「怒んないで下さい~、ぼく大きい子怖いです~。」