« 北の国へ大紀行PART1(仙台編) | トップページ | 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) »

2013/07/17

北の国へ大紀行PART2(北海道上陸~ウインザー編)

<四日目>
いよいよ北海道上陸しました。まずは苫小牧港のドッグランで軽く遊んだら、漁港のマルトマ食堂で昼食。

P7082116


P7082110

海鮮ぎっしりの丼と名物ホッキカレー。P7082112_2


P7082111

お腹いっぱいの体には北海道の真っ直ぐな快適ロードは眠気との戦いです。

S0131147

そして支笏湖へ。ジュンジュン歓喜のスイミング。

P7082123

P7082126

Photo

暑かったから冷たい水も気持ち良かったよ。雰囲気が凄く本栖湖に似てました。

ジュンジュンには申し訳ないけど、もう一泊だけ車中泊我慢してもらいます。
今宵の宿は洞爺湖のザ・ウィンザーです(サミットも開催された場所に我々なんぞが立ち入ってもいいものやら)。

P7092182

P7092184

P7082133

P7082138

Ncm_0917

ワンコは泊まれないけど、なんかジュンジュン優遇だったね。

洞爺湖に向かった理由は、ある意味今回の旅のメインでした。
それは、ザ・ウィンザーにある三つ星レストラン「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」のディナーを食べる事だったのでした。

P7082152

P7082146

これ、お店のロゴマークが模られたバターです。後ろの石にささっているのは、パリパリのパイのようなパン。
後ろに写っているパンがまた美味しくて、料理が食べられなくなるとわかっていても、ついつい止まらず、後悔することに・・・。

P7082156

ミシェル・ブラス幼少の思い出の卵料理やスプーンに乗ったアミューズから始まり、代表作である「ガルグイユ」と続きます。
P7082149_2
コックームイエット
P7082150
フランス産セップ茸のタルト
P7082154
アミューズスプーン
P7082158
これがガルグイユ。
契約農家で作られた70種類の野菜やハーブ、温野菜です。
一種類づつに手が施され、あしらわれた数種のソースとともに、素晴らしかった。
他にはタラバ蟹を使った北海道らしい料理やフレッシュなフォアグラなどですが、どのお皿にも必ず野菜料理も合わさってるんです。(北海道の食材に惚れ込んで日本に支店を出したそうです)

食事より、相当高いんじゃないかとかなり心配していたワインですが(笑)、料理に合わせて白3種、赤1種がセレクトされ、かつそれぞれその料理があるうちは飲み放題という、まさに我が家向けのセットがあったので、それをオーダー。
本当に料理によく合うセレクトで、幸せに酔いしれました!

白ワイン:Jurancon Sec,Curvee Marie 2005,Clos Uroulat
白ワイン:Domaine de la Truffiere 2009,Jean-Marc Boulot
白ワイン:Vouvray Moelleux 1996,Philippe Foreau
赤ワイン:Aloxe-Corton,1er Cru les Vercots,Follin-Arbelet

P7082161
近海で水揚げされた;タラバガニのポシェ、ほうじ茶で香りをつけたブイヨン


P7082162
フォアグラ

P7082164

玉ねぎの料理。べりゴール産トリュフのクルートをのせて。赤ワインを合わせます。

P7082169

あまりに満腹になり、最後の仔羊は残し、チーズも断ってしまいましたが、最後の名物デザート、割ると温かいソースが流れ出すケーキ「クーラン」だけは意地でたべました。っていうかペロリといけちゃいました。

P7082173

P7082175
5種のアイス(まったくお腹に入らず)


P7082176

温かいビスキュイ“クーラン”。アイスクリームは「ふきのとう」、これまた北海道ならではです。

P7082177

小菓子、牛乳のリキュール

サービスも会話もとっても心地よく、心から食事を楽しみました。
また違う季節に来てみたい~。無理だろうけどね(笑)。


さて、車中泊のジュンジュンの事。
このホテルは駐車場はアプローチを大きく回った地下にあります。
私達のような安い部屋の宿泊者は、本来はスタッフが車を回してくれるバレーパーキングサービスは利用できないのですが、ジュンジュンを何回も出し入れしたい旨を告げると、特別扱いしてくれました。

ジュンジュン連れてきてくださーい、と連絡するとジュンジュンを乗せた車を重厚な正面玄関に持って来てくれて、そこでご飯を食べたり、正装したスタッフの方々に可愛がって貰ったり、広い手入れの行き届いた芝生のお庭をお散歩したり。

Ncm_0928



Ncm_0923

終わるとまたジュンジュンは駐車場に送り届けられます。
これを何回も。

いろんな場面で高級ホテルならではの素晴らしいおもてなしを十分に感じさせていただきました。
それにしてもSPがそこかしこに立っているなぁと思ったら、国際会議が開かれていたそうです。

PART3に続く

|

« 北の国へ大紀行PART1(仙台編) | トップページ | 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) »

コメント

きゃあ~下の庶民我が家には縁遠いホテルだわ~素敵ぃshine
お料理も素晴らしいですし・・・
アイスお腹に収まらなかったのですか?
お手伝いしたかった・・・ぷっ

↓の団体戦仮装とっても楽しそうですね(^^♪
パンちゃんパパのズラが走ってる時に落ちないか心配しちゃいましたー  ゚
あ、年末もこれ見たいですsmile

投稿: HIRO | 2013/07/18 08:28

今朝おきるなり、旦那がジューン君のブログ見て見ろよ!の一言、なんとウィンザーにお泊まりの上、憧れのブラス様のディナーを食されているではないですか!
実はこの夏、我が家でも北海道行きを計画しており
ウィンザーも候補なのです。
泊まるからには、★★★を食してみたいの
ですが、うちは頑張ってもランチかな?
ジューン君も皆に可愛がって貰って良かったね。

投稿: ワカママ | 2013/07/18 08:49

★HIROさん
一応、永年勤続&銀婚式の記念スペシャル企画なんです~。
残すなんて勿体なさすぎなんですが、どーしてもどーしても無理でした。デザートだけで4品は多いsweat01

では年末をお楽しみに~。
今回の仙台でも、おもてなし杯と同じ仮装をしてたルのチームがいましたよ^m^。
パンちゃんパパのカツラは私がピンでしっかり留めたから大丈夫だったけど、落ちた方が面白そうですね♪

投稿: メイジュラママ | 2013/07/18 14:08

★ワカママさん
ワカママ家とはご飯の趣味がピッタンコみたいですよね♪♪
ウィンザーはリゾート感があって絶対いいですよ!!なにしろ洞爺湖がきれいだし。

Mブラスのお料理はお野菜がたっぷり使われていて繊細で、フレンチっぽい重さがなくて美味しいです。ランチで十分楽しめると思います!!昼間からワインも楽しんでいい気持ちになって下さーい。

うーーん、私もまた行きたくなってきた。

投稿: メイジュラママ | 2013/07/18 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/57793583

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国へ大紀行PART2(北海道上陸~ウインザー編):

« 北の国へ大紀行PART1(仙台編) | トップページ | 北の国へ大紀行PART3(トマム~美瑛・富良野編) »