« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/25

富士五湖で遊ぶ

「美味しい日本酒を、お泊りでじっくり飲みましょ♪」
とジューンの兄弟エンゾ家に誘っていただいて、7/23、24と富士五湖で1泊してきました。

まずは本栖湖に集合してワンコのバシャバシャTIME。

日差しは強いけど湿気がない気持ちのいい夏の日になってくれました。
見事な快晴、富士山もくっきりの絶景~。

P7235616_2
水キチ兄弟二人並んで気持ち良くswimming!♪
白Tシャツがエンちゃん、裸んぼがジューン。

P7235604
仲良し兄弟は、泳ぐ速度がほぼ一緒。

P7235612
いや、お互い一緒にいたいから、速度を合わせているのか?
行きも帰りもピッタリ並んだまま。

タンが動画を撮っていました。
これはエンちゃんが先にボールに追いついた時のパターン。
ジューンがエンちゃんの戻りに合わせてターンして(!)傍に寄って行きます。
逆の場合も同様。

↓ボール待ちの姿も、二人の息はぴったり。

P7235630
ホイッ。

P7235631
ホイ、ホイッ。
っで号令をかけたくなります。
ワンコシンクロ競技があればいいのにね。
顔もソックリな兄弟だから映えるだろうに。

唯一揃えられないのが、エンちゃんにしか出来ないこの↓技。

P7235622

泳いで、休んでを繰り返し、お昼ごはんもコンビニおにぎりで済ませ、本栖湖をたっぷり堪能。
さすがのジューンも十分満足したであろう所で、山中湖へ移動し、経営者が変わった「元K’s Point」⇒「現Wild Wan」でお茶をしました。

兄弟たちの実家(の一部)が無くなるのを聞いた時は悲しかったですが、同じDog Cafeとしてここを引き継いでくれる人が出来たのは嬉しい驚きでした。

上にはまだK’sの看板が残ってます。
P7235643

お店の雰囲気もそんなに変わっていません。
P7235646

看板犬はグレートデンのJJ君。
息子クンにはn.で会った事があるんです。ご縁ありますね~。
P7245692

さて、本日のお宿は、うち的には“またまた”な山中湖「バイロン」です。

夕飯までの間、宿専用のドッグランでさらに一遊び。
P7235650
フリスビーをしてみる。

ここには夏季限定のプールがあって、走り回って暑くなったら、プールにドボンできます。
今日は大型犬ばかりなので、オーナーが水を深めに張っておいてくれました。
十分泳げる深さがあります。
P7235647

このドッグランには、6年前にメイジュラと一緒に来た事があって、その時は一般開放されていました。
数件のワンコペンションで共同経営していたらしいのですが、閉鎖や移転で、今は「バイロン」さんだけになってしまったため、「宿泊客専用」にしたようなんです。
客は1日3組までなので、贅沢~~~。

いよいよお楽しみの夕食です。

ワカママさんがバイロンさんにお願いしてくれて、お酒の持ち込みを許してもらいました。

左、うちより「天明 美郷錦 純米大吟醸本生」
右、エンゾ家より「醸し人九平次 純米吟醸  件の山田
P7235654
両方とも食中酒としてなにより美味しいお酒。

バイロンさんは、日本酒に合いそうな料理を用意してくれていましたし。
P7235657
今回の料理は、前2回に比べて料理が普通すぎて、私としては献立的にもイマイチだったのが残念(偉そうにスマンけど)。
食べるの大好きなエンゾ家には、完成度の高い時に味わって欲しかったのに・・・。

でも、楽しくお喋りしながらの夕食はやはり楽しかったです。ありがとうです。

一緒の宿泊だったのは可愛いバーニーズ兄弟。
下の子はまだ6カ月のパピパピちゃんでした♪

P7235674

翌朝は天気予報がはずれて、晴天のはずが小雨になりました。
P7245680
このドッグランがあるのがなんとも有難いです。

前夜はジューンもエンゾもなかなか寝付かず、睡眠不足かもしれないのに元気いっぱい。
ジューンは、今回も「楽しくて楽しくて寝るのが勿体ない!!」のハイ状態でした。

バーニーズ兄弟とも穏やかに遊んだけど、ガウガウ遊びまではやらず。
P7245682

ほとんどの時間はそれぞれの兄弟同士がくっついて遊んでるんです。
お互い、なんとも仲良し兄弟同士だったようで(^^ゞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/14

2011夏の仙台アジ遠征<2> 旅日記編

引き続き、タンのレポートです。

今回の遠征では、我が家があまりやってこなかったことを試してみました。それは、高速道路のパーキングエリアでの車中泊です。

アジ競技は朝早いのが基本であり、地方へ遠征する多くのアジラーたちは、前日のうちに近くまで行ってPAなどで仮眠を取って大会に参加することが、けっこう普通に行われてたりしてました。

