« 本栖湖水泳のはずが・・・ | トップページ | 北の国へ大紀行PART1(仙台編) »

2013/06/23

ジューンにこんな日が来るなんてFCI東日本インター、平塚

競技会名:FCI東日本インター
日付:2013年6月22日
場所:平塚四之宮総合グラウンド

タンだす。

6/22(土)ジューンがアジリティー競技のAG種目の3回目のクリーンランを達成し,、ついに3度クラスに昇格を決めました(名前月の6月中に何とか出来ました)。

実に3度クラスへの挑戦を始めて、18戦目(約1年2カ月目)、クリーンランあと一回という状態のリーチを掛けてから9戦目(約6カ月目)のことでした。
最近のあまりの不出来に、昇格を諦め、お遊びに生きていこうと決断した矢先のことでした。

この日、みんなの緊張を一気に溶かしてくれる事件が発生したのでした。それはまだ競技開始のはるか前、時間を持て余してる時でした。
待機状態からやっと出してもらった、3度犬ロッソですが、ママがタープの前で知り合いと話し込んでしまった時、思い切った行動に出たのでした。(いつまでおしゃべりしとんねん、もうあきまへんで。)とばかりに、ママの足に向かって気持ちよく放尿したのでした(かーちゃん、はよシィーや事件)。それを見ていた周りのみんなは(そうか3度犬様でもやるときはやるんだ。違うハードルも飛ぶこともあるんだ)、と、肩の力が抜けていったのでした。
そして、緊張を解かれたあるハンドラーも事件を起こしたそうです(パンツまる見せ事件)。実際見ていないのでわかりませんが、ある家では、黒レースだった。いやブルーだったという、どうでもいい議論が繰り広げられている模様。
このように、自他が起こしたまるで緊張感ない事件のおかげで、リラックスしまくっていたようです。こうしてスタートを迎えたジューンですが、最初の種目、JPではハードルを4本なぎ倒し、「今日も気持ちよさそうに走ってたね。」と周りから言われてました(約80頭中37席)。これはチャンスです。
と言うのは過去の事例を見ると、JPで大暴れした後のAGはよれよれながら、クリーンランすることがあったからです。

「大暴れのJP」

そして迎えたAGがスタートしました。途中危ない場面も多々ありましたが、ノーミスで終盤に突入しました。
普通は観客や仲間から「ガンバレ」や「落ち着いて」などの声が掛かるのですが、この日は静まり返ってました。
ジューンはバーを落としやすく、最後のバーを無事にクリアするまで、信用ならず、息を飲んでいたようです。

不思議な緊張感漂う静けさのなかゴールしたジューンは3回目のAGクリーンラン達成で3度へ昇格を決め、さらにこの走りで5席(約80頭中)になりました。

「よれよれのAG」

表彰台にも上がり、記念撮影です。(毎回、ジューンとワシの面倒をみなければならないハンドラーをフォローし、気にかけてくれる仲間に感謝です。またよろしくです。)

2013622hyosho

この模様はドッグスポーツジャーナルに掲載されるかもしれません。が、仙台遠征を消化試合にしてしまった我が家はその後の北海道旅行の件ですっかり頭が一杯です。

どうでしょう、この浮かれた感じ伝わったでしょうか。

|

« 本栖湖水泳のはずが・・・ | トップページ | 北の国へ大紀行PART1(仙台編) »

コメント

3度昇格おめでとう!!
そして5席はすごいです。
やっぱり待っていてもらえなかったか。。。(笑)
それにしても表彰台にレトが並んでいるとなんだか嬉しいですね。

投稿: ダンママ | 2013/06/23 23:09

5席おめでとう!& 3度昇格おめでとう!
本題ですが、やっぱり載せたんだ、流石友人(笑)
このブログん名前変更して、ジュ-ン&ロッソに???
及びハンドラ-に(笑)
我が家のエロ親父の妄想は、レ-スが頭から離れないらしく妄想が頭をよぎっているみたいですよ!
でも、あれは笑えたよ!急にズボンが落ちるんだもん!
爆笑でしたよ!私の足に放尿したロッソも笑えるけど。。。。私達って皆に(笑)を提供してるのよね!
ag3度でも提供してしまった!2週間アジ休み、リセットして3度の臨みます。でも、笑えた!!

投稿: Rose mama | 2013/06/24 09:38

やったねジューン!
こんな日が来ると思っていたよ。
おめでとうhappy01
ママも誇らしげだね。
兄弟としても誇りだよ。とエンゾも喜んでいます。

投稿: ワカママ | 2013/06/24 12:33

★ダンママさん
ありがとうございます♪
待ってなくてごめんね^m^。

ダン君もWクリーン&入賞おめでとうです。絶好調ですねsign03
二人揃っていい日になって、すごく嬉しいで~す\(^o^)/。ダン君、仙台で決めちゃって下さい!

表彰台1席、3席の方は同じスクールなんですよ。レトがこんなに並ぶのはかなり稀ですよねぇ。

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 13:47

★Rosemama
ありがとーーー!

今回の大会でなにが面白かったって、うちのパパはRosemamaで、ベッタンパパは私かいannoy。ベッタンパパの妄想、凄すぎだよ。頭冷やせって言っといて!

あの正面から歩いて来た人が知り合いや家族になんて報告してるか想像すると赤面ですcoldsweats01

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 13:56

★ワカママさん
ありがとうです!
もう、昇格は一生無理かもって8割方諦めていたから、嬉しさより、胸を撫で下ろしました。

表彰台で前脚を思いっきり広げてオスワリしてるのがいつものジュンジュン得意のポーズなんで笑えます。私は緊張の引きつり笑いだわ、きっと。

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 14:07

ジューンくんおめでとうございますscissors
表彰台にも上がって素晴らしいです

ダンくんも同じ大会で良い成績を収めて、フラット
凄い、フラット万歳です!!

これからも上を目指して頑張って下さい。時々ブログ
拝見しています smile

投稿: クロエまま | 2013/06/24 15:53

★クロエママさん
ブログ見て下さってどうもありがとうございますm(__)m。

今回の競技会でフラットはダン君とうちのジューンだけだったかも(ボーダーコリーさんがとっても多い)。2匹揃っての万歳で嬉しいです(^_^)v。

次回から一番上のクラスで走ることになりましたが、難度が高く、とても今のジューンでは太刀打ちできませんsweat01。次の目標はそこで失格しないで走ることでーす。

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 19:16

おめでとうございます!

ジューン君やる時はやる男ですねo(^▽^)o

表彰台の笑顔が、ホント嬉しそうですね!

投稿: ライラパパ | 2013/06/24 20:58

わーい、ジュンジュンぺア昇格&ロゼットおめでとうございます\(^ ^)/ バンザーイ
何だか遠くに行っちゃった気が・・・

チビチビも楽しくアジしまーす(^^♪

投稿: HIRO | 2013/06/24 22:51

★ライラパパさん
ありがとうございますm(__)m。
いや、ここに至るまであんな事やこんな事…いろいろありました。冷静に考えれば単なる奇跡なんですよね。

バカボンなりのアジでこれからも楽しみます!

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 23:19

★HIROさん
ありがとーーー!とりあえずやったよーー!
遠くにいってないよ~。
この日もJPが終わった時点で言われたのが「ジュンジュン今日も楽しそうに走ってたね」でした。
おとぼけなアジだけど細く長く続けたいな。
最近は日程がなかなか合わないけど、これからも一緒に練習したいね♪

投稿: メイジュラママ | 2013/06/24 23:29

こんにちは〜。
ニケとライの母でございます。
3度昇格&お立ち台おめでとうございます。
やる事がジューン先輩にそっくりのライにもいつかそんな日がくるかもって勇気をもらいました。

表彰台の写真、うちの子たちもきれいに写ってるので、いただいていってもいいですか?

投稿: アテナママ | 2013/06/25 14:33

★アテナママさん
ブログ発見してくれたんですか~どうもありがとうございますm(__)m。
姉弟でのW入賞、本当に凄い!おめでとうございます。最高に嬉しいよねぇ~~。バン君を頂点にみんなで並べて、これって凄すぎ(@_@)。
ライ君とジューンの異常な仲良しは可愛くてたまらんかった。同じ匂いがするんですかね。ライ君、バー落とすなよ!タッチ飛ぶなよ(笑)!

写真、こんなんでよかったら勿論ですとも。

投稿: メイジュラママ | 2013/06/25 20:59

ジューン兄、やっぱ!しれっと決めたね。
かっこいいぞ!!兄ちゃん。

ぐー


投稿: グッチョ | 2013/06/29 22:08

★グッチョさん
ありがとうでーす!
こっちが諦めかけた頃に、しれっと決めるのが確かにジュンジュンっぽい。やっぱり気まぐれな自由人。

投稿: メイジュラママ | 2013/06/30 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/57643657

この記事へのトラックバック一覧です: ジューンにこんな日が来るなんてFCI東日本インター、平塚:

« 本栖湖水泳のはずが・・・ | トップページ | 北の国へ大紀行PART1(仙台編) »