« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/26

ジュラの3度目の命日

タンだす。

ジューンと遊び呆けていたら、この日がやって来ていました。

8/26はジュライの命日です。

もう3年も経ってしまいました。

ほんとに穏やかな性格で、争いごとやケンカもしたことがなく。どちらかというと、やられ放題でした。

こんな子がアジなどできるのか、我々をはじめ、みんなもそう感じていたことでしょう。ところが、ある場面では、公務員のような真面目さで着実にこなし、なんと3度犬にまで上り詰めたのでした。
ジュラの最大の弱点は、スタートで待てないことでした。それが原因で何度、秒殺失格を食らったことか、みんなの記憶にもしっかりと残っていることでしょう。はやく、ジューンの秒殺失格で大笑いしたいものです。

Img_2104

今、ジューンは兄妹たちととても仲が良く、一緒に遊ぶ機会にも恵まれてますが、実はジュラも兄妹たちが比較的近所にいたため、よく一緒に遊んでいました。

中でも男兄弟のマールとは今の、ジューンとエンゾ&グースと同様にほんとに仲良く遊んでいました。

ジューンにもアジもそうだけど、兄妹といつまでも仲良く遊べる環境だけは作ってあげたいものだな。
8868665_img
左がマール、右がジュラ、
今は天国で仲良く遊んでいるよな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/21

ビブリはまたも雨だった

タンだす。

今週末、一泊でビブリに行って来ました。
お盆を避けたため、土日のみ、しかも雨予報だったため、前回に引き続きガラガラのビブリでした。

今回も、ジューンの兄弟のグースと一緒でした。
何と、グーちゃんちは、前回のビブリお試し体験がいたく気に入ったようで、さっそく会員になり、平日に単独でビブったほどでした。

しっかし、この兄弟は、筋がね入りの雨兄弟ですね。
淡い期待もむなしく、しっかりと雨。

タープを張り終える頃からポツポツと、しかし強くはならず、降ったり、止んだりだったため、走りまくるにはちょうどいい気候でした。

今回は、GWに続いて、東の白樺サイトです。
グースは初めてだしね。
P8205976
ただし、このサイトは脇を流れる沢が西のサイトと違って、泥ドロのため、泥だらけは覚悟しなければなりません。

ジューンはグースと会って、お互いを確認するや否や、ずっとつるんで離れません。グーパパに投げて貰うボールを一緒に追いかけていたと思うと、お互いに誘いあって、ガウガウプロレスに突入。

さらには、追いかけっこ。

これをひたすら繰り返してました。
P8205983

心配していた、泥沢突入ですが、気温が低かったためか、それほど行きませんでした。

前回もそうでしたが、初日は、あれほど遊んだのに、二人とも疲れた素振りを見せません。もったいなくて、疲れてはいられないと言わんばかりです。

さすがに気温も下がってきました。低気温予報だったため、我が家が立てたコールマンのクイックセットサンスクリーンの中に入って夕食です。

8月だというのに、我が家が用意したのは、豚シャブでした。しかも、焼酎のお湯割りです。
でも大正解、暖まりました。

今回も両家ともに車中泊でした。
朝、ジューンに起こされ、車のウインドウ越しにタープを見ると、うちのタープが潰れてるではありませんか。

夜にかなりの雨が降ったようでしたが、うちはぐっすりで気付かずでした。雨抜きのロープをちゃんと張ったつもりでしたが、不完全でした。
溜まった雨の重さに耐え切れず、ポールのジョイント部分が破損してしまいました。そもそも、アジの待機用の使用目的だったため、夜通しの雨など想定してませんでした。
しかし、秋以降のアジに向けて、同様のタープを購入しなくてはならず、またも、痛い出費となりました。

そんなことは全く関係ない兄弟たちは今日もやる気です。

特にジューンは、唯一の単独行動時にボールの上ででんぐり返しを繰り返し、何やら新たな技を完成させようとしているようでした。
以前から寝技が得意で、相手の前ででんぐり返しをして、寝技に誘いこんでいました。いつものように、グーちゃんを寝技への誘い込みに成功すると、何とグーちゃんの上ででんぐり返しを仕掛けていました。
ところが、体格の大きいグーちゃんに、同じ技を返されると、文字通りグーの音もでず、以上プロレス終了とばかりに、いきなり走り出したりしてました。
最近よくやる小芝居で誤魔化してました。

こんな様子を人はただただずーっと眺めてました。

最後に帰る前に川プールに行きました。
P8215994
超冷たい水もへっちゃらでした。

P8216000

次回は9月の1週で検討中。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/14

我慢強いのか鈍いのか?