が、軟弱な我々は、ちゃんとした前泊を基本としていて、大会での車中泊は未経験でした。
しかし、キャンプ場での車中泊などを経験し車中泊グッズなども揃いつつあったので、今回、思い切ってやってみました。

7/8(金)の午後に出発し、向かったのは、東北自動車道、菅生PAです。

ここからだと青葉区錦ケ丘団地内の会場まで20~30分で到着します。
翌朝の7時競技開始に十分対応できます。
またサービスエリアだと障害者用のトイレも完備しているので、心配ありません。
ほとんどのアジ会場は簡易トイレが基本だからです。

夜7時すぎには到着し、レストランで夕食をすませ、駐車場のベンチで持参したワインなどを飲んだりして、早めに就寝準備です。

201107081937141 201107081938201
PAの夕食、一品一品が美味しかったよ。
左は「元気セット」、右は「牛丼セット」

しかし、あまりにも早く寝ることにしたことと、記録的な暑さのため、なかなか寝付けなかったり、すぐに目が覚めちゃったりで、なかなか大変でした。

途中、エンジンをかけてエアコンをつけたりしましたが、さすがに明け方は気温も下がり、以外としっかり寝れました。
しかし、近くに停めたつもりはなかったのですが、大型トラックはなんで一晩中エンジンをかけっぱなしなのだろうか、けっこううるさかったです。

朝食は簡単に済ませていざ会場へ、途中2リットルボトルの水2本と氷を仕入れて、タンクに氷水を大量に作っておきました。
ワンコ用に用意しましたが、人間たちに大活躍となりました。

今回は仙台オーソリティーのK島家を通じて、主催者に事前に相談しておいたので、トイレにもフィールドにも近い場所にターブ場を用意していただきました。K島家と主催者さんに感謝です。

この場所で寝泊まりも可能で、我々以外は宿泊組も大勢いたようです。
次回は我々も宿泊して、夜の大宴会にぜひ参加したいものです。

会場には、毎年のことですが、屋台がたくさん出ていて、やっぱり仙台大会はお祭り気分です。
P7095331

朝食バイキングなど出てましたが、我々はパスして、昼食に、本格チキンカレー&タンドリーチキンと冷やしラーメンを頂きました。
P7095333

さて、初日のお宿は、会場からほど近い秋保温泉にある、巨大温泉旅館の佐勘さんです。温泉旅館なんて、何年ぶりでしょうか。
P7095344

さすがにジューンは車中泊です。
大きすぎて、エレベーターの繋がりがよくわかりません。移動距離も長いので車椅子を借りました。
ここを選んだのは、温泉に家族風呂があったため、ワシが入れるかもしれなかったからです。
結局、浸かることはできませんでしたが、さっぱりと汗を流すことはできました。

さて、肝心の食事ですが、昔ながらの旅館料理で驚きました。
P7095348 P7095358
以前の仙台遠征で泊った、蔵王などの旅館はかなりの進歩がうかがえました。
ここはすっかり取り残された感いっぱいです。陸の孤島なのでしょうか。

落胆しつつも明日を考えると笑みがこぼれます。
なぜなら、明日は競技終了後、裏磐梯の「サンディーズ」さんによってから帰る予定だったからです。
これも仙台遠征のお約束で最大のお楽しみです。

P7105365
サンディーズのツインのお部屋。壁に大型TV.。

P7105363
前のユニットバスがリニューアルもされていて、さらに快適度がUPされていました。

去年、仙台遠征とは無関係に久しぶりに訪れた時同様、すっかり堪能させていただきました。
その
時はまだメイも超元気で、ジューンの猪苗代湖初バシャバシャも実現したのでした。


P7105404

P7105371
さすがのお料理を堪能しました。(詳しくは、「しおしお★」にて)

ジューンはといえば、ちょぴり年上の二代目看板犬、セントバーナードのサンディー君にたっぷり遊んでもらいました。とはいえ、80キロを超える超大型犬、さすがのジューンも多少持て余してました。
P7105416

P7105425

P7115447
色といい大きさと言い、写真を撮るとピントはサンディー君に合います。
サンディー君は大きすぎて、なかなか一緒に遊べるワンちゃんがいないということで、すぐに誘いに乗ってくるジューンをいたく気に入っていました。

P7115451

最後はもちろんジューンにとっての最大のお楽しみ、猪苗代湖バシャバシャも決めてきました。

Dscn2010

では、ご覧下さい。

Dscn2014

今年は、原発事故の影響でお客さんも少ないようにみえます。
まったく問題ないのですが、福島は辛いですね。

さらに昨年に続き、五ノ井商店さんに寄って、日本酒をしこたま仕入れてきました。
P7145544

全体的には大満足の仙台遠征。

10月にも仙台で競技会が予定されており、すでに行く気になっている我が家です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/12

2011夏の仙台アジ遠征<1> 競技編

競技会名:仙台クラブ   仙台全犬種クラブ
日付:2011年7月9日  2011年7月10日
場所:仙台錦が丘団地  仙台錦が丘団地

この週末は、、JKCアジ競技会が仙台で開催されたため、思い切って参加してきました。
タンがレポートを書きます。

我々にとっては、4年ぶり6回目であり、ジューンは初参加です。
P7095328

梅雨明け間近のとてつもなく暑い二日間となりました。
前後を含めた旅日記は後述するとして、競技会でのジューンはどうだったでしょうか。

まずは、初日ですが、出走の順番がラージクラス59頭中10番目と早く、出走前のガス抜きを含めた準備がほとんどできないままでJPの出走を迎えてしまいました。ところが暑さでボーっとしてたのか、なんといきなりクリーンランして6席になっちゃいました。しかも表彰台に上がれる5席とは0.01秒差でした。
この先を考えると最初で最後になったであろうJKCの表彰台のチャンスを惜しくも逃してのスタートでした。

1度を走り始めたばかりにしては、難しい角度からのスラロームのエントリーも難なくこなして、なかなかの走りでした。

次のAGに期待が膨らみます。
なんといってもこのアジリティー競技はタッチ障害のあるAGをクリーンランすることが目的であり、3回のクリーンランで次の上のクラス(今のジューンの場合は1度から2度へ)の昇格ができるのです(最高位は3度)。
(ちなみにメイもジュライも3度を走っていました。なんちゃってですが。)
ジューンがクリーンランしたJPはいくらクリーンランしても昇格にはいっさい関係ないという不思議なルールになっています。

ハンドラーはともかく、ジューンならできる。
そんな前のめりの気合で臨んだ(誰がだよ)AGは、スタートで勝手に飛び出しちゃいました(これは非常にマズイ)が途中は順調にゴールに向ってましたが、ゴール直前、シーソーの手前で、懸念していた「バー落とし」を起こしてしまい、クリーンランならず。落下したバーを拾う係の人の姿がおかしいやら悔しいやら。



そんなに旨く行くわけないか、とガックリ。それでも初日は全体としては、出来すぎなくらいの出来でした。この調子なら、二日目はJP・AGのダブルクリーンランも夢ではないと応援班は勝手に盛り上がってました。

そして二日目。7時前には会場に到着し、事前準備も万全のはずでしたが、いかんせん朝から暑すぎでガス抜きもままならず。前夜の期待がどんどん萎んでいきます。

そして初日とは打って変わって、59頭中59番目と最後の出走でした。
早すぎる順番だとハンドラーのコース戦略が決め切らないことも多く辛いですが、待たされ過ぎるのは犬のテンションコントロールがとても大変です。

案の定、JPがスタートした途端、解き放たれたジューンは、テンションMAXで、バーをなぎ倒しまくって、ボロボロでした。(動画を撮ってる方が動揺してしまい、撮影失敗、画像がありません)。

さて、気持ちを切り替えてAGを迎えるにあたり、採った作戦は二つ。
その一、ジューンに水をかけた上に扇風機で風を当てて、クールダウンをひたすら行いスタートを待ちました。
その二、ハンドリングはタイムを捨てて、テンションコントロールとバー落下防止に最大の注意を払い、丁寧過ぎるくらいのハンドリングに徹しました。

結果、よれよれながらも、なんとかクリーンランを達成しました。
クリーンランが少なかったので、たび重なる逆旋回やら無駄だらけだったのに9席。


今回の遠征の目標は、二日のうちどちらかのAGをクリーンランすることだったので、ホッと一息です。
今年の正月に立てた目標が今年中にクリーンランを一回達成することだったので、7月でのクリーンランは出来すぎです。

秋以降には、大会も数多く開催予定があるので、ガンバれば、今年中に2度に上がれるかな、なんてことを妄想していると、メイの2度昇格やジュライの3度昇格の時みたいに、昇格までに一年かかっちゃうなんてことになってしまうことでしょう。

今回の遠征では今後に実践していこうと思うことを再確認しました(今更ですが)。

それは、ラージクラスはJP→AGの順で競技が行われることがほとんどなので、JPはジューンのガス抜きも兼ねて、タイムをも狙う、攻めのハンドリングを目指し、AGではテンションコントロールを意識した丁寧なハンドリングに徹するというものです。

最後に今回の遠征でも御一緒していただいた、アジ友のみなさんには、ほんとにお世話になりました。ありがとうございました。

またよろしくです。

P7095341
団体戦の時の「世界の果てまでイッテM」チーム。
大変お世話になりました。ありがとうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »