« 2015ビブリ日記③(8月9月) | トップページ | 福島アジ遠征<旅日記編> »

2015/10/28

2015アジ記録③(福島アジ遠征<競技編>)

競技会名:仙台クラブ     東北ブロック
日付:2015年10月24日  2015年10月25日
場所:信夫ヶ丘緑地公園   信夫ヶ丘緑地公園

Img_0674

タンだす。10月24・25はアジ競技会が福島で開催され、参加してきました。

Img_0677
Img_0681_2

夏の間、遊び呆けて、まともに練習をしていない上、久しぶりの大会参戦だったため、不安だらけでした。
迎えた初日の仙台クラブは予想通りのスタートでした。
JP3は、3番目でバーを落下させると、徐々にコントロールがきかなくなり、ついにバーを逆飛びして、失格。

この日は天気がよく、気温がぐんぐん上がっていきました。
今回、久しぶりにウチのタープを使用しましたが、修理してもらったフレームも無事に持ちこたえました。
さすがにテクミラーは持っていっていませんでしたが、あったほうがよかったです。
暑さでボーっとしていたのか、AG3はJPよりも落ち着いているようでした。
スタート後は順調に進み、タッチも確実にこなした後半、旋回でバーを落とすと、ハンドラーの落胆が伝わったのか、呼びが効かなくなり、違うバーを飛んじゃってあえなく失格。
初日はやっぱりのダブル失格でした。

3度クラスは朝一からスタートした上2リンク進行だったため、10時には競技が終了していました。あとはゆっくり観戦です。
Img_3478
出店も並び、お祭り気分を満喫。レトロカレーと書いてあり、食べてみましたが、実はレトルトカレーでした。

この日の主役はJP2でみごとな走りで5席に入賞したカルマでした。
Img_0679

Img_3480
今大会の素晴らしい参加賞。地元出身の出陳者の方が尽力されたとのことです。

チクショー会で5席様の運を吸い取りリフレッシュして迎えた二日目東北ブロックは出頭数も増えたため、開始が15分早まりました。
この頃、すでに風が強く、大荒れの予感。
Img_0682
Img_0683
タープの補強ロープのペグを何度も強く打ち直しました。
初日のダブル失格を払拭したい、JP3が始まりました。
ハンドラーはちゃんとディレクション・コマンドを出していた、と言ってましたが、コマンドの強さも足りないように見えました。
全くコントロールできず、眼の前のハードルさえ飛ばすことができませんでした。
同じスクールのハンドラーから、「こんなにひどいジュンジュンを見るのは、ほんとに久しぶりだ」と言われてしまう始末。
ハンドラーも立て直そうとガンバッたそうですが、効果なく、当然の失格。

やばい、二日連続のダブル失格が迫ってきました。
ジューンへの説教も終り、気持ちを入れ替えてAG3に向かって行きました。
するとどうしたことか、雨が降り出しました。
出走まであと2頭というところで、雨足が強まり、まさかの競技中断となりました。
気温が下がり、凄く寒かったです。
20分程で再開されましたが、文字通り水を差され、犬の緊張感、ハンドラーの集中力持続が心配でした。
ところが、元々、ジューンには緊張感などなく、ハンドラーにも集中力などありませんでした。
普通に始まり、普通に走り始めました。
よくコントロールの利いた走りでしたが、3度特有のちょこちょこした。
コースのせいか、走りを止められることに不満の行為(ハンドラーに飛びついたり、衣類を噛みにいったり)をやり始めました。
なんとかしのいで先に進んでみたら、Aフレームの下りでオヤツを探しまくり、大幅に時間をロス、ノーミス完走ながらタイム減点でクリーンランならず。

失格はしなかったものの、オヤツを探してタイム減点を取られる3度犬ってどうなのよ。

この日は、ジューンの同胎の兄弟サラんちのルークが初めて訓練競技会に出るためやってきました。
Img_3497
左からジューン、ルーク、カノン、サラ(ルークとカノンは、スウェーデンからやってきました)ジューンがそっぽを向いているのは、アジリンクを見て、コースを覚えているからです(?)

|

« 2015ビブリ日記③(8月9月) | トップページ | 福島アジ遠征<旅日記編> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/62559832

この記事へのトラックバック一覧です: 2015アジ記録③(福島アジ遠征<競技編>):

« 2015ビブリ日記③(8月9月) | トップページ | 福島アジ遠征<旅日記編> »