ワンの健康

2013/08/03

またマダニに咬まれる&アジチャン

昨年に引き続き、今年も裏磐梯でジューンがマダニに咬まれてしまいました。

すぐに会津若松で獣医さんを探して行ったのですが、獣医さんには「フロントラインつけてるのなら、取らなくて自然に死んで落ちるのを待てばいいですよ」と言われました。

でも、病院に行く前に時間つぶしで入ったドッグカフェで、「ダニがついている子は他のワンコや人につくから」と入店を断られ(獣医さんにその事を話したら、そんなことはあり得ないと言われましたが・・・)、その晩は他のワンコもいる宿に泊ることになっていたので、取ってもらう事にしました。

どうやるのかな?と思ったら、ピンセットのようなものでブチっと。
取れたマダニは元気よく生きていて動いてました。

そして2週間経った頃、昨年と同じくいきなり腫れだしました。

130730june

去年は左目側。今年は右目側。

ダニの脚などは残ってなさそうなので、今回は抗生物質飲んで様子を見てます。
少し小さくなってきてますが、またハゲができるかも・・・sweat01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、ジューンにJKCから書類が届きました。
実は6月の競技会のクリーンランでアジリティチャンピオンが完成したのです\(^o^)/。

130803ag

頑張った思い出として、アジチャン登録したいと思います。

が!しかーし、すんなり登録という訳にはいかないのです。

登録条件には「訓練試験登録CDⅡ以上」が必要なのですが、・・・ジュンジュンまだ取ってないんだよなー。

今日から3カ月以内にチャンピオン登録しないと失効してしまいます。

それまでに付け焼刃の特訓で、CDⅡを受験して合格せねばなりません。

選択科目のひとつに「遠隔での伏臥」を入れようと思ってますが(メイもジュラも得意だったんで)、どうもジューンはこれが苦手。
アジやってる子は結構身についててもいいのに、すぐ駆け寄ってきちゃう。
手っ取り早く教えられる科目は他にあるか?
間に合うか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/08/13

お盆week2012

二人ともお盆に会社が一斉休みになる訳じゃないのに、普通の週末が普通じゃない「お盆休み」気分になるのが、まさにお盆。

特に出掛ける予定は組まなかったし、でもなんか「休みじゃないと出来ないこと」をしたくなり、キッチンの改造が行われました。

①冷蔵庫の買い替え
冷蔵庫の冷凍室がいつもパンパンでストレスでした。冷凍庫が欲しくなり、小さいのを探しまくってたところ、冷蔵庫自体がもう16年モノだという事に気付き、壊れてはないけど買い替え。
冷凍庫ひろーい(当家比)!
野菜室が真ん中の段にあるのが、とんでもなく使いやすくて、買ってから毎日感動してます!(10芝)。

②食器棚の買い替え
これも16年モノ。扉についてる、パッキンになるプラスチックプレートが剥がれてピロ~んとなってしまってた。地震対策の留め具も割れて扉もちゃんと閉まらない。
で、これもこの際で買い替え。薄型サイズのものを選び、かつ今までは無かったストッカーを追加。

昨日到着。
組み立て式のストッカーは、組み立てまでやってもらうはずが、その注文が通っておらず、組み立てをひとりでやる羽目に.・・・。
細かくて、ネジが大量にあって大変で・・・でもなんとかやりきって完成させました。

120812a

大きな失敗が搬入後に発覚。
今までの電子レンジが、新しいレンジ台に入らなかった・・・。
浅はかだった大チョンボ。
でもこれも14年モノだし・・・、買い替えに躊躇なしで、近所のNojimaに走った。

コンパクト食器棚にこだわった代償で、なにしろ棚が小さく、機能の立派なヤツは台に入らない。
最低限の機能のオーブンレンジしか選択肢がなくて、これになりました。
このレベルだとなんとも安くて14,500円^^;。
でも今までも基本は解凍&温め系にしか使ってなかったので、十分で、複雑な気持ち。

③もうひとつの最近のネタはジューンの事。
7月の頭に裏磐梯に行った時、フロントラインして間もなかったにもかかわらず、ダニに咬まれちゃいました。
すぐに取ってもらって、帰り道に病院にも寄って、大丈夫だと言われて安心してたら、2週間ほどしてからぷっくり膨れてきた。

120812_2


皮膚科の先生の所で改めて診て貰ったところ、ダニのアゴが残っていて炎症を起こしてました。

炭酸レーザーで治療することに。
目の際なので軽い全身麻酔をかけるので、どうせなら溜まり始めてる歯石も取ることに。

120812b

今は、カサブタです。
鼻の頭もハゲていて、アカラス再発か?と検査してもらったけど、それは大丈夫。
怪我かな?

④ベランダプランター産のゴーヤ
120811g

ちっちゃい。でも。、もうこれ以上は大きくなりそうにありません。
しおしおの★ぱあの方で食べて記録は残しておきます。

全体に茂らず葉がスカスカ。

120811g2

いまだ2個しか身が成ってません。

120811g3
これが貴重なもう1個。

⑤お盆入り週末、夜ごはんの部、金曜日は久しぶりにBaseに行きました。

Base

梅ちゃんの冷製パスタを美味しくいただく♪

土曜日はロンドンオリンピックの女子バレー、3位決定戦をn.diningで観戦。

120811b

肉厚のタン塩をなど頬張りながら、ジューン共々楽しく過ごしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/08/14

我慢強いのか鈍いのか?

数日前、お散歩から帰って、右の後ろ足を拭こうとしたら、ジュンジュンが短い唸り声をあげて、私の手に歯を当てようとしましたcoldsweats02。触らなければケロリン、触るとウーッcoldsweats02

足を痛めたか? パッドの炎症がまだ治ってないか?と色々考えながら、なんとか拘束して足を探ると・・・。

・・・足の飾り毛に何かがくっついて毛玉が出来てるのを発見。
→それを切って取り除いたら、本犬は何事もなかったようにスッキリ。どこ触られてもOK。

毛玉部分を舐めたりしてくれたらすぐにわかったのに。
足なら本犬にも十分届くでしょうに。

翌日、普通にいつもの日を過ごしていて、今度は何気に腰を触ったら、また唸って触らせないcoldsweats02

今度は何となく予測がついていたものの、前日の足と関連して何か見落としている怪我や疾患があるかもしれないという思いもあって獣医さんに。

診察結果では悪いところは見つからずで、私が思い当たる事を獣医さんに話しました。

・・・肛門腺絞って下さい・・・。
→たーっぷり出て、スッキリ解決。

お尻を床に擦りつけたり、尻尾を気にしたりの、肛門腺が溜まっているサインと呼ばれる行動がジューンにはありませんでした。

前回肛門腺を絞ったのは獣医さんで3カ月前。かなり大量にでました。
その時に、獣医さんから「大型犬は自然に出してる事が多いんですが・・・。人間がやたらと絞ってしまうと自分で出す本来の能力がなくなるので、絞るとしても多くて半年に1回にしましょう」と話されたのですが、ジュンジュン、どうも溜まりやすい体質のようです。
メイジュラともに、ほとんど溜まらないタイプだったから、私の肛門腺に関する知識はほぼゼロ。ジューンに関してはちゃんと考えてあげないといけない事になりました。

しかし、触られるとなんか違和感があって気に入らないけど、触られない限り全然気にしてないジューンってば、我慢強いんだか、鈍いんだか。

P8015820a

うちではおもちゃは放りっぱなしなのに、ビブリでは使ったおもちゃを自分で全部回収して一カ所に集めるようになりました。

ジューンの頭の中は成長中なのか、なんなのか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/08/10

膿皮症・・・

先日、富士五湖お泊りから帰って数日後、ジューンを撫でていると耳の下、首に近い部分にポツポツポツ・・・と蕁麻疹のようなものが結構たくさん出来ているのを発見。

マセラチア、アカラスの再発は無いままで来ているっていうのに、またご新規の皮膚疾患です。
今回も本犬は全く痒がる素振りはなし。

皮膚科の先生の所で診てもらうと、今回は「膿皮症」でした。

常在細菌のブドウ球菌が増殖して、皮膚の表面にニキビのような小さな赤い発疹ができるというもの。

問診の過程で、「皮膚を刺激するブラシを使ってないか?」「節電で部屋の温度が高すぎないか?」など聞かれましたが、それらは無し。
結局、普段と違う環境で遊んだ事などが発端で、皮膚のバリア機能が落ちて発症したのでは、という事になりました。
「免疫力が落ちてるってことですか?」と聞くと、先生は「それほどのもんじゃありませんよ」とのこと。

抗生剤を服薬するなどの治療法があるのですが、そんなに重度じゃないので、「ノバルサン・サージカルスクラブシャンプー」という、普通のジャンプーより殺菌性が非常に高いシャンプーでマッサージ洗浄して様子を見ることになりました。

これが効いて、翌週ビブリに行く前に1回、帰ってすぐにもう1回、2回のシャンプーでよりあえず発疹は無くなりました。

また、ビブリでは、昨夏と同じようにお腹に発疹が出来、脚のパッドの内側に炎症がおこました。
足先だけは、本人は舐めてしまってましたが、いずれも昨年と比べると非常に軽いもので、これも帰宅後のノルバサンシャンプー後すぐに治りました。
全体的な抵抗力は、大人になるにつれて少しアップしてくれたのかもしれません。

ビブリで「留守番管理人」をしていたお兄さんとの雑談でお腹の発疹の話をすると、「出来る子多いですよね~」と言ってましたから、ジューンだけじゃないみたいだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで今、TVドラマ「ドン★キホーテ」にはまってます。
タンが1話から再放送含めて録画してたので、先週末に一気見。
丁寧に作りこまれた脚本である上に、細かな所には遊び心が満載。
出演陣のキャラ立ちが凄くて、何度見直しても見飽きない作品です。

なにより私たち松田優作世代には、息子である翔太君の演技がたまらない。
もうね、しゃべり方、動き方、あらゆる所に松田優作が現れるの。
見惚れちゃう程綺麗な顔の翔太君に「探偵物語」の優作が降臨~。
顔はお兄さんの龍平君の方が似てると思うんだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑多日記のついでに「うちのゴーヤちゃん」。
生育が悪くて、葉も全然繁らず内心ダメかと思ってましたが、ここにきて一気に実をつけ始めました。
ぎりぎり、夏の終わりには収穫できそうです。
110810

この子達に期待を込めて、この夏、まだゴーヤを一回も買ってない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/04

毛母腫?表皮嚢胞か?そしてメイの事

ジューンの背中にちょっと大きなしこりが出来てしまいました。
ぷっくり膨れていて、赤みなどはなく周りの皮膚と同じ色。数日で大きさが1㎝ほどに大きくなったため、病院に行き、細胞を採って病理検査に出してもらいました。

検査結果が出ました。

診断:炎症を伴う毛母腫を疑う

毛母腫か表皮嚢胞であろうとのことですが、いずれにせよ良性ですhappy01
まぁ、しこりの見かけと、2歳という若さなので悪性腫瘍ではないとは思っていましたが、肥満細胞腫とかは無視できないと思っていたので、悪くない結果で良かった!

表皮嚢胞って、私の腰にしばらく前に出来て、それを掻き砕いたんで膿んじゃって切除した「アテローム(粉瘤」)の事です。
自然に消失する場合としない場合があって、しない場合は手術して切除。

毛母腫っていうのはヒトの子供や若い女性に多いそうで、
「皮膚にできる盛り上がりで、学問的には毛母細胞由来の良性の皮下腫瘤とされています。別名として、毛母腫とも呼ばれます。良性腫瘍なので治療の必要はありませんが、大きくなれば手術をして摘出します。」

心配なものじゃないけど、切除するかどうかは、とりあえず数ヶ月様子を見ることにしました。炎症があるので抗生物質を1週間飲んでみることに。

アカラスが完治したと思ったら、ジューン、また皮膚科領域の疾患です。
110604j
本日もボクチンはご陽気犬です。
後ろに映るは・・・New簡単タープ。
うまくいけば今度の週末にデビューします。

病院帰りに寄ったいつものお花屋さんで、ゴーヤの苗を買いました。
夏には緑のカーテンが出来るかな?
110604

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジューンの診察に行った時、動物病院の先生が話してくれた事・・・。

10歳を超えたコーギーに発症する変性性脊髄症(DM)という病気のことです。
後肢麻痺から始まり、排泄コントロールが不可能になり、じきに上半身や内臓の機能も低下して、死に至る恐ろしい病気のようです。一度発症すると、治癒は困難。
この症例を研究している岐阜大学の話の中で、それが内臓に出た場合も・・・との事らしいんですが、詳しい内容はわかりません。


メイの急激な免疫力の低下は遺伝性かもしれないというのが、当時の所見にもあったため、先生はメイの事と結び付けたと思われます。
四国に住むメイと血縁関係にある同じ歳のコギちゃんも、先日急逝してしまいました・・・。

メイがそうだったのかどうか?永遠にわからないままでしょう。
でも、ちょうどメイの歳くらいの、コーギーブームの時の子達に多いというのがDM病。
治療法がなく、ブリーディングに気をつける事でしか淘汰できないというのです。
遺伝子疾患というのは、本当に泣いても泣ききれない・・・。
悲しみの涙の上に、それがしっかり糧になって世の中から消えてくれますように。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/03/04

アカラスがすっかり治りました

アカラスが治ったよ!

年末にハゲチャビンが出来て、
年明けに検査を始め、
シャンプー治療で1カ月様子を見て、
あまり効果がなかったので、ドラメクチンの注射を1か月1クール4回打って。

発症から2か月経った今日が、治療結果を見る検査日でした。
ここしばらくは、見た目にはもう全然ハゲは治っていました。

本日、ハゲチャビンになっていた箇所の眉毛の毛を抜いて、ニキビダニの生息具合を顕微鏡で調べました。
そして、1月に見たときは卵、幼虫、成虫とフルラインナップで見つかったニキビダニが、今回の検査では全ていなくなりました。

110303
左目の周りのハゲは、もうかなり生えたでしょ?
強く元気な毛が生えています。
先生が言うに、死んだ毛も見つからず、全てが成長期の強い毛になってるとのこと。

ニキビダニはどんな人やワンコにも寄生している物で、それがなんらかのきっかけで異常繁殖してしまったのがアカラスでした。
ジューンの場合は素因となる何らかの疾患や体質は見つからず原因特定できなかったし、「風邪をひかないように」と一緒で、普段の生活で元気に過ごしていくことが予防。
でも二度と再発しないと言い切れる訳でもないんですよね。
今回のような場合は「完治」ではなく「略治」と言うそうです。

でも、これで治療は終了です。

110303a先生が抜いた毛を顕微鏡で観察するのを待つ少しの間、病院の診療台の上で、なんかくつろいじゃうジューン。

最近は診察室に入った途端、自ら診察台に飛び乗り、尻尾ぶんぶん。

毛を抜かれた後は、一瞬診察台から飛び降りたけど、すぐに自分からまた飛び乗った。

どうして好きになったのか?
毎回注射だってされるし、特にイイコイイコされた訳じゃないのに、なんとも不思議なワンコの判断基準。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/06

抱え好きの犬

ソファーが好きなんだよボク。

110127_2
で、そこにはクッションがなきゃ、じぇったいにダメ。

110128
こうやって抱えてないと。
もし無かったら、どこに手を置けばいいんだよ。

110201
コイツでもイイよ~。
ボクの手とコイツの手が絡んでるのはワザとだよ。
コイツも落ちないし、ボクの手もラクチン、と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジュンジュンのハゲチャビン、目の上が生えてきたと思ったら、目の下に広がってしまいました。

シャンプーだけでは効果が追いつかないようです。
次ステップとして前から説明を受けていた、ダニを殺す薬のドラメクチンの注射を打つことにしました。

この薬は強いもので、コリー系やシェパードには重大な神経毒性の副作用が出る事がわかっています。レトリーバーはまず大丈夫といいますが、心配の種は潰しておきたいので、投与する前に一応、血液を取って調べる「MDRI遺伝子検査」をやりました。

結果は「遺伝子変異なし、接種して大丈夫」。
1週間おきに4回打って1クール。
これできれいに治って欲しいなぁ。

ついでにこの検査によって、将来的に他のいくつかの薬を使う事になっても、それに対して副作用の心配がない事が判明します。
その薬とは、
・ロペラシド
・ジゴキシン
・ドキソルビシン
・ビンクリスチン

この薬品名を見て、思わず涙が。
ジュラが悪性組織球症と闘っていた時、期待を込めて使った抗がん剤「ロムスチン」が効かず血小板が下がってしまったため、次善の策で色々と模索していた時に話にでたのが抗がん剤「ビンクリスチン」でした。
どうぞ、ジューンは一生使う事のない薬でありますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

アカラスその後

前回の診察から2週間。
昨日は前回培養に出した「真菌(カビ)」検査の結果を聞きにいきました。

皮膚病の原因は大きく分けて「細菌性」「真菌」「寄生虫」「アレルギー」などがあるようです。

このうちの何が悪さをしているのか、獣医さんは飼い主からワンコの情報をヒアリングし、検査をして、ひとつひとつふるい分けしていきます。

ジューンの場合「痒みがない」という点が非常に大きな情報になるそうです。

このことから細菌性とアレルギー性は排除されます。
そして脱毛個所から実際に「ニキビダニ」が多く見つかったことから「寄生虫」は間違いなく「+(プラス)」。

後は「真菌(カビ)」がでるかどうか?
片方だけ耳の中がカサカサしているので、この可能性も疑って、培養検査に出していました。

結果は「-(マイナス)」。

これでニキビダニ(アカラス)対策でいく事になります。

この前回の診察から今日まで3回「サルファサルチル酸」のシャンプーをしました。
でもなんか広がっているような。。。

110122a
でも、先生いわく「毛の抜け変わる周期は3週間。抜けた毛がまだ生えない時期に、正常周期で抜ける毛が重なったので、一時的に広かったように見えるとのこと。

