アジリティ

2017/07/05

2017アジ記録③(ST東日本)競技編

競技会名:ST連合東日本     
日付:2017年7月1日  
場所:福島信夫ヶ丘緑地公園

タンだす。今年の夏の東北は、いつもの仙台福島開催の上、クラブではなくST東日本という大きな大会でした。

Img_1399
競技会当日は、朝から小雨交じりでほぼ一日中降ったり、止んだりでした。
なので、前の晩に暑さ対策で用意しておいた、ジューンシールを貼った噴霧器は出番がありませんでした。
Img_1394
この大会は、朝からしっかり朝食の準備もしてくれていました。
Img_7371
コンビニでおにぎりを買うこともなく、おいしい朝食にありつけました。

この日は1度と2度で2リンク使用、3度は1リンクでスモール→ミディアム→ラージと進行していくので、ジューンの出番は昼近くになりました。
JP3は、バー落下2本の2ミス完走で23席。
行ってはいけないトンネルに行きかけたのを慌てて呼び戻したため、焦ったジューンはタイミングがずれて、歩幅が合わないまま、ハードルを続けて落としてしまいました。
行きかけたのを呼び戻すのではなく、はじめから行かないようにケアするハンドリングが必要だったのでは。
その後、直トンからの難しいスラロームのエントリーにはしっかり成功していただけに惜しまれます。しかし、柳生先生の難コースなので、失格しなかっただけ上出来でした。


AG3はさらに惜しく、バー落下1の1ミス完走にタイム減点が3秒ほど付いて、18席。
最難関であろう、ダブルバー後のトラップのトンネルを避けつつバーの裏飛びをさせる個所を難なくこなして、スラロームのエントリーもクリアしたのに、あまり必要性を感じない個所でエアプレーンをしてバー落下を誘発しているように見えます。
フロントスィッチでも良かったんじゃないか。

個人戦は終了しましたが、今回は団体戦にもエントリーしていました。
スピちゃん、ハム太郎(ハンドラーはママ)そしてジューン、チーム名は「プロデューサー幸江」そうです。鹿島ママがどうしても出たいと言って、メンバーを集めたのでした。
他のチームも仮装して参加しましたが、このチームはこんなことになっちゃいました。(撮影は美緒先生)

主催者や観衆の印象が物を言う判定に、スクールの先生や会場のMCをも巻き込んだ結果、ラージクラスで1席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/07

2017アジ記録②(Do・埼玉東・本部)

33

競技会名:埼玉北クラブDO   埼玉東クラブ             FCIインター(本部)
日付:2017年5月14日     2017年5月21日   2017年6月4日          場所:吉見運動公園       大凧あげ祭り会場   東扇島

タンだす。今年の2戦目はDO、初戦から3カ月近く間が開いてしまいました。
この間、誕生日会やらGWやらで練習不足も甚だしいジューンに衝撃の事実が告げられました。なんと、昨年の最終戦に続いてまたしても1番出走でした。
ハンドラーは「またかよっ!」と思わず叫んでいました。きっと誰かが、怨念を送っているに違いありません。第一容疑者はO倉ママか?
Img_1341
吉見は曇天で肌寒いほどでしたが、ジューンには暑くなく快適ではないでしょうか。
Img_1343
コースセティングやコース検分を待つ間顔が出せるネットを取りつけたサークルで大人しく待つボクちん。
ただ、顔が出ている分、おやつをねだり放題でした。

そして始まったJP3はトップバッターであることのショックを消化しきれなかったハンドラーのちょっとしたミスでバーを一本落とさせちゃって、1ミス完走。

そして、AG3は待ち時間におやつをたっぷりもらって、満足しちゃったのか、まったくアジに集中せず。
指示を聞かず、勝手にやりだしたため、ハンドラーは途中で棄権して引き上げちゃいました。
すぐに反省させられることに。
Img_1346
Img_1348
ハンドラーの怒りが伝わったのか、神妙にしてました。

そして翌週は大凧。
Img_1360_2
天気予報通り、朝からドピーカン。かなりの暑さは人にも犬にもヤバイ感じでした。
Img_1357
鹿島家が用意してくれたタープは、コールマンの最上級モデルのウェザーマスター。
さらにテクミラーシートを何枚もかぶせてくれたおかげで、快適空間が出来ました。
Img_1351
さらに、扇風機とMAGICOOLも今期初投入して備えました。

この日は2リンク進行で、ビギナーズ→1度→2度→3度で行われることに、3度が始まるのは2時か3時か。終了は5時過ぎそうです。

出走順は8番目、先週とは打って変わって、イイ感じです。

そして、散々待って迎えた猛暑の中のJP3でジューン頑張りました。暑さでスピードはなかったものの、標準時間内で何とか走り抜け、JP3 4度目のクリーンラン達成。

次のAG3までは、またかなり待たされました。
その間、CRしたため、みんなから褒められ、ドヤ顔で浮かれたジューンは、すっかり満足しきっていてすでに帰りたいモードでした。
そして、気が抜けてたのはハンドラーも一緒でした。AG3が始まってすぐに迎えたドッグウォークに対し、確実に踏ませるという確たる意思を全く感じないあやふやな指示で乗り切ろうとする、いわゆる軽いプレーのおかげで、みごとに昇りをぶっ飛ばせると、もはや下りも制御できず、最後はコースミスをさせて無様に失格。

ジューンもハンドラーも2走するには気力・体力・集中力が持たないみたいです。
一日一走が限界なのでしょうか。

限界も見えて、年齢的にもアジ引退かと囁かれ始めて来たころ、本部大会を迎えました。今年は、ジャッジにスロベニアからミルヤ・ラパーニャ氏を招いて行われました。
Img_1375
唯一、二日に分けて実施される大会です。
初日が2度クラスとチーム戦、二日目は1度と3度クラスが行われました。
1度クラスが行われている時は、風も強く、肌寒い程でしたが、3度が始まる頃には、風も弱まり、気温も上がってきました。
JP3が始まりましたが、ジューンの出走順は80番目ぐらいだからまだまだです。
これ以上暑くなるとヤバイという頃やっと順番がやってきました。
スタートからいい感じでこなし、いい走りで終盤の山場を迎えました。
難しいスラロームのエントリーも無事成功、するとホッとしたのか、ハンドラーの思考が停止して、脳死状態に陥りました。
当然すべきスウィッチをせず、明確な指示することもなく、ただ、並走するだけだったため、最後に拒絶を二つ取られる始末。
このスラロームに対処するには色々なスウィッチが考えられます。
まずは、入り口でのバックスウィッチ。さらには、出口でのフロントスウィッチかエアプレーン。
いずれかのスウィッチを入れれば、次のハードルへの誘導は楽だったはず。
もしスウィッチが入れられなかったのなら、強い指示でハードルへ押し込むこともできたでしょう。さて、実際のハンドリングはどうだったでしょうか。

ここ最近、気力・体力・集中力が一走分しか持たない上、コンタクトゾーンのタッチが甘甘になっているため、前回の大凧ではニ走目のAGはお話になりませんでした。
ところがこの日のジューンは一味違いました。
全てのタッチを完璧にこなし、ノーミスで戻ってきました。
しかし、タイム設定が厳しく、ボーダーさんですら、タイム減点を取られるほどでした。結局7秒以上のタイム減点を取られ、21席でした。

ニ走ともそこそこいい走りでなにより楽しそうだったジューンにはもうしばらくガンバッてもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

2017アジ記録①シーズン開幕(埼玉ブロック)

競技会名:埼玉ブロック
日付:2017年2月25日
場所:大凧あげ祭り会場

Img_1289
今年 の開幕戦は、埼玉ブロックでした。
大凧会場は昨年に続き、とても天気が良くポカポカでした。
進行は、1度と2度が1リンク。3度が2リンクで行われました。
なので、昼前には皆競技が終了しました。
今回はビッカが避妊手術後のためお休みだったので、パパが皆にランチを振舞ってくれました。
先日の台湾旅行で仕入れて来たカラスミをたっぷり使ったチャーハンでした。
初めて食べましたがさすがの美味しさでした。(よくあることですが、夢中で食べてしまったので、写真がありません。)

さてさて競技の結果ですが、今年の公式戦一走目となるJP3で、なんとJP3では3回目となるクリーンランをすることが出来ました。
改めて見返すと分かりますが、ロングジャンプ後のバーの裏飛びですが、タイムロスを押えられるけど失格する確率が高まる、外回しを避け、インから回わす無難なハンドリングを選択しています。攻めのハンドリングではないけど、これがクリーンランに繋がりました。
Img_6624
ラージクラス124頭中、12席でした。上位にボーダコリーが並ぶ中、BCL以外はタービュレンとジューン(FR)の2頭のみでした。

