« 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) | トップページ | 久々ビブリは兄弟ビブリ »

2013/07/21

北の国へ大紀行PART4(小樽~裏磐梯編)

<七日目>
富良野最終日の朝は倉本聰のドラマ「風のガーデン」で作られたお庭を見学。
ペットはNGですが、季節の花が咲き乱れる素敵なお庭、通称「風のガーデン」をご紹介します。

S0751243

Ncm_0973

P7112221

そして道央道で北海道を横断して、北海道最終目的地の小樽へ。

Ncm_0978

P7112224

今回の旅は、私が車椅子を押しながら、ジュンジュンを連れて歩き回る事にチャレンジする旅でもありました。ジュンジュンは頑張ってくれて、ここ運河の町でも、いい子で足並みを揃えてくれました~。

Ncm_0979_3

ルタオでアイスクリーム食べたり、ビール片手に焼きウニや焼きもろこしを食べたり。けっこう動き回りました。

Ncm_0974_2

Photo_5

Ncm_0975

宿は、優しく気さくなご夫妻の営むペットOK宿。
夕飯にドーーンと毛蟹!北海道最後の晩餐らしいお楽しみでした。

Ncm_0980

Photo_2

家庭的な雰囲気にジュンジュンも超リラックス、宿の裏山を歩き回りノビノ~ビ。

2_2

Ncm_0985

明日はジュンジュンにフェリーの試練が待ってます。

<番外編>
ペット連れフェリーの感想です。

Ncm_0990

P7122225

行きは仙台~苫小牧で約15時間20分、太平洋フェリーです。
夜7時40分に出港して、到着が翌朝11時。夕飯食べて飲んで、寝てる間に着くので、すごく時間を有効に使えるのがいいところ。
大型犬は車載甲板での車中泊のみがOKです。

とにかく暑さが心配でしたが、乗り込んだ時は蒸し暑かったものの、外気が入る場所に配慮して車を置かせてくれるので、段々気温が下がり、朝には涼しいほどでした。

ご飯や排泄には、スタッフの人に同行して貰って会いに行きます。
私は4回行きましたが、どの人も嫌な顔ひとつせず、笑顔で付き合ってくれました。
その時に、車から出して車載甲板を歩き回れます。土も草も木もない場所なので、ジューンのチッコが出ず、結局下船するまでダメでした。
でも慣れた車中泊なので、ジューンもよく眠れたようです。(写真は帰りのフェリーの車載甲板)。

Photo_6

帰りは小樽~新潟で約19時間30
分。新日本海フェリーです。車中泊は禁止で、ペットハウス泊となります。
時間が長いだけでなく、ジューンには本当に辛いものになってしまいました。

 

空調が効いているものの、ケージが並ぶペットハウスは、ケージサイズは問題ないのですが、部屋自体がとにかく狭い、そしてこの部屋から一歩も出られない(>_<)。

Ncm_0988

Photo_3

 

Photo_4

元々獣医さんに置いてかれただけでギャン吠えが止まらず、何かの時に避難所に入ったりする時困りますよ、と説教されているジューンです。
パニックでした…。出せ出せ!で鼻は擦りむけるし。すこしだけでも、部屋から出してあげられたらなぁ(泣)。

今回の場合、船全体のスタッフのホスピタリティは人にも犬にも、太平洋フェリーの方が圧勝でした。
<八日目>新潟港へ着いた直後、どしゃぶりの雨(@@;)。
新潟をふらつくのは諦めて、今回の旅行の最終目的地、裏磐梯へ向かいました。磐越道のトンネルをいくつか抜けているうちに雨が上がってくれました。

まずは裏磐梯を訪れるたびに顔を出す、会津坂下の五ノ井酒店へ「央」を買いに。入手困難になってる裏話を色々伺っちゃいました。

Ncm_0992

そして、ジューンのフェリー疲れの慰労で猪苗代湖へ。
大変だったの忘れた?ジューン!大はしゃぎです。
Ncm_1020

S0831255

最後の宿はお馴染み裏磐梯のサンディーズさんです。本州に帰って来たと言っても裏磐梯は北海道のように爽やかです。

 

大きなソファーに癒されて、デッキでボーっとして、美味しいご飯を、ゆっくり食べてリラックスしました。
Photogrid_1373760340946

Ncm_1016

 

S0981280

Ncm_1017

 

S0891263_2
夕食はいつもながら豪華でした。

Photo

 

P7132240_2

P7132245_2
メインのA5ランク米沢牛の豆乳しゃぶしゃぶ。

Photogrid_1373760484874_2

P7132234

 

朝食には小鍋も付きました。

P7142250

帰る前にまた猪苗代湖でひと泳ぎして、最後の最後、帰りの高速IC近くにドッグランを発見して、好奇心で行ってみました。

そしたらアジの立派なタッチ障害があるじゃありませんか。それもJAMさんの最新ラバーチップのやつです。当然遊んできちゃった。
1

2

東京に近づくにつれ、どんどん気温が上がり、それとともに日常生活に戻る感じがひしひし。

計十日間の旅を終え、みんな元気で無事に家に帰って来ました!
家に着いてエアコンをつけても、暑ったまっていた部屋がなかなか冷えないよ~。

 

と思ったら、リビングのエアコンが故障してまして、慌てて修理を依頼するはめになりました
こうして、一生に一度であろう大旅行が終了しました。
(アジ3度へ昇格もできたし、北海道旅行もできたし、もう年内はおとなしく家でじっとしてようかな、とも思いましたが、まず無理だろうな。byタン)

|

« 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) | トップページ | 久々ビブリは兄弟ビブリ »

コメント

ジューン君、帰りのフェリーは試練だったね。
でもフラットって、根が陽気だから嫌な事は
忘れちゃうよ!
満喫した旅行でしたね。
こちらも楽しませていただきました。

投稿: ワカママ | 2013/07/21 19:21

★ワカママさん
お粗末な紀行ですが、どうもありがとうございます。
たくさんの思い出が出来て、しばらくは思い出話で夫婦間も楽しめそうです。

根に持たないのは本当にありがたいフラット気質です。裏磐梯に着いてからは尻尾ブンブンで楽しんでくれました。

来週、楽しみにしています♪

投稿: メイジュラママ | 2013/07/21 23:26

盛りだくさんの旅行でしたね~
こんなにゆっくりの旅行なんて羨ましい限りです。
美味しいものも綺麗な景色ももちろんジューンくんの笑顔もいっぱい思い出ができましたね。

投稿: ダンママ | 2013/07/22 09:39

★ダンママさん
仙台でお別れしてから、こんな事してきました♪

「あれもこれも」と欲張って(貧乏性だわ)、北海道を表面的にしか見てこれなかった旅行だとは思いますが、それも含めて楽しく過ごせました。

ダンママさんも来年は是非、アジ遠征絡めての長期旅行を計画しては!

投稿: メイジュラママ | 2013/07/22 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/57802281

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国へ大紀行PART4(小樽~裏磐梯編):

« 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) | トップページ | 久々ビブリは兄弟ビブリ »