« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/23

ジューンにこんな日が来るなんてFCI東日本インター、平塚

競技会名:FCI東日本インター
日付:2013年6月22日
場所:平塚四之宮総合グラウンド

タンだす。

6/22(土)ジューンがアジリティー競技のAG種目の3回目のクリーンランを達成し,、ついに3度クラスに昇格を決めました(名前月の6月中に何とか出来ました)。

実に3度クラスへの挑戦を始めて、18戦目(約1年2カ月目)、クリーンランあと一回という状態のリーチを掛けてから9戦目(約6カ月目)のことでした。
最近のあまりの不出来に、昇格を諦め、お遊びに生きていこうと決断した矢先のことでした。

この日、みんなの緊張を一気に溶かしてくれる事件が発生したのでした。それはまだ競技開始のはるか前、時間を持て余してる時でした。
待機状態からやっと出してもらった、3度犬ロッソですが、ママがタープの前で知り合いと話し込んでしまった時、思い切った行動に出たのでした。(いつまでおしゃべりしとんねん、もうあきまへんで。)とばかりに、ママの足に向かって気持ちよく放尿したのでした(かーちゃん、はよシィーや事件)。それを見ていた周りのみんなは(そうか3度犬様でもやるときはやるんだ。違うハードルも飛ぶこともあるんだ)、と、肩の力が抜けていったのでした。
そして、緊張を解かれたあるハンドラーも事件を起こしたそうです(パンツまる見せ事件)。実際見ていないのでわかりませんが、ある家では、黒レースだった。いやブルーだったという、どうでもいい議論が繰り広げられている模様。
このように、自他が起こしたまるで緊張感ない事件のおかげで、リラックスしまくっていたようです。こうしてスタートを迎えたジューンですが、最初の種目、JPではハードルを4本なぎ倒し、「今日も気持ちよさそうに走ってたね。」と周りから言われてました(約80頭中37席)。これはチャンスです。
と言うのは過去の事例を見ると、JPで大暴れした後のAGはよれよれながら、クリーンランすることがあったからです。

「大暴れのJP」

そして迎えたAGがスタートしました。途中危ない場面も多々ありましたが、ノーミスで終盤に突入しました。
普通は観客や仲間から「ガンバレ」や「落ち着いて」などの声が掛かるのですが、この日は静まり返ってました。
ジューンはバーを落としやすく、最後のバーを無事にクリアするまで、信用ならず、息を飲んでいたようです。

不思議な緊張感漂う静けさのなかゴールしたジューンは3回目のAGクリーンラン達成で3度へ昇格を決め、さらにこの走りで5席(約80頭中)になりました。

「よれよれのAG」

表彰台にも上がり、記念撮影です。(毎回、ジューンとワシの面倒をみなければならないハンドラーをフォローし、気にかけてくれる仲間に感謝です。またよろしくです。)

2013622hyosho

この模様はドッグスポーツジャーナルに掲載されるかもしれません。が、仙台遠征を消化試合にしてしまった我が家はその後の北海道旅行の件ですっかり頭が一杯です。

どうでしょう、この浮かれた感じ伝わったでしょうか。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013/06/10

本栖湖水泳のはずが・・・

タンだす。

この土曜日は本格梅雨入り前に、たっぷり泳がせようか、という話になり、久しぶりに本栖湖の洪庵キャンプ場に行ってきました。
今年は早々に梅雨入りしてしまいましたが、雨に降られることもなく、エンゾ・グースとジューン、男子3兄弟で集まりました。

S0061048

湖畔に着くなり、出せ出せと大騒ぎのジューン。
グーパパがタープを張ってくれたので、イスとテーブルを設置して準備完了。
さっそく解き放ちました。

S0081050

S0151057_2

いったん入水するとなかなか上がってこない3兄弟を強制休憩させたり、コンビニ昼食をとったりしながら、午前いっぱい泳いでいると、雨はなかったものの、曇りがちだったので、ジューンが震えだしました。
さすがに水が冷たかったのでしょう。
これ以上、泳がせるのは無理と判断しましたが、せっかく遊びに来たので、どうしようか、という話になった時、思いついちゃいました。
本栖湖から河口湖は比較的近いです。
そうです、兄弟を引き連れて、ララジルコニーランドへ出撃しちゃおうというのです。

急な連絡にも気持ちよく歓迎してくれました。

S0511102

さらに、「泊っていっちゃえばお酒も飲めるよ。」という魅力的なお誘いに一も二もなく飛びついたドライバーなのでした。
つまり、日帰り水泳のつもりが、宴会お泊りになっちゃいました。

ランドに到着してみると、広いお庭には、手入れの行き届いたみごとな芝が広がっていました。

S0481098

こんなところを走りまわらせてもいいのだろうかと思う間もなく、3兄弟は走りまわってました。

仲良し兄弟とは言われましたが、おバカ3兄弟とは言われなかったので、ギリギリセーフだったでしょうか。

S0261072

ガサツなフラット3男子にとり囲まれ、戸惑い気味だったかわいいコニーちゃんも次第に慣れてきました。

S0281076

お庭でお茶を頂いたりしながら、おしゃべりが止まりません。

S0251070

夕方になって、エンゾとグースが帰路に着くと、さあ、お酒タイムです。

S0321080

S0351083

S0361084_2

数多くの料理を用意してもらった上、遠慮なく、ワインをガンガン空けてしまったメイジュラジューン家でした。

S0381086

S0411089_2

ご馳走様でした。
ありがとうございました。
お騒がせしちゃって、すまんことでした。
でもまた突撃させてください。

S0551107

S0531105

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013/06/03

JKC本部、東扇島アジで切り開くお笑いの世界

競技会名:FCIインター(本部)
日付:2013年6月1日・2日
場所:川崎市東扇島

タンだす。

6/1・2はおそらく日本で一番大きなアジ大会であろう、JKC本部大会に参加してきました。
大きな大会だけに二日に分けて開催されました。
6/1の初日は1度クラスと2度クラス、二日目は3度とチーム戦でした。         ジューンはいまだに2度クラスなので土曜日のみの参加でOKでしたが、一足先に3度に昇格したロッソから、「あんた達、チームなんだから、日曜のチーム戦にも出なさいよ」というお言葉により、ジューンとカフェは土曜日の個人のクラスを終え、日曜のチーム戦にも参戦したのでした。

そうです、3度様のお言葉は絶対です。
喜んで参加させて頂きました。

2度組が撃沈(そうですまただめでした。6月に入り、自分の名前の月だから、ジューンはガンバるものと思っていましたがそんなわけもありませんでした)。

翌日の日曜日、実はロッソは3度クラスのデビュー戦の日でした。
ママの緊張が痛いほど伝わってきましたが、ロッソはいつも通りに見えました。

ところが実は異変が起きていました。
人間用のタープの後ろに暑くないように、ワンコ用のタープを建ててみんな一緒に入ってました。
いつもは一緒に居ることのないマリノアの「カフェとハム」と至近距離に居たロッソは、ちょっとビビッたのかテンション上がらず、みょーに大人しく、こんなロッソ初めて見たほどでした。

そこでママの取った作戦がなんと、スラロームの時テンションを煽る方法として、斬新な掛け声をかけたのでした。
「はやく!」「はやく!」だって。
こんなコマンド聞いたことありません。さすが3度様です。
2度レベルでは思いも付かないコマンドで乗り切り、無事CRと思った瞬間、違うハードルを飛んでしまったものの、何事もなかったようにゴール。
結局一本多くハードルを飛んでました。

この日はお楽しみのチーム戦があり、ロッソとカフェとジューンで、「3ばか坊ちゃんズ」を結成して、臨みました。

130602

三者三様にやらかして、大いに笑いを誘ってました。
爆笑だけなら間違いなく一席だったでしょう。
ハンドラーは皆「楽しかった」と言ってましたが、こちらこそ笑わせて貰いました。

そしてこの日はスーパーシェフによる極上のランチが振舞われました。
ワシはこれが楽しみで、早起きしたのでした。
130602b

★オレンジのマリネサラダ
★グリルド野菜のバーニャカウダ(ソース絶品)
★イタリアンしらすパスタ
★カプレーゼ(2種のモッツァレラ)
★しっとり鶏ハム(パンちゃんパパ製)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »