いいら

2016/02/02

兄弟新年会<二日目>

一泊二日だというのに、密度が濃過ぎて、記事一本に収まらず、二本立てになっちゃいました。西伊豆<二日目>は、いいらさんの美味しい朝食から始まりました。
Img_42131
新鮮サラダとごぼうのポタージュ
Img_4214
パパさん手作りの焼き立てパン、肝心な手作りベーコンの写真を撮り忘れてるけど、
Img_4215
デザートとコーヒーで大満足
Img_4216
「ボクにも下さい」のエンゾ。朝食が終わると、陽が差してきました。
Img_4217
昨日行けなかったので、海に行く気満々です。というわけで、いいらさんちのタミア・ルーシーも一緒に新たに教えてもらった戸田の御浜海水浴場に連れて行ってもらいました。
Img_4229
こじんまりした浜ですが、水がきれいでとても穏やかでした。
Img_4226

   
さすが水キチたち、泳ぎっぱなしでした。

散々泳いだので、簡易シャワーでさっと流して、昨日も行ったドッグバスに向かいました。温泉でしっかりと、砂と塩を洗い流して、ここでいいらさんと別れて、三島の「御殿川」に向かいました。

久しぶりにライラに会いたかったのもありますが、何といっても、うなぎが食べたかったからです。
Img_4232_2
最近、御殿川以外ではうなぎを食べていません。
Img_4231_3
聞くと、アズールとブランも来るとのことなので、恒例の駐車場での御対面に移りました。
Img_0818
オヤツをねだっていると、アズブラ登場
Img_4251
ブランとは寝技に持ち込んでのガウガウ遊び。ジューンを取られてヤキモチ焼いてたグースが面白かった。ライラもやってきて記念撮影。

Img_0820
Img_4261_2
左からアズール、ブラン、エンゾ、ジューン、紅一点ライラ、グース
Img_4267
ライラんちのうさぎ(こむぎちゃん)を初めて見たジューンは興味津津。ぬいぐるみにしか見えないのに、生きてるぞ。
まずは匂いをチェック。なんだか変だぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/02/01

兄弟新年会<一日目>    

タンだす。
去年の12月だったでしょうか。兄弟で忘年会か新年会でもしたいね、という話が持ち上がりました。ならば一泊で、「いいら」さんでお泊り新年会をしようということになりました。
1月最後の土曜日(1/30)に修善寺の蕎麦屋(やまびこ)に集合しました。
エンゾ・ジューン・グースの男子三兄弟です。
早く到着したので、駐車場で待っていると、11時半前だというのに、ぞくぞくと、お客がやって来るし、食べ終えた客も次々帰って行きました。かなりの人気店のようです。
テラスはワンコOKとのことだったので、そのつもりでしたが、小雨がまだ降っていたので、兄弟達は車で待機してもらって、店内で頂きました。

お通しの生野菜はびっくりするほどみずみずしく、山菜の天ぷら、ざるそば、自然薯そばなどどれも美味しく、大満足でした。
Img_4187
Img_4188
Img_4189

昼食後は、無謀にも海に行く予定でしたが、さすがに変更して冬場だけワンコOKという「虹の郷」に行きました。
トロッコ列車「ロムニー鉄道」に乗ったり、
Img_4180
Img_0799
Img_4174
ご機嫌グース
Img_4172
ここはどこ?のジューン
Img_4184_2            けっこう広いドッグランで走り回ったり、たっぷりガス抜きをしたので、
Img_4186_2
お風呂に移動しました。まず向かったのは、戸田に出来たという、ドッグバスです。
Img_0800

Img_0814_2
200リッター使用しても100円、3頭で使用しても使いきれないほどの量です。
シャワーからも温泉が出ます。
シンクに温泉を張ることもできますが、シャワーでも十分温まります。3月いっぱいは16時までですが、4月以降はもう少し遅くまで利用できるようです。

ワンコがさっぱりしたら、次は飼い主です。近くの道の駅「くるら戸田」に併設されている日帰り温泉に行きました。たっぷりと温まって、「いいら」さんに向かいました。

到着後すぐにビールで乾杯。
早くチェックインしたので、夕飯も早めてもらっちゃいました。みんな飲む気満々です。
Img_4193
Img_4208
いいらさんから差し入れで頂いた「猪祭」のにごりスパークリングであらためて乾杯。

いよいよ夕食です。
Img_4207
きびなごの一夜干し・わさびの茎の酢漬け・ふきのとうのてんぷらなどの先付け
Img_4209
刺身の船盛と金目鯛の煮付け、奥に見えるのはヤリイカのバター焼き
Img_4210
Img_4211
さしみのツマ待ちの兄弟達
Img_4204
ひじきの煮物に香の物、ごはんとみそ汁でもうお腹一杯
Img_4205
なんとかデザートを食べて終了。
Img_4212
今宵飲んだお酒たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/13

西伊豆食い倒れ旅行<2>

二日目の夕食は、もちろん、お魚三昧。

Photo_10

Photo_11

Photo_12

銘酒「獺祭」とその酒粕で作った自家製のわさび漬け、美味くないわけありません。

Photo_13

メギスの一夜干し

Photo_14

アオリイカの天ぷら

Img_2519

ムツの姿煮

Photo_18

人の夕食が終わるとなぜか鼻パク練習させられるボクちん。

Img_2522

お魚三昧の翌朝は、極上のパンが焼きあがりました。

Img_2523

厚切りベーコンと美味しいコーヒーと共に。

Img_2530

チェックアウト前に記念撮影。
左からジューン、マーリン、ダボ、ルーシー。

Img_2536

向かった先はいいらさんからほど近い小土肥海水浴場です。ここの浜の砂は重いそうで、水の透明度が保たれるそうです。

Img_2538

ルーシーも一緒に泳ぎまくり。

泳ぎ疲れて、向かった先は三島、お昼を食べるのはここ、「御殿川」で西伊豆の旅を〆るのです。

Img_2541

Img_2546

ライラも出てきてくれて、記念撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西伊豆食い倒れ旅行<1>

タンだす。もうブログは限界です。なので超簡単に記録します。
4/24(金)~26(日)で西伊豆は「いいら」さんに行って来ました。
約一年ぶりになります。
今回も、看板犬ルーシーの同胎の兄弟ダボ家にも声をかけ、マーリンも一緒に来てくれました。
今回は「いいら」さんの食事をより堪能すべく、金曜の夜から二泊しました。
いつものおいしいさしみを中心とした和食は二日目、初日はイタリアンでした。

1
到着後、夕陽を見ながらビールタイム

Photo_20

ジューンのお爺ちゃんであり、ダボとルーシーのパパでもある、6月には14歳になる「帝王マーリン」

Photo

そして、初日の夕飯のはじまりです。みごとなイタリアンの数々が並びました。

Photo_2 Photo_3
いったいワインを何本あけたのでしょうか。

Photo_4

Photo_5

いいらさんで初めての、和朝食です。

Photo_6

ジューンの兄弟エンゾが遊びに来てくれたので、南伊豆の吉佐美大浜まで足を伸ばして泳ぐことにしました。途中、ぜったい立ち寄るべきだよ、と教えてもらったのがここ。

Photo_7

Photo_8

きれいな浜にはサーファーや子供連れもいましたが、広いビーチだったので、思いっきり、走って泳ぎました。

Photo_9

エンゾとダボはほぼ初めましてでしたが、仲良く遊んでました。

Photo_16

昼食はビーチの目の前にあるワンコOKカフェで、ガレットや焼きカレースパなどを頂きました(今日の夕食とはぜったいかぶらないし)。

Photo_17

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/23

久々の西伊豆へ

タンだす。
この土日(4/19・20)は一泊で約2年ぶりに西伊豆に行ってきました。
ジューンにとっては、今年、海初泳ぎを。
我々にとっては、海の幸三昧を堪能するのが目的です。

まずは、東名高速「足柄SA」で、マーリン&ダボ親子とイエローフラットの吾郎君と待ち合わせ。ちなみに、子孫を大勢残してきた、フラット界のレジェンド、マーリンはジューンのおじいちゃんでもあります。
ドッグランでひとっ走りしたら、併設されているドッグカフェでランチです。
1
夕飯がお魚三昧なので、肉を食べることにしました。足柄牛のハンバーグやステーキ丼を頂きましたが、(最近のSAってほんとにすごいのね。)との驚きも冷めやまないうちに、さっそく海に向かいました。

目指すは、西伊豆、田子のビーチです。ここは、砂浜ではなく、砂利の浜なので、水がとてもきれいな上に、ワンたちも砂まみれにならずに済みます。
入江になっているので、カヌーのメッカにもなっています。

A

もうすぐ13歳になるマーリンはあまり無理をさせずに過ごさせましたが、後の3頭は泳ぎっぱなしで、おもちゃを投げろと、うるさかったです。

B

ここで、吾郎のママが教えてくれた、スマホアプリ「RoadMovies」に全員がハマッて、撮りまくってました。こちらです。


泳ぎっぱなしで、水に浸かりっぱなしだったため、さすがに、震えてきたので、水道水で海水を流したら、今宵の宿「いいら」さんに向かいました。

いいらさん家のルーシーちゃんは、ダボの同胎の兄妹、つまりマーリンの娘です。
実は、吾郎もマーリンの子供なので、マーリン一族が集結したことになりました。

G

曇っちゃったので、残念ながら、デッキからすばらしい夕陽は見られませんでしたが、だったら飲むぞとさっそくビールタイム。

F

2

3

みんな随時、入浴を済まし、ワンズにも夕飯を食べさせれば、さあ、われわれの夕食です。
期待をはるかに超えた、今宵のメニューがこちらです。我が家は迷わず、日本酒「磯自慢」の純米吟醸をオーダー。

Q

地の食材には地酒を合わせるのが、ウチの基本です。
刺身の舟盛りには、鯛やぶりアジなどのお魚やイカはもちろん、さざえ・あわびに手長エビまで入ってる、超豪華版でした。

R

そして、煮魚はメジナの姿煮、絶品でした。

U

あれ、金目鯛は、と思ったら、お品書きに書いてありました。蒸し物でどどーんと出てきました。
L

おそらく初めて蒸し物で頂きましたが、美味しいとか絶品とかいう言葉が陳腐になるほどでした。

M

N

さらに先付けやら手作りこんにゃくのさしみなどもあり、〆は今が旬の筍ごはんでした。さあ、我々はどのくらい飲んだのでしょうか。

S

T

O

P

C



またしても、いいらさんのお酒を飲みほしちゃったのではないでしょうか。

夜は風が強かったですが、起き出す頃にはおさまって来ました。
11
朝になっても、だるだるでダメなヤツ。

さあ、いいらさんのもうひとつの名物、手作りパンの朝食を堪能したら、
D

E
いいらさん家のタミさんとルーシーも一緒にまた泳ぎにいきました。

いいらさんからほど近い土肥の砂浜ビーチです。
天気予報とは違い、曇っていて気温も低く寒かったけどやっぱり泳ぎまくりでした。
21

W

X

Y

Z

V

ひとしきり泳いだらいいらさんが持ってきてくれたシャワーで洗い流しタミさんとルーシーちゃんとはここでお別れです。

お土産屋によってイカの一夜干しなどをゲットしたら、お昼を食べに行きました。

向かった先はもちろん最後を飾るにふさわしい、三島のあの名店です。
久しぶりに食するちゃんとした本物の「ウナギ」はすばらしく、気づいてみれば「うな重や櫃まぶし」は宅配物を除けば、ここ「御殿川」以外では食べていませんでした。

H

そして「御殿川」はフラットのライラちゃんに会いに来るのも楽しみなのです。
なんとライラちゃんは婚活に入るとのことでした。
さらに偶然にもアズブラ家も来ており、さっそくフラット交流会&撮影タイムに突入。
こうして、東西のフラッットが吸い寄せられるようにやってくるのがここ御殿川の「広い駐車場」なのでした。
I

K

J

左からアズール、ブラン、吾郎、ライラ、ジューン、マーリン、ダボ

ヤバいほど満腹で、帰路につきました。
なんと牛肉に始まり、お魚三昧をはさんで、うなぎで終わった西伊豆紀行でした(運転手の方々ご苦労さんでした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

2011初夏の「いいら」さんご飯

さぁこれが、食べた誰をも最高の笑顔にしてくれる「いいら」さんのご飯でーす。

P6185070

P6185080
・鰯みりん干、もずく酢、夏大根のステーキ
こんな美味しいみりん干しはないのよ・・・ホント。
もずくの爽やかさと歯ごたえはたまんないし、自家農園の大根ステーキの味の染み方ときたら、ジャコが一緒に煮込まれてるんですね。

P6185076
まずは静岡の銘酒「磯自慢 純米吟醸」でキックオフ。

P6185084_2
カンパチ、あわび、サザエ、アカザエビ、鯵、カマス、マグロ、イサキ、ホタテ、いか、ホッキ・・・?

海の幸の大饗宴だねぇ!とにかくどれもが美味すぎ!

P6185089
お酒。お次はあると聞いたらはずせない「天明 低温5年熟成」

少し黄味がかった色、穏やかかな飲み口。本当に美味しいお酒です。
うちが7月に会津坂下に買い出しに行きますからね!

P6185091
あおりいかの天ぷら
“奪い合いになるわよ~”といって持ってきてくれました。
塩をちょこっと付けて頬張ると、その柔らかさに圧倒されます。

最後に「関東いっこ残し」になってた分は専務が食べた…しまった!遠慮は禁物だった!

P6185093
たこの塩からでさらにお酒が進んでしまう。

P6185098
ここでスパークリングワインが飲みたいとバボダママがリクエスト。
私ももちろんそれに乗っかる。

P6185103
ふっくら香ばしいイサキの塩焼き キンカン添え。

P6185105
タンが「獺祭」をオーダー。
久々に飲みましたが、もはや酔ってるので味の確かな表現はできません。
ただ美味しかったと。

P6185108
ひじきの煮物
いいらママさんの作るこの味付けが、私は死ぬほど好きなんです。

P6185111
煮つけ・・・
メバルでしたっけ??

P6185112
いかめし

P6185113_2
お腹が張り裂けそうに満腹後は、またお酒をチェンジしてお喋りが続きました。
私以外の人は焼酎。

P6185114
私は白ワイン。イタリアのフォンテヴェッキア.
白ワインを飲みだすと、私はもう止まらないsweat01

P6185117
豆寒天とアイスクリーム。
専務(バボダパパ)が大喜びで大盛りを平らげ。

以上、N家の強力なサポートを得て、お酒を飲み干せたでしょうか?

一夜明けて、朝ごはん。
P6195119
かぼちゃのがスープしみじみ効く~~。

P6195121
御馳走様でした!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/20

梅雨の中、西伊豆へ

6/17(金)にバボダ家にあるお誘いの連絡をとったところ、逆提案を受けました。それは、自慢げに明日から西伊豆の「いいら」さんに行くんだけどまだ空きがあるみたいだよ、どうよ、というものでした。
「何だと、そんな美味しくて楽しいことをバボダ家だけに許してなるものか」、とタンも飛びつき、ということですぐにいいらさんに連絡して、前日の夜だというのに強引にOKを取り付けました。(なぜ夜なのに連絡したかといえば、我が家ははじめてお邪魔した時、いいらさんのお酒を飲み干してしまったという前科があったからです)。
無事にバボダ家に便乗して、週末を西伊豆で遊んで来ました。

こういうGoodタイミングは運命っていうの?
泳ぎたい一心のジューンが強引に引き寄せたのかも~。

大渋滞のメッカの伊豆ですが、最初から天気が悪く回復の見込みのない梅雨時期ならではで車は少なめ、スムーズに到着しました。
足柄SAでバボダ家と合流し、いいらさん近くの小さな浜でいいら家と合流。
雨は降ったりやんだりで、当然ながら人の気配はなし。
Dscn1922
いいら家のタミア、ルーシー。
バボダ家のマーリン、ダボ。
そしてジューン。

マーリンは1歳のルーシーとダボのお父さんであると同時に、2歳のジューンのお祖父ちゃんです。人間界だとこんな人は上原 謙くらいでしょうか。

ダボは初めての海。
マーリンが泳ぐの見るのもみんな初めて。

10歳のマーリンを抱えてバボダパパが海へ・・・・。
Dscn1940

Dscn1938

タテ泳ぎで水飛沫をあげて頑張るマーリンがもちろん歓声を独り占めです。
Dscn1943

ほっといても泳ぎ続けるツートップがルーシーとジューン。
タミアもほぼそれに近い。ダボはその次。
この順位は水の中から上がっている時間がどれだけあるかです。
Dscn1929_2

ジューンは本日もほぼ海の中でした~~。

マーリンも疲れただろうから、浜の脇の水道でワンコの塩を流して、いいらさんに移動です。

いいらさんに場所を移した途端即効で、ジューンとダボはガウガウプロレスごっこ開始。
久しぶりに会ったけど、ちびっこの時に遊んでウマが合った事を、二匹とも瞬時に思い出すんだな~。
P6185058

P6185049

実はマーリンも遊びたそうにジューンに擦り寄って来たから、遊び好きは遺伝かも。
しかしこれは女の子へのジェントルな接し方では百戦錬磨のマーリンが、ジューンを女の子だと思い込んでいるのでは、という説もあります。
とりあえず擦り寄ってみるものの、なんか違うぞ~と首を傾げて離れてく、を何度か繰り返してました。
P6195128 
マーリンの判断は正しい。早い時期に去勢したジューンは、中性度が高いだろうから。

ものすごく美味しく食べて、ものすごくたくさん飲んだ写真は次回紹介します。
P6185084
夕方6時前から11時半過ぎまで、食べて飲んで楽しくお喋りしました。
お喋りにはいいらパパママさんも加わって下さって、明るいバボダ家が明るいムードを最高潮に盛り上げてくれました。
P6185099

私達の夕食の時も朝食の時も、ダボとジューンの二匹は邪魔じゃなかったわ。
ずっとテーブルの下でガウガウと遊んでいて、最後は電池が切れて爆睡してくれたから。
マーリンはパパママの間で終始ニコニしてて可愛かった~。
P6195129

P6185051

帰る前に、宿の前で記念写真♪。
P6195141
ジューンはこの所、イージーウォークハーネスを着用姿が多し。
雨でぬかるんだ道でジューンに引っ張られると、私がすっ転ぶだろうから。
バボダ家はもう1度海へ。うちはアジ練へと別れました。

2週連続のバシャバシャ、ジューンは楽しかっただろう。
また水キチに拍車がかかってしまった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/08

週末は

9/1に、メイの一回目の月命日が静かに過ぎていったことを受けて、週末の出来事などを簡単に。

8/29日の日曜は、日帰りで本栖湖に行ってきました。ジューンの兄弟、エンゾとグースが一緒で、以前もご一緒していただいた、Sさんが、カヌーを持ってきてくれました。

さて、立派なカヌー犬になれたでしょうか。そんな訳あ~りません。
3兄弟ともにカヌーの上より、水の中がいいようで、すぐに飛び降りてひたすら泳ぐ、泳ぐ。
最後には、カヌーは3兄弟をつないで置く係留ポイントと化していました。残念。

でも、たっぷりと泳いだね、夏休み最後の日曜日だったこの日、本栖湖をはじめ、富士五湖周辺は半端なく、混んでいました。帰りがけに山中湖K’ポイントに立ち寄りましたが、本栖湖から1時間半以上かかりました。東名も御殿場と大井松田の間で事故渋滞が発生していたため、R246で大井松田まで行ってから高速に乗ることにしたら、またやっちゃいました、大失敗。R246が動きません。へろへろになって帰ってきました。
(写真はここ

さて来週も東名だ、どうなんだろう。
というわけで、9/4・5に西伊豆の「いいら」さんに一泊してきました。07年4月以来2度目となります。ずいぶんご無沙汰です。でも今年2月のジューンのプレお誕生日会の時に、いいらパパさん、ママさんには久しぶりにお会いできて、ジューンもたっぷり可愛がってもらってました。今回は、かみさんのご両親と弟くんファミリーと一緒です。
ジジババ孝行やら甥っ子二人のカヌー体験やらが目的でしたが、我々のメインは、なんてったって、
①おいしいご飯にありつくこと
②ダボの兄弟のルーシーちゃんとジューンを遊ばせること
③きれいな海で海バシャバシャおよびカヌー犬訓練をすることでした。

①と②は大満足。③は先週と同様にすぐに飛び降りて泳いでばかり、海バシャバシャは良かったのですが、海水を飲みすぎて、ゲリPになっちゃったのと、車の中でハデにゲロっちゃいました。
しょっぱい水はあまり飲まない方がいいと少しは学習したでしょうか、怪しいものだ。
帰りの東名もすごかったけど、弟くんが利用した中央はもっとすさまじかったらしい。
(写真はここ

8/21・22のビブリ(写真はここに続き、本栖湖も西伊豆もいつも一緒だったメイちゃんがいない3連ちゃん。
これから先も我々は乗り切れるでしょうか。
乗り越えなくてもいいような気もしますが。
以上、タンでした。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2007/04/19

堪能!春の伊豆で1泊!②

翌朝。
ぐっすり寝て、夕食もすっかり消化して、早々と朝食の席に付きました。
腹ペコーズが急かして申し訳なかったです^^;。

元パン屋さんだったパパさんの2種類のパンと卵、ベーコン、ポテト、サラダをガッツリお腹に収めました。(素朴系シミジミ味わいと、ほんのり甘くやわらかい2種の組み合わせがまたウマイ!)
P1010343 P1010344

P1010349 「ジュラ、また今日もガンガン遊ぼ!」ってメリールーちゃんが誘いに来てくれました。
なのに、朝に弱いジュラときたら、すっかりノリが悪いそっけないオトコになっていました。
昨晩は一体何だったんだ???
こっちが気がつかないうちに一杯引っ掛けて、勢いつけていたか?

「全く、ツマンナイ奴なんだから~」っていつものように可愛い女子に見捨てられ。情けなか・・・。

なごりおしく宿を後にし、本日は西伊豆&南伊豆の浜をたくさん巡ってみようと決めていました。
西伊豆をズンズン南下して、南伊豆まで行きつこうと。
天気は花曇り。

まずは教えていただいた田子の浜。
堤防があるため、非常に穏やかで安心して泳がせられるビーチです。メイジュラ早速朝からひと泳ぎです。
P1010360  P1010366

P1010376 雲見や子浦の古くからの漁港海水浴場は、車が止めにくく、シーズンオフの今は閉鎖的なムードがありました。
人だけ車から降りてそれを確認して先を急ぎます。

台風情報で有名な石廊崎の観光ポイント「あいあい岬」で、記念撮影。

P1010378南伊豆に入り、弓ヶ浜到着でちょうどお昼どきになりました。

観光客に人気の「青木さざえ店」に行きました。
向かって左側のテラスはワンコOKです。

P1010381ビーチのすぐ側にあるいので、馬鹿ジュラがピーピーワフワフ騒いで落ち着かないこと・・・。

ジュラにとっては拷問のような一時です。

しかし、そんなのは無視。
我々は伊勢えび天丼と、さざえ刺しもはいった「弓ヶ浜定食」を食しました。

エーッと・・・まあまあ。素材そのものの味はいいけど。
P1010385 P1010386

「待ちくたびれた~~」とメイジュラに引っ張られ、浜に下りて行きました。
いいらさんから聞いてはいましたが、弓ヶ浜・・・すごい遠浅です。
メイですらかなり遠くまで足が付き続けるこの浅さ。
でも、それはそれで面白いらしく、ジャンピンジャンピンと延々と繰り返す。
知り合いの方はお気付きでしょう。
メイは海でも山でもどこででも、このナイロンディスク1枚で勝負です。
P1010389 P1010396
P1010401 P1010404

またもや砂まみれで、かなり疲れたらしくワンコの水泳は以上終了。

P1010408後は、若き日の私たちが好きだったビーチ入田浜、多々戸浜の“今”がどうなっているか覗きに立ち寄りました。
超久しぶりに南伊豆まで来たかった理由です。

大人っぽく静かな浜辺だという、きれいなきれいな思い出の中の風景はもう余りありませんでした。

新しいホテル(っていうかTBSの豪華宿泊所)も建ち、
今は両方とも若い子がウロウロ歩き回っているサーファーズパラダイスでした。

P1010409帰り道は伊豆の中央を北上。

途中の天城でワサビアイスクリーム。
ニューバージョンか?おろしたワサビがトッピングされています。
ハッキリ言って!相性良くないと思うんだけど・・・。

ゆったり遊んだ1日目、ビーチを見つけてはとりあえず車から降りて眺め渡して、の繰り返しで何やら忙しなかった2日目、と1泊でも盛りだくさんな伊豆旅行。堪能しきりました。
また秋にでも絶対行きたいと、早くも心に誓っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/18

堪能!春の伊豆で1泊!①

土・日1泊で伊豆に行ってきました。

P1010255朝、ゆっくり9時過ぎに出発。
まずは早めの昼ごはんをと修善寺に直行。

「朴念仁」です。
しばらく前に銀座2丁目にもお店を出したようです。(店名は違いますが)

P10102611ゆったりととった席間隔にもこだわりが感じられる、静謐な空気が流れる店内。

メニューを見ると上等な日本酒が揃っています。
私は「神亀」をちびちび味わいながら、大吟醸で作られたという絶品の自家製わさび漬をいただきました。

からりと香り良く揚がった由比産の桜エビのかき揚げ。粉のように上品なお塩が合うこと。

細切の十割そばは、香りがよく舌触りもなめらかで、1枚じゃ足りないよ~。でも夕飯のためにここはぐっと我慢。

P1010263ゆっくりした後は、いよいよ西伊豆の浜に向かってへGO!

前日までの雨が上がって、空は晴れ渡っています。
海越しに富士山がクッキリとその姿を現します。ああ、美しき哉、西伊豆。

でも春なのに、ここまでクッキリと冴え渡っているのは、とにかく風が強いからなんですけどね。。。

P1010270 P1010274
「チェリシャノあいる家」のトミーさんから教えてもらった浜はとても風光明媚な所でした。
ワンコだけでなく、人もその景色に感動でした。
しかし、しかし・・・海、大荒れ。
海だけでは自信満々な奴になるジュラをして、さすがに躊躇する大波。
P1010267 P1010272

このまま、泳がずにはいられないし、と移動したのは、土肥の海水浴場。
ここは堤防もあって波が穏やかです。
さすが今の季節は人気もなく、砂まみれになりながらもメイジュラ、伊豆の海を無事堪能。
P1010279 P1010285_1
P1010289 P1010292 

今宵の宿はリーさんにご紹介いただいた「いいら」。
静岡弁で「いいでしょ!」という意味の宿です。
友人宅に招いてもらって、最大のおもてなしを受けた気にさせてくれるとてもコージーな宿です。

早めのお風呂をいただき外を眺めると、見事な夕陽。
西伊豆一番の贅沢な時間をビールとともに味わう、至福の一時に立ち会えました。
P1010294

楽しみにしていた夕飯は期待していた以上に本当に素晴らしいものでした。
1品1品に愛情がこめられているのがまっすぐに伝わってきます。

P10103102釜揚げシラスは優しくふっくらと。
本エビの唐揚げはサックリ香ばしくて、甘くて。

この8品(かな?)の豪華刺し盛りときたら。特にアカザ海老(スカンピ)はとろけるような甘さ。

この大量のお刺身を一切れも残さず平らげられた陰の主役は、ママさん愛情のキャラブキとひじきの煮物。箸休めに、と言われたんですが、お刺身と交互に食べていると、その箸が止まりません。

やりいかのソテーは、ニンニクの香りが柔らかくて素材を最大限に引き立てていて、どうしたらこんなに上手にソテーできるんでしょう?

ドーンと、マグロのカマ焼き。
絶妙な塩の塩梅がカマの油をとても上品に感じさせてくれます。これもペロリ。
『全部、素材がいいだけ』ってママさんは謙遜されますが、素材の味を最大限に引き出して味あわせてくれる腕とセンスがあっての事です~~。

締めの御飯まで感動は続きました。
削りたての厚めの鰹節と、下ろしたてのワサビと海苔と・・・こういうのを贅沢っていうんだよな!!
こんな御飯を毎日食べられたら、と溜息がでました。

P1010318このお宿にはフラットちゃん2頭とワイヤーのダックスちゃん2頭がいます。

まず、お顔を見せてくれたのがフラットのメリールーちゃん。(50’sの曲「ハロー!メリールー」由来)。

ジュラに遊ぼう!って誘ってくれたキュートな子悪魔ちゃんに、ボワワンとした性格のジュラも骨抜き。
思わず張り切って驚きの大ノリ。延々とお相撲遊びでくんずほぐれず遊びまくりました。

P1010338メイは、メリーちゃんのパパのルート君(「ルート66」ね!)のダンディーな男っぷりにメロメロ。

いいらのパパママさんにも、長い時間思いっきり甘えまくり。

ずっとフリーにさせていただいたメイジュラは我が家以上のリラックスぶり。
P1010314 P1010306

P1010333 幸せなワンコ達を見ていると嬉しくて、いつまでも見飽きない幸せな夜でした。
遅い時間までパパママさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)