« 2015アジ記録⑧(神奈川北クラブ、平塚) | トップページ | 兄弟新年会<一日目>     »

2016/01/26

2016アジ記録①(FCI東日本インター、野田)

競技会名:FCI東日本インター
日付:2016年1月23日
場所:野田市スポーツ公園

Img_07871

タンだす。
1/23に今年初めてのアジ競技会が開催され、朝早くから参加してきました。2016年の開幕戦です。

会場に到着した時は、真っ暗でしたが、夕方からの雪予報が嘘のように冷え込みはあまりありませんでした。
が、夜が明けて明るくなると、急に冷え込んできました。Img_0788                          タープ内に落ち着き、気付くと各自が持参したカセットストーブが4台稼働していました。Img_0789                            進行は、4リンクのうち2リンクづつで3度と2度が行われ、2度終了後、1度が行われるという、めずらしい進行でした。
出走頭数で考えると、2度は11すぎに3度も午後一には終了することになります。
降り出したとしても夕方の雪までには撤収出来るでしょう。
タープに籠って温まっていると、JP3が始まりました。
ラージ117頭中46番目と理想的な出走順番に恵まれました、珍しい事です。

スタート後順調に進みましたが、後半、バーを一本落とさせるとその後飛びついて来ました。
バッティングを取られたと思ってましたが、拒絶でした。
次の障害に向かわなかった、ということなのでしょうか。
いずれにしても、2失敗ながらゴールまで戻ってきました。
今年のファーストランは失格を心配するようなノーコントロールではなかったものの、低レベルに安定した走りでした。

次のAG3を待っていると、なんとスーパーシェフがランチを用意してくれていました。
普段でも滅多に食べる事ができない「ボルシチ」でした。
あまりに美味しそうで、写真を撮ることも忘れ、がっついててしまったため、映像がありませんが、とんでもなく美味かったです。

続くAG3では久々の珍事を引き起こしました。
それはスタートして迎えたシーソー。
隣にトラップとなるトンネルが置かれていたため、アテンションをかけてシーソーに呼び込みました。
なので、いつもより低スピードでシーソーに向かうことになり、さらに呼ばれたことでうれしくなったのか、うひょりながら、のぼりました。
すると先端まで行く前にシーソーが下りちゃって、ちょうど真ん中あたりから、ぴょんと飛んじゃいました。
当然ジャッジは失敗の手を上げようとしました。
ところが、着地した場所がなんとタッチゾーンでした。
ジャッジは上げかけた手を下して、セーフのポーズ。

まったくミラクルでした。
しかし、せっかくの拾い物の「失敗なしよ」もその後結局バーを落としちゃって、クリーンランならず。

この日は、カルマ&ママのペアがAG3をみごとクリーンラン。それを見たパパが燃えちゃって、鬼気迫る走りをビッカと披露したが、最後でミスってクリーンランならず。
こんどはそれを見たママがタープに戻ってきて得意げに、浮かれダンシングを披露してました。

|

« 2015アジ記録⑧(神奈川北クラブ、平塚) | トップページ | 兄弟新年会<一日目>     »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/63112851

この記事へのトラックバック一覧です: 2016アジ記録①(FCI東日本インター、野田):

« 2015アジ記録⑧(神奈川北クラブ、平塚) | トップページ | 兄弟新年会<一日目>     »