« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/29

もう大丈夫。あとはお腹。

ここに書くことが泣きごとばかりが続いて、友人たちには随分心配をかけてしまいました。ごめんなさい。
でも、日々はジューンと一緒にいることで結構賑やかに過ごしています。いつも「バカボン」とか「オツムがちょっと足りない」とか言ってるけど、すごく感謝してます。
なんとジューンはこの所、悪戯しなくなったんですよ。

メイ姉さん似で、ちょっと痛い気がしただけで大袈裟に騒ぐのがジューンです。
ジュラ兄さんは、かなり痛くても「痛い」って言わない(言い損なってた、とも言える)我慢強いタイプだったのに。

100928j

病院大好きなメイジュラと違って、診察室に入るとビビりまくるジューンには試練なのですが、一歳を過ぎた頃から、ちょっと病院通いが多くなりました。

バカなものを食べちゃったり、目が赤くなって目やにがでたり(これも眼球の傷じゃなくて、目のまわりのアレルギーかもしれない)、かぶれたり。

100928j2

もうひとつ、この所ずっと気になっていたのが長く続いている軟便で、このために何度も病院に行くことになりました。
下痢ではないのですが、量も多く、食べたものがちゃんと体に吸収されてないのがわかります。

猛暑によるものなのか、ストレスか、ちょうど、メイが旅立った直後から始まりました。

①お腹の薬(病院で処方されたものも市販の消化剤も) ⇒ 効かず
②食事をお腹に優しい食材にした ⇒ 朝はドライフードで、夜はおじや、葛なんかを中心にしてたら、痩せすぎて22キロ台になってしまった・・・。
③血液検査をしてみた ⇒ 全く異常なし
④エコー検査をしてみた  ⇒ 怪しい箇所は見当たらず
⑤そして、獣医さんに「一度試してみて下さい」と言われて始めたのが処方食。

100921wこれです。

消化・吸収不良の状態にある犬でも、栄養が容易に吸収されるというもの。原材料はトウモロコシ、米、全卵、トリ肉、コーングルテンミール、動物性油脂、大豆繊維、ミネラル類、ビタミン類。

トウモロコシがメイン食材?
と非常に抵抗があったのですが、試してみたら効果てきめんでした。

ちょうど急に涼しくなってきた事が重なったので、特に効果あったのかも。

↓のアレルギー騒ぎの日は、足が痛くて踏ん張れないので、丸一日ウンPがでなくて、出た時はカチカチになっていました。

ずっとこの処方食を続けたいとは思わないし、少しずつ他のものを混ぜながら試行錯誤していきたいと思います。本人の食欲はずっと超・旺盛で、何を食べてもウマウマです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/27

ジューン痛い痛い

月曜日にお休みを取って土曜日からキャンプに行って来ました。
久しぶりにビブリじゃない所です。

そこでジューンが足を痛くしちゃいました。

2日目の夕方から、急に足の指をを舐め始めました。

足を見ようとすると非常に痛がり、嫌がります。
砂利サイトだったり、ドッグランで飛びまわったりしたので、それが原因でパットを擦りむいたのかな?と思っていたのですが、赤ムケしたはしていません。

そして歩けなくなってしまいました。チッコをさせようと抱きかかえて寝ころんでいた椅子から地面に降ろすと、その場で固まって動けません。右前足を地面に着けられないのです。

マットとシュラフでフカフカの車中で横になっている分には痛みはないようで、夜中の間はグースカと良く寝ました。

そして朝には車から頑として降りなくなりました。ジューンはドヨヨンです。
大雨の中を急いで撤収して、病院に行きました。捻挫しちゃったのかなぁ、と思いつつ。

病院に着いてバリケンを開けると、ジューンはヘソ天で爆睡中^^;。
また頑として降りたがらないのを抱っこして院内へ。

先生と助手さんと私の3人でがっちり抱きかかえながら調べて貰いました。
ジューンは逃げようと暴れるから大変なのだ。

パット自体に傷はないのですが、肉球を開くと、ひどくただれて、小さな水泡のようなものも幾つもできています。
裂傷系ではなく、どうも何かにかぶれたのではないか?とのこと。
何かによるアレルギー反応らしいんです。

前にビブリの西の川で泳いだ後に、お腹にポツポツ出来た事もあったし、自然の中の何かがジューンにアレルギーを起こさせる事があるようなんです。
今回も川で遊んだし(名水の川という綺麗な水の川)、でもお友達のブログで見た事があるのですが、腐葉土とかが原因かも?毎回起きる訳ではないので、なんとも言えないのですが。

薬で洗浄し、クッション包帯やなんかでグルグル巻きにして、靴下を履いて帰宅。消炎剤と抗生物質を飲みます。

まだ足を着くのは痛がってびっこをひきますが、食欲は旺盛でずいぶん元気になりました。
アレルギー検査すると何かわかるんでしょうか?
わかったところで回避するのは難しいですよね、と先生は苦笑いなんですが。
川遊びの後とかは、よく清水でパットの奥まで洗浄すれば予防できるのかしら?

