手作り酵素

2010/07/11

梅の酵素2010完成

少し前に、梅の酵素が完成しました~。
濾したのは仕込んでから4日目だったけど、味を変わらなくするためのサンゴを入れて、今日まで樽で落ち着かせてました。

手作り酵素ブームなので、今、その材料の「海の精」が現在生産が追いつかなくて、納品待ちなんです。
うちも未だ届かず…。
そしたらsanaeさんがストック分を分けてくれまして、その助けを得て無事完成です。
100710k
10㌔仕込んで10ℓ、たっぷり出来上がりました。

梅酵素に比べて、味で全く人気のない「春の酵素」ですが、実は私は嫌いじゃない。
余り草の匂いが出なかったので飲みにくくないし、なによりちょっと胃もたれがするな、なんて時に飲むと効果てきめんで重宝しています。
ワンコが胸やけする時に草を食べるように、私の体にも野草が合うみたい^^;。

100710_2本日は午前中にもう一仕事。
熟し過ぎたバナナがあったので、ジューンのアジ練用おやつに「バナナケーキ」を焼きました。

玄米粉、小麦粉、卵、グリーンナッツオイル、ベーキングパウダー少し。

がーっと混ぜ合わせるだけの簡単な、でもいい匂いのしっとりケーキが出来上がり。
はちみつ入れたり、米粉で作ったり、入れるもののバリエーションでいろいろ楽しめそうです。

メイさんを待たせる。
100710m

ジューン君も真剣。ヨダレが滝になりました。
100710j
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/30

梅の酵素2010

なんとも美味しそうな梅酵素作りのブログをいろいろ見せていただいて、自分でも作ってしまいましたよ~。

主役の梅到着。シーズンの今は即日発送してくれます。
箱を開けた途端、甘い梅の香りが広がりました。
100630
「規格外」の商品なので変色や傷があって、値段は安いです。
でも、そんなの気にならない香りと艶やかさ。

酵素作りに使う食材は、漬け込む前に、前に作った酵素水で洗って、農薬を落とします。
100630a
梅が8割、その他の果物を5種類以上で2割の法則。
私が用意したのはサクランボ、スモモ、レモン、スイカ、ビワ、トマト、メロンです。
メロンはアルコール臭がよく出るそうだし、かつ私の常在菌にはアルコールがたっぷり含まれているようなので、使う量は少なめにしました。実際に入れたのはこの写真の1/4量です。

切っては砂糖をまぶし、それを繰り返して全10㎏。
100630b
お砂糖で蓋をして発酵が始まります。

約10時間後の酵素ちゃん。
水分思った以上にでていました。
砂糖が溶けてないので、優しく上下を返すようにかき混ぜて砂糖を溶かしていきます。あと1日かそこらで砂糖は全部溶けるはずだとか。
100630c
本当にいい匂い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/12

酵素飲み比べ~ジュンジュン参加

ちあきさん&ターボママと作った春の野草の酵素ちゃんを飲み比べてみました。

100611a同じ場所で草を摘み、同じ量を採取し、同じ水で洗い、同じ量の砂糖を入れて、同じ“海の精”を入れたのに。

味が違うんです、全然。

ターボママの酵素はいまだ草の匂いがムンムン。

私の酵素は草の匂いは全くなく、ちあきさん曰く「アルコールな感じ」
やはり私の体から滲みでるアルコールが常在菌として大量注入されたのか???

ちあきさんのはその中間。

面白いなぁ~~。
出来た量もみんなは8ℓ出来たのに私は6ℓだけでしたし。

100611b
今回、飲み比べ会のためにみんなに我が町まで遠征してもらい、n.baseからn.のハシゴをしてもらいました。
たっぷり食べながら途中でメイジューンも合流して、n.で賑やかな夜を過ごして、たくさんお喋りして終了したのは深夜1時半過ぎ。

で、帰ってからターボママから貰った酵素が入ったペットボトルだけ、テーブルの上に置きっぱにしちゃったの(>_<)。
100611c
朝、起きたらこれだよ。

カバナの中に持ち込んでの作業でした。
100611d
ほとんどは、ドッグベッドに吸い込まれたと思われます。
boy君は、この酵素が嫌いで全然飲まないんだって。
でもジュンジュンは大好きなのね、これが。

美味しかったのよね。
110611e_3
ジュンジュンを責める事は出来ないけど、ダメなものはダメ~~と説教。

ちょっと前にもプラかご取っ手をガジガジして説教されたっけ。
100611f_2
ただいま、プラものに我を忘れてます。
焼き鳥のタレ&マヨネーズのボトルもやりました。

ジューンは私に怒られ、私はタンに怒られてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/26

漉しました。完成しました。

テキストによれば、暖かい春に作る酵素は1週間ほどで漉せる状態になるとありますが、2月並みの寒さが続いた週でしたので、もうちょっともうちょっと、と3日延長して、10日目に漉し作業を行いました。

目安としては葉っぱがかなりしんなりしてきたかな?って思って。
100424a
一回り小さい樽を用意し、そこにザルと、ターボまま教わったように目の細かい洗濯ネット(特大)を重ねます。
ザルに野草を移し替え、押さえづけずに一昼夜かけてゆっくり漉します(蓋はします)。

大きな樽に残った少しのエキスは、お水で割って、んなで味見。
100424b
草原の匂いがプンプンしますが嫌な匂いじゃありません。そして奇跡的に(?)美味しい。

漉してる間にアジ練に行きました。
100425a
フィールド脇を眺めると、いまや馴染み深い草達にどうしても目が行ってしまいます。
よく育ったヨモギと、入れると美味しくなるとうスイバが並んでるのを見て、つい笑ちゃいました。

100425b
メイジューンは春の酵素でどんな変化が見られるか?まずは草を食べないようになるのか?が興味しんしん。
(と言ってもメイもジューンも葉っぱを食べる事にさほど執着はないんです。大好きだったのはジュライ・・・やっぱりどうしてもジュラに飲ませたかったなぁ・・・)

一昼夜経ちました。
漉しあがったエキスに昆布などの海藻から作られている「海の精」という酵素を投入。
ヨード、カルシウム、ミネラルが豊富で、酵素がさらにパワーアップします。
100426
出来上がったエキスはこんなに茶色いの。いいのかしら?青さのかけらも見られないけど。

この後はこのまま1週間ほど樽で寝かせておくと味がまろやかになるそうです。

これからゴールデンウィークでほぼ1週間家を留守にするので、ちょうどいいの^^;。
発酵抑制のためにサンゴの棒を入れました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/20

春の酵素6日目

いつもは部屋の片隅でガードされてる酵素ちゃん。
100420aa_2
万が一バカボンにひっくり返された日には、せっかくの汗の結晶が無になるし、本犬はべたべた砂糖まみれになるしで大惨劇になるから。

先ほど、かき混ぜて様子を良く見るためにひっぱり出してきました。
家族みんなの常在菌もしっかり入るように。
100420
やっぱりメイはあんまり興味なし。
君のためにが一番なんだよ~。

バカボンには樽の内側をぺロりと舐められた。

で、喜ばしい事に今日になって急に水分量が多くなってきました。しっとり漬かっているのが見た目にも少しわかるように。

暖かい春の陽気だったら1週間で濾しに入るようですが、寒い日も多かったし、あと1日2日延ばした方がよさそうなんですが、いかがでしょう?作った方。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/04/18

久々アジ練

信じられない寒い春になってしまいました。一昨日は夜中に雪が・・・。
でも久々のアジ練の今日は、久々の好天でしたよ。

100418a_4
フィールド脇を囲む土手にたくさん咲く野草・・・群馬で摘んだのと全く一緒なんだ、これが。来年はここで摘んで作れる、と言いたいけどワンコのチッコをふんだんに吸ってるからね~。

待機用クレートはメッシュを破られた扉部分に、内側にネットを留めつけて修復。
100418b_2
でも左半分はなんとかつけたけど、上と右半分は時間切れで仮留め状態で入れたんですよ・・・。敗れたメッシュもそのままだし。
本日、やっぱり弱い部分から引きちぎられました。次回までにちゃんと補強せねば・・・もう意地です。

メイのクラスは今日は練習スケジュールなしです。
100418c
なんで、タンの腹でひたぼっこ見学。

今日からバーの高さを35㎝から45㎝にアップしました。バックスイッチの練習も始めました。
100418d
スタートの「ステイ!」を言い聞かせている所。ジュラと同じく待てない犬になりそうな片鱗があるの・・・マズイ。

