« ビブリのオープニングに出撃 | トップページ | ジュラが11歳になっていた日 »

2012/05/07

Gw後半はNキャンプ

タンだす。

GW後半の5/3-5は我が家のお馴染みNダイニング&Nベースのマスター主催のキャンプに参加するため、山梨県の昇仙峡の近くへいってきました。
出発予定時点ではとんでもない大雨でした。
やっぱりな、GW前半が天気良すぎたので、覚悟はしてました。

なので予定よりゆっくり出発しました。
キャンプ場に到着したのは、すでにお昼間近、でも大正解。
すでに小降りで、もうやみそうでした。
Dscn3023

P5038702
食事スペースは屋根シート付きで、雨でもへっちゃら。

参加者はみんなNの常連さんばかりです。
Dscn3018

Dscn3080

P5038726


そしてなにより、本物のシェフが2名に料理好きが多数、食事が楽しみです。

我々が到着後、間もなくして、昼食でした。すでに炭がおきていて、焼きました。
P5038707

でもタレ味の牛肉ではなく、ミソ漬けにしたブタ肉です。
超激ウマです。
Dscn3015

さすが違います。
また、翌日の昼には、イタリアンシェフの梅ちゃんが、キャンプ場にあった炉でなんと本格ピザを焼いてくれました。
Dscn3096

Dscn3102_3
ピザを焼いたストーブ

そしてこのキャンプ場は初めてでしたが、驚きました。
ノースランド・キャンパーズ・ビレッジというところですが、普通のオートキャンプ場ではなかったのです。

もちろんいつも行ってるビブリとはあまりの違いに新鮮でした。
テントサイトはちゃんとは見てませんが、狭そうです。
大型犬が自由に遊べるスペースはありません。

家が近かったので、ジューンの兄弟グースが遊びに来てくれましたが、ビブリのようにはいきませんでした。ごめんよ。P5038751

遊ぶのは、人間、それも子供ではなく大人です。
Dscn3072
遊び上手な兄ちゃん達を慕って、チビッ子達数人が滞在中の朝から晩までずっと入り浸っていましたが…

まず宿泊は幌馬車型コテージ(4人)を5~6棟利用。
食事場所もオープンエアだが屋根付きだし、三角屋根のティピーも使えます。
P5038732
山の上の遅い桜も満開でした。

さらに、隣にはビリヤードもあるアメリカンスタイルのバー(ビルの5Fや6Fにあったプールバーにはいったことありましたが、平屋ははじめて)があって(イーグルスやドゥービーがかかってます)、用意されているお酒の種類も本格バー並みに揃っており、特別にキャッシュオンデリバリー(懐かしい)で、ワンドリンク300円で提供していただきました。

P5038759

P5038755

P5038754

実はここで楽器演奏もできます。ドラムセットもあり、身に覚えのある人達のセッションがはじまり、それを眺めながら、ビールやバーボン、各種カクテルで盛り上がれます。
P5038737

P5038757a

P5038774

Dscn3037

P5038784
特別とのことですが、バーにはワンコも入れてもらえました。

つまり、(あの頃の遊び場がキャンプ場にやって来ちゃったのです)大人が夜遊びして大騒ぎしても、家に帰らなくてもいいのです。
ここはもはやいわゆるオートキャンプ場ではないですよね。

みんなそれぞれの夜遊びがメインなため、夕食はセルフです。
初日は大鍋におでん、二日目はマスター特性の大人味カレーが用意されており、おなかがすいたら好きに食べます。
このスタンスにいかにもNキャンプらしさを感じます。
ひとしきり騒いで、食べた後は、三角ティピーの中のストーブに火をおこして、暖をとります。
さすがに冷えて来ましたが、バーとティピーで完璧です。
疲れてコテージに引っ込む者、夜を徹して飲みに入る者、またしてもさまざまです。

そして朝食は、前夜の状況次第で、早く目覚めた者が好きに作って食べてました。フレンチトーストあり、ベーコンエッグ+トーストあり、卵かけごはんありで、またしても自由です。
最終日の朝食はちゃんとした和食が食べたいということになり、前日の買い出しでは、アジの干物と納豆を買い占めたそうです。
ところが、マスター作の激ウマ味噌汁用の味噌を買い忘れるあたりもまた「らしい」です。
それでも持ち込んだ3つの炊飯ジャーで炊いた大量のごはんは生卵や梅干しなどもあり、完食でした。

夜遊びメインの中、唯一の昼のイベントは山菜とりでした。
Dscn3093

Dscn3091

採ることができたのは「こごみ」さっそく天ぷらにしました。ウマし。
Dscn3094

一緒に連れて行ってもらったジューンは途中で沢遊び。
びしょぬれになって帰って来ました。
Dscn3082

Dscn3089_4

自然と遊ぶのとは違いますが、街中で遊ぶのともまったく違った環境でした。
こんな体験はまずないでしょう。
来年もぜひ行きたいものです。

|

« ビブリのオープニングに出撃 | トップページ | ジュラが11歳になっていた日 »

コメント

ここ行きたい!!
BARもあって最高!
夜遊びの血が騒ぎます。

料理人がいるのは羨ましいです。
大型犬が自由に遊ばせられたらもっと
良いのに・・・

投稿: ワカママ | 2012/05/08 12:23

★ワカママさん
騒ぎますか?
ムフフ、同年代は必ずや郷愁に浸って一緒に騒いだと思いますよ~。
素敵なキャンプ場でした!

でも、キャンプ場のオーナーとの間に立ってくれる人がいた事や大人数だった事が大きくて、普段はこのBarはいつも開いている訳じゃないようなんです。

でも、近くにワンコを遊ばせる所さえ見つかれば、ぜひご一緒したい所。パパさんもここならきっと大丈夫よん。

投稿: メイジュラママ | 2012/05/08 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/54638652

この記事へのトラックバック一覧です: Gw後半はNキャンプ:

« ビブリのオープニングに出撃 | トップページ | ジュラが11歳になっていた日 »