« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/24

アカラスその後

前回の診察から2週間。
昨日は前回培養に出した「真菌(カビ)」検査の結果を聞きにいきました。

皮膚病の原因は大きく分けて「細菌性」「真菌」「寄生虫」「アレルギー」などがあるようです。

このうちの何が悪さをしているのか、獣医さんは飼い主からワンコの情報をヒアリングし、検査をして、ひとつひとつふるい分けしていきます。

ジューンの場合「痒みがない」という点が非常に大きな情報になるそうです。

このことから細菌性とアレルギー性は排除されます。
そして脱毛個所から実際に「ニキビダニ」が多く見つかったことから「寄生虫」は間違いなく「+(プラス)」。

後は「真菌(カビ)」がでるかどうか?
片方だけ耳の中がカサカサしているので、この可能性も疑って、培養検査に出していました。

結果は「-(マイナス)」。

これでニキビダニ(アカラス)対策でいく事になります。

この前回の診察から今日まで3回「サルファサルチル酸」のシャンプーをしました。
でもなんか広がっているような。。。

110122a
でも、先生いわく「毛の抜け変わる周期は3週間。抜けた毛がまだ生えない時期に、正常周期で抜ける毛が重なったので、一時的に広かったように見えるとのこと。

放っておいても治る可能性も大きいし、ワンコの美観が気になるならこの時点でアカラス治療の注射を打つ事もできる。
どうするかは飼い主さんが判断して下さい。
との事で。

そんな程度なら、薬とか使わずに治していきたいですよ。
・・・このまま様子を見ていく事にしました。

ただ、アカラス(ニキビダニに異常発生)になるからにはその原因がある訳で、何かしらの疾患が隠されていないかを確認するための血液検査と、この先も長く治らない状況でドラメクチンの注射を打つ場合等を考慮して、抗体があるかどうかの遺伝子検査(血液検査で同時に出来ます)をしておく事になりました。
この結果はまた来週。

110122b
この病院に2週間前に来た時は、ボクチンは診察台の上でブルブル震えて固まっちゃった怖がりさんだったのですが、特に痛い思いもしなかった事を理解して落ち着いたのか、今日はかなりへっちゃらになってくれました。
助手さんのお姉さんにはシッポブンブンだったし。

そして、今日になって脱毛個所に、一気に新しい毛が生えてきました!
一日経っての急な変化に、嬉しくてびっくりしたよ、もう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/19

1度のコースデビュー

アジスクールの競技会で、ジュンジュン初めてアジリティ1度のコースを走りました。
午後からの参加だったので、ジャンピングだけ。

いよいよスラロームの出来が問われます・・・。
111

エントリーはいいのよ。練習でもまず外さない。
この日もきれいに入って、低い姿勢でグイグイ進んで。

しかし、最後2本を残して途中抜け。
やり直しても、やはり最後の2本で抜けた。

この日の出来で、JKCデビューのタイミングを見計ろうと考えていましたが、これでは3月の岐阜に間に合うかどうか?怪しいいです。

もうひとつ課題。
非常にジュンジュンらしい特徴が、この振り向き。↓
91
どんな時でも私の方を見ながら走る。

ワンコは人間よりも視界が広いので、目の端にちょっとハンドラーの動きが見えれば反応してくれると言います。
でもジューンはこんな風に私の一挙一動を極端に振り向いて確認します。

いい面では、上半身の反応は抜群なんだけど、反面、足元が疎かになってバー落としにつながります。
特に私に置いていかれまいと焦り出すと、バーを連続してバタバタ落としてしまう。
バーが足に当たるのが嫌だと思ってくれる子は、自分で歩幅や高さを調整してくれるんだけど、ジューンはそんなのヘッチャラだし。

私が側に来るのを待って犬の足が止まると、拒絶というジャッジも取られちゃうし。

H23185

目の前の障害に脇目もふらず突進してクリアしたいメイは、ハンドラーの事なんかチラリとも見なかった。
だからバー落としとは無縁でした。
真面目なジュラにもバー落としの苦労はなかった。

新しいペアには新しい苦労がちゃんとあるもんです。

H23187

も~~ここまで振り返らなくていいから、自分で前に走って

ジュンジュンの記念すべきアジの初写真を撮って下さったミシェルママ&Yさん、本当にありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/10

