« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/28

サンディーズのご飯を紹介

アップまで時間がかかってしまいましたが、7月初旬に行ったみちのくアジ旅行、最終日に泊まった裏磐梯のお宿「サンディーズ」さんの絶品ご飯です。

【夕食】

P7089418

まず、席で私達を迎えてくれるのが手のかかった突き出しの数々と、ウニの乗った手作り豆腐。

P7089425

今日も美味しく食べ、呑ませていただきます!
(それにしても、希少酒ばかりを集めているので、高いんです・・・ここのお酒)

P7089419

とろりんとしたスープ。
(蟹だったような。。。忘れてしまった

P7089423

サンディーズ超定番の馬刺し。肉厚でありながら爽やかにトロケル舌触り。
この美味しさは、ジューンにも分けてあげましたよ。

P7089429

私がこの日最も感動したのがコレ。
いちじく、甘長、とうもろこしの揚げ物。
本当に軽い薄衣を纏い、素材の良さが最大限に閉じ込められ、溢れ出す絶品です。
特にとうもろこしには感動したなぁ・・・。プロ中のプロの技って言うんでしょうか!

P7089431_2

米沢牛のスキヤキです。
「研究に研究を重ねて、これに行き着きました」とオーナーが言ってました。

P7089433

米沢牛と、野菜は九条ネギのみ。
そして最高級メープルシロップを使った、上品な甘さのタレ。

凄い上等なスキヤキで、これにはタンがメチャクチャ感動。

P7089434

茄子、トマトの冷製で、つるりと口直し。

P7089438

焼き物は甘鯛(だっけ?)

この後、写真を撮り忘れましたが、生姜のご飯で〆です。

P7089440

デザートのロールケーキ。

【朝ご飯】

P7099476

翌朝。
飲むヨーグルトからスタート。
ジューンが恨めしそうに見上げてます。

P7099478

こだわりの米、宍道湖のしじみの味噌汁。
豆腐や野菜がたっぷりの献立。一切の妥協がないこだわりの品々が並ぶのが、さすがサンディーズです。

今回も、大満足の一夜でした。
お部屋も堪能したし、また10月の再訪が待ち遠しい。

(おまけ)
仙台方面で泊まったお宿の夕食。

P70693901日目。ハンバーグ、コンソメスープ、サラダ、茹でとうもろこし献立の全てが一気に出される、非常に家庭的な夕食。

ここは、地元野菜たっぷりの朝ご飯が美味しくて、夜にその献立で呑みたかったです。

観光客なんだから、そっちの方が受けると思うなぁ。


P70794012日目は中華の夕食。
珍しいですね。

語ることは、なし。すみません。


P7089404競技会の出店。
いつものことながら、何を食べてもかなり美味しい。
屋台と侮るなかれ。


P7089405500円の食券が配布されるので、それで冷やしラーメンを食べました。

ホタテが乗って、それがまた美味しかった。

その他にも各種串物も美味しく食べました~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/19

海の日3連休はビブリへGO

タンだす。

海の日がらみの3連休は海ではなく、お山へ行ってきました。
今年の夏休み第二弾はビブリでのんびりしてきました。
P7149555

九州の雨雲を仙台にまで連れて行ってしまった我々は、梅雨明けま間近だというのに、またしても雨雲を発生させてしまいました。

出発の土曜日は雨の音で目が覚めたほどでした。天気も良くないしと油断していたら、八王子ICの先まですでに渋滞が発生していました。
高速をあきらめ、一般道で八王子ICに向かいました。
結果として、あまり違いはなかったと思われます。
結局、途中買い物などもしましたが、5時間近くかかってビブリに到着したのでした。

いつものことながら、グーパパがヘキサを張って待っていてくれました。

Dscn3367

P7149543
お揃いのブルーのTシャツだったため、見間違えられることしばしばの兄弟。


繋がれてるとはいえ、超ロングリードだったグースはかなりあちこちうろうろしてました。ジューンは相変わらずノーリードの自由人でした。

Dscn3343

場所は、東の白樺サイトの上から2番目のスペースでした。
ここは、3番目に人が入って来ないとほんとに広いです。この日は一番上だけでした。

P7159578

そして、このサイトには3頭のフラットちゃんがいるではありませんか、そして、ビックリ。
ジューン兄弟たちと血縁関係のあるフラットちゃんでした。
ジューンたちのおじいちゃんのマーリンを父に持つダボ(一緒にビブリにも来たことあります)の同胎の兄弟、リオンくんとそのお母さんククルちゃんとアニーちゃんの一家でした。
また遊んでね。
P7159576

初日の夕食に用意していたのは、なんとハンバーガーでした。
パテとバンズがセットになっているものを取り寄せました。
ついでに、スパイシーソーセージや串ラムも持って行ってヤキヤキしました。
P7149559

P7149562


P7149566

炭を熾すのが面倒だったので、「炉端大将 炙り家」で簡単に済ませました。
ハンバーガーはレタス・タマネギ・アボカドなどをはさんで、ケチャップとマスタードで超アメリカンにしてみました。
とってもボリューミーでしたが、うまかったです。

P7149567

今回ウチはクイックセットサンスクリーンタープにコットを持ち込んで寝ることにしました。
ジューンだけ車中泊でした。
夜も更けて雨が強くなってきましたが、寝やすかったです。

翌日は雨は上がりましたが、なかなかお日様が出て来てくれませんでしたので、午前中にお風呂に行くことにしました。
ウチは例によってひと山越えて日帰り温泉「滝見の湯」に行ってきました。
グーパパはいつもの近場へ、おのおの昼食を済ませました。
ウチは滝見の湯で、「生ビール+もつ煮込み」のセットと南相木そばセット(岩魚のから揚げつき)。
Ncm_0334

侮れません、満足でした。

太陽も出始めたころビブリに帰ると、草原サイトでチャロ家が到着していました。東のサイトに引っ越してもらって、一緒に遊びました。

Dscn3369

P7159602

P7159606

男の子に対しては、対抗意識が強いグースですが、女の子にはデレデレでした。
チャロちゃんとジューンと一緒にボール投げしている時、事件は起こりました。
なんとすれ違いざまにチャロちゃんが、グースにやさしくチュッチュしたのでした。
目がまん丸くなっちゃったグースはどうしていいのかわかりません。
おろおろするばかりでした。写真も動画もないのが残念。

P7159597

P7159583

ジューンはというと、チャロ兄にサッカーボールで遊んでもらってました。
チャロ兄とサッカーと言えば、メイちゃんです。
鉄壁なディフェンスを披露したメイはチャロ兄にさんざん遊んでもらったものでした。
そんな姿をジューンも見ていたのでしょうか、メイが乗り移ったかのように遊んでもらってました。

夕食はチャロ家も一緒に賑やかでした。
昨日残ったソーセージに加え、エビ・いかや、佐久で育ったニジマスもヤキヤキ。

チャロ家からの差し入れの炭火鶏肉も美味しく頂いて、最後の〆にひとくちソーメン。
たっぷり食べて・飲んで・おしゃべりして、とっても楽しかったです。

しかし、この夜は、昼晴れたおかげで、放射冷却により冷え込みました。気温16度。
夏用シュラフ(スサノオ)では寒すぎて、ワシは夜中に車に逃げ込んだほどでした。

翌朝、ホットコーヒーで和んでいると、名前を呼ぶ声が聞こえてきました。
GRのリアンちゃんとFRのクロエちゃんが、遊びに来てくれました。

ご挨拶がひとしきり終わると、また出来事が、なんとクロエちゃんがグースに遊ぼうアクションで猛アタック。
またしても、骨抜きになっちゃったグースはうれしさのあまり、ちょっとしつこくしすぎて、最後は怒られてました。
女子は難しいなあ、グースよ。
修行はまだまだ続くのでした。

おしまい。
P7169614

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/07/17

2012夏のみちのく大遠征そのニ(旅日記編)

タンだす。

競技会の前後にお休みを取って、三泊四日の大名スケジュールを組んでいた我々は、初日の金曜日は朝8時に出発。

ナビにセットした最初の行先は、福島県白河の「とら食堂」。
昼に白河ラーメンを食べようという魂胆です。

数年前にもこのパターンで食べに行きましたが、すっかり虜になっていたのでした。
今では「とら食堂」のカップ麺なども出ていますが、やはり、田んぼの中にポツンとあるお店で食べると格別です。

用賀料金所手前の渋滞で時間を取られてしまったので、途中「那須高原SA」でちょっと休憩しただけで、先を急ぎほぼ12時に着きました。

平日なのに、辺鄙な場所にあるのに、駐車場はほぼ満車で並びもできていました。
P7069382

多少のことは気になりません。
なぜなら、ここのラーメンが一番好きかもしれないからです。
P7069378

すっかり満足したので、会場に向かいました。

前日に入場できるため、前もって、タープを建てて、椅子・テーブルなど荷物も置いてこれます。すでにK家のタープが建っていて、その前がうちのスペースでした。
とりあえずフルクローズにしてしっかりとペグダウンしました。
大正解でした。
この夜から大雨になったからです。

次に向かったのは、「蔵王ドッグランド」です。
会場から一時間ほどです。
P7069384
しかし残念、フィールドはクローズでした。

以前は必ず訪れていましたがちょっとご無沙汰でした。
実はここ蔵王に宿をとってありました。
昨年は東北道の「菅生PA」で車中泊しましたが、暑くて寝苦しかったので、ジューンも部屋で寝られるペットOKペンションを、金・土ともに別のペンションですが、押さえてありました。

そして、3泊目はもちろん裏磐梯の「サンディーズ」です。

そして結果、同じペットOK宿でもあまりのレベルの差に愕然となってしまうことになりました。
蔵王の宿はどちらも単にペットを部屋にいれても構わない、というレベルでした。まあ、今回の目的には十分でしたが、食事も含め、やはり欲が出てきます。

というのも、最後に泊った「サンディーズ」さんや、西伊豆の「いいら」さん、山中湖の「BYRON」さんなどを経験していると、そのレベルの違いが嫌でも気になってきてしまうからです。なぜなら、ペットと泊ってもいいよ、ではなく、ペットという家族と一緒に泊るための宿だというスタンスだからです。
さらにサンディーズさんのオーナー夫妻に象徴されていますが、昔、愛犬といろいろな宿に泊ったそうですが、食事に満足できなかったそうです。それで、ペットOKでもちゃんと美味しい料理を味わってほしくて自ら宿をオープンさせたとのことです。
P7089433
たとえば、米沢牛と九条ネギのすきやき。
最上級メープルシロップを使った特製だれで。

そうです、それだけにサンディーズさんはすばらしく、またしても堪能させて頂きました。
ただでさえすばらしいのに、今回はスペシャルサービスで、スペシャルルームに案内されちゃた(通常料金のまま)のでなおさらです。

ベッドルームとは別に広々としたリビングルームがあり、さらに磐梯山が望めるデッキテラスもありました。
Photo_2

我々もジューンもリビングとテラスを行ったり来たりしてました。

あまりのすばらしさに、10月のみちのく遠征に合わせてスペシャルルームで予約もしてきちゃいました。
P7089448
看板犬のサンディー君と。

すばらしすぎる食事は後述するとして、宿を後にして向かった先は、会津坂下の「五ノ井酒店」です。
2年前に久々に訪れた時、サンディーズのオーナーさんに教えていただき、それ以来、裏磐梯を訪れるたびに顔を出すようになってます。
今では、ネットでも購入できますが、お店に、顔を出すと、ネットでは手に入らないお宝に出会うこともできます。
この日も一升びん2本をはじめ、またしても大量購入でした。
この日本酒を入れるためのソフトクーラーも持参してました。
Dscn3280

Dscn3280
美しい福島の水田です・・・。

さて、ようやくジューンの番です。
猪苗代湖、上戸浜に向かいました。
到着するや、やる気満々のジューンに引っ張られ、即入水、またしても上がってきません。

P7099489

P7099489

こちらが先にバテてきたし、しっかり食べた朝食もこなれてきたので、ぐずるジューンをなだめすかして、昼食に向かいました。
野口英世記念館近くのお蕎麦屋さんです。
観光地の真ん中にある普通のお店でしたが、こだわりの蕎麦はウマかったです。

Inawashiro

以上、夏休み第一弾の終了です。
来年の夏のみちのく遠征もサンディーズ以外の宿は別にして、このパターンになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/13

辛いお別れ

ジューンのお遊び日記に、「パリスちゃんと一緒」と何度書いたことでしょう。

偶然の出会いが重なり、膨らんで、パリス家とジューン達兄弟は、愉快な仲間になりました。

ママさん=由江さんと連絡を取り、一緒にお出かけ!
みんなパパさんにたくさん遊んでもらい、その楽しい時間をママさんが写真に撮って、動画、コメント、音楽で素敵なスライド作品に仕上げてくれて、
たくさんの思い出アルバムが積み重なっていました。

そのパリスママさんが・・・。
笑顔の奥で、辛く大きな病気と闘っていたパリスママさん・・・。
天国へと旅立ちました。

今日、お通夜に行ってきました。

出会えた事の感謝を持って行ってください。
いつかお空の上で、お話の続きをしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/07/11

2012夏のみちのく大遠征その一(競技編)

競技会名:仙台クラブ     仙台全犬種クラブ
日付:2012年7月7日    2012年7月8日
場所:仙台錦が丘団地    仙台錦が丘団地

タンだす。

7/7・8に仙台で開催された連続アジ大会に今年も参加してきました。

去年のこの大会の二日目のAGで1度クラス初のクリーンランを達成した、縁起のいい大会です。
そして、去年は天気が良すぎてとてつもなく暑かった大会でした。

ところがなんということでしょう。それまで、九州地方に災害をもたらしていた低気圧を引き連れて北上しちゃいました。
Dscn3225

金曜の夜から大雨で、初日はタープから出られないうえ、タープ下も水浸しでした。(ジューンのアジにはもはや見慣れた光景とも言えるでしょう)

当然ガス抜きもできず、悶々としていたジューンは一走目のJPで暴走して即失格になる可能性が高くなってました。
そうなると、続くAGはコントロールできません。
なんとかJPで発散させなければかなりヤバいのです。

結果JPはやはり失格でしたが、なんとか後半まで走ることができたため、そこそこの発散にはなったようです。
AGが始まるころになっても雨はやまず、あちこちに水溜りがありました。
ジューンはその水溜りに顔を突っ込んでは、自分なりに発散しているようでした。

あの過酷な環境の下、なんとよれよれながら、2度クラスのAGを初クリーンランしたのでした。

1度クラスの時が仙台二日目だったので、初日に達成した2度クラスは一歩進歩したと思ったのもつかの間、続く、団体戦では1ミスを犯して停滞。

団体戦とは、仙台大会のお楽しみのひとつになっています(コスプレもありで、わがチームはなでしこJAPANでした)。
Dscn3227

Dscn3233

同じ体高サイズ(ジューンはラージサイズ)の3頭でチームを組んで、そのトータルの成績で順位が決まります。
したがって、個人の失敗はチーム成績に直結します。
チームメイトの2度昇格組のカフェも1ミスでしたが、チームキャプテンのパンちゃんがみごとな走りでクリーンランを決めたため、3席に入っちゃいました。

Dscn3238

チームメイトのご厚意により、3席のロゼッタはジューンが保管させてもらうことになりました。

初日を終え、上出来のジューンでしたが、最後にやらかしました。

二日目は雨も上がり、気温もどんどん上がっていきました。
前夜から同じ2度仲間のロッソも合流し、ようやく2度昇格組のチャレンジスタートという雰囲気が整いました。

ところがこの日のコースは超難コースに設計してありました。
何故なら、この日の競技が終了し次第、フェリーで北海道へ渡り、次の週末に開催される北海道シリーズに参加するという強者がけっこういたので、フェリーの時間に間に合うように進行を早めたかったのでしょう。

思惑通り、失格者が続出でした。
仲間のカフェもロッソも失格後に出番を迎えたジューンは、難しいスタートのシーケンスをなんとか切り抜け、いい感じでしたが、途中クリアすべきハードルを飛ばしちゃったため、ちょっともどって、やりなおさなければなりませんでした(この時点でCRはなし)。

529622_2233932704843_140648

399345_2233933024851_1685807576_n
rukeさん、写真をありがとう!!!

気持ちよく走っていたのに止められちゃったジューンは不満たらたらで、ワンコラワンコラ文句ばかりいいながら、挙句に、ハンドラーのスカートに食らい付いていきました。
こうして、前代未聞の「スカートにぶら下がる犬」事件が勃発したのでした。

会場が失笑と爆笑につつまれたのはいうまでもありません。
ジャッジの江頭先生ですら大笑いしてました。
その後何とか走り出したものの、コースミスで失格。

ジューンよ、クリーンランができないからって、笑いを取ろうとするのはどうなんだろう。

らしいといえばジューンらしいですが・・・二日間の競技の成績は、クリーンラン1(AG)、完走1(JP)失格2(JP・AG各1)、他力本願の団体戦3席でした。
ひとつ取れたから十分です。

P7119533
リボンの後ろの黄色い紙は、初GETしたポイントカード(2度以上のアジリティ部門でクリーンランするともらえます)。
いつになるかわかんなけど、アジチャンへの第一歩。

旅日記は後述。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »