« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/15

仙台アジ遠征<食い倒れ編>

タンだす。
アジ遠征に行く本当の目的は、その土地の美味しいものを楽しむことです。
6月の御前崎の時もお魚を堪能しましたが、仙台遠征は魚だけではありません。
初日の昼食は、お馴染の白河ラーメン。「いいかげん、違う店に行ってみたら」という助言にも耳を貸さず、向かった先は「とら食堂」。田んぼの中の一軒家は平日でも並びができます。
Img_2843

Img_2842

Img_2846               もう何年も通い続けています。「ここのラーメンを食べないなら、東北道を北上する意味はない」とすら、思ってます。
さらに、宿泊場所に選んだのは、競技会場からは多少距離のある多賀城エリアでした。
なぜなら今回の仙台遠征の最大の目的が多賀城にある小料理屋「こむかい」に行くことだったからです。
今まで仙台遠征の際に2回程行っていて大満足でした。
昨年は大会の開催場所の都合で山形開催だったため、行くことができませんでした。
なので今回はぜひ行きたかったのです。
しかも、今回は仙台は一泊だったので「利休」の牛たんを諦めてまで向かいました。

Img_2850
がぜ雲丹はこれで700~800円なり。もちろん一人づつオーダーしました。

Img_2851
かみさんが大好きな生トリ貝、ここまで美味さに違いがあるとは。

Img_2852
そして、今まで魚介しか見てなかったけど、なんと牛たん焼きを発見、しかも和牛。
この他にも出汁巻き卵なども頼み、地酒が進みまくり。
明日はほんとに競技会なのだろうか、というほど。

翌日、無事競技会を終えて向かった先は、もはや、定宿となっている、裏磐梯の「サンディーズ」さんです。
10月の予約もしてきちゃいました。予定外の入賞で表彰式まで会場に滞在したため、夕食時間ギリギリの到着となりました(もちろんメインは夕食です)。
さっそく夕食に突入しました。

Img_2902
前菜盛り合わせ・椀物

Img_2903

Img_2917

Img_2919
蒸しアワビに続いては、A5ランクの米沢牛の朴葉焼き。

Img_2916
次は鱧のしゃぶしゃぶ、初めて食べました。
最後は鱧のダシで雑炊。美味過ぎて、食べ過ぎて、飲み過ぎました。

Img_2918
抗議の目線に負けて、ジューンにも馬刺しのお裾わけ。

Img_0568
翌朝もいい天気で暑くなりそうです。

Img_0569
お散歩から帰って、朝飯食べたたら、まったりモード。

Img_2923
いつもの豪華な朝食を食べたら、猪苗代湖にゴー。

Img_2936

Img_2932

 

Img_2937
帰りの昼食は簡単に高速のSAで蕎麦。

Img_2938
上りの羽生はこんなことになってたんですね。

Img_2939

Img_2940

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015アジ記録②(仙台アジ遠征<競技編>)

競技会名:静岡東クラブ    仙台トレーナーズクラブ
日付:2015年6月14日    2015年7月11日
場所:マリンパーク御前崎   泉区赤十字血液センター   

タンだす。2015-16のアジシーズンが始まり、6/14の御前崎静岡東クラブアジをまたしてもダブル失格したものの、懲りずに7/11の仙台クラブに参加してきました。

Img_0555

この競技会は3度クラスが設定されていない大会だったため、2度クラスで参加しました。クラブアジリティーでは、よくあることで、ジューンも3度に昇格してから、3大会続けて同様に2度で出走しました。
でも、2度だからといって、組みし易い訳もなく、ほとんど失格で終わっていました。
この頃と比べれば、3度クラスのコースを何度も経験しているので、ダブル失格だけは避けたいところでした。
全国的に天気が良く、すさまじく暑い日になりました。
Img_0554  
しかし、このテクミラーの優秀さで、タープ下は快適でした。

可能な限りの暑さ対策をして迎えたJP2はなんと超久しぶりにクリーンランができて、なんと2席になっちゃいました。Img_0560

Img_2943

高速ボーダーさんたちが次々と失格や失敗する中、ギリギリで持ちこたえた結果でした。
続くAG2は、課題のタッチは良かったのですが、得意のはずのスラロームのエントリーをミスさせてしまいましたが、失格を回避することが出来ました。
せっかくクリーンランしたJP2はまたしても映像の録画に失敗したので、1ミスのAG2のみです。

Img_0563
同じくJP2で4席に入賞したカフェとツーショット。

Img_2878
チーム戦で優勝した「チーム蘭暴(ランボー)」

Img_0575
お疲れジューン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »