« 2016アジ記録⑤(埼玉東・DO) | トップページ | 2016ビブリ日記②(6月) »

2016/06/12

2016アジ記録⑥(本部・横須賀中央)

競技会名:FCIインター(本部)       横須賀中央クラブ
日付:2016年6月5日           2016年6月11日
場所:東扇島                 ソレイユの丘

タンだす。6月は本部大会でスタートです。
この日は早朝から小雨が降っていて、肌寒い程でした。
Img_1026
会場に到着すると、パドックにはいつものデカタープがすでに建っており、大変有難かったです。いつもありがとう。
タープ下に落ち着くとそこは人と犬で賑やかでした。
Img_1027
Img_1028

本部大会は二日に分けて行われます。
初日は1度・2度クラス、二日目のこの日は、3度クラスと団体戦が行われます。
よって、朝一から競技が開始されます。
昼過ぎまで待たされるよりは余程ましなのですが、最初の競技JP3が始まる頃には、雨が強くなってきました。
なので、動画を撮ることが出来ず、遠目から見るだけでした。良く見えませんでしたが、どこかでバーを落とした後、ちょっとしたハンドリングの迷いから、拒絶を取られてしまいましたが、失格することなくゴールまで戻ってきました。
この日は出走頭数が多く、最初から「失格即退場」ルール適用だったため、最後まで走る事が出来たのは上出来でした。

そしてAG3が始まる頃には雨も上がりました。
スタート直後、2番から3番に向かう途中にトンネルトラップが仕掛けられていました。
トラップに行きかけたジューンを渾身の絶叫で呼び戻すと後は落ち着いて走りました。
途中シーソーでは、先程の呼びが効きすぎたのか、なかなか下りて来なくて焦ったそうです。後半はタッチも問題なく、バーも落とさず、なんとまさかのクリーンラン。

AG3の初CRまで2年5カ月かかりましたが、それから3カ月で2度目のCRができました。ラージクラス151頭中クリーンランが17頭でジューンは16席でした、そしてCRの中にはフラットのミーモもいました。

CR17頭中ボーダーコリーが13頭で、2頭がフラットでした、奇跡の日だったのでしょうか。Img_4849
左:ミーモ右:ジューン、ミーモはJP3もクリーンランしていて、おみごとWCRでした。
Img_4846_2
大きな大会でのCRだったので、アジリティー・チャンピオン・ポイントを10P頂きました。
北関東ブロックでの7Pと合わせて、17Pになりました。
グランド・アジリティー・チャンピオン(グラチャン)まであと23Pです。

そして、今後、本部大会やFCIの大会ではマイクロチップを入れていない犬には3度での出場資格が与えられない、と発表したJKCは今大会会場でマイクロチップを格安で入れる事が出来るサービスを行いました。

Img_1031
ジューンも7歳にして入れてもらいました。
Img_1035

二戦目は今年から始まった新たなクラブ大会でしたが、場所はお馴染の所でした。
ウチからは第三京浜→横横道路で三浦半島へ、丘の上の会場にはまたしてもすでにデカタープが建っている上、遮光シートでしっかり補強していたため、早朝からの強い日差しにも対応出来ました。
Img_1036
Img_1039
タープの下は涼しいくらいでした。

この日の進行は、ビギナーと1度クラスが1リンク。2度と3度が2リンクでした。
そして、ビギナー1にT家のアリーがデビューし、みごとな走りでクリーンランを披露しました。みんなで応援して盛り上がりました。

そして2度も終り、3度が始まりました。
1走目のJPはジューンは元気にスタートして行きました。序盤のシークエンスも無難にこなした後、ハンドラーがまたもや裏技を繰り出したのでした。
それは、グリーンのトンネルを出た後、食らいつこうとするジューンをいなすように、クルクルと回り、さらに両手を上に上げて何も指示してないよアピールもしっかりしています。
この状態だとジャッジは反則を取りずらいとのことです。
ただ良く見ると、回りながら足でハードルを飛ばせています。ギリギリの大技です。
次のハードルも怪しく飛ばせた所で「残念ながら失格です」のアナウンスがリンクに流れました。ハンドラーがやっぱりバレたか、と不審に感じながらスラロームをこなしている時「標準タイムを過ぎたのですみやかに退場してください」とのアナウンスが、やっぱり失格だったかと思い最後のハードルを飛ばす時には、ハンドラーは歩いてます。
さらに、ゴール直後にも「退場してください」と畳みこみます。
走り終わったハンドラーはギャラリーに「失格?」と確認しています。
実はこのアナウンスは隣のリンクのものが大音量で流れて来たものでした。
それにしても、隣のペアもしつこく退場しなかったものです。

おかげでジューンはノーミス完走ながらタイム減点を1.55秒取られて、クリーンランならず。最後までちゃんと走っていればと、もやもやが止まりません。席次は6席でした。

気持ちを建て直すことが出来ないまま突入したAGは、ドッグウォークの登りも下りも気持ち良くぶっ飛び、気落ちしたハンドラーがハードルを拒絶させて終了。
AGでも隣のリンクのアナウンスが入ってます。とことん邪魔されました。
Img_4890
動画では分かりずらかった、登りも頂いた写真で見るとしっかりジャッジの手は上がってるのが分かります。もう映像がないので、頂いた写真で繋ぎます。
Img_4887
Img_48881
Img_4889
Img_4891

さて、これからが、真の目的だと言ってもいいでしょう。競技の合間に向かった先は、
Img_4863
朝獲れ生シラスを求めて漁師さんがやってる小さいけど超人気のお店へ。
Img_4868
シラスだけでなく、地ダコも購入、大正解
Img_4869
Img_4886
敬意を表して、先日入手していた、秘蔵の「飛露喜」を開けました。
生シラスは悶絶ものの美味しさでした。

このお方も黙ってはいません。
Img_4885
目が何度もマンマルになってました。

|

« 2016アジ記録⑤(埼玉東・DO) | トップページ | 2016ビブリ日記②(6月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/63739688

この記事へのトラックバック一覧です: 2016アジ記録⑥(本部・横須賀中央):

« 2016アジ記録⑤(埼玉東・DO) | トップページ | 2016ビブリ日記②(6月) »