« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018/11/23

2018アジ記録⑥山中湖2Days

競技会名:金沢クラブ    北陸甲信越ブロック
日付:2018年11月10日  2018年11月11日
場所:山中湖きらら      山中湖きらら 

タンだす。今年も山中湖で2 Daysの競技会が開かれました。
ジューンのお里なので無様な姿は許されません。
今回もウチのタープを張る予定だったので、早めに出発し、6時には会場に到着しました。
Img_2087 天気はそこそこだったのに、去年に続いて会場への入場誘導がダメ・ダメすぎて、大渋滞の大混乱。学習しないものかね。
そういえば、2年前までの松本会場でも大混乱してたっけ。会場の問題ではなく主催者のノウハウのなさ、技量のなさの問題なではないのか。他エリア(特に東北)を見習って勉強してみたらどうでしょう。

なんとか競技が開始されました。全4リンク進行で、1度と2度で2リンク、ビギナーと3度で2リンクでした。3度ラージだけで120頭の出陳でした。最初の競技JP3は午前中に終了しました。


撮影に失敗して、バーをウイングごとなぎ倒した場面しか録画されてませんでしたが、この1ミスのみでタイム減点付きの完走でした。やっと富士山も顔を出したところでジューンもパチリ。
Img_0242_2

Img_0245_2 お昼を挟んでAG3も始まりました。

スラロームまではよかったのですが、シーソーをぶっ飛び、続くバーも落として2ミスで完走。失格はなかったものの何かしらやらかします。

今宵の宿は、去年もお世話になった「バイロン」さん。食事が美味しくてジューンも一緒に寝られるお宿です。
Img_0252 Img_0254 Img_0255 Img_0256 Img_0257 Img_0259 Img_0251

さらに、朝食用のパンとおかずで、サンドウィッチにしてくれて5時に持たせてくれました。
Img_2095 二日目、会場着、寒い。
前日の状況を考慮した三井先生の判断と配慮により、スムーズに入場させてもらい大変助かりました。

この日の3度はラージだけで176頭もいて、いつ始まることやら、サンドウィッチを食べて気長に待ってると午前中にやっと始まったJP3は、

前半は順調でしたが、中盤のトンネルで拒絶を取られました。ハンドラーがトンネルの直前に左に一歩踏み出し、ジューンを押し出しているように見えます。さらに2秒ちょっとタイム減点を取られながらも完走。失格者が続出したため、176頭中39席になりました。

簡単に昼食をとりAG3を待ちます。

バーを一本落としタイム減点も3秒ほど取られてたものの完走。

二日間、4走して失格はゼロでしたが、またもクリーンランもポイントゲットも成りませんでしたが、まあ、アジは楽しそうだし、遠征は人間が楽しんでるし、あと一年ぐらいはジューンに頑張ってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/18

2018ビブリ日記④<ラスト>

タンだす。11月一週目はもちろんラストビブリに行ってきました。
土日で行ってきましたが、金曜から前乗りしていたルンルン家から夕方17時の時点で-1度との情報があって気を引き締めました。

予想外に高速が混んでいたけど11時前には到着できました。Img_2073

お山に到着すると、日差しもあって暖かかったけど風が冷たい。
珍しく草原サイトの中腹に入りました。
昨夜は-5度になったとか。早いうちからタープに籠ることになりそうです。
Img_2074

Img_0196
Img_0207_2 夕方からグーパパが持ってきてくれた、鮑の煮貝を甲州希少ワインでつまみつつ、寒さに備えます。
20時で外気温-1度になってました。でも前日よりは暖かいらしい。
Img_2076 Img_2077 兄弟たちのステーキも焼き上がったので、夕食にしました。
Img_0208 念願のすき焼きにしてもらいました。〆にはうどんを入れて大満足。
これを「うどんすき」だと言い張るおバカはほっといて、芋焼酎のお湯割りなどを楽しみ、湯たんぽを用意して就寝です。
Img_0212 翌朝-2度になっていて、車もタープも地面も凍っていました。
Img_0211
Img_2078 陽が上がってくると、素晴らしい秋晴れとなりました。
おとなしくは待てなかったけど、なんとか撤収を見守った兄弟達。
Img_2079 Img_2084
撤収を終えると、ちびっこを迎えたカムイ家に向かいました。
Img_0222 「ナルト」君です。ちびっこなのにとってもいい子でした。
Img_0215 お庭の広いドッグランで遊びに来たお友達とも遊びました。
Img_0219 Img_0220 Img_0221
羨ましい限りの八ヶ岳ライフをたっぷり楽しませてもらい、帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

2018アジ記録⑤福島遠征<旅日記編>

タンだす。福島遠征の始まりは、やっぱり「とら食堂」。
今回も素晴らしきマンネリコースを辿ることになりました。
今回は出発が遅れたこともあり。昼時を過ぎて到着。
平日の13時半を過ぎでもかなりの並びがあったので、名前を書いて待つことに。Img_00392 店の周りをジューンの散歩で時間をつぶしていると、30分ほどで入れましたが、まだ続々と客が来ていてさすがの「とら」でした。
Img_00411 かみさんはドンブリに店名が入っている中華そば、ワシはワンタン麺。
もちろんワンタンは食べられました。
大満足で向かった先はなんとイオンモールでした。
ここ最近買い物の時間が取れなかったため、日用品などを購入して宿に向かいました。
お馴染み、須賀川の「旅籠屋」さんです。
毎回必死こいてペットOK部屋を押さえます。もちろんジューンは車中泊はできますが、車中泊の連泊は避けてあげたいのでペットOK部屋を狙います。

一休みしたらジューンには車で待っててもらって、夕食に向かいます。
すっかりお馴染み「魚徳」さんです。店名の通り魚介が絶品です。
こんな料理を郡山で食べたら倍近い値段する、と言われてるみたいです。
Img_00423 お通し3点ですでに有名な地酒が進みます。
Img_0044 刺し盛りは、カニ・エビ・貝も旨かったですが、フエフキダイが絶品でした。
Img_0045 今や貴重だという天然物の川海老のかき揚げや
Img_0047 本物のししゃもを楽しんでいるとなんと自家製カラスミのサービスがありました。
Img_0048 超希少酒もガンガン進んでいると、お勧めされたのが、無花果とマスカルポーネの一品、あまりの旨さに震えました。
Img_0050

そして翌日、初日の競技会を情けない結果で終えたペアもがんばったペアも宿に入って一休み。何度か利用しているホテルサンルートです。街中のビビネスホテルですが、近くに美味しいモツ焼き屋があります。
Img_0074
まずは、以前も食べて旨かったモツを3種類ほど焼いてスタート。
みんな思い思いにドリンクをオーダー、そしてメニューの中に気になるものがありました。思い切って頼んでみたら、巨大なカルビでした。
Img_00701_2

さらに写真がありませんが、赤ワインで煮込んだモつ煮はバケット付きでさらに追加ライスで極上リゾットになりました。明日に備えてこのへんで終了。

そして翌日二日目の競技も終了して向かった先はもちろん、裏磐梯の「サンディーズ」さんです。ジューンとほぼ同じ年の二代目のセントバーニードのサンディー君が今年6月にお空に駆け上っちゃいました。ジューンは初めて会った時からふたりで上手に遊んでました。そんな話をオーナーとしつつも堪能しました。

サンディーズのディナー。なんと今年はお品書きがありました。
Img_0165
Img_0115 Img_0116 Img_0118 そろそろ我慢できないのがこのお方、もう少し待ってもらいましょう。やっと貰えたのは、極上のカツオでした。Img_0121 Img_0120_2

Img_0125 Img_0126 そしてメインはこれ。美しいA5ランクの米沢牛が出てきました。
Img_0129 今回は豆乳しゃぶしゃぶで。
Img_0127 Img_0131_2 デザートでもう食べられません。おやすみなさい。

翌日もいい天気。
Img_0132 朝食もすごかった。
Img_0134 湯布院から取り寄せたソーセージと野菜の蒸し物だそうです。
Img_0135 チェックアウト後向かった先はこれまたお馴染み、会津坂下の「五ノ井酒店」、途中のゴールドラインは紅葉が始まってました。
Img_0141 Img_0142 そして到着した五ノ井さんは改装が終わり、店内が広くなってました。
Img_0146今回もしこたま購入した日本酒たちの写真はありませんが、店を開けそうです。

坂下を後にして、向かった先は南会津、知り合いのカメラマンさんに教えてもらった紅葉スポット「観音沼森林公園」に向かいました。

南会津は蕎麦どころでした。
ふと見つけて街道を入った所にあった「なかい」で新蕎麦を。瑞々しくて美味しかった!
お母さんが一人で接客担当してて、アタフタしてるのをお客さんみんなでフォロー、長閑さも味なお店でした。
Img_0148 通常のたれもうまかったけど、エゴマのたれも風味良し。
Img_0151 観音沼森林公園は紅葉が始まり🍁、とても綺麗。カメラを構えた人々がたくさん。
山にに囲まれた南会津、これからの季節は見事だろうな。
Img_0155 Img_0156 Img_0157

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/01

2018アジ記録⑤福島遠征<競技編>

競技会名:仙台クラブ        東北ブロック

日付:2018月分年10月20日   2018年10月21日
場所:信夫ヶ丘緑地公園       信夫ヶ丘緑地公園

タンだす。今年も恒例の福島遠征に行ってきました。福島会場も4年目となりました。

Img_20381 初日は曇天で、肌寒かったです。この日は、1度と2度が2リンクでたすき掛け進行、3度は1リンクで通しでした。最初のJP3はお昼前に終わりました。
またしても、ノーミスで完走したけど、タイム減点を2秒ちょっと取られて、クリーンランならず。続くAG3はちょっとしたハンドリングミスで失格に終わり、初日が終了。
Img_0060_2 本日の主役は写真がよこになっちゃって、ひときわ目立つ5席のペアと今にもスキップし始めそうな4席のペアでした。
Img_0055

二日目は、前の晩に降った雨もすっかり上がって秋晴れとなりました。
Img_2042 Img_2043
Img_2044
いつものスタイルでスタンバイ。この日は、1度と3度で2リンク、2度が1リンクで進行していきました。ジューンはAGからでした。

難所をクリアしたかと思いきや、雑なハンドリングで裏飛びされて失格。
この後は、フラットのSarah ママさんが連写してくれた、ジュンジュン劇場。
失格してハンドラーが一瞬ヘタリ込んだ時から、気を取り直して走り出すまでの数秒間です。
かーちゃん大丈夫か?の心配顔から、走れる?キャッホー!の時の満面の笑顔を見てやって下さい。

さらに頂いた写真をたっぷりと。
Lrg_dsc003621 Lrg_dsc00365 Lrg_dsc00373 Lrg_dsc00377 Lrg_dsc00379

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »