« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017/07/07

2017アジ記録③(ST東日本)旅日記編

タンだす。今年の夏も東北遠征に行って来ました。今年は福島でした。
いつもなら、金曜の朝出発して、白河の「とら食堂」で昼食を食べてましたが、今回は午後の出発となったため、最小限の休憩だけで、宿に急ぎました。
なぜなら、夕食に去年の秋の遠征時に見つけた須賀川の「魚徳」さんに6時半の予約を入れていたからです。
Img_7354
宿は須賀川の「旅籠屋」さん。ジューンも一緒にごろごろできるし、夏場は気温の心配もいりません。ありがたいです。
各地にもっと出来て欲しいものです。Img_7369
ジュラ兄ちゃんのお下がりパジャマ。
サイズがほぼ一緒だし、ジュラは何一つ破壊しなかったから、気が付けばジュンジュン用に買ったものって少ないなぁ。

さて、ジューンには車でちょっと待機してもらって、タクシーで夕食に向かいました。
半年ぶりでしたけど、覚えていてくれました。
Img_7366
3種のお通しにまず唸る。
そしてさしみ盛り合わせ(アイナメ、とり貝・ヤリイカ・かつお・ウニなど)。
さらに、とうもろこしの揚げ物に地元牛のローストなど。
入手困難な地酒もリーズナブルに飲めるため大変なことに。
〆に稲庭うどんでごちそうさま。

競技が終わって向かった先は、お馴染の裏磐梯でしたが、宿ははじめての宿でした。
サンディーズは秋の大会時に行くつもりだったからです。
裏磐梯に通い続けて十数年、初めていつもと違う宿に泊まりました。
料理が美味しいと聞いていた宿で、ワラビや山ウドなどの磐梯山の幸を味あわせて頂きました♪ロケーションも素敵。
ただ、夕食の席に着くとすでに豆乳豚鍋が準備してあり、これが夕飯の全てかと驚きましたが、ちゃんと山菜やらお野菜やら馬刺しもありました。
Img_7429
量的にはちょうどよく、美味しく頂きました。
ただし、食堂にはワンコは入れませんでした。

翌朝、宿の目の前から桧原湖に降りられました。
Img_7397
Img_7405
きれいなお庭にびしょ濡れ犬。
Img_1415
朝遊びを終えたら朝食です。Img_7393
さけ・いくらわっぱの朝食もおいしかったです。

チェックアウト後に向かったのはなんと郡山、有名な酒屋「泉屋」さんでした。
Img_7424
Img_7423
大量に購入したため、一気にポイントがたまり、なんと「十四代」も購入させてもらえました。

そして、前日寄れなかった白河ラーメンを食べて帰ることにしました。
時間も1時半を過ぎそうだったので、とりあえず「とら食堂」に行ってみましたが、けっこう広い駐車場にすら入れない混雑ぶりだったので、「手打ち中華すずき」に変更。
ワンタン麺を美味しく頂きました。
Img_7425
家に帰ると、大事に持ち帰って来た「十四代」を楽しみました。
Img_7422_2
翌日、郵送して貰ったお酒が届きました。
Img_1419

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/05

2017アジ記録③(ST東日本)競技編

競技会名:ST連合東日本     
日付:2017年7月1日  
場所:福島信夫ヶ丘緑地公園

タンだす。今年の夏の東北は、いつもの仙台福島開催の上、クラブではなくST東日本という大きな大会でした。

Img_1399
競技会当日は、朝から小雨交じりでほぼ一日中降ったり、止んだりでした。
なので、前の晩に暑さ対策で用意しておいた、ジューンシールを貼った噴霧器は出番がありませんでした。
Img_1394
この大会は、朝からしっかり朝食の準備もしてくれていました。
Img_7371
コンビニでおにぎりを買うこともなく、おいしい朝食にありつけました。

この日は1度と2度で2リンク使用、3度は1リンクでスモール→ミディアム→ラージと進行していくので、ジューンの出番は昼近くになりました。
JP3は、バー落下2本の2ミス完走で23席。
行ってはいけないトンネルに行きかけたのを慌てて呼び戻したため、焦ったジューンはタイミングがずれて、歩幅が合わないまま、ハードルを続けて落としてしまいました。
行きかけたのを呼び戻すのではなく、はじめから行かないようにケアするハンドリングが必要だったのでは。
その後、直トンからの難しいスラロームのエントリーにはしっかり成功していただけに惜しまれます。しかし、柳生先生の難コースなので、失格しなかっただけ上出来でした。


AG3はさらに惜しく、バー落下1の1ミス完走にタイム減点が3秒ほど付いて、18席。
最難関であろう、ダブルバー後のトラップのトンネルを避けつつバーの裏飛びをさせる個所を難なくこなして、スラロームのエントリーもクリアしたのに、あまり必要性を感じない個所でエアプレーンをしてバー落下を誘発しているように見えます。
フロントスィッチでも良かったんじゃないか。

個人戦は終了しましたが、今回は団体戦にもエントリーしていました。
スピちゃん、ハム太郎(ハンドラーはママ)そしてジューン、チーム名は「プロデューサー幸江」そうです。鹿島ママがどうしても出たいと言って、メンバーを集めたのでした。
他のチームも仮装して参加しましたが、このチームはこんなことになっちゃいました。(撮影は美緒先生)

主催者や観衆の印象が物を言う判定に、スクールの先生や会場のMCをも巻き込んだ結果、ラージクラスで1席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