« オビ練⑦⑧そして仮卒業 | トップページ | さっそく2回目の練習 »

2010/02/22

ジュンジュンのアジ始め

今日は、初めてジューンがアジ練をする日です。
タンもメイも、一家揃ってガヤガヤと行く事に。

100221_2
ウヒャってアジにならないんじゃないか?たぶん。

初めての初級クラスは拍子抜けするほど知り合いさんばかり^^;。
みんな2頭目、3頭目のベテランさん達じゃないですか。

まずはタッチ練習。
100221a

100221aa
先生のお手本。DWの先端でツーオンツーオフの形ができると、おやつが貰えるの。

そして、初めてのハードル。高さは35㎝、またげる高さ。
100221b
昔は確か、リードを付けてオモチャを見せながら並走してハードルを飛ばせた記憶が・・・。でも、いきなりリードをはずして、ジューンだけをバーに向かわせるそうなんです。

まずはハードルの前に連れて行きカラーを掴んで制御、私がハードルの奥にボールを投げます。
「ホップ!」って言ってボールを取りに向かわせます。

ジューン、まっすぐバーを跳んだ~!
ハードルを避けて、横を回り込んで取りに行くに違いないと思っていたけど、やはり物怖じしないヤツだった。
ボーダーさん達のようにきれいな走りじゃなくて、タテ乗りのウヒョヒョ~ン跳び。
でも段々2本、3本と距離が伸びていくにつれスマートな走りが出来るようになるといいなぁ。

この後はまた初めて体験するスラローム練習。
2列に分けたポールの間を、ジューンに先に行かせて、ゴール地点に置いたおやつに向かわせます。私は後ろでリードをピンと張って横に逸れないようにコントロール。

ジューン、横に逸れる事無く、狭いポールの間を縫っておやつにまっしぐら。
エントリーに何の抵抗なしです。

段々2列の幅を狭くして、25㎝位の幅に。私はもうポールの外、ジューンの斜め後ろに付きます。
ほとんど逸脱せずに、この幅では、体をくねらせながら、ポールの間を進みました。すでにスラの形になっていました
これを1本にしていくための長い道のりの第1歩ね。

ジュンジュン、今日はこれからアジを楽しんでいく第一歩としては、十分すぎる出来でした。
見ていたタンいわく、何より楽しそうにハードルを跳んでいたと。

先生には「ニョロニョロ君」って言われたね。クネクネクネクネいつも嬉しくてお尻を振ってるから。
これから楽しくアジをやって行こう!

|

« オビ練⑦⑧そして仮卒業 | トップページ | さっそく2回目の練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/47628665

この記事へのトラックバック一覧です: ジュンジュンのアジ始め:

« オビ練⑦⑧そして仮卒業 | トップページ | さっそく2回目の練習 »