« ジューン、聖地に初見参(旅日記編) | トップページ | 17回目 »

2015/12/09

2015アジ記録⑥(松本アジ遠征)

競技会名:金沢クラブ    甲信越ブロック
日付:2015年12月5日  2015年12月6日
場所:信州スカイパーク   信州スカイパーク

タンだす。12/5・6に松本で2年ぶりに開催された2DAYSのアジ大会に参加してきました。
前日入りするため向かったのは、もはや定宿となりつつある、チサンイン塩尻北です。
ホテルの敷地内に居酒屋「かまどか」があり、ワシにとっても行きやすく、料理は種類・質共に満足できる上、今年は地酒の種類も増えてました。
この地方の名物、山賊焼きや出汁巻き卵やシメサバで地酒を堪能し、〆に銀シャリ&キンメ焼きも美味しく頂きました.
Img_3788
Img_3789
Img_3790

がしかし、この日、ドライバー兼ハンドラーは風邪の症状が出ており、出発前に熱が上がっていたら、インフルエンザを心配して参加を取りやめようかと考えていたようですが、大丈夫そうだったので、決行することにしました。
とはいえ、いつものようにはお酒も進まず、早めに休みました。
翌朝の検温(体温計を持参していたことには驚きましたが)でも問題なかったので、安心して競技に参加することが出来ました。

会場は信州スカイパークと名称が変わってましたが、松本空港近くのいつもの会場でした。
Img_0718_2
Img_0719

ジューンは2013年のここでの松本2DAYSの二日目で3度ビューを果たしたもののダブル失格を喰らい、失格まみれの3度歴をスタートさせたのでした。
ところが、風も強く寒かった初日の金沢クラブではミスはあったのののJPもAGも失格することなく完走できました。
共に、133頭中31席でした。上出来です。
この結果に満足したハンドラーは今宵の宿に急ぎました。
松本市内のビジネスホテル「よろづや」さんです。
そして事前に見つけておいた居酒屋に向かいました。「きく蔵」さんです。
このお店はかなり有名店のようで、居酒屋の達人として有名な元資生堂のアートディレクターである、太田和彦氏が全国の名居酒屋を紹介するBS11の番組「ぶらり旅 いい酒いい肴」でも紹介されたようですが、居酒屋というより小料理屋に近く、我が家的には最上級ランクに位置するお店でした。
お通し3点盛りを食べた時点で、頼んだ料理への期待が膨らみます。
Img_3810

馬刺し・フグ皮酢・ソフトシェルクラブの唐揚げ・鮎焼き・大浅利・穴子の天ぷらなど、どれも絶品でした。入手困難な大雪渓の純米吟醸など、地酒も豊富で、ガンガン行っちゃいました。〆に焼きおにぎりを考えてましたが、つまみでけっこう一杯になったので、味噌汁だけ頂きました。腹に浸みました。

上機嫌でホテルに戻るととたんに眠くなり、7時半前にちょっと寝ると言いながら目を覚ましたのは10時過ぎでした。
あわてて、ジューンの様子を見に行って散歩に行き、戻ってお風呂に入ったらもうお休みです。
しっかりと翌日に備えるつもりなのでしょうか。

迎えた二日目、甲信越ブロックはいい天気で風もなく暖かったです。
Img_0724

しかし、JP3でとんでもなく寒い事件が起こりました。
それは、ジューンがスタートして中盤にさしかかる頃、バーの逆飛びを誘うシーケンスにさしかかった時、逆飛びしそうなジューン向かって、バーの奥で両手を広げて来るなのポーズを取ったのです。
こんなことする3度ハンドラーは見た事ありません。
ジューンはと言えば躊躇するどころか、「ヤッター、かあちゃんが飛びついていいよって言ってるよ」、とばかりに、バーをなぎ倒して飛び付いたのでした。
なんと3度にあるまじき行為に出たものの、失敗してみごとな失格を喰らったのでした。
初日の頑張りを台無しにする余りにお粗末な暴挙でした。

続くAGは早々とバーを一本落とし、その後ハンドリングでの迷いのため拒絶を一つ取られたものの、無難に完走して、なんとか繕いました。
しかしこの日は、上田に住むキャンプ友達が見に来てくれてました。
イングリッシュコッカーのマボタンと初めましてのゴールデンのルークを連れて来てくれたのに、無様でした。

お気づきでしょうか。
ジューンを始めワンコの写真が一枚もありません。食べ物ばっかりです。
恥ずかしい。

|

« ジューン、聖地に初見参(旅日記編) | トップページ | 17回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/62825926

この記事へのトラックバック一覧です: 2015アジ記録⑥(松本アジ遠征):

« ジューン、聖地に初見参(旅日記編) | トップページ | 17回目 »