« 2017まとめて日記① | トップページ

2017/06/07

2017アジ記録②(Do・埼玉東・本部)

33

競技会名:埼玉北クラブDO   埼玉東クラブ             FCIインター(本部)
日付:2017年5月14日     2017年5月21日   2017年6月4日          場所:吉見運動公園       大凧あげ祭り会場   東扇島

タンだす。今年の2戦目はDO、初戦から3カ月近く間が開いてしまいました。
この間、誕生日会やらGWやらで練習不足も甚だしいジューンに衝撃の事実が告げられました。なんと、昨年の最終戦に続いてまたしても1番出走でした。
ハンドラーは「またかよっ!」と思わず叫んでいました。きっと誰かが、怨念を送っているに違いありません。第一容疑者はO倉ママか?
Img_1341
吉見は曇天で肌寒いほどでしたが、ジューンには暑くなく快適ではないでしょうか。
Img_1343
コースセティングやコース検分を待つ間顔が出せるネットを取りつけたサークルで大人しく待つボクちん。
ただ、顔が出ている分、おやつをねだり放題でした。

そして始まったJP3はトップバッターであることのショックを消化しきれなかったハンドラーのちょっとしたミスでバーを一本落とさせちゃって、1ミス完走。

そして、AG3は待ち時間におやつをたっぷりもらって、満足しちゃったのか、まったくアジに集中せず。
指示を聞かず、勝手にやりだしたため、ハンドラーは途中で棄権して引き上げちゃいました。
すぐに反省させられることに。
Img_1346
Img_1348
ハンドラーの怒りが伝わったのか、神妙にしてました。

そして翌週は大凧。
Img_1360_2
天気予報通り、朝からドピーカン。かなりの暑さは人にも犬にもヤバイ感じでした。
Img_1357
鹿島家が用意してくれたタープは、コールマンの最上級モデルのウェザーマスター。
さらにテクミラーシートを何枚もかぶせてくれたおかげで、快適空間が出来ました。
Img_1351
さらに、扇風機とMAGICOOLも今期初投入して備えました。

この日は2リンク進行で、ビギナーズ→1度→2度→3度で行われることに、3度が始まるのは2時か3時か。終了は5時過ぎそうです。

出走順は8番目、先週とは打って変わって、イイ感じです。

そして、散々待って迎えた猛暑の中のJP3でジューン頑張りました。暑さでスピードはなかったものの、標準時間内で何とか走り抜け、JP3 4度目のクリーンラン達成。

次のAG3までは、またかなり待たされました。
その間、CRしたため、みんなから褒められ、ドヤ顔で浮かれたジューンは、すっかり満足しきっていてすでに帰りたいモードでした。
そして、気が抜けてたのはハンドラーも一緒でした。AG3が始まってすぐに迎えたドッグウォークに対し、確実に踏ませるという確たる意思を全く感じないあやふやな指示で乗り切ろうとする、いわゆる軽いプレーのおかげで、みごとに昇りをぶっ飛ばせると、もはや下りも制御できず、最後はコースミスをさせて無様に失格。

ジューンもハンドラーも2走するには気力・体力・集中力が持たないみたいです。
一日一走が限界なのでしょうか。

限界も見えて、年齢的にもアジ引退かと囁かれ始めて来たころ、本部大会を迎えました。今年は、ジャッジにスロベニアからミルヤ・ラパーニャ氏を招いて行われました。
Img_1375
唯一、二日に分けて実施される大会です。
初日が2度クラスとチーム戦、二日目は1度と3度クラスが行われました。
1度クラスが行われている時は、風も強く、肌寒い程でしたが、3度が始まる頃には、風も弱まり、気温も上がってきました。
JP3が始まりましたが、ジューンの出走順は80番目ぐらいだからまだまだです。
これ以上暑くなるとヤバイという頃やっと順番がやってきました。
スタートからいい感じでこなし、いい走りで終盤の山場を迎えました。
難しいスラロームのエントリーも無事成功、するとホッとしたのか、ハンドラーの思考が停止して、脳死状態に陥りました。
当然すべきスウィッチをせず、明確な指示することもなく、ただ、並走するだけだったため、最後に拒絶を二つ取られる始末。
このスラロームに対処するには色々なスウィッチが考えられます。
まずは、入り口でのバックスウィッチ。さらには、出口でのフロントスウィッチかエアプレーン。
いずれかのスウィッチを入れれば、次のハードルへの誘導は楽だったはず。
もしスウィッチが入れられなかったのなら、強い指示でハードルへ押し込むこともできたでしょう。さて、実際のハンドリングはどうだったでしょうか。

ここ最近、気力・体力・集中力が一走分しか持たない上、コンタクトゾーンのタッチが甘甘になっているため、前回の大凧ではニ走目のAGはお話になりませんでした。
ところがこの日のジューンは一味違いました。
全てのタッチを完璧にこなし、ノーミスで戻ってきました。
しかし、タイム設定が厳しく、ボーダーさんですら、タイム減点を取られるほどでした。結局7秒以上のタイム減点を取られ、21席でした。

ニ走ともそこそこいい走りでなにより楽しそうだったジューンにはもうしばらくガンバッてもらいましょう。

|

« 2017まとめて日記① | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66150/65294789

この記事へのトラックバック一覧です: 2017アジ記録②(Do・埼玉東・本部):

« 2017まとめて日記① | トップページ