続くAG3に3度クラス初めてのダブルクリーンランに期待がかかりましたが、そんなに上手くいくはずもなく、バー落下1の完走で27席でした。開幕戦としては上出来でしょう。
落としちゃったバーはストレートトンネルの次でした。バーの次は手前のシーソーですが奥にトラップとなるドッグウォークがあり、それを避けるため、身体を返すのが早かったみたいです。
Img_1294
この日もルンルンが遊びに来てました。デビューに向けて着実に進んでいるようでした。
競技が終わったジューンと派手にプロレス遊びをして、二人ともみごとなシバ犬になってました。
Img_1295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/29

2016アジ記録⑪(ST東日本・神奈川北)

競技会名:ST連合東日本   神奈川北クラブ
日付:2016年12月17日   2016年12月23日
場所:吉見運動公園      平塚競輪場河川敷多目的広場 
   

タンだす。2016年のアジ大会も残り2つとなりました。まずST連合が吉見で開催されました。
Img_1304
JP3は、バー落下1の1ミス完走でした。
AG3は、タッチは踏んでいたもののAフレームの下りでちゃんと止まらなかったため、次のバーの裏飛びの指示が遅れて、逆飛びさせて失格。
なかなか結果が残せません。

そんな中、兄弟のサラがカノンと遊びに来てくれました。
実は翌日の訓練競技に出るルークの応援に来る予定だったのだが今日だと勘違いしていたとのこと。もう行くつもりになっていたし、アジならジューンが来てるだろうからと行くことにしたそうです。
そしてダン君家に迎えられたルンルンも会場慣れも兼ねて遊びに来てました。
Img_6175
左からジューン・サラ・カノン・ルンルン
Img_6185
ルンルン、ジューンとのプロレスにノリノリ。去勢の抜糸前なのに^_^;。
ジューンのお母さんがルンルンのひいおばあちゃんという血縁です。
ジューンのようなお遊び大好きっ子に育ちそうです。

そして最終戦は今年も平塚、カレンダー上はクリスマスイブイブの三連休の初日となりました。
Img_1309

クラブアジで2度クラスまでしかないし、1Daysだったので、参加数も少なく、ウチらと手嶋家の二家族だったので、最近出動している、ウチのターープを張ることにしてました。
ところが、思わぬアクシデントが発生しました。
出発予定時刻になっても、ジューンではなく、ワシの排便が完了しません。
「ワシを置いて行ってくれー」と腹をおさえて、訴えましたが、事前に入手していた進行表によると、昼近くまで余裕があることが判明していたため、手嶋家に、受付をはじめ、さまざまなことをお願いして、会場に向かいました。
予定より3時間以上遅れて到着し、慌ててタープを建ててやっと落ち着きました。
すると、JP2ではなくAG2からのスタートなうえ、ジューンの出走順がラージ約90頭中トップバッターだったことが判明。
あまりのことに、ハンドラーは動揺してるし、ジューンの会場内ガス抜きもでてきないし。 お手上げ状態でした。
さらに、スタート直前に事件が起きていました。
競技開始を待っている1番ジューンと2番ダルメシアンちゃんがスタート前に緊張感もなくチュッチュと 遊んでいたそうです。するとダルちゃんの歯がジューンの口にくいこんじゃったそうです。
何が起こったのか分からないジューンはキャンキャン騒いでいたそうです。
傍から見るとジューンの口にダルメシアンがぶら下がってるように見えたそうです。
さすがにジャッジが「後に回りますか?」と聞いてきたそうです。
がしかし、まったくヘチャラな様子のジューンを見て続行したそうです。
色々あったのが良かったのでしょうか、久々のクリーンランができました。

そんな中、今日はクロスの応援に専念した真理ちゃんが、スパークリングワインとつまみを用意してくれました。クリスマス気分を味わってリラックス。
Img_6270

そしてJP2でなんとクリーンランをして、ジューン史上2度目のダブルクリーンランを達成 。

ハンドラー曰「楽〜に、ゆる〜く走ったジャンピング。ラインの作り方だったりスラの離れ方だったり、積み重ねてきたものが出せたから、もう少しこの感じて走っていこうね。」

Img_6279
サンタさんの足元でニッコニコなのはみくりちゃんとジューン。
二人共ダブルクリーンラン!今年最後の競技会をいい結果で締められました

<おまけ>
翌日ジューンのガンバッたご褒美にクリスマスディナーを手作り
Img_6293
自家製ローストビーフ・キヌア入りラタトゥイユ・ヤギミルク入りマッシュポテト
Img_1316
撮影のため、待てをかけられどんどん仏頂面になっちゃいましたが、良しの合図で秒速完食でした。

<またおまけ>
クリスマス3連休の最終日は、ジューンの所属するスクールのお楽しみコンペに参加。ハンドラーチェンジで鹿島ママとペアを組みサンタの衣装で走りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/03

2016アジ記録⑩(ソレイユ2Days)

競技会名:メリーレッグスクラブ   ヨコスカマリンブルークラブ
日付:2016年11月26日      2016年11月27日
場所:ソレイユの丘           ソレイユの丘

タンだす。今年も参加してきました、三浦半島ソレイユの丘で開催されたクラブアジ2Days。
Img_12941

先週のドラハ遠征に行ったいつもの仲間たちが今回は欠席だったので、ウチだけで参加してきました。
なので、がんばってタープを一人で建てました。
先日の松本遠征でO倉パパのアドバイス通り、シリコンスプレーをタープのジョイント部分にしたため、なんとか建てる事ができました。

今回の進行はかなり特殊で、3度はスモールから順にAGを競技した後、同様にJPを行うというものでした。通常、スモール・ミディアムクラスがAGから、ラージクラスがJPからだったので、いつもと勝手が違いますが、クラス間の公平さは取れていたと言えるでしょう。
昔、メイは必ずAGからだったので、たまにJPから始まると、AGに向けてウォーミングアップになるので、嬉しい半面、戸惑ってもいました。

そして始まったAG3、スタートからいい感じでこなしていましたが、未だに課題の一つであるタッチミスが出てしまいました。ドッグウォークの下りをぶっ飛んで1ミスながら完走でした。

遅ればせながら、タッチ練習を基本的に考え直すべきですが。
ちょうど5年前にも同様の指摘をしていましたが、改善されませんでした。
なので、もうタッチを捨て=AGを諦め=グラチャンも望まず、ただ単に楽しく走ることだけに徹すればいいのかな、とも感じていました。

すると続くJP3はスタート直後のトンネルを逆から入りそうになりましたが、何とか持ちこたえ、クリーンランできました。

もうこれを目指すしかないのでしょうか。

するとなんとも嬉しいお友達が顔を出してくれました。ママのお墓参りに近所まで来ていた、パリスちゃんです。超久しぶりの再会となりました。
Img_6072
左:パリス右:ジューン

アジ友達のみくりちゃんも遊びに来てくれました。
Img_6077
左:ジューン右:みくり

競技合間に、ソレイユ会場のお楽しみを買いに行って来ました。
Img_6070
船が戻ってきたばかりだという、超獲れたて生しらすをはじめ、地ダコやお勧めだというカワハギのみりん干しなどを購入。
CRの祝杯のお伴には充分です。
Img_6089
Img_6090
なましらすはウズラの卵をトッピングして、しらす丼にしました。
Fullsizerender
もちろんジューンにも。いつものラムミンチ肉に生しらすとウズラの卵を殻ごとトッピング。

二日目は早朝からの雨は止みましたが、寒かったです。

Img_1298
Img_1297
カセットストーブ2台をフル活用しました。

この日もAGからです。
スモールクラスが始まりましたが、失格が続出していて、「おやっと」思っていましたが、コースを見ると、失格ポイントが一か所やニか所ではなく、コースのあちこちにバラ撒かれているではありませんか。
これは大変だと思っているとラージもバタバタと倒れて行きました。
ジューンは序盤は何とか凌ぎましたが、中盤のトラップをこなせずアウト。

続くJPはスタートシーケンスを難なくこなした後のトンネルに逆から入りそうになるのを何とか防いだものの、バーを一本落として1ミス完走。

写真をたくさん撮っていただきました。
Img_6098
Img_6099
Img_6102
Img_6103
Img_6108
Img_61131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/28

2016アジ記録⑨(松本アジ遠征)

  

競技会名:FCI西日本インター    
日付:2016年11月12日  
場所:信州スカイパーク

タンだす。土曜日の競技会に参加するため、前乗りで松本に行って来ました。宿泊はリーズナブルな、スマイルホテル。素泊まりで一人3000円程でした。ジューンはもちろん車中泊です。そして夕飯に向かった先は、「きく蔵」さんです。
Img_5962
Img_5970
去年見つけたこの店は居酒屋探訪家としても知られる、元資生堂のアートディレクター、太田和彦氏の番組「ふらり旅 いい酒。いい肴」でも紹介されている名店です。
Img_5964
お通し3点盛り
Img_5966
バイ貝の刺身
Img_5967
鮎の一夜干し
Img_5968
松本名物、地鶏の山賊焼き
Img_5969
きのこ鍋と里芋
Img_5971

大満足で後は寝るだけです。今回はウチのタープを張ることになっていたので、ホテルの朝食は諦めて早めに出発。6時半には会場に到着しました。ホットコーヒーとコンビニサンドウィッチで朝食を取りつつ待っていると、ぼちぼち競技が始まりました。ジャッジにはスェーデンからベルク氏を招待してました。一走目のJP3はチョットした指示ミスで失格。続くAG3は、全体的にいい走りでしたが、ドッグウォークの登りのタッチを慎重になり過ぎてプレッシャーを掛け過ぎたために、ジューンの歩幅が乱れバランスを崩して、登りの途中で落下しちゃって拒絶を取られちゃいました。他は良かったので、悔いが残る結果となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/14

2016アジ記録⑧(東北遠征(競技編))

競技会名:仙台クラブ     東北ブロック
日付:2016年10月22日  2016年10月23日
場所:信夫ヶ丘緑地公園   信夫ヶ丘緑地公園

タンだす。秋の東北大会は今年も福島でした。今回もデカタープを張ってもらっら上、タープのすぐ後ろに障害者駐車スペースを設置してくれたため、大変助かりました。初日の仙台クラブは朝から曇り空でなかなか陽が当たって来ないため、結構寒かったです。
Img_1254
進行は3度→1度が2リンク、2度が1リンクでした。
なので、朝一から競技が開始され、昼前には終了しました。
結果は、JP3・AG3ともにバーを一本落として、1ミス完走でした。



2DAYSの初日、特にJPはノーコントロールに終わることが多かったので上出来です。そして二日目の東北ブロックが始まりました。
まずは、会場で用意されてた豪華朝食で気合を入れます。
Img_58021
Img_5803
早朝からこんな準備をしてくれることも、東北大会が人気の理由でしょう。
JP3はノーミス完走ながらタイム減点が4秒以上ついちゃいましたが、ボーダーコリーですら厳しいタイム設定だったので、良しとしましょう。

問題は次のAG3でした。3走失格なしでいい流れで来たのに、スタート直後の2本目を逆飛びさせて瞬殺でした。

グラチャンへの希望が縮んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/05

2016アジ記録⑦(夏みちのくアジ遠征<競技編>)

競技会名:仙台トレーナーズクラブ
日付:2016年7月2日           
場所: 泉区赤十字血液センター

Img_1067_2              タンだす。
遠征二日目は競技会当日です。
競技開始は9時ですが、今回はウチがタープを張ることにしていたので、7時には到着してスーちゃんパパに手伝って貰って、一緒にタープ下に落ち着きました。
朝から曇天だったので、毎年の仙台ほどの暑さは大丈夫だと思ったのですが、すぐに日が差してきたので、慌てて遮光シートのテクミラーをタープにかぶせると、劇的に涼しくなりました。
Img_1068
この大会は、3度クラスがなかったので、ジューンもスーちゃんも2度クラスでの参加です。
地方のクラブアジではよくあることなので、日本代表を目指すような、超トップクラスのペアは参加しないことが多いのです。
なので、今回2度に出走したラージクラスは42頭でしたが、このうちジューンと同じ3度クラスは3分の1ぐらいでしょうか。
これまでも、3度クラスのないクラブアジ大会に2度クラスで5戦10走しましたが、結果は1CR,4完走、5失格でした。唯一のCRは去年のこの大会のJP2で、2席でした。

前日に必ず美味いものを食べてる飼い主はこの大会は相性がいいと勝手に決め込んでました。
そして迎えたJP2でジューン頑張りました。
3度の経験を積んでいたせいか、所属スクールのmio先生が設計を担当したコースだったせいか。
スタートシークエンスを難なくこなしながら、トンネルトラップも回避して加速して行きました。
さらに、スラローム直後の、バーを落としやすい難しい角度に設定されたハードルを慎重にクリアするとそのままゴールしてCR。
2頭のボーダーコリーに次いで3席に入りました。

続くAG2を迎えるころには小雨が降ってきて、気温は下がったもののタッチ障害が滑りやすくなることが心配でした。
いつも以上に慎重にタッチ障害をこなし、CRで4席。

なんと、1度時代から数えても、初めてのダブルクリーンランを達成。
2度クラスだったとはいえ、ダブル入賞のおまけつきでした。
Img_5022
これで、グラチャンまであと18ポイントとなりました。
コツコツいけば、夢じゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/12

2016アジ記録⑥(本部・横須賀中央)

競技会名:FCIインター(本部)       横須賀中央クラブ
日付:2016年6月5日           2016年6月11日
場所:東扇島                 ソレイユの丘

タンだす。6月は本部大会でスタートです。
この日は早朝から小雨が降っていて、肌寒い程でした。
Img_1026
会場に到着すると、パドックにはいつものデカタープがすでに建っており、大変有難かったです。いつもありがとう。
タープ下に落ち着くとそこは人と犬で賑やかでした。
Img_1027
Img_1028

本部大会は二日に分けて行われます。
初日は1度・2度クラス、二日目のこの日は、3度クラスと団体戦が行われます。
よって、朝一から競技が開始されます。
昼過ぎまで待たされるよりは余程ましなのですが、最初の競技JP3が始まる頃には、雨が強くなってきました。
なので、動画を撮ることが出来ず、遠目から見るだけでした。良く見えませんでしたが、どこかでバーを落とした後、ちょっとしたハンドリングの迷いから、拒絶を取られてしまいましたが、失格することなくゴールまで戻ってきました。
この日は出走頭数が多く、最初から「失格即退場」ルール適用だったため、最後まで走る事が出来たのは上出来でした。

そしてAG3が始まる頃には雨も上がりました。
スタート直後、2番から3番に向かう途中にトンネルトラップが仕掛けられていました。
トラップに行きかけたジューンを渾身の絶叫で呼び戻すと後は落ち着いて走りました。
途中シーソーでは、先程の呼びが効きすぎたのか、なかなか下りて来なくて焦ったそうです。後半はタッチも問題なく、バーも落とさず、なんとまさかのクリーンラン。

AG3の初CRまで2年5カ月かかりましたが、それから3カ月で2度目のCRができました。ラージクラス151頭中クリーンランが17頭でジューンは16席でした、そしてCRの中にはフラットのミーモもいました。

CR17頭中ボーダーコリーが13頭で、2頭がフラットでした、奇跡の日だったのでしょうか。Img_4849
左:ミーモ右:ジューン、ミーモはJP3もクリーンランしていて、おみごとWCRでした。
Img_4846_2
大きな大会でのCRだったので、アジリティー・チャンピオン・ポイントを10P頂きました。
北関東ブロックでの7Pと合わせて、17Pになりました。
グランド・アジリティー・チャンピオン(グラチャン)まであと23Pです。

そして、今後、本部大会やFCIの大会ではマイクロチップを入れていない犬には3度での出場資格が与えられない、と発表したJKCは今大会会場でマイクロチップを格安で入れる事が出来るサービスを行いました。

Img_1031
ジューンも7歳にして入れてもらいました。
Img_1035

二戦目は今年から始まった新たなクラブ大会でしたが、場所はお馴染の所でした。
ウチからは第三京浜→横横道路で三浦半島へ、丘の上の会場にはまたしてもすでにデカタープが建っている上、遮光シートでしっかり補強していたため、早朝からの強い日差しにも対応出来ました。
Img_1036
Img_1039
タープの下は涼しいくらいでした。

この日の進行は、ビギナーと1度クラスが1リンク。2度と3度が2リンクでした。
そして、ビギナー1にT家のアリーがデビューし、みごとな走りでクリーンランを披露しました。みんなで応援して盛り上がりました。

そして2度も終り、3度が始まりました。
1走目のJPはジューンは元気にスタートして行きました。序盤のシークエンスも無難にこなした後、ハンドラーがまたもや裏技を繰り出したのでした。
それは、グリーンのトンネルを出た後、食らいつこうとするジューンをいなすように、クルクルと回り、さらに両手を上に上げて何も指示してないよアピールもしっかりしています。
この状態だとジャッジは反則を取りずらいとのことです。
ただ良く見ると、回りながら足でハードルを飛ばせています。ギリギリの大技です。
次のハードルも怪しく飛ばせた所で「残念ながら失格です」のアナウンスがリンクに流れました。ハンドラーがやっぱりバレたか、と不審に感じながらスラロームをこなしている時「標準タイムを過ぎたのですみやかに退場してください」とのアナウンスが、やっぱり失格だったかと思い最後のハードルを飛ばす時には、ハンドラーは歩いてます。
さらに、ゴール直後にも「退場してください」と畳みこみます。
走り終わったハンドラーはギャラリーに「失格?」と確認しています。
実はこのアナウンスは隣のリンクのものが大音量で流れて来たものでした。
それにしても、隣のペアもしつこく退場しなかったものです。

おかげでジューンはノーミス完走ながらタイム減点を1.55秒取られて、クリーンランならず。最後までちゃんと走っていればと、もやもやが止まりません。席次は6席でした。

気持ちを建て直すことが出来ないまま突入したAGは、ドッグウォークの登りも下りも気持ち良くぶっ飛び、気落ちしたハンドラーがハードルを拒絶させて終了。
AGでも隣のリンクのアナウンスが入ってます。とことん邪魔されました。
Img_4890
動画では分かりずらかった、登りも頂いた写真で見るとしっかりジャッジの手は上がってるのが分かります。もう映像がないので、頂いた写真で繋ぎます。
Img_4887
Img_48881
Img_4889
Img_4891

さて、これからが、真の目的だと言ってもいいでしょう。競技の合間に向かった先は、
Img_4863
朝獲れ生シラスを求めて漁師さんがやってる小さいけど超人気のお店へ。
Img_4868
シラスだけでなく、地ダコも購入、大正解
Img_4869
Img_4886
敬意を表して、先日入手していた、秘蔵の「飛露喜」を開けました。
生シラスは悶絶ものの美味しさでした。

このお方も黙ってはいません。
Img_4885
目が何度もマンマルになってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/26

2016アジ記録⑤(埼玉東・DO)

競技会名:埼玉東クラブ     埼玉北クラブDO
日付:2016年5月15日     日付:2016年5月22日               
場所:大凧あげ祭り会場     場所:吉見運動公園

タンだす。5月の競技会は二つ。
一つ目は大凧にて埼玉東でした。
いつもは、共同で購入した大きなタープにみんなで入ってますが、今回はウチと手○家だけの参加だったため、小さな通常のタープを建てる事にしました。
今回のような場合にも対応できるようにと、ウチもニュータープを購入してあったので今回試してみる事にしました。
Quickcampのワンタッチスクリーンシェードです。
傘を開くように広げて、畳むという触れ込みのものでした。かみさん一人で建てられるかが焦点でしたが、やはりちょっと難しかったようです。
手○家に手伝って貰い無事完成。撤収の方が簡単のようでした。

ウチのタープを建てるので、ガンバッテ早めに出発して6時には会場に到着していました。朝から風もなく、いい天気で、暑くなりそうでした。
Img_1001
なんとこの日は最近では珍しく、2リンクのみの進行で、アトラクション→1度→2度→3度で行われました。
いくら、普段より出陳頭数が少ないクラブとは言え、さすがに今時2リンクでは無理がありました。11時を過ぎても1度が終わりません。
一番頭数の多い2度はいったいいつ終わるのだろうか、会場のあちらこちらから、大会運営に対し不安視する声が聞こえ始めました。
早朝から会場に来ている参加者はひたすら待つしかありません。
待ち時間が長過ぎて、犬もハンドラーもどんどん集中力がなくなっていきました。

そんな余りある待ち時間には。知り合いが参加していた訓練競技などを見に行ってました。
ジューンの兄弟サラんちのルークも訓練に出てました。
その合間にサラとカノンが遊びに来てくれました。
Img_1007
Img_1009

15時なってもまだ3度は始まりません。
すでに10時間近くここにいます。
ようやく始まったJP3でも小さな事件がありました。
出走の順番を待っていたジューンは581番だったのですが、578番が走り終わった途端に次だからスタート位置に入って、と言われたそうです。
実は2頭が欠席とシーズン犬だったそうです。
通常は出走順を待ってる時に、欠席があることは知らされることが多かったので、何の告知もなく、突然だったので、心の準備もままなららいまま。走らざるを得ませんでした。
有力ペアなら、間違いなく待ったをかけてクレームを入れる状況ですが、そこはジューンだったので、そのまま走ってみごと失格を受けました。
お手伝いに駆り出されてる動物学校の学生さんは単位獲得の足しになるためにがんばりますが、所詮トーシロウです。事前のミーティング等、大会事務局の指導力で差が出てきます。
今回は、かなり綻びが目立ちました。
進行が押せ押せになる中ようやく始まった3度はなんと、失格即退場に変更されました。
Img_1010

さらに待たされたAG3。
かなり落ち着いてるように見えたジューンは、無難にスタートしたものの、ドッグウォークの下りをピョンとぶっ飛んじゃいました。後はいい走りでゴール。1ミスながら完走でした。

ようやく全競技が終了したので、表彰式とは無関係だったのでとっとと帰路につきました。それでも18時近くになってました。常磐道からぐるぐるジャンクション経由で東名を目指しました。
すると何てことか、事故で用賀と東名川崎の間が通行止めになってました。
その影響で、3号線も渋谷まで渋滞が発生。
なんとか三軒茶屋まで行って246に降りようとしましたが、ほとんど動きません。
ようやく降りられた時にはもうへとへとです。お腹もすいたので、帰るなりエヌ・ダイニングに直行しました。
Img_1013
鶏肉冷やし中華そばと自家製チャーシューと自家製雲呑のワンタン麺大変美味しく、助かりました。

次は吉見でDOアジです。
この日も朝からドピーカンで暑かったです。
いつものデカタープに入って一休み。
この日は4リンク進行の上、3度は朝一から競技開始だったため、午前中には終了しそうです。早々にJP3が始まりました。
いつものことですが、ジューンは一走目はより前のめりになり、暴走して、失格を喰らうことが多かったのですが、この日も前のめりの走りでバーを2本落としたものの失格はせず完走しました。

一走目のJP3がそこそこテンションコントロールができていたのと、待機場所のタープ下をある程度フリーにしてもらいご機嫌だったため、次のAG3にはいい流れが来ているように思われました。
スタートして途中まではそこそこでしたが、Aフレームの下りでやらかしました。
ハンドラーは下りで止まらず次のハードルを狙っていた、と言っていましたが、良く見ると違うね、下りを掛け抜けてもタッチを取られなかったのは、タイムを考えれば進歩しているのに、それを生かせなかったのはひとえにハンドリングの問題です。
見ればわかりますが、Aフレームの下りでハンドラーはそのまま走り込んでます。
これではジューンを前方に押しこむことになります。
さらに身体の向きが正面なので、飛ぶべき左のバーではなく斜め右のバーに誘導しっちゃってます。
大声のコマンドとハンドシグナルだけでなく、ハンドラーの走るスピードの強弱、身体の向きを含めてハンドリングだということは、分かっているはずですが、うっかりしたのか、分かっていても身体と頭が動かなかったのか、残念でした。
そして、DOアジと言えば、事前予約で頼める、手作り「豚汁」付きカツサンドと参加賞のオリジナルTシャツです。
カツサンドは万世からさぼてんに変更されましたが、豚汁は相変わらず、競技会場でスタッフが手作りしてました(写真撮り忘れた)。
Tシャツは参加申し込み時に同封した写真をプリントしてくれます。今年はこんな絵柄になりました。
Fullsizerender
Img_4780
タープ下では、オヤツをねだったり、うろうろしたり、
Img_4781
こんなTシャツも買って貰いました。
Img_4787
「見返りイケメン」をねらったところ、首だけ伸びた変な生物になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