最初の数走は元気!でも次第に飽きて失速していきます。
100418e
飽きるのが早いから、もっと紐付きボールで遊びながら楽しい気分にしてあげる事を次回の課題にしようと思います。

100418f
私の方をすごくよく見てるんだ、ってこの写真を見て感激しました。
でも見すぎなんだよ、これだと。
チラっと確認した後は自分で前に進めないと、この先の苦労が見えるんだよ・・・。ジューンを先に行かせて私が後ろで進路を変更しなければならないバックスイッチにさっそく苦戦です。

スラは初めてノーリードでチャレンジ(ガード付き)しました。
おやつへのモチベーションが非常に高いのが顕著に出て、逸れずにガンガン進みました。「ボールよりとにかくおやつ!」なのが今のジューンです。

100418k さて、本日4月18日の酵素ちゃん。
相変わらずさしたる変化なし・・・。秋の酵素は日々変わっていくから見守っていて楽しいんだってね。
春は地味だ・・・。気持ち、水分部分が滑らかになった気はしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経過報告

my酵素ちゃん・・・
100416 100417

最初の日から今日まで見た目の変化がない。
これでいいのか?

舐めたら、ちょっと味がなじんできた気がするんですが・・・。
余り水分が出ないんです。
16日には白い泡がちょっと出たけど、今日は静まりかえったまま。

蓋を開けるとジュンジュンは寄って来る。でもメイは無関心。
ジューンの場合は、なんでも楽しいヤツだから何の尺度にもならず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/16

春の酵素教室

4月14日水曜日、ターボママ、ちあきさんと一緒に群馬まで行って春の酵素教室に参加してきました!朝10時に集合。

春の酵素は野草の新芽で作ります。種類は多ければ多いほどいい。「伸びゆくエネルギーの高い酵素」を作るために新鮮で瑞々しいうちに漬け込みたいので、すばやく大量に材料を集めましょう。

↑がポイントです。
そのためには「草の名前とか効能とかには一切こだわらず、とにかく両手でガバッと掴んで、柔らかい上の部分をちぎり取っていくように」と先生からせかされました。
唯一入れてはならないのは臭みのある「ノビル」。
P1060683
採りながら、草肝臓にいいというヨモギは特に意識して探しちゃう。花はつぼみを入れるのがいいけど、開いた花にはポリフェノールがあってそれもいいので、桜の花とかも入れてOK。
少ないけど土筆やクローバーも見つかりました。

この草採り作業は手袋はしちゃいけなくて、素手でやります。
爪の間は染まっていくし、表面はボロボロになりますよ~。

P1060686
寒い~~と言って着込んでいるちあきさん。この日は本当に風が強かった。

草を求めて計4箇所の地点を巡りました。
P1060688
道路脇に車をズラッと並べて崖に這いつくばって採取。

Suiba スイバはこれです。

みかけの割に茎が柔らかくてポキポキ採取できます。

なんの変哲もなく見ていた道端の雑草を大事に摘むなんて(正確にはむしっていく)、初めての経験で新鮮です。


P1060692
ほんの10分ほど採ったらまた次の地点に移動です。
東京では散った桜がまだここでは満開で見事でした。

P1060694
ここにはメイが春先に好んで食べる、葉先がピンピン尖ってる草が大量にあって、メイの顔を思い浮かべながらせっせとむしり取りました。
「この葉っぱ、お尻から出るよね~」なんて話をしながら^m^。

ラストはこの広い土手。たんぽぽが群生してました。
P1060702

さぁ、後は摘んだ草が弱らないうちに大急ぎで仕込むのだ!!!
お昼ごはんを食べる間もなく、そのまま作業に突入します。
P1060704
まず摘んだ草を大きなザルにあけて湧き水で洗っていきます。
よく水を切って量を計ったら(私とちあきさんの材料はほとんど同量で8㎏ちょっとでした)、これをもとに入れる砂糖の分量が決まります。砂糖は材料の1.1~1.2倍使います。

秋の酵素教室を経験し、おうちでも作っているターボママの指導のもと作業開始。
P1060705
手がよく動くし、早いんだ、ターボママのやる事は。

次は大量の草をひたすら切っていく作業。手早いターボママとちあきさんに遅れまいと、せっせと刻み続けました。
P1060709
草は両手いっぱいの草をゲンコツ状に丸めてから、端からざく切りしていきます。
嵩があるので、包丁の歯は幅があるものが切りやすい。あれば菜切り包丁が一番だと思います。

草1㎏(大体)に1㎏のお砂糖を混ぜるのが混ぜやすい分量。
P1060711
これを繰り返していきます。大量にあるけど、柔らかいので腕とか疲れないし辛くない。

最後の仕上げは発酵促進剤の投入とそれを押さえる砂糖の投入。
P1060712
完成です。
出来上がりの樽の重さは草8㎏+砂糖9.5㎏+樽1㎏で、足すと18.5㎏。
なんとか自分で運べる重さです。

P1060719a 家について蓋を開けたら茶色くなっている部分があって一瞬ドキっ。
でもちあきさんもそうみたいんなんで、これが当たり前でいいのかな?
発酵促進剤のせいかしら。

ともあれ、
ようこそ!うちの酵素ちゃん!


P1060721a ←一夜明けた酵素ちゃんの姿。
砂糖は全部自然に溶けてます。

青臭さと砂糖の甘ったるい匂い、2つの匂いがはっきり分かれています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/24

ジューン抜糸&酵素がやって来た

去勢手術から1週間、傷口はきれいになり、無事抜糸となりました。
100123
エリカラが取れて有難さを実感してるのは、ジューンより私達。
あつこちぶつかる音、舗道にズリズリする音、非常にうるさかった。
私の足にまとわりついて来てはよろめかされたし、顔を舐めに突進されるたびにエリカラのフチが顔や首に食い込んだ・・・。
良かった!取れて!

今の所の変化は、外でチッコする時、手術前はたまに足を上げようとする事があったけど、今は全く上げなくなったこと。
後、獣医さんの診察室に入るのが嫌になってしまったのが困ったこと。
抜糸の時は、病院大好きなメイも連れて行って率先して診察室に入ってもらったのに、それにも釣られず足を踏ん張って頑として入ろうとしませんでした。
助手さんに抱き上げてもらって(私がやると悪いイメージがもっとついちゃうから)、やっとこさ~。

さて、今日!
ターボままさんが作った手作り酵素がわが家に届きました。
100123aa
酵素液と絞った野菜、果物たちがドカンと到着。
ターボままさんのBlogによればこんな物が入っています。
みかん・りんご・菊いも・青唐辛子・ゆり根・きんかん・ぎんなん・生姜・エリンギ・しめじ・シイタケ・柿・柚子・キュウイ・スチューベン(ぶどう)・さつまいも・ニンジン・雪化粧かぼちゃ・洋ナシ・梨(挽三吉)
これだけのものを用意して、切って切って切りまくって、混ぜて、濾して、大変な労力をかけて作って下さったものです。
ありがたーーーく、いただきます。

酵素は地の物、季節の物のみを使って発酵させて作ります。
いい空気の中でいい水を使えばさらにいいらしい。
入れるものによって色や味わいが違うし、同じ物を使っても作る人によって味が変わるそうです。
毎日マゼマゼして育てた世界に一つの「ターボままの酵素ちゃん」だから、味わいは格別だよね~。

消化吸収力、免疫力を上げ、代謝をよくしてくれるのが酵素(エンザイム)の役割。
1日2回くらい飲んで下さいと教わりました。

水で薄めて、早速試飲です。
100123a
きれいなオレンジ色。

ウマウマ~。
100123b
甘くて少しトロリンとしていて、メイジューンは夢中で飲み干しました。
もちろん私達も一緒にゴクゴク。
柚子とぶどうの香りが立って、甘い柑橘系の味の非常に美味しいジュースだよ~~。

ピカピカの野菜達は、細かくしてワンコフードにトッピングします。
100123c

ジュラも見てちょうだいね、飲んでもみてね。
100123d
軟便気味だったジュラにと、市販の酵素はずっと買い続けていました。
こんなピカピカで美味しい酵素を、元気なうちに飲ませてあげられなかったのが悔しいね・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)