アカラスになっちゃったの

年末に始まった、ジューンの目の周りのハゲ・・・
進行してしまいました。見かけは可哀想だけど、本犬は全く痒がらず、気にしてはいません。

先日、アジ友が教えてくれた皮膚専門の獣医さんへ。
非常に丁寧な病院で、まずは皮膚病についての講義を受け、念入りなヒアリングの後、毛根から抜いた毛を検査をした結果、「ニキビダニ」が発見されてしまいました。

アカラスという名で耳にする病気です。
コーギーでこの病気と闘う子のHPを何度か目にした事があって、非常に治りにくい病気であるという認識は強くあったので、思わず気落ちしました。
詳しい事は、ここがわかりやすい。

110106a_3

でも、ジューンがまだ子供である事(成犬の場合の方がやっかいらしい。大型犬なのでこ年齢でもまだまだ若犬と言ってもらって。)、痒みもなく、部分発症なので、放っておいてもいつの間にか治る可能性もあると言ってもらえました。

治療としては、とりあえず「サルファサルチル酸」のシャンプーを週1回、毛穴の中までいきわたるようマッサージしながら行って、1カ月間様子を見ることになりました。

それでニキビダニ君がやっつけられなかったら、その時はドラメクチンを注射。

この注射、コリー、シェルティー、ボーダーコリーなどには副作用が多く見られる事がわかっているようです。
そんな薬なので、心配なら血液検査で遺伝子検査をしてMDR-1の抗体があるか確認してからの投与がいいとのこと。

他にこちらの先生が言っていてたのは、ジューンが先日やった「アレルギー検査」の結果は、アトピーの治療上などでは有効だけど、その他の場合は殆ど意味がないということ。
ジューンに出た結果レベルは、ほぼどんな子でも出てしまうとのこと。
痒みの症状が出てないのだから、ジューンに食物アレルギーがあるとは言えないとのこと。

なんか、アレルギーの方はすっきりしなくて難しいです。
でも、食べ物に関して禁忌のものがある訳でないというのはいい事だよね!
積極的に摂らせようはまだ思わないけど、玄米系、大豆系もまた取り入れていけると思うと嬉しいです。

夕飯作りでキッチンにいる私に向かって、本日も必死にゴハンビームを放つボクチン。
110106b_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/02

メイジュジュ一家2011年始動

あけましておめでとうございます。

こんなブログではございますが、いつもおいで下さって、本当にどうもありがとうございます。
心から感謝します。

110101j
ジューンは相変わらず、元気にウヒョってます。
フラットってどんな犬?
と人に聞かれたら多分ジューンがその典型のひとつだと答えるでしょう。
陽気で人にも犬にもフレンドリー、超甘えっ子。
しかしハイパーでやや自制心に欠けるところあり。
集中力はあるけど、長続きしない。

こんなジューン、元気なことは元気なのですが年末から右目の周りの毛が抜け始めてしまいました。先日とはまた違うハゲ方で、正月休み明けを待って、また病院です・・・。

2010年・・・猛暑の夏の最中、まさか急にメイとの別れが来るとは・・・。
まだメイの面影にすがって泣く以外に道はなく、その重みに押しつぶされそうになる事が多々あります。
20060703_091351_0020_
でもいつか私もお空に昇って行った時、メイジュラが揃って飛びついて迎えてくれる、その再会の日を支えに、それまでジューンをしっかり育てて行こうと思います。

101230aa
ジュンジュンは何かと手がかかるよ~おもちゃを壊さない事だけが褒めてあげてもいいとこだったのに、最近になって

今年の目標はどうしようかしらね、ジューン。

とりあえず、元気が一番で、はしゃいだ時の甘噛みと要求吠えを治す事、あとはかあしゃんとペアでJKC1度デビュー。そしてクリーンランをなんとか1回。
なかなかこの目標のハードルは高いぞ。
近所の神社にジューンと一緒に行って、残された者の健康と一緒にそれを祈願してきました。
110101

初春からとりとめのない話で申し訳ありません。
なにかとご心配、ご迷惑をおかけするメイジュジュ一家ですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたしますm(__)m。
みなさまとご家族みんなが笑顔で過ごせる一年になりますよう、心からお祈りしています!

※新年早々、タイトルを2012年と間違えてしまいました。直したけど、今年が思いやられるわ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »