« FCI東日本インター、野田 | トップページ | 裏磐梯旅行 »

2014/06/21

梅雨入りのビブリへ

タンだす。
ワシとかみさんのFasebookでちょこちょこUPしてましたが、記録としてまとめてみます。
6/14・15でGW以来となる、ビブリッジにキャンプに行ってきました。
6/15(日)にW-CUPブラジル大会の日本戦初戦があるというのに、梅雨入りして、雨続きだったというのにです。
もちろん兄弟グースも一緒です。
割と早めに出発できたこともあり、高速もすいていました。
途中買い物も済ませても12時前にはINできました。
グーパパが東の一番上のサイトを確保してくれました。

5

4

8
レンゲツツジが満開。
すでにびしょ濡れなヤツをとっ捕まえて記念撮影したら、かなりの唖然顔。

天気はというと、雨もひと段落して二日ともいい天気でした。
放射冷却がちょっと気になります。

3
到着したら、まずはともあれカンパイ。
 勝沼酒造の代表作「勝沼 甲州樽醗酵」をグーパパが持ってきてくれました。
コクと爽やかなキレを併せ持った、夏に飲むのにサイコーなワイン。

Img_0016

6

7
どんどん暑くなったので、センターロードを挟んだ先のお馴染の川へ。

Img_0013
ひとしきり遊んだら、涼しい木陰で昼寝。
ジューンも呆ける。

10
ねぇねぇ~遊ぶ?遊ぶ?と嬉しそうなグーを、偉そうに顔だけであしらうジューン。
5歳になっても変わらぬ仲良しっぷり。

9

今回使用したタープはグーパパが新規購入したスノピのリビシェル ロングProです。

Photo

1

15
かなりの高価な品でさすがの作りです。
惚れ惚れしました。

昼間は半袖一枚でも暑いくらいですが夕方にかけてどんどん気温は下がっていきます。それでも、タープの外で夕食にしました。
なぜなら、今宵は肉を焼くつもりだったから、ニュータープに匂いをつけたくなかったのです。
そのメニューは、松重豊主演のドラマ「孤独のグルメ」Season2に登場した焼き肉、わさびカルビです。
再現するためには、なんといっても「生わさび」です。
地元のスーパーNana'sに問い合わせたところ、取り寄せればOKとのこと、迷わずオーダーしましたが、当然長野だから安曇野のわさびだと思っていたら、なんと静岡産でしたが、サイズも香りもよかったです。
Img_0018

ユニセラで炭を熾して、準備OK。

Nana'sで仕入れた信州牛を軽く炙った上に、刷りたてのわさびをのせて、肉でわさびを巻いて醤油をつけていただきます。
Img_0020

まるで焼いた刺身、ドラマでも焼き刺と言ってました。
わさびたっぷりでも辛くなく、さっぱりとして、どんどんいけちゃいます。
こんな食べ方初めてしてみましたが、驚きの美味しさでした。

さらに、地元、佐久産のニジマスやとうもろこし、さらには兄弟用のステーキもヤキヤキ、これだけ思いっきり炭火焼をできるのもキャンプならではですね。
13

14

さすがに気温も下がってきたので、焼き終了と同時にタープに入りました。
さすがにFUJIKAちゃんは持っていきませんでしたが、念のため、カセットストーブは持ってきていました。大正解。
タープ内で2つのストーブを点けましたが、やっと15度、外は10度を下回ってたでしょう。
Img_0025

16

結局、半袖Tシャツに長袖シャツを着て、その上に、薄手のダウンベストを着て夜を過ごし、その格好のまま、ダウンハガーにもぐりこんで車中泊しましたが、明け方、寒さで目が覚ちゃって、たまらず、エンジンをかけて暖房を入れました。
暖まったところで、5:30に車から抜け出して、タープに入ってみると、温度計は4度を指してました。
すぐに2つのストーブを点けて、大型ランタンも点けて、ジェットボイルでお湯を沸かしていると、すぐに6度まで上がりました。
ホットコーヒーを飲んでいると、周りも明るくなってきました。
この後はどんどん気温も上がり、朝食を食べ終わる頃には、半袖で十分でした。
暑くなってくると、勝手にクールダウンするのがお決まりのジューンです。

18

19

二日間遊び倒し、車のラジオで日本の敗戦を聞きながら帰路につくむなしさと言ったら・・・

|

« FCI東日本インター、野田 | トップページ | 裏磐梯旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/59825753

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りのビブリへ:

« FCI東日本インター、野田 | トップページ | 裏磐梯旅行 »