数日前、お散歩から帰って、右の後ろ足を拭こうとしたら、ジュンジュンが短い唸り声をあげて、私の手に歯を当てようとしました。触らなければケロリン、触るとウーッ

足を痛めたか? パッドの炎症がまだ治ってないか?と色々考えながら、なんとか拘束して足を探ると・・・。

・・・足の飾り毛に何かがくっついて毛玉が出来てるのを発見。
→それを切って取り除いたら、本犬は何事もなかったようにスッキリ。どこ触られてもOK。

毛玉部分を舐めたりしてくれたらすぐにわかったのに。
足なら本犬にも十分届くでしょうに。

翌日、普通にいつもの日を過ごしていて、今度は何気に腰を触ったら、また唸って触らせない

今度は何となく予測がついていたものの、前日の足と関連して何か見落としている怪我や疾患があるかもしれないという思いもあって獣医さんに。

診察結果では悪いところは見つからずで、私が思い当たる事を獣医さんに話しました。

・・・肛門腺絞って下さい・・・。
→たーっぷり出て、スッキリ解決。

お尻を床に擦りつけたり、尻尾を気にしたりの、肛門腺が溜まっているサインと呼ばれる行動がジューンにはありませんでした。

前回肛門腺を絞ったのは獣医さんで3カ月前。かなり大量にでました。
その時に、獣医さんから「大型犬は自然に出してる事が多いんですが・・・。人間がやたらと絞ってしまうと自分で出す本来の能力がなくなるので、絞るとしても多くて半年に1回にしましょう」と話されたのですが、ジュンジュン、どうも溜まりやすい体質のようです。
メイジュラともに、ほとんど溜まらないタイプだったから、私の肛門腺に関する知識はほぼゼロ。ジューンに関してはちゃんと考えてあげないといけない事になりました。

しかし、触られるとなんか違和感があって気に入らないけど、触られない限り全然気にしてないジューンってば、我慢強いんだか、鈍いんだか。

P8015820a

うちではおもちゃは放りっぱなしなのに、ビブリでは使ったおもちゃを自分で全部回収して一カ所に集めるようになりました。

ジューンの頭の中は成長中なのか、なんなのか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/10

膿皮症・・・

先日、富士五湖お泊りから帰って数日後、ジューンを撫でていると耳の下、首に近い部分にポツポツポツ・・・と蕁麻疹のようなものが結構たくさん出来ているのを発見。

マセラチア、アカラスの再発は無いままで来ているっていうのに、またご新規の皮膚疾患です。
今回も本犬は全く痒がる素振りはなし。

皮膚科の先生の所で診てもらうと、今回は「膿皮症」でした。

常在細菌のブドウ球菌が増殖して、皮膚の表面にニキビのような小さな赤い発疹ができるというもの。

問診の過程で、「皮膚を刺激するブラシを使ってないか?」「節電で部屋の温度が高すぎないか?」など聞かれましたが、それらは無し。
結局、普段と違う環境で遊んだ事などが発端で、皮膚のバリア機能が落ちて発症したのでは、という事になりました。
「免疫力が落ちてるってことですか?」と聞くと、先生は「それほどのもんじゃありませんよ」とのこと。

抗生剤を服薬するなどの治療法があるのですが、そんなに重度じゃないので、「ノバルサン・サージカルスクラブシャンプー」という、普通のジャンプーより殺菌性が非常に高いシャンプーでマッサージ洗浄して様子を見ることになりました。

これが効いて、翌週ビブリに行く前に1回、帰ってすぐにもう1回、2回のシャンプーでよりあえず発疹は無くなりました。

また、ビブリでは、昨夏と同じようにお腹に発疹が出来、脚のパッドの内側に炎症がおこました。
足先だけは、本人は舐めてしまってましたが、いずれも昨年と比べると非常に軽いもので、これも帰宅後のノルバサンシャンプー後すぐに治りました。
全体的な抵抗力は、大人になるにつれて少しアップしてくれたのかもしれません。

ビブリで「留守番管理人」をしていたお兄さんとの雑談でお腹の発疹の話をすると、「出来る子多いですよね~」と言ってましたから、ジューンだけじゃないみたいだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで今、TVドラマ「ドン★キホーテ」にはまってます。
タンが1話から再放送含めて録画してたので、先週末に一気見。
丁寧に作りこまれた脚本である上に、細かな所には遊び心が満載。
出演陣のキャラ立ちが凄くて、何度見直しても見飽きない作品です。

なにより私たち松田優作世代には、息子である翔太君の演技がたまらない。
もうね、しゃべり方、動き方、あらゆる所に松田優作が現れるの。
見惚れちゃう程綺麗な顔の翔太君に「探偵物語」の優作が降臨~。
顔はお兄さんの龍平君の方が似てると思うんだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑多日記のついでに「うちのゴーヤちゃん」。
生育が悪くて、葉も全然繁らず内心ダメかと思ってましたが、ここにきて一気に実をつけ始めました。
ぎりぎり、夏の終わりには収穫できそうです。
110810

この子達に期待を込めて、この夏、まだゴーヤを一回も買ってない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/03

2011夏のビブリは雨ビブリ

タンだす。

7/30(土)~8/2(火)でビブリッジに行って来ました。

7月に行けなかったので、GW以来、今年2回目でした。
今回はいつもご一緒していただいている皆さんとはお休みが合わず、久々の私たちだけの単独ビブリです。しかも前半二日は雨予報でした。

やれやれと思っていたら、お昼すぎにジューンの兄弟のグースがパパと遊びに来てくれました。
ジューンは大喜びでひたすらグースとつるんで遊んでました。
P7305752

今回設営した場所はいつも人気でになかなか張ることができない、西の奥、脇の沢にすぐ下りていける場所でした。
後にとても寂しいことになっちゃいましたが。

今回は車中泊にする予定だったため、スノピのヘキサとコールマンのクイックセットサンスクリーンを張るつもりでした。

ところが、先週本栖湖で使用したクイックセットサンスクリーンですが、収納の際に何かがこんがらがったのか、うまく張れません。
いいかげんな指示と文句ばかりのワシに代わって、大活躍だったのが、グーパパです。
何とか無事に張ることができました。雨予報だったので、ほんとに助かりました。
P7305744
聞けば、キャンプのキャリアもかなり長いとのこと。

人は一休み、でも兄弟は遊び続けます。
今回グーちゃんははじめて長時間ノーリードにしてもらったので、ジューンの誘いにのって自由に走ったり、沢にバシャバシャしに行ったりと、兄弟つるんでとても楽しそうでした。
P7305754

P7315766

またジューンもグーパパにたっぷりと遊んでもらっちゃいました。
P7305757

そうこうしているうちに、夕方になり、雨も降り出したため、早々にタープの下に。

フリーのグーちゃんをパパは心配してましたが、パパの側から離れず、とってもいい子でした。
P7305760

最近またテレビで取り上げられますます超人気の中村農場で仕入れた焼き鳥をユニセラで焼き焼き&グリルパンで野菜をグリルして夕食です。
グリルパンの上に炭をのせて、ダッジオーブンのようにしてみました。
P7315803

グーちゃんは今回初めてパパと二人で車中泊でした。
車の中だと雨もへっちゃらです。

ぐっすり寝て翌朝、一足先に外に出ているグーちゃんを車の中から見つけたジューンはもう大変、出せ出せと大騒ぎ、叩き起こされました。

実はグーちゃん、お庭の?石を飲み込んじゃったので遊びに来る前にお医者さんで見てもらってました。なので念のため、帰りがけにお医者さんに寄ることにしていたため、午前中に帰ってしまいました。また遊ぼうね。

雨も降ったり止んだりだったのでサイトからぞくぞく帰っていきます。
キャビン利用者もわずかに残ってるだけ。
テントサイトにはついに我々だけになっちゃいました、しかも西の奥、とても心細かったです。

しかも夕方からまた雨が強くなってきたので、管理人さんから留守を預かったお兄さん達もさすがに心配して、空いてるキャビンへの移動を勧めてくれました。
P7315796

がしかし、車中泊だし、面倒だったので、そのままでした。

P7315806
バージョンアップに出していたスノピの「ほうずき」を眺めながら静かな夜が更けていきました。

P7315809

なぜこんなにガンバッたのか、それは8/1をどうしてもビブリのサイトで過ごしたかったからです。
なぜなら、この日はメイの命日だったからです。
P7315797

もう1年経ってしまいました。
曇りながらもお日様も差し込んできました。メイジュラの写真とともに過ごしました。

ジューンはさすがに遊び疲れたか、今回初登場のドッグベッドの上かダブルチェアでだらだら。
このドッグベッドはジュラ用に買ってあげたのに、まったく乗ってくれず、悲しい思いをしていましたが、ジューンによって悲願達成できました。

P7315792

P7315782

ヘキサをたたみ、預けられるものは預けて、身軽になって、最後の夜を過ごし、最終日は早めに撤収することにしました。

朝食後、ジューンを川プールに連れて行ってあげました。
P8025828

P8025833

ほんとはグーちゃんも連れて行ってあげようと思っていたのですが、寒くて諦めたのでした。次回のお楽しみということで。

10時には帰路につき、途中、「とんかつ二葉」で昼食をとりました。平日ならではの行動パターンです。
P8025840

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »