はリード噛み噛みがひどいです(-_-;)。力が強くなってきた・・・。

投稿: メイジュラママ | 2009/11/20 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジューンの関節チェックとメイのがん検診:

« 天気良かったね | トップページ | ワンワン旅行2009 »