放っておいても治る可能性も大きいし、ワンコの美観が気になるならこの時点でアカラス治療の注射を打つ事もできる。
どうするかは飼い主さんが判断して下さい。
との事で。

そんな程度なら、薬とか使わずに治していきたいですよ。
・・・このまま様子を見ていく事にしました。

ただ、アカラス(ニキビダニに異常発生)になるからにはその原因がある訳で、何かしらの疾患が隠されていないかを確認するための血液検査と、この先も長く治らない状況でドラメクチンの注射を打つ場合等を考慮して、抗体があるかどうかの遺伝子検査(血液検査で同時に出来ます)をしておく事になりました。
この結果はまた来週。

110122b
この病院に2週間前に来た時は、ボクチンは診察台の上でブルブル震えて固まっちゃった怖がりさんだったのですが、特に痛い思いもしなかった事を理解して落ち着いたのか、今日はかなりへっちゃらになってくれました。
助手さんのお姉さんにはシッポブンブンだったし。

そして、今日になって脱毛個所に、一気に新しい毛が生えてきました!
一日経っての急な変化に、嬉しくてびっくりしたよ、もう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/10

アカラスになっちゃったの

年末に始まった、ジューンの目の周りのハゲ・・・
進行してしまいました。見かけは可哀想だけど、本犬は全く痒がらず、気にしてはいません。

先日、アジ友が教えてくれた皮膚専門の獣医さんへ。
非常に丁寧な病院で、まずは皮膚病についての講義を受け、念入りなヒアリングの後、毛根から抜いた毛を検査をした結果、「ニキビダニ」が発見されてしまいました。

アカラスという名で耳にする病気です。
コーギーでこの病気と闘う子のHPを何度か目にした事があって、非常に治りにくい病気であるという認識は強くあったので、思わず気落ちしました。
詳しい事は、ここがわかりやすい。

110106a_3

でも、ジューンがまだ子供である事(成犬の場合の方がやっかいらしい。大型犬なのでこ年齢でもまだまだ若犬と言ってもらって。)、痒みもなく、部分発症なので、放っておいてもいつの間にか治る可能性もあると言ってもらえました。

治療としては、とりあえず「サルファサルチル酸」のシャンプーを週1回、毛穴の中までいきわたるようマッサージしながら行って、1カ月間様子を見ることになりました。

それでニキビダニ君がやっつけられなかったら、その時はドラメクチンを注射。

この注射、コリー、シェルティー、ボーダーコリーなどには副作用が多く見られる事がわかっているようです。
そんな薬なので、心配なら血液検査で遺伝子検査をしてMDR-1の抗体があるか確認してからの投与がいいとのこと。

他にこちらの先生が言っていてたのは、ジューンが先日やった「アレルギー検査」の結果は、アトピーの治療上などでは有効だけど、その他の場合は殆ど意味がないということ。
ジューンに出た結果レベルは、ほぼどんな子でも出てしまうとのこと。
痒みの症状が出てないのだから、ジューンに食物アレルギーがあるとは言えないとのこと。

なんか、アレルギーの方はすっきりしなくて難しいです。
でも、食べ物に関して禁忌のものがある訳でないというのはいい事だよね!
積極的に摂らせようはまだ思わないけど、玄米系、大豆系もまた取り入れていけると思うと嬉しいです。

夕飯作りでキッチンにいる私に向かって、本日も必死にゴハンビームを放つボクチン。
110106b_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/13

目のフチが・・・

ジュンジュンの左目のフチの毛が抜けて、白くハゲてしまった。101212a

病院に行って診てもらい、抗ヒスタミンの軟膏を付けて様子を見る事に。
怪我ではなく、またまたかぶれかアレルギー系のようです。

先週は右耳のマラセチアも再発したし、この所、免疫力が落ちてるのかな(>_<)。
季節の変わり目は、急激な温度変化などによって粘膜が刺激に敏感になることが多いそうですし。
(今がちょうどそうか)

耳はまたすぐに治り、本犬は痒がったりもなく、元気にしてるので深刻な感じはないのですが、「アレルギー系トラブル」が定期的に繰り出されて、少々凹みます・・・。

ジューンは病院通いがなんやかんや続いているため、かなり病院慣れしてきたみたい。
101212b
いつも以上に自分のブツ入り袋を意気揚々と咥えてスッタカタ~です。
「これ」そんなに勲章かぁ?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)