100927
ご飯を用意する気配でハウスに飛び込んだジューン。
白いのがグルグル巻きの右前足です。
前足を縁にかけるいつものポーズでご飯待ち。
エリカラ付けても、全く意に介さないのはありがたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/09/23

四十九日も過ぎました

メイが旅立って、四十九日の節目の日も過ぎました。
今日まで私達を気遣ってきてくれた友人達に、改めて御礼申し上げます。
この日を覚えていてくれて、花やメールを送ってくれたり、家に来てくれた友人に深く感謝します。


100820

メイのいない家の中の空気は、メイがいなくなる前までと何も変わっていない気がします。
外ではハッチャキのメイでしたが、家の中ではいつもとても静かで、私が暇そうな時だけ「遊びなさいよ!」とぬいぐるみを咥えて来て私に押し付けるけど、大抵はドッグベッドとソファーを行き来したり、私やタンの座る椅子の足元でまったり過ごしていました。
空気のような存在・・・一緒にいるのが当たり前だった日々。

いない感じがしないのは、やっぱりまだ傍にいれくれてるのかな?
とうより、今私達が残されている家を作り上げたのがメイだから、家の全てがメイなのかもしれないね。

元気な姿のままで、急にみんなの前から姿を消してしまったから、まだメイが旅立ってしまった事が信じられないとよく言われます。
昨日、ジューンのアジ練に行った時、先生が「この後、メイ(の練習)は?」って思わず口走っちゃったり。
私自身もまだ、最後に抱きしめた日の現実と、メイが居るのが当たり前だった日々の間を行ったり来たり。

いつも思うのは、私は本当にメイに頼りっぱなしだったなぁ、という事。
何でもわかっていて、何でも判断してくれて、要求がある時はしっかりはっきり口に出してくれてるから、安心して任せっぱなしでした。

メイの上にどっぷり胡坐をかかせてもらっていました。
なのにね、こっちはメイの小さな体ひとつ守ってあげられなかった。メイにもコントロール出来ない大きな壁を前にしたあの時に救ってあげられなかった。

本当にごめんね、メイ。
でもこれからも一緒だよね、メイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/08

週末は

9/1に、メイの一回目の月命日が静かに過ぎていったことを受けて、週末の出来事などを簡単に。

8/29日の日曜は、日帰りで本栖湖に行ってきました。ジューンの兄弟、エンゾとグースが一緒で、以前もご一緒していただいた、Sさんが、カヌーを持ってきてくれました。

さて、立派なカヌー犬になれたでしょうか。そんな訳あ~りません。
3兄弟ともにカヌーの上より、水の中がいいようで、すぐに飛び降りてひたすら泳ぐ、泳ぐ。
最後には、カヌーは3兄弟をつないで置く係留ポイントと化していました。残念。

でも、たっぷりと泳いだね、夏休み最後の日曜日だったこの日、本栖湖をはじめ、富士五湖周辺は半端なく、混んでいました。帰りがけに山中湖K’ポイントに立ち寄りましたが、本栖湖から1時間半以上かかりました。東名も御殿場と大井松田の間で事故渋滞が発生していたため、R246で大井松田まで行ってから高速に乗ることにしたら、またやっちゃいました、大失敗。R246が動きません。へろへろになって帰ってきました。
(写真はここ

さて来週も東名だ、どうなんだろう。
というわけで、9/4・5に西伊豆の「いいら」さんに一泊してきました。07年4月以来2度目となります。ずいぶんご無沙汰です。でも今年2月のジューンのプレお誕生日会の時に、いいらパパさん、ママさんには久しぶりにお会いできて、ジューンもたっぷり可愛がってもらってました。今回は、かみさんのご両親と弟くんファミリーと一緒です。
ジジババ孝行やら甥っ子二人のカヌー体験やらが目的でしたが、我々のメインは、なんてったって、
①おいしいご飯にありつくこと
②ダボの兄弟のルーシーちゃんとジューンを遊ばせること
③きれいな海で海バシャバシャおよびカヌー犬訓練をすることでした。

①と②は大満足。③は先週と同様にすぐに飛び降りて泳いでばかり、海バシャバシャは良かったのですが、海水を飲みすぎて、ゲリPになっちゃったのと、車の中でハデにゲロっちゃいました。
しょっぱい水はあまり飲まない方がいいと少しは学習したでしょうか、怪しいものだ。
帰りの東名もすごかったけど、弟くんが利用した中央はもっとすさまじかったらしい。
(写真はここ

8/21・22のビブリ(写真はここに続き、本栖湖も西伊豆もいつも一緒だったメイちゃんがいない3連ちゃん。
これから先も我々は乗り切れるでしょうか。
乗り越えなくてもいいような気もしますが。
以上、タンでした。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2010/09/03

メイ、どうしても愛してる

認めなきゃならないのが苦しくて。
命日という言葉が受け入れられなくて。
すみません。
ブログを更新できずにいました。

毎日メイの事で頭も胸もいっぱいで、時々ふと我に返って、大きく息を吐き出してから初めて、次にやらなくてはいけない事を始められる、そんな日々を過ごしています。

私は随分怒りっぽい人になっているようです。
時々当たられる、タンとジューンが我慢してくれている事に本当に感謝しています。

P5280026

まっすぐに私を見つめてくれたメイに話しかける事が、まだどうしても出来ない日々。

・・・けど、昨晩初めて、寝室に行く時に「メイ、寝るよ!」って声が出せました。

メイは今までと同じようにトコトコと付いて来てくれたでしょうか。

今、こうして書き始めてもまだ次の言葉が出てきません。
一日中ずっと、初めて出会った日から旅立っていってしまう瞬間の時まで、メイとの日々の事が心の中ではたくさんの言葉で溢れかえっているのに。

今またお花を送って下さる友人達に本当に深く感謝しています。

8月26日のジュラの命日も気遣って下さって。
そんな気持ちを頂いて、そして心が緩むのが、メイをジュラが待っていてくれて、きっと会えたであろうと思うこと。本当に絶妙のコンビだったと、改めて思い出されるから。

そして、犬種を越えてジューンがメイに驚くほどよく似てきているんですよ。

こんな中なのにジューンの無邪気な笑顔に押され、ジューンにとってかけがえのない今年の夏の日々のために、週末は毎週楽しい思い出を作れてますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »