« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/29

花ちゃん、新ちゃんのお山のおうちに行きました

この週末はワカママさんのお誘いで、山中湖の「花子ちゃんと新ノ介君のドッグハウス」にお邪魔させていただきました。
パリスパパさんも一緒です。再会できて嬉しかった。
この日の日記はこちらにも → () ()。パリスパパさんの気持に泣けてしまう日記を読んで下さい

可愛いおうちと、こだわりの調度品、ひろーいお庭という、目にも美しいパラダイスです。
Ncm_0510

Pa270431_3

ワン達、自然をそのまま活かした山の斜面から芝生にかけて縦横無人に走り回って、とっても楽しそう。
Pa270459

Pa270428

お山の上には可愛いブランココーナーが作られていて、おうちや山々が一望できます。
Pa270456

歩きやすいように、ちゃんとこんな階段も作られています。
Pa270458

自然の中でも細やかな工夫が随所にあって、いつまでもワンコと一緒に遊んでいたいお庭。
心から羨ましいな~と思いました。

お昼ごはんには、素敵なレンガ製BBQグリルで、ワカママさんが持ってきてくれた伊豆の干物を焼いてもらいました。
サンマ、鯵、さより、いわしみりん干しなどなど、どれもが驚きの美味しさでした。
Pa270442

Pa270445_2

そしてこれ!!
Pa270448

BBQの時にあると嬉しい塩にぎりですが、これはそんじょそこらのシロモノではございません。
なんとこのお米は、私など初めてその名前を耳にした「スーパーコシヒカリ」。
それも南魚沼産の最高級品です。美味しすぎて一体何個いただいたやら(食べすぎてすみません)。

遠火を作れるこのBBQグリルならではの逸品がこの鶏肉です。
Pa270450

パパさんが丹念に焼いてくれた美しい焼き色、皮がパリパリ中しっとりで、これもうちら夫婦がいつまでも食べ続けてました。

少人数用には壺の形をしたこんなグリルもあるんです。
S0130315

全員の集合写真。
Pa270471

左から、ジューン、花子ちゃん、パリスちゃん、エンゾ君、新ノ介君です。前にあゆちゃん。

歩くのが大変になってしまったビビ姉さんも頑張って芝の感触を味わってました。疲れた後はずっとパパさんの胸のスリングの中。

Pa270435

マザコン新ノ介君♪
Pa270480

花ちゃん、「女の子は可愛いなぁ」ってタンが大ファンだったよ。
Pa270437

パリスちゃん、その笑顔でパパをたくさん癒してあげてね。
Pa270477

同じ事やるのがやっぱり兄弟な、ジューンとエンゾ。
桃姉ちゃんの足の下に強引に入り込んで撫で撫でされるのが、揃って大好きらしい。
Pa270464

Pa270482_2

面白かった新ノ介君とジューンの引っ張りっこ。
Ncm_0512
実力伯仲でかなりの長期戦でした。お互い引くに引けなくて、周りをチラ見しながらの戦い。あっ。もしかして誰かに止めて欲しかった?

枝運びや枝の取りっこもやり放題。シアワセだったねジューン。
Pa270461

S0110310_2

たくさん遊ばせてもらって感謝感謝です。

作り上げる楽しみが満載の別荘って、憧れるなー。
でも、うちだと定年後の移住しかないよなー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/10/27

2012年秋、今年2度目の仙台アジ遠征<最終日>

タンだす。

仙台遠征も最終日、競技会も終わったというのに、まだまだ遊びます。
「サンディーズ」さんの美味すぎる朝食で満腹になったので出発です。

Pa220361

Pa220369_3

「蒸し野菜」です、と言われて出てきたお肉がすごい。平田牧場の“平牧三元豚”。東京じゃ、六本木ミッドタウンで食べるやつだよ。

せっかくだから、車で回ってみようということになり、初めてですが、五色沼に行ってみました。
Pa220374

Pa220377

Pa220385

丘の上からでもはっきり見えるほど大きな鯉がうようよ泳いでました。
それを見たジューンが泳がせろと大騒ぎになっちゃたので、早々に出発しました。

次に紅葉を見ながら向かったのは、会津板下の「五ノ井酒店」さんです。

S0570284_2

Pa220391


Ncm_0501_3

もう何回目になるでしょうか、またしても希少なお酒を仕入れることができました。

そして、ここまで来たら、喜多方はすぐそこです。
白河で始まり、喜多方で終わろうという魂胆です。

向かったお店は「はせ川」、中心地から離れて、ぽつんとお店があります。

Ncm_0502

Ncm_0504

以前一度だけ訪ねたことがありました。
今回は醤油と塩を食べ比べてみました。喜多方らしく魚介ダシがきいていたため、魚介系スープが苦手なカミさんは、塩のほうがストレートに魚介を感じると言ってました。
ここの売りはとろける叉焼だそうです。以前のブログにも残ってましたが、今回も絶品でした。

たっぷり遊んだので帰ろうかと思っていると、気温がどんどん上がってきました、やはり、ヤツを泳がせないわけにはいかないようです。
いつもの猪苗代湖の上戸浜に寄ってから帰ることにしました。

Pa220412

Pa220395

こうして、アジとは名ばかりの濃密な遠征旅行が終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/26

2012年秋、今年2度目の仙台アジ遠征<三日目>

競技会名:東北ブロック
日付:2012年10月21日
場所:仙台錦が丘団地

タンだす。

遠征三日目、競技会二日目は東北ブロックアジリティーです。
参加頭数約500頭、1000走を数えることになりました。
この日は2度・3度・1度の順番だったので、7時にはジューンの競技が始まることになります。
前夜、飲みを控えて、早めに寝たので、4時には目覚めてしまい、5時半には会場にいました。
さすがに早すぎたため、お日様もまだ昇っておらず、寒かったので、念のため持って行った、カセットストーブをつけて、さらにジェットボイルでお湯を沸かしまくって、ホットコーヒーをガブガブ飲んで、温まりました。
S0160235
早朝から投光機を照らしてスタッフの皆様が働いてくれます。頭が下がります。

お日様が顔を出すとやっと暖かくなってきました。
じきにコース見聞が始まるでしょう。
S0200243
朝はちょっと天気が不安定で、でもそのおかげですごい虹が見れました 

二日目のコースは難コースが用意されることがよくあります。
それは、関東はもちろん、関西・北海道・九州など全国からの出場者が多くいるため、なるべく早く進行して競技を終わらせないと帰宅できなくなるため、失格即退場のルールを利用した難コースを用意するのが慣例となってます。
予想通り、2度のJPにセッティングされたのは超難しいコースでした。
いったい障害をいくつクリアできるか、いつまで持ち堪えられるか、というほどのコースでした。
失格者続出だったため、ラージ85頭中最後から5番目だったはずのジューンの順番がすぐそこにやってきてました。
スタート後3番目に違うハードルを飛んじゃって、ドボン。
みんなの期待通りの秒殺でした。
後で見た3度のJPも難しかったですが、この2度のコースの方が上なんじゃないかと思えるほどで、AGへのウォーミンブアップにもなりませんでした。

気を取り直して臨んだAGですが、一目でバーを落としやすいスタートシークエンスになっていました。
直線でハードルを3本飛んだら、左に旋回して、ドッグウォークです。
2本目か3番目はどう見ても落としそうでした。
そしてやっぱり、3本目を落としちゃって早々にCRはなくなりましたが、後はなんとかこなして、1ミスながら完走して16席でした。
バー落しがなかったら、5席に入ってたのにだそうです。
タラレバで悔しがってる、おめでたいハンドラーでした。

さすがに進行が早かったため、久しぶりに3度も見ていくことにしました。
こんなコースはジューンには無理なので、2度をたっぷり楽しむことを再確認しました。

そして、撤収して向かった先はもちろん、裏磐梯の「サンディーズ」さんです。
7月に来た時に予約も済ませていました。

S0490276


Pa220373
7月と同じ部屋なのに、また新しいこだわり家具に代わってました。

S0510278

秋に行くのは初めてなので、食事が楽しみでしかたありませんでした。
そして、やっぱり期待を裏切りません。うっとりすとほどの料理が続き、またしても美味い日本酒が進む、進む。

Pa210331
旬の前菜盛り合わせ(どれも美味でした)。菊の花のおひたしもこんなに美味しいなんて。

Pa210340
いろいろ飲みましたが、これは超希少な「央」の袋垂れ。

Pa210333 Pa210339
サンマのつみれとお約束の馬刺し(間違いなしの美味さ)

Pa210342 Pa210344
いちじくの天ぷらで口直ししたら、メインは2種類の米沢牛を鉄板焼きで。

Pa210353

Pa210351 Pa210355
ハーブ野菜のサラダと湯葉。

Pa210357_3 Pa210358_2
じゃこごはんとデザート。


Pa210360
満腹後は部屋でリラックス。


遠征最終日に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

2012年秋、今年2度目の仙台アジ遠征<二日目>

競技会名:秋田クラブ
日付:2012年10月20日
場所:仙台錦が丘団地

タンだす。

遠征二日目、競技会初日は秋田クラブアジリティーです。
参加頭数約450頭、ビギナーズ・1度・2度の順だったので、ゆっくり行ってもよかったのですが、7時には到着しました。

S0280254

S0400266_2

失格即退場で2リンクでの進行でしたが、さすが仙台、とてもスムーズに進みました。
ジューンは、JP・AGともにバーを落としてしまいましたが、失格はしなかったので、ゴールまで走ることができました。

Dscf0215

競技終了は5時近くになり、仙台の目抜き通りを越えるルートなので夕方の渋滞につかまり、ホテルに着いたのは6時を過ぎてました。

このビジネスホテルは震災の二年前にオープンしたばかりで、一階部分は浸水したそうですが、がんばって復活したそうです。
新しくて、きれいで、バリアフリーな作りになってました。

S0110229

S0120230_2

S0140233_2

夕食はホテル近くの牛タンの「利久」に行きました。

S0050223

何度も仙台に行ってましたが、初めて行きました。
というのも、いつも食事付きの宿に泊まっていたからです。

バイパス沿いのファミレスのような佇まいでしかもチェーン店なのになんと1時間待ちでした。
しかしその美味さに驚きました。
S0070225
シチュー、ステーキ、刺身などの牛タンづくしセットを頼みました。

S0080226

待っても食べることができて良かったです。

遠征三日目に続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/10/23

2012年秋、今年2度目の仙台アジ遠征<初日>

タンだす。

10/20・21に仙台で開催されたアジの競技会に夏に続いて参加してきました。

もはや我が家にとって、仙台遠征は、アジを理由にした単なる旅行にすぎなくなりました。
前後泊を含め、3泊4日の贅沢旅行です。その旅行先で犬をドッグランで遊ばせるのと同等の扱いで競技会に出てみました、というのが近いでしょうか。

何と言っても、大満足だったのが飼い主だったからです。
食べて・飲んで、大散財でした。
もはや、競技と旅とで分けて記録する気にもなれません。
なぜなら、今回のアジの目標は、成績ではなく、夏の仙台大会から深刻になっていた、アジ以前の問題である、ハンドラーの服に食らいつくという醜態を矯正することだったからです。
クリーンランなど端から考えていなかったので、気楽に旅行を堪能することが最大の目的となっちゃいました。

そして、そうと決めると飼い主はけしてブレません。
堪能しくつしました。
ちなみにアジにふれておくと、ジューンは結果を残せませんでしたが、服に食らいつくこともなく、会場の笑いも取れず、仲間からは「笑えなくてつまらない」と言われちゃいました。
でも目標はクリアです。

まずは遠征初日、競技会前日からです。
Dscf0200
那須高原PAのドッグラン

飼い主はといえば、初日から飛ばしました。

金曜の昼は、外せません、白河ラーメンの「とら食堂」からスタートです。

Ncm_0484
この日も平日の12時すぎに30分待ちでした。
田んぼの中の一軒家はいつも熱いですな。

Dscf0202

満腹になったので会場に向かうと、驚きの出会いが待ってました。
K島家のニューフェイス、マリノアのハム君でした。

S0320258

罪なくらいのかわいらしさで、まわりのみんなもメロメロでした。

タープを張り終え準備が完了したので、宿に向かいました。
前回の7月の時の反省を踏まえ、ペンションではなく、ホテルを抑えていました。
多賀城エリアでした。
朝なら30分ほどで会場に到着できますが、夕方はかなりの渋滞を覚悟しなければならないため、へたすると、ホテルまで1時間かかっちゃいます。

初日はワンこOKのホテルでしたがOKなのは部屋の中だけで、ロビーなどは抱きかかえなければなりませんでした(意味わかりません)。
しかし、夏は貴重なホテルかもしれません。
Ncm_0490

この日の夕食はネットで調べて評判がよかった、小料理屋「こむかい」に予約を入れておきました。
ホテルからタクシーで10分ほどで到着です。
この時、ちょっといい話がありました。それは、タクシーの運転手さんのさりげない行動でした。
目的の店は走っていた道の反対側でしたが、運転手さんは何も言わず、何も聞かず、いきなりUターンして、そこで初めて笑顔を見せて店に横付けしてくれました。
朴訥とした東北人のおもてなしの心に触れたようで、感激しました。

気分良く、お店に入っていくと、小さな店ながら、料理はどれもすばらしく、そしてとてもリーズナブルでした。
Pa190330 Pa190307
・お通し

Pa190309 Pa190311
・牡蠣酢
・甘鯛の昆布〆

Pa190313_3 Pa190315
・えびしんじょう
・カワハギのお刺身(肝たっぷり)

Pa190318 Pa190321
・のどぐろ焼き
・おしんこ

Pa190324 Pa190328
・漬けカツオのお茶漬け
・杏仁豆腐(サービスで)

Pa190317


Pa190322

感覚的には、東京の半額から1/3ぐらいでしょうか。
大いに食べて、飲んで大満足の前夜祭も終了です。

遠征二日目に続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/10/12

3連休は山籠り

タンだす。

10月の3連休はまたしてもビブリに行ってきました。

Pa060243


兄弟、グースが一緒でした。
Dscf0101

この時期の「ビブリ気温」が読めません。
去年は暖かくて、拍子抜けしたことは覚えてますが、それ以前のことはよく覚えていません(何のためのブログかわかりませんが)。
寒いと取り返しがつかないので、FUJIKAちゃんも持っていくことにしました。
そして先日アジ用に購入した、ロゴスのクイックスクリーンを初張りすることにしました。宿泊は車中です。

場所は西に入ってすぐ左のサイトにグースが待っていてくれました。

Pa060249


Pa060242_3
グーパパは希少な焼酎「宝山」を、なんと一升瓶で仕入れて待って来てくれました。

昼はロックで、夜はお湯割りで、美味かった。


このサイトは初めてでしたが、意外と広いのに「囲まれ感」があり快適でした。
ところがこの「囲まれ感」のために、のちにやらかしちゃいましたが・・・。
Pa070260

遠くに白い車がポツンと見えるのがお隣さん。

とりあえず、ロゴスを張ってみました。
通常のスクリーンタープに比べればかなり簡単ですが、コールマンと比べると、高さと広さがあるため、一人での設営はちょっと大変だと思われます。

Dscf0096

その分、居住性は良く、ファイアグリルIRORIを3人で囲んでも、兄弟二人がプロレスができるスペースがあったのは驚きでした。

一か月ぶりに再会した兄弟はお互いを確認するかのようにたっぷりと絡み合っていました。
実は先月の時は絡みもあっさりしたものだったので、大人になっちゃったのかな、と思っていましたが、今回は追いかけっこにプロレスにと、以前のように思う存分やってました。
まだまだおこちゃまでした。

ひとしきり遊び終わると、気温も下がってきたので、タープの中へ。
FUJIKAちゃんの威力でポカポカです。
出入り口をルーズに開けてるぐらいでちょうどいい感じです。

今回はグーパパが極上のステーキ(甲州ワイン牛)を持ってきてくれたので、INNOのパンと肉なしクリームシチュー(最近はやりの濃いヤツ)とともに頂きました。
極ウマのステーキでした。
Pa060250_2

Pa060253_3

Dscf0118_3

そして以前もやりましたが、こうしてる間に明日のためにおでんをFUJIKAちゃんの上で、煮込んでおきました。
すると、夜から雨が降り出し翌日の午前中までは雨(さすが雨兄弟)でしたが、ロゴスのタープのおかげで無事に過ごせました。

二日目の朝食は趣向を変えて、和食にしてみました。久しぶりにごはんを炊いて、NANA'Sで仕入れた甘鮭を焼いて、納豆とインスタントの豚汁も頂きました。たまにやってみるととても美味かったです。

Dscf0140

Dscf0125

Dscf0152_2

せっかくごはんを炊いたから、兄弟にもおすそ分けです。ミルクたまご雑炊にしました。

昼前に各々、お風呂に行って昼食をすませてから帰ってきたのですが、ワシが入れるお風呂(滝見の湯)に行くのには細いうねうね道を通って、ほんとに一山越えていかなければなりません。
Dscf0132

Dscf0134_2

やっと帰ってきてからの遊びの続きの途中で、まずグースがやらかしました。
「囲まれてる」と安心していたところ一瞬のスキをついて脱走を決められ、グーは自由を満喫しちゃったため、ビブリなのに係留されるはめになっちゃいました。
繋がれてるグースをしり目に自由人だったジューンですが、遠くにお散歩しているボーダーちゃんを見つけるや、崖を軽々越えて脱走し、センターロード付近でボーダーちゃんと遊んでいたそうです。
兄弟揃ってやらかしました。

この日の夕食はFUJIKAちゃんの上に鍋をのせるだけでおでんが出来上がります。
おでんは、さまして、煮込見直したら、がんも系がぐずぐずになっちゃたけど味はしみしみでした。
Pa070262



Pa080266

早々にIRORIを囲んで飲みに入りました。初日もそうでしたが、夕食が早いため、ワシは9時前後には眠くなり、起きていられません。
よって、朝は5時前後には目が覚めることになっちゃいます。
一人で起き出しても、FUJIKAちゃんに点火できるように、グーパパが工夫してくれたので、大助かりで、朝からぽっかぽかでした。

Dscf0171_2

Pa080269

次回は今シーズン最後のラストビブリに籠る予定です。

Pa070